お酒が飲めるようになって、社会人になってから、何かのきっかけでバーへ行くことはあるかと思います。

おしゃれなバーへ行くとなんだか大人になった気分ですし、手早くお酒を作っていくバーテンダーを見ると惚れ惚れしたり、憧れたりします。

もちろん、おしゃれなバーでバーテンダーとして働くことに憧れる人も多いかと思います。

大学生やフリーターなどには、人気のアルバイトの一つと言っても過言ではありません。

夜が遅い仕事ですが、時給がいいのとお酒について学べることや色々な人と知り合える仕事です。

今回は、バーテンダーの仕事にスポットを当てて、バーテンダーの仕事内容やおすすめの理由などについて紹介していきます。

バーのバイトのおおまかな仕事内容

バーの仕事だからといって何か特別なことをするわけではありません。

バーの大まかな仕事は開店前、営業中、閉店時でそれぞれの仕事があります。

開店前の仕事は、器具やレジ、お酒などの準備をしたり、仕込みをしたり、営業中は、お客様のオーダーを取ってお酒を作ります。

バーテンダーは、お酒を作ることがメインの仕事です。

居酒屋と違うのは、元気に接客して素早くドリンクを提供するのではなく、お客様にお店に入ってきてもらった時点からお酒のオーダーを受けてお酒を作って提供します。

お酒を楽しんでもらうまでの雰囲気作りから、お酒を作っている過程を楽しんでもらうことが大切なので、ここが居酒屋と違うところです。

バーの仕事内容は、こちらの記事を参考に!

バイトならバーがおすすめな5個の理由

バーの仕事をするのにあたり何がメリットで何がおすすめなのか、バーテンダーの仕事に興味がある人なら誰もが抱く疑問かもしれません。

バーのバイトは楽しい時いたり、楽しそうに見えるからバーで働くメリットやバーで働くにあたってのメリットなどを知りたいところです。

ここではバーのバイトをすることのおすすめな理由を紹介します。

色々な人で会える

毎日色々な人がバーにやってきます。

ビジネスパーソンや会社役員、ビジネスオーナーなどもいれば、芸能人や著名人がお忍びでやってきたり、人生の何たるかを語ってくれる人など様々です。

色々な人と出会えて、色々な人と知り合えるので、気付いたらバーの近辺の人たちと知り合いになっていたやバーの仕事を通じて、知り合った人が増えていることも多々あります。

人と出会うことが好きな人には色々な人に出会えるバーの仕事はおすすめです。

接客を学ぶことができる

バーでは接客も大切です。

ムードやお酒を楽しむ人がメインですが、やはりそのムードであったりお酒を美味しく味わって頂くには、接客も大切です。

そのため、おかしな言葉遣いや敬語がきちんと使えないのでは、せっかくのムードを壊してしまいかねません。

また、接客用語を学ぶのが接客ではなく、お客様との会話を楽しんだり、場合によっては話しかけて欲しくない人もいますので、その場その場の空気を読みながらお客様と接する方法を学ぶことができます。

お酒の知識がつく

バーテンダーの仕事をしたら、やはり酒に詳しくなります。

お酒が好きだとかお酒の知識をつけたいのなら、バーテンダーはもってこいの仕事です。

ウィスキー、バーボンなどの普段あまり飲まない蒸留酒の銘柄だけでなく、種類や価値まで理解できるようになるので、お酒が好きでお酒について色々と勉強したい人にはバーのバイトはおすすめです。

カクテルが作れるようになる

バーテンダーのメインの仕事ですが、カクテルを作れるようになります。

自らのカクテルを作り出してお店に新商品として提案するのも可能です。

カクテルもバリエーションが色々な上に、お店によってはお客様に応じてカスタマイズもするため、様々なカクテルを覚えることが可能です。

仕事中にお酒を飲める

バーテンダーは、お客様からお酒を振舞われることがあります。

お酒が好きな人には嬉しい特典です。

飲みすぎてベロベロで仕事にならないなんてことはプロフェッショナルとして論外ですが、適度にお酒を楽しみながら接客することができるのはバーテンダーの特典でもあります。

