サンドイッチの店舗はサブウェイを中心に日本でも浸透してきました。

手軽に食べれる、さっと食事を済ませれるとかあんまり多くの食事を取れないけど何か食べたいなんて時にコンビニやサンドイッチ屋でサンドイッチを購入する人も少なくないと思います。

一方でサンドイッチのお店の仕事内容はあまり知られていません。

サンドイッチを作ると一言で言ってしまえばそれまでですが、サンドイッチを作るにも色々と仕事内容が分かれていたりします。

現在日本にあるサンドイッチのお店は、従来の食パンに具材を挟んで四角や三角に切って店頭に並べるタイプのお店とサブウェイのようにコッペパンのようなパンに具材を挟むお店とほぼ二つに分かれます。

店舗の業態もカフェ同様、セルフであるかセルフでないかに分けられます。

今回は、サンドイッチ店の求人について気になる疑問や実際の仕事内容など紹介していきます。

サンドイッチ店の仕事内容とは?

サンドイッチ店での仕事というとイメージするのはサブウェイのようなカウンター越しでお客様のオーダーをとって作っていくことを想像するかもしれません。

もちろんサブウェイのような形式のサンドイッチのお店も多くありますが、従来のサンドイッチは、厨房で作って販売するタイプもあります。

どちらにつくかで仕事内容は分かれますが、サブウェイのタイプだと仕事内容は至ってシンプルで製造と販売を一緒にこなします。

従来のサンドイッチ店の場合は、販売とキッチンに分かれます。

もう少し詳しく紹介します。

サブウェイ式

サブウェイ式の場合は、シンプルにカウンター内でのサンドイッチ製造とポテトやサイドメニューの準備です。

そのため、少人数でローテーションを組んで仕事を回していきます。

カウンター越しに接客しながらサンドイッチを作る係とレジを担当する係とに分かれますが、ピークタイム以外は一人でカウンターの業務をこなし、もう一人がポテトやクッキーなどのサイドメニューの準備や野菜の準備をしたり、午後使う分、翌日使う分の準備などをこなします。

ピークタイムは人を増やしてカウンターの業務を2-4人でこなすこともあります。

その場合は、オーダーをとる係、野菜を詰める係、ドレッシングとラップを担当する係とレジ係に分けます。

お店の規模や忙しさの時間帯によって人数は多さは若干変わります。

キッチン

従来のサンドイッチは、サブウェイのようなコッペパンに具材を挟むサンドイッチではなく、白いパンに具材をサンドして三角や四角に切ったサンドイッチの場合は、キッチンで予め製造して店頭に並べて販売することが多いため、キッチンの仕事があります。

キッチンでは、サンドイッチの内容によって担当を分けたり、作業内容によって担当を分けたりとお店によりけりです。

サンドイッチの内容に分けて担当する場合、例えば、タマゴサンド50個、担当 ◯◯さんとかツナサンド30個、担当◯◯さんのようになります。

作業内容によって担当を分ける場合、例としては、サンドイッチの具材調理担当、サンド担当、仕込み担当などに分かれます。

販売

サンドイッチ店の販売の場合は、テイクアウト専門かイートインもできるのかによって若干異なりますが、大体のお店はセルフサービスを導入しているため、販売の仕事はレジ周りのみが多いです。

お客様の接客でレジを打ったり、ドリンクを用意したり、もし店頭のサンドイッチの商品どれかが足りなくなってきたり、品切れになった場合は、追加のオーダーを厨房に連絡したり、品切れの場合は品切れのカードなど用意したりします。

イートインがある場合は、定期的に店内を回ってテーブルを綺麗にしたり、空いた時間を見てピーク時間や次の作業の準備などをしていきます。

サンドイッチ店求人でよくある募集内容とは?

