現在バーテンダーという職業に興味を持って仕事を探していたり、バーテンダーになってみたものの、この先はどういったキャリアアップの方法があるのか模索しているあなた。

意外とバーテンダーという仕事の給料事情を解説してくれている記事ってありませんよね。

バーテンダーの年収はいくらくらいなのか?

はたまた自分が貰っている給料は適正なのかどうか?

こんな疑問をお持ちなのではないでしょうか。

ここではそんなバーテンダーの給与相場や転職のときに必要なキャリアアップ術を徹底的にご紹介していきます。

筆者自身もバーテンダーとして15年以上のキャリアがありますので、飲食業界やバー業界には詳しいかと思いますので安心してご覧になっていってくださいね。

それではまずはじめにバーテンダーの給料の相場から見ていきましょう。

「バーテンダー」が自分に向いているか診断するにはこちら →

バーテンダーの給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

バーテンダースクールや飲食関連の専門学校を卒業して、バーテンダーとしての第一歩を正社員として踏み出した場合。

大体勤めるところというと大手飲料メーカーが出資運営する飲食店か、ホテルのバーラウンジなどに就職することになるかと思います。

そうした場合の給料相場としては…

月給190,000円~230,000円といったところになります。

ここから税金や各種保険などが引かれますので、手取りでいうとここから3万円ほど引いた金額になるかと思います。

一見給料が低く感じられるかもしれませんが、他業種の初任給と比べてそこまで大差はないように思えますね。

正社員で転職した場合

正社員として働いていて、そこから他の店舗に転職した場合は、キャリアや実績によってかなり異なってくるかと思います。

実際にその人がどれだけのレベルのバーテンダーなのか?

または何か資格を持っているのか?

そういった部分が加味され、審査基準となってくるはずです。

しかし、一般的にはキャリアアップを考えて転職するわけですから条件が悪くなるというケースは少ないかと思います。

だいたい現状の給料に対して、月で計算するとプラス3万円~5万円といった形になるのではないでしょうか。

年収ベースで考えると30万円~60万円ほどアップする感覚ですね。

よほどの場合がない限り、年収が100万円変わるということはないと思います。

パート・アルバイト

基本的にはアルバイト扱い(非正規雇用)のバーテンダーが業界の半分以上を占めています。

そのため新人だったり駆け出しの頃には時給制の給料体系だと思いますが、勤務年数が長くなると月給での契約となるのがバーテンダーの基本的な雇用条件です。

都内で働くバーテンダーでいえば、時給1,100円~1,500円といったところが相場かと思います。

また、その後勤務年数が長くなってお店に必要なバーテンダーと認められた場合は、月給230,000円~300,000円程度で雇用関係を結ぶのが一般的な流れになります。

この際、月給とはなりますが正社員ではなくあくまで非正規雇用扱いの店舗が実質的に多いかと思います。

ホテルや大手企業が運営しているところに関してはこの限りではなく、アルバイトからちゃんとした正社員に登用されることもあります。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

バーテンダーは基本的に給料で仕事を選ばないのが普通ですが、やはり生きていく上でお金は大事ですので年収のベースとなるものをご説明していきましょう。

ホテルのラウンジ、大手企業の経営するレストランバーや高級バーでは基本給以外に福利厚生がしっかりと付くかと思います。

また残業代や賞与といったものも完備されていますね。

金額は企業によってまちまちですが、賞与に関して言えば給料の1~3ヶ月分といった感じでしょうか。

3ヶ月分の賞与をくれるところはあまりないかと思いますが、実際の現場を見てきてあるにはありますね。

給与が高い人は何が違うの?

バーテンダーにとって給与が高くなるというのはどういったことを表すのか?

また、どうしたら毎月の給料がアップするのかという点についてここではご紹介していきます。

ちなみにそういった部分を解説していく上で大事なことを最初に申し上げておきます。

「バーテンダーの給料というのは基本的にお客さんからの売り上げで構成されている」

これを念頭にいくつかの項目を見ていってください。

スキルや経験

バーテンダーに絶対的に必要なものですね。

これがないと仕事になりません。

スキルや経験というのは実際にどういったものなのかを簡単にご説明していきましょう。

スキルというのはお酒を提供する際のスピードや商品のクオリティー、またはお酒に関する知識のことを指します。

バーや飲食店というのは1日の営業時間が決まっています。

従ってどれだけ頑張っても売り上げの最高値というのは自ずと決まってきてしまうものです。

とても簡単にそして極端に説明していきますね。

まず1日に営業時間が100分だったとしましょう。

もちろん仮ですよ!

そこであなたはひとつのカクテルを作るのに5分かかるバーテンダーだったとしたら、最高でも20杯までしかお酒を提供することが出来ません。

これがものすごい手の速さのバーテンダーだったとしたら1杯を作るのに1分になるとしましょう。

このものすごいスキルのバーテンダーは営業時間中に100杯お酒を提供できますよね?