自分では手の届かない高価なお酒もお客様によっては、飲ませてくれたりするので貴重な体験も可能です。

バーのバイトで得をしたり勉強になったこと

バーのバイトに興味があるけど、夜が遅いとか怖い人や文句言う人ばかりのイメージがあってなかなか時給がいいのに手を出しづらいかもしれませんが、実は、バーのバイトは色々な得をしたり、勉強になることがあります。

ここでは、バーのバイトのメリットなどについて紹介します。

出会いがあること

一般の人ばかりでなく、会社の重役や社長、有名人や著名人など普段滅多にお目にかかれない人や見かけたとしてもなかなか芸能人に話しかけたり、プライベートな話題を聞くことはできませんが、バーテンダーなら仕事一環として色々な話を聞けたり、色々なアドバイスをもらえたりします。

そういった出会いがあるのはバーのバイトをしていてこそなのでバーのバイトで得することです。

お酒についての知識

お酒について正しい知識を勉強することができます。

色々なお酒があって最初は覚えるのが大変ですが、お酒を扱うプロとしてお客様の気分やオーダーに応じてきちんとしたものを提供しないといけませんし、中にはおすすめを聞いてきたり、腕を試されたりしますが、それらの経験を通じてお酒についての知識を習得することができます。

居酒屋の場合は、ただ提供するだけに重点を置いてますが、バーの場合は、お客様から聞かれてきちんと説明しないとプロフェッショナルとして認めてもらえません。

そのため、お酒について勉強することができるのがバーのバイトです。

高いお酒を飲むことができる

働くバーにもよりますが、バーのバイトはお酒の味を知っていないといけません。

お客様からよくお酒の味やおすすめを聞かれるので、聞かれて答えれないでは話になりません。

そのため、試飲をさせてくれるところがあります。

中にはお客様が奢ってくれることもありますので、普段自分では選べないような高いお酒を飲むことができます。

そのため、お酒好きな人、お酒に興味がある人、お酒を飲みたい人にはバーのバイトはメリットです。

会社のお偉いさんの話が聞ける

バーは、居酒屋のように賑やかに飲む場所ではありませんし、カフェのようにずっと静かに自分の時間を過ごしている場所というわけでもありません。

ワイワイガヤガヤの気分ではないけど、お酒を飲みながらちょっと話したい時とかワイワイガヤガヤ飲んでいたけど、ちょっと静かにしっぽりと飲みたい人がやってくることがあります。

中には、会社の重役であったり、お偉いさんがお店にふらっとやってくることもあります。

そのような人は普段出会うことはありませんし、その方々の仕事に対する考えや人生に対しての考えなど、色々な話を聞く機会があるのはバーのバイトですし、人生勉強することが可能です。

バーのバイトはこんな人におすすめ!