サンドイッチ店の求人はあまり多くを見かけないかもしれません。

見かけてもほとんどがサブウェイだったり、喫茶店の仕事の一部だったりします。

ただ、都市部を中心にサンドイッチ専門店は少なからずありますのでアルバイトの募集も稀ですが求人としてWebや紙面で見かけます。

募集内容はどういうものがあるかもう少し詳しく紹介します。

職種

職種は前述した通り、サブウェイ式のカウンタースタッフ、従来のサンドイッチ店の場合は、キッチンと販売に分かれます。

給与相場

アルバイトの時給の相場は、都市部や郊外によって変わりますが大凡800円〜1,200円の間くらいのお店がほとんどです。

対して正社員の年収はこちらも大凡ですが200万〜400万円がほとんどです。

勤務時間や休日、残業

休日は月6-8回のところが多く、勤務時間は基本的には7:00や8:00-8時間勤務ですが、昨今の人手不足であったり、祝日や人の集まりづらい時間帯では残業をお願いされるケースもあります。

福利厚生

アルバイトの場合は、従業員割引かまかないがついてますが正社員だと保険や年金関連が完備されます。

アルバイトと正社員に共通するのは従業員割りやまかないと交通費が全額か一部支給のお店が多いです。

サブウェイの場合だと他にも下記の内容が用意されていて充実しています。

  • 社員寮あり
  • 資格取得支援
  • レクリエーション補助制度
  • 育児手当
  • 福利厚生サービス「ベネフィットステーション」
  • 賞与年2回
  • ダイナミックホリデー制度
  • 計画年休

求められる人物像

サンドイッチ店で求められる人物像は、カフェや他の飲食店同様、コミュニケーション能力が高いとか人を喜ばせるのが好きな人であったり、好奇心があったり、根気強い人などが好まれます。

他にはキッチンの場合ですとサンドイッチの商品の見た目、綺麗な出来栄えは売上に関わってくるので丁寧に仕事ができる人なども好まれる傾向にあります。

サンドイッチ店のおすすめ求人のポイントとは?

サンドイッチ店、特に専門店の場合は、時期によってあまり求人がなかったりしますが、春先や入学卒業シーズンになると求人を多く目にすることがあります。

サンドイッチ店で働いてみたいと思う人にここでは、サンドイッチ店のおすすめ求人のポイントについて紹介します。

まかないつきまたは従業員割引があるかどうか

サンドイッチ店だけでなく飲食店で働くにあたり、まかないがついていたり、商品購入時に従業員割引があると嬉しいことです。

せっかく入ったのだからそのお店の商品を楽しんでみたいと思うなら、求人内容でまかない付きもしくは従業員割引があるかどうかチェックしてみて下さい。

求人内容の欄もしくは福利厚生のところにまかないがついているかどうか従業員割引があるかどうか記載されいてることが多いです。

交通費全額支給かどうか

学生やフリーターの特にアルバイトの人にとって仕事をするのは生活費を稼いだり、学費を稼いだりすることがほとんどです。

そのため、交通費が一部しか支給されない場合、いくらかを自分のポケットマネーで補わないといけません。

もし、行きたいお店でアルバイトとして働いてそのままそこにどうしても就職したいというのであれば、交通費一部支給でも問題ないかもしれませんが、そうでない場合は、求人の福利厚生か備考欄に交通費が全額支給か一部支給の記載があるのでチェックして下さい。

正社員登用があるかどうか

サンドイッチ店で働いてみて気に入ったらそのまま就職したい、もしくはサンドイッチ店で正社員として働きたいと思うひとは、正社員登用があるかどうかもチェックすることをおすすめします。

正社員登用があるのであればアルバイトからでも正社員になることは可能です。

最初から正社員として働くこともいいかもしれませんが、仕事があっているかどうか実際にアルバイトとして体験してから正社員になりたいと思う場合は、正社員登用の有無をチェックしましょう。

正社員登用の制度があれば、最初、アルバイトで入り、後に正社員への道を築くことができます。

サンドイッチ店の仕事についてよくある疑問

サンドイッチのお店で働くに際して色々な質問があると思います。

ただ、サンドイッチの特に専門店だとなかなか周りで働いている人もいなかったりしますので思っている疑問が解消されないことがあります。

ここでは、サンドイッチ店の仕事についてよくある質問をまとめてみました。

もちろん、これ以外の質問はあるかと思います。

ここに記載するのは、全ての質問ではありません。

よくある質問だけをまとめています。

もし、疑問に思うことがここに記載されていない場合は、ぜひ調べたり、直接働いてみたいお店に問い合わせてみましょう。

立ち仕事ですか?