単純にカクテル1杯が500円だったとしたら、前者は1万円・後者は5万円の売り上げを立てることになります。

当たり前ですが後者の方に給料を多く払いますよね?

これが一番単純なバーテンダーとしての力量の測り方です。

このスピードを基本にして、さらにそのクオリティーや変則的な注文に答えられるだけの知識が必要になってきます。

そして上手くオーダーを捌いていくにはやはり経験が必要です。

どうやったら効率よく注文されたドリンクを提供できるのか、というのはある程度の経験則と予測から完成されてきますからね。

非常に単純ではありますが、これが給料の高いバーテンダーと低いバーテンダーの分かりやすい差です。

役職

前述した技術や経験をもっていると自然と役職が付いてきます。

チーフバーテンダーやマネージャー、メインバーテンダーといった感じですね。

また、もう少し企業的になると「技術部長」や「アドバイザー」といった役職が付随してきます。

こうした役職をもらうと必然的に給料は上がりますので、こういったものを目標に頑張ってみてもいいかもしれません。

勤続年数

勤続年数もある意味経験のひとつといえるでしょうね。

そのお店におけるお客さんの入り方の流れを知っているというのはかなり貴重なことです。

上手いことお客さんを入店させることで、チャンスロス(機会損失)を減らし売り上げに貢献できるからです。

地域

都内なのか地方の街なのかによっても給料は異なりますね。

何度も念をおしますが、基本的に売り上げが給料に反映されますから。

都内一等地の客単価と地方都市の街のバーでは単価が違います。

もちろんどちらが上とか下ではなく、単純に売り上げのボリュームから計算される給料の算出方法だと考えて下さい。

自身についているお客さんの数

こうみるとホステスやホストのように勘違いされてしまいますが、実態は全く違うのでご安心下さい。

バーテンダーというのはやはり花形商売ですので、一定数ファンというものがつきます。

その人の作ったカクテルが飲みたい、その人の会話がタメになる、といった付加価値がバーテンダーとしての一番の仕事です。

また、バーの醍醐味でもあります。

そうした魅力に溢れ、ファンが多く付いているバーテンダーには自然と給料を多く支払いたくなりますよね。

売り上げをその一人の魅力だけでアップさせてくれるわけですから。

「バーテンダー」が自分に向いているか診断するにはこちら →

バーテンダーの給料の決まり方

基本給

だいたいある程度働いていれば月給制で働くことになります。

これは前述したその人の能力を金額に換えたものだと考えて下さい。

夜間手当

基本的にバーテンダーは夜間に働く仕事ですので、基本給に含まれているところがほとんどです。

アルバイトで時給の場合は10時以降25%アップが法定規則として定められていますが、これは企業によっても対応が分かれるところとなっています。

下積み期間とは?

だいたい1年から2年ほどはバーテンダーとしての下積み期間です。

もちろん給料は普通に支給されますから安心してくださいね。

ただ、ある程度自由にカウンターワークを行うにはこういった時間が必要となります。

バーテンダーで給料をあげるためにやるべき3個のこと

さきほどご紹介した給料の高いバーテンダー、低いバーテンダーを参考にどうしたら給料アップが出来るのかをご紹介していきます。

今の勤務先でできること

スキルアップを図る

ご説明したように、営業時間中に提供できるお酒の杯数を増やすことをまず考えてみてはいかがでしょうか。

そういったトレーニングを積むと手元に余裕が出来て、接客のレベルアップにも繋がります。

そうするとファンも付きやすくなり、結果として売り上げがアップされ自身の評価向上にもなりますよね。

単純なようで、実は一番大切なのは作業のスピードなのです。

給料アップの交渉をしてみる

そうした成果を見せることが出来たら、直接交渉してみてもいいかもしれません。

たとえば、「前年比より売り上げを○○万円アップさせるので給料に反映して欲しい。」といった論理的な発言であれば、上司やオーナーも話しを聞いてくれると思いますよ。

思い切って転職する

給料をアップさせるための転職というのは定石であれますが、どういったところに転職すればいいか分からない部分でもあります。

2つの指標を用意しましたので、ご参考までにどうぞ。

転職先の選び方1:ワンランク上の経験を積めるところ

現状働いているところよりも店舗規模が大きいところに転職してみましょう。

さきほど言ったように提供するお酒の量が増えることで、必然的に作業スピード向上に繋がると思いますよ。

転職先の選び方2:ワンランク上のポストが見込めるところ

より企業的なところへの転職というのも実はかなり効果的です。

大手のような企業体質のところは柔軟ではないかもしれませんが、明確な給与査定がなされていますから転職したらいくらアップするのかしっかりと提示してくれると思いますので。

現状と将来を考えるのには最適な方法かと思います。

「バーテンダー」が自分に向いているか診断するにはこちら →

給料をアップさせるための求人の選び方

ここでは給料アップのための簡単な求人選びをご紹介していきたいと思います。

賞与や昇給制度をチェック

現状のところで賞与が出ていないのであれば、少なくとも賞与制度がしっかりしているところに転職してみましょう。

それだけで年収50万円はアップすると思いますよ。

残業代は出る?