人と接することが好きな人

バーのバイトは毎日色々な人と出会います。

普段出会えるような人から、普通の仕事では出会えないような人ととも出会いますし、逆に嫌なタイプの人にも出会います。

色々な人と出会い、好きでも嫌いでもプロフェッショナルとして公平に接しないといけないため、人と接することが苦手な人には向きません。

人と出会うことが好きだとか、人と接することが好きと言う人にはもってこいの仕事です。

コミュニケーション能力が高い人

人と接することが好きな人と同じようにコミュニケーションをとることが好きとか、人と話すことが好きやコミュニケーション能力が高い人は、バーのバイトに向いています。

1対1で接客をこなすのでお客様が自分に合う合わない関係なく、バーのムードを壊さずゆっくりお酒を楽しんでもらわなければなりません。

そのため、話すのが苦手とかコミュニケーションしたくない人は、バーの仕事には向いているとは言えないです。

人を喜ばせるのが好きな人

人にサプライズをしたり、人のことを喜ばせるのが好きな人は、バーのバイトに向いています。

バーのムードを壊さないように接客しなければなりませんし、来店されたお客様には楽しくお酒を飲んで頂かないといけません。

人を喜ばせることが好きな人は、どうやったら楽しく飲めるか、どうやったら喜んでくれるかを考えることができるのでバーのバイトはおすすめです。

お酒が好きな人

バーのバイトはやはりお酒がつきものです。

お酒が弱い人やお酒が苦手な人よりお酒

の強い人やお酒が好きな人ほど楽しい仕事です。

お酒が苦手だったり、お酒が飲めなくてもバーテンダーをしている人はいますが、お客様としてはやはりお酒が好きでお酒のことをよく知っているバーテンダーの方が信憑性が高くなるため、お酒が好きな人は、バーのバイトはおすすめです。

人生勉強したい人

様々な人が集い、日々様々な人と出会えるバーのバイトは、人生勉強したい人にもおすすめです。

普段では会えない人に出会えたり、人生経験豊富な先輩の話や失敗談、成功談など色々な人と話をするので色々な話を聞くことができます。

為になる話や面白い話など自分の話す引き出しも増えますし、就職活動や企業、留学など色々な場面で役立つこと間違いないと思います。

居酒屋やカフェと違い、じっくりお客様と話をすることができるバーのバイトは人生勉強をしたい人におすすめです。

ネットワークを広げたい人

色々な人に出会えるバーのバイトは、人脈のネットワークを広げていくことも可能です。

色々な人とお酒を通して話をしたり聞いたり、相談を受けたり、相談したりと気付いたら100や200人の知り合いができていたとよく聞くのがバーのバイトです。

将来のために、今の生活を充実させたいために人脈を広げるのならバーのバイトはもってこいの仕事です。

バーのバイトの働き先を選ぶ上での注意点とは?

バーのバイトをしようと思った時に働く場所を選ぶ上での注意点があります。

お店の場所

バーのバイトをする上でお店の場所は大切です。

家から近いのか遠いのか、繁華街の中になるのか郊外にあるのか、駅から遠いか近いかなどをチェックすることは大切です。

例えば、繁華街の中にある場合は、やはり酔っ払いやちょっと怖い感じの人が多かったりしますし、郊外にあればお客様は少なくお客様がいない時間帯があったり、駅から近いと老若男女がバランスよく来店したり、駅から遠いと常連が多いお店だったりします。

どういったお店に働きたいかによりますが、お店の場所は働く上で選ぶのに注意が必要です。

お店の雰囲気

バーのバイトをするならとても大切なことですが、働きたいお店、働こうと思っているお店が自分と雰囲気が合っているかどうか、お店の雰囲気が好きかもしくは好きになれそうかどうかは働くお店として大切なことです。

バーは、店主によってお店の色が異なります。

コアなお店もあればシックなお店もあるため、色々な雰囲気のお店があります。

どういった雰囲気のお店かは、事前にチェックできるならチェックしてみましょう。

事前にチェックできないなら、実際に面接へ行った際に自分に合うかどうかを確認してみて下さい。

勤務時間

バーの仕事は基本夕方から深夜もしくは朝方まで及ぶことが多いのですが、勤務時間として家から電車で通う場合、終電で帰れるのかそうでないのか、家が近い場合でも早い時間で上がってもいいかどうかは確認が必要です。

学生でバーのバイトをする人がよく陥る習慣は、時給がいいのとお酒好きには楽しいバーの仕事にはまり、深夜や朝方まで仕事を頑張ったがゆえ、本業の学業に精が出ないとか、授業に遅刻するようになった、授業をサボるようになったということがあります。

バーのバイトを楽しくするのは大切ですが、授業は授業で大事なので、バイト上がりの時間が融通きくかどうか確認する必要があります。

バーのバイト時給事情

バーのバイトの時給の相場はおおよそ1000円前後になります。

もちろんですが、働く場所や働く地域によっては高いところもありますし、経験者か未経験者かによっても時給は変わってきます。

例えば、都内ですと1,500円や2,000円のお店がありますし、経験者ならもっともらえたり、郊外だと950円というところもあります。

ただ、バーのバイトは夜10時以降も仕事をすることが多いため、深夜手当が時給に反映されます。

例えば、時給相場1,000円なら深夜手当がつくと夜10時以降は、1,250円になります。

稼ぎたい人にはいいお仕事ですし、人気の高い仕事です。

バーのバイトのデメリット

バーのバイトはオシャレですし、お酒が飲めたり、お酒の知識を深めたり、色々な人に出会えるメリットがあるため、楽しい仕事なのですが、いいことばかりでデメリットはないのか気になります。