仕事はもちろん立ち仕事です。

カフェや飲食店同様、仕事中は座ることがまずありません。

ずっと立ちっぱなしです。

ただ、立ちっぱなしですが作業に集中しているので集中している時はそこまでに気にはなりません。

ただ、作業が終わってから疲れがやってはきます。

厨房だと2-3時間同じ作業をしていたら同じ場所にずっと立っていることになりますし、販売の場合は、こまめに店内を巡回したりするので立ちっぱなしというわけではありません。

サンドイッチ店で働くやりがいは何ですか?

サンドイッチ店で働くやりがいは、お客様の「ありがとう」や「美味しい」もしくは「美味しかったよ」という一言であったり、ドリンクがうまく作れたり、サンドイッチが綺麗に作れたりした時です。

ドリンクは、カフェラテなどマシーンを使うことがありますが、お店によってはスチーマーでミルクをあっためて実際に自分で作るところもあります。

レシピを眺めながら作っていたのをレシピを見ずに上手に作れたらやりがいを感じたり、モチベーションややる気が上がったりします。

サンドイッチの製造でもレシピを見ながら作っていた商品をレシピ見ずに綺麗に作れたり、時間がかかっていたのが時間を短縮して素早く綺麗に作れた時などはやりがいを感じますし、楽しくも思えます。

常連やお客様から「ありがとう」や「この商品美味しかったよ」とか「この商品が美味しくて好きなんです」と言われるのも疲れが吹き飛んだり、やりがいを感じたりする瞬間です。

正社員になる機会はありますか?

正社員になる機会を設けているところは多いです。

ただ、この質問の回答はお店によりけりといったところです。

お店によっては正社員を募集しておらず、アルバイトだけのケースがあります。

サンドイッチチェーン店として有名なサブウェイの場合は、正社員もアルバイトも募集しているのでアルバイトを経験してから正社員にチャレンジすることもできますし、最初から正社員として働くこともできます。

サンドイッチ専門店で特に個人経営店だと正社員を募集していない可能性もありますので応募前に求人広告の福利厚生か備考欄で社員登用があるかどうかチェックできますのでチェックしてみて下さい。

サンドイッチ店で大変なことは何ですか?

サンドイッチ店で大変なことは、衛生管理であったり、商品の品質、ピーク時間帯などが主に大変なことです。

特に夏場の厨房は、衛生管理をしっかりしないと食中毒であったり、食あたりなどの原因を作ってしまいかねません。

特にサンドイッチは、野菜などの生物を扱うのできちんとパックされているか、冷蔵されているか、温度管理がしっかりしているかなどに気を配らないといけませんし、手洗いや消毒もしっかりとしないといけません。

販売のところでもドリンクを扱うため、カップやグラスの汚れ、保存状況などに気を配らないとここでも食中毒などのリスクがあります。

もちろん、衛生管理だけでなく、商品を綺麗に作って綺麗に陳列することは大前提になるので商品の品質などもチェックしないといけません。

また、お昼などのピーク時間帯は、お昼休みを利用して購入に来るお客様だと時間が限られているのでなるべく待たせないように対応しないといけないため、衛生管理、商品の品質に加えてピーク時間帯の対応もサンドイッチ店の仕事内容で大変なポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

サンドイッチ店の仕事に少しでも興味を持っていただけましたでしょうか?

サンドイッチ店は、サンドイッチを作るだけといってしまえば簡単に聞こえたり、簡単に思えたりするかもしれませんが、意外と綺麗なサンドイッチを何個も同じように作ることは簡単ではありません。

割と奥が深いものです。

もしこの記事を読んでサンドイッチ店の仕事が気になった人は、サンドイッチ店の求人をチェックしてみて下さい。


関連キーワード

飲食求人