ここでは、バーのバイトのデメリットを紹介します。

昼と夜が逆転してしまう

バーのバイトは、基本的に早くても夕方からのシフトになります。

そのため、帰りは夜遅くなることが当然です。

夕方から出勤して夜遅くまで働けば当然ですが、寝るのは深夜もしくは朝方になります。

そのため、気付いたら昼夜が逆転してしまい、朝が起きれなくなり、学生の場合は朝の授業に行けない、起きれない、行きたくないとなり、授業をサボってしまったりしてしまいます。

昼夜逆転してしまうので、朝型の人がバーのバイトをするとなるときつい仕事になるかもしれません。

トラブルや酔っ払いの対処

バーといっても色々なタイプのバーがあり、ショットバーであったり、ワインバーなど大人数でお店を回すことはあまりありません。

そのため、ほとんど1人か2人でお店を回すので少人数でお酒を作ったり接客をしたりしながら、酔っ払いやクレーム処理することもあります。

居酒屋ほどマナーの悪かったり、モラルに欠けるようなお客様はバーではまずいないにしても、嘔吐したり、トイレを汚してしまったり、寝てしまってなかなか起きない人やお金を払い忘れて帰る人もいたりします。

そういった対応をする時は、バーの仕事のデメリットに感じてしまうところです。

お酒の種類やカクテルの作り方など覚えることが多い

バーのバイトはやはり覚えることが多いです。

お酒の種類はもちろん多いですし、ウィスキーの入れ方一つにしてもロック、シングル、ダブル、ニートなどがあります。

また、カクテルを作るとなると何百種類ものカクテルを覚えて作らないといけないので、覚えることが多くて最初は大変です。

他にもカクテルの種類やお酒だけでなく、シェーカーなどの器具の名前、種類、使い方や使い道も覚えておかなくてはいけません。

お酒好きなら覚えるのが早いかもしれませんが、最初は楽ではないのがデメリットです。

バーのバイト一日の流れ

バーのバイトについてメリットやデメリット、どういったタイプの人におすすめなのかなどについて紹介しました。

ただ、バーのバイトについて色々と紹介したものの、実際にどういう流れなのかなかなかイメージつきづらいかもしれません。

ここでは、開店からシフトインした場合のバーのバイトの一日について紹介します。

あくまでも参考例なので実際はお店によってもう少し遅い出勤であったり、遅く出勤した場合は閉店作業をしたりなど色々あります。

参考にしてみてください。

16:00 出勤

挨拶をして更衣室や着替えをします。

ほとんどのバーは制服がありますので、指定された制服に着替えて勤務開始になります。

ちなみに、飲食店では出勤時に時間帯が朝であれ昼であれ「おはようございます」というのが一般的です。

16:30 開店準備、店内清掃

開店前の出勤は当然ですが開店準備をします。

お酒の準備やお酒の補充、器具のセットします。

グラスを磨いたり、店内のテーブルなどを拭いたりするのもこの時間帯にこなしていきます。

大人数で仕事をする居酒屋とは違い、少数精鋭のバーの仕事なので、朝礼やミーティングを開店前にやるところはあまりなく、開店準備をしながら必要事項を打ち合わせしていくことが多いです。

18:00 営業開始

バーは意外と18:00くらいに開店しているところが多いですが、開店と同時にお客様がやってくることは稀でどちらかというと夜が更けてきた頃、飲み会の一次会が終わったであろう時間帯からお客様が増えてきます。

そのため、開店時は少し時間があるので、この時間帯を使ってお酒の勉強したり、カクテルを作る練習をさせてもらったりと新人や経験が浅い人にとっての研修になります。

ある程度バーの仕事をこなしている人でも新しいカクテルを考えたり、バーテンダーコンテストに出場するための技を磨いたりします。

18:00-22:00 接客する、お酒を提供するなど

21:00くらいを回ると続々とお客様が来店し、店内が賑やかになってきますのでバーのバイトも忙しくなってきます。

居酒屋と違って予約をして来店されるお客様より一次会が終わった流れでやってきたり、常連に連れられてやってきたり、飛び込みでやってきたりと様々な形で来店されます。

時間帯も遅いほうが忙しいのですが、日によっては忙しかったり忙しくなかったりするので、ずっと忙しいとかずっと時間を持て余すなんてことはありません。

傾向としては、夜21:00以降や金曜土曜の夜は忙しいところが多いようです。

22:00 退勤

シフト制で開店から勤務していると、だいたい22:00か23:00頃が退勤時間になります。

電車で通っている人は終電に間に合うように帰らないといけませんし、家から近い人は自転車や歩いて帰ります。

シフトが入れ替わるバイトの人がいて伝言がある場合はしっかり引き継ぎをします。

お酒が足りなかったり、在庫がなくなりそうだったり、泥酔いしているお客様など伝えます。

開店前に出勤すると早めの切り上げになりますが、遅めの出勤の場合は閉店まで勤務したりすることもあります。

シフトの希望に応じてなので終電で帰りたい人、帰らないといけない人は調整が必要になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バーの仕事は、学生やフリーターを中心に人気の仕事ですし、時給もよく、色々な人に出会えるので実際にバーのバイトを経験して楽しい、充実していると思う人が多いです。

その反面、バーのバイトを頑張りすぎて本業が疎かになったり、サボりぐせがついてしまったりするので働くにあたっては注意が必要です。

ただ、普段できないような貴重な体験を出来たり、普段出会えないような人に出会えたりするのもバーの仕事です。

バーのバイトをやってみたいと思う人がいるならぜひチャレンジしてみて下さい。


関連キーワード

バー求人

バー求人についてもっと深堀りした情報を見る

バーテンダーの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

現在バーテンダーという職業に興味を持って仕事を探していたり、バーテンダーになってみたものの、この先はどういったキャリアアップの方法があるのか模索しているあなた。意外とバーテンダーという仕事の給料事情を解説してくれている記事ってありませんよね。バーテンダーの年収はいくらくらいなのか?はたまた自分が貰っている給料は適正なのかどうか?こんな疑問をお持ちなのではないでしょうか。ここではそんなバーテンダーの給与相場や転職のときに必要なキャリアアップ術を徹底的にご紹介していきます。筆者自身もバーテンダーとして15年以上のキャリアがありますので、飲食業界やバー業界には詳しいかと思いますので安心してご覧になっ

バーテンダーとはどんな仕事?その仕事内容やバーにおいての役割、なり方など詳しく解説します!

スポットライトを浴びるカウンターの中で、カッコよくカクテルを作るバーテンダー。一度はそんな仕事に憧れたことがあるかもしれません。しかし、「いまいちバーテンダーの仕事ってなにをやるのか分からない!」といった人も多いはずです。ここではそんなバーテンダーとはどんな仕事なの?という疑問に対して、いくつかの項目に分けてお答えしていこうと思っていますのでぜひチェックしていってみてくださいね。それではまず一番基本的なことからご説明していきたいと思います。ちなみに筆者は自身で独立してバーを経営していますので、ここで紹介する内容はしっかりとした中身のある情報となっています。ご安心ください!バーテンダーとはどんな

バーテンダーの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

夜景の見えるバーでグラスを傾けながら色とりどりのカクテルを楽しむ、そんな小説やドラマに出てきそうなシチュエーションで欠かせない存在といえばバーテンダーですね。少し渋めなマスターがシェイカーを振る仕草などはとても様になっていて画になります。そんな誰しもが一度は憧れるであろう職業がバーテンダーですが、実際は若い方でも活躍している方がたくさんいます。さて、そんなバーテンダーという仕事にはどんな人が向いているのでしょうか。ここではバーテンダーに向いている人の特徴やバーテンダーとしての実際の仕事内容などを分かりやすくご説明していきます。筆者自身若いころからバーの現場で働き、キャリア15年以上の経験があり

バーテンダーの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

カウンターの中で映画やドラマのワンシーンのように格好良くカクテルを作るバーテンダー。そんなバーテンダーの正社員求人に関する情報を、ここではご紹介していきます。バーテンダーの年収事情やおすすめの求人情報のポイントなど、これからバーテンダーとして就職を考えている方には必見の内容となっておりますので、是非最後までご覧になっていってください。自身でもバーテンダーの経験が15年以上あり、その後独立して店舗を経営していた実績のある筆者が分かりやすく解説していきます。実際の現場での雇用条件や労働環境を見ていきますので、お役に立てるかと思います。それではさっそくバーテンダーとしての仕事内容から見ていきましょう

バーテンダーが向いている人の8個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

男性ならバーテンダーの仕事に憧れを持っている人は少なくないのではないでしょうか?バーと一言に言っても、一流ホテルの最上階にあるバーや銀座などに多いオーセンティックバー、穴場のデートスポットになるようなバーまで形態は様々です。最近では女性のバーテンダーも多くなってきているのだとか。寡黙で黙々と仕事をこなす渋いバーテンダーさんは女性からも憧れの存在です。最近では飲食店やチェーンの居酒屋、アミューズメント施設でもバーテンダーを雇用しているところがあります。今回は、そんな気になるバーテンダーとしての仕事内容をまとめてみました。どんな人がバーテンダーの職に向いているのか、その特徴や転職後に活かせる仕事な

バーの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

バーでの仕事って少し大人の雰囲気でどこか謎めいていて興味が湧きますよね?その反面分からない部分も多く、求人が出ていても、なかなか応募する勇気がない人もいるのではないでしょうか。ネットで調べてみると、最近では女性バーテンダーも増えているそうです。今回は実際の経験を元に、バーでの仕事内容や、必要なスキルについてご紹介したいと思います。バーの仕事はどんな仕事?バーでの仕事内容はお酒を作ることをイメージする方が多いのではないでしょうか。ですが、仕事はお酒を作ることだけではありません。仕入れや接客なども合わせていくつかご紹介したいと思います。店内清掃バーは立派な飲食店です。店内の清掃はもちろん、ビルの共

バーテンダーバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

映画やドラマの中で、役者さんたちがオシャレなバーでお酒を飲んでいるシーンはとても画になりますが、その中で映るバーテンダーというのも格好よく見えたりしますよね。誰しも少しくらいはそんなバーテンダーという職業に憧れをもった経験があるかと思います。これからバーテンダーという道に進みたいと思っている方や、ちょっと興味があるという方のためにここでは「バーテンダー」としての第一歩となるバーでのアルバイト求人についてご紹介していきたいと思います。筆者は高校を卒業後すぐにバーテンダーのアルバイトをはじめ、都内のバーをいくつか渡り歩いて修行したあとに東京で独立開業をした経験がありますのでリアルな現場の声をお届け

バーテンダー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

鮮やかな間接照明の中で格好良くシェイカーを振ってカクテルを作るバーテンダー。ホテルの最上階など夜景の見えるバーでビシッとしたベストとネクタイをして落ちついた佇まい、カウンター越しにお客さんと会話をする風景はまるで映画やドラマのワンシーンのようですね。そんなバーテンダーという仕事に憧れること、一度くらいはあるのではないでしょうか。ここではそんなバーテンダーという職業に興味を持ったあなたの、「どうやったらバーテンダーになれるのか?」「どんな場所で働けるのか?」はたまた、「資格とか経験とかってどうすればいいんだろう?」という疑問に対して詳しく細かくそして分かりやすく解説していきます。筆者は都内の数々