こちらも同様に残業代(8時間以上の労働に対して加算される部分)があるかないかで判断してみましょう。

これでだいたい月給にプラス2~3万円くらいの伸びしろが発生します。

交通費や福利厚生は?

福利厚生完備は当然転職の際に必要な条件ですが、交通費がどれくらい出るのによっても変わってきますよね。

ある程度の立場の人間であればタクシー代が支給されるのかどうかなど、聞いてみるのもひとつの手だと思いますよ。

直接的な給料アップとはいえませんが、実質的に出ていくお金を減らせるかもしれませんので。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

銀座から丸の内へ

既存店から新店への異動でしたが、実質的な年収でいうと20万円~30万円ほどアップしました。

これは異動したことにより、役職に就いて現場を仕切る役割をもらったからですね。

当時は別の街への転職を考えていた最中ですので、乗り気ではありませんでしたが結果としては非常に良かったと思います。

転職とは違いますが、こういった誘いは給料アップのチャンスですので見逃さないようにしましょう。

まとめ

バーテンダーというのはそこのお店で勉強したいことがあったり、やりがいを感じたりしながら働くものです。

しかし、もちろん給料が上がれば嬉しいですし、給料アップのチャンスは逃したくはありません。

そうした中で、どうしたら給料が上がるのか?転職すると実際はどうなるか?をご説明してきました。

まず簡単なのはスキルアップをすることです。

これだけで月給1~2万円上げることは容易にできます。(もちろん努力次第ですが…)

ほかの業種でこれだけの額を自分の力でアップさせることが出来る仕事はなかなかないと思いますので、がんばってみる価値はあるのではないでしょうか。


関連キーワード

バーテンダー求人

バーテンダー求人についてもっと深堀りした情報を見る

バーテンダーとはどんな仕事?その仕事内容やバーにおいての役割、なり方など詳しく解説します!

スポットライトを浴びるカウンターの中で、カッコよくカクテルを作るバーテンダー。一度はそんな仕事に憧れたことがあるかもしれません。しかし、「いまいちバーテンダーの仕事ってなにをやるのか分からない!」といった人も多いはずです。ここではそんなバーテンダーとはどんな仕事なの?という疑問に対して、いくつかの項目に分けてお答えしていこうと思っていますのでぜひチェックしていってみてくださいね。それではまず一番基本的なことからご説明していきたいと思います。ちなみに筆者は自身で独立してバーを経営していますので、ここで紹介する内容はしっかりとした中身のある情報となっています。ご安心ください!バーテンダーとはどんな

バーテンダーの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

夜景の見えるバーでグラスを傾けながら色とりどりのカクテルを楽しむ、そんな小説やドラマに出てきそうなシチュエーションで欠かせない存在といえばバーテンダーですね。少し渋めなマスターがシェイカーを振る仕草などはとても様になっていて画になります。そんな誰しもが一度は憧れるであろう職業がバーテンダーですが、実際は若い方でも活躍している方がたくさんいます。さて、そんなバーテンダーという仕事にはどんな人が向いているのでしょうか。ここではバーテンダーに向いている人の特徴やバーテンダーとしての実際の仕事内容などを分かりやすくご説明していきます。筆者自身若いころからバーの現場で働き、キャリア15年以上の経験があり

バーテンダーの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

カウンターの中で映画やドラマのワンシーンのように格好良くカクテルを作るバーテンダー。そんなバーテンダーの正社員求人に関する情報を、ここではご紹介していきます。バーテンダーの年収事情やおすすめの求人情報のポイントなど、これからバーテンダーとして就職を考えている方には必見の内容となっておりますので、是非最後までご覧になっていってください。自身でもバーテンダーの経験が15年以上あり、その後独立して店舗を経営していた実績のある筆者が分かりやすく解説していきます。実際の現場での雇用条件や労働環境を見ていきますので、お役に立てるかと思います。それではさっそくバーテンダーとしての仕事内容から見ていきましょう

バーテンダーが向いている人の8個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

男性ならバーテンダーの仕事に憧れを持っている人は少なくないのではないでしょうか?バーと一言に言っても、一流ホテルの最上階にあるバーや銀座などに多いオーセンティックバー、穴場のデートスポットになるようなバーまで形態は様々です。最近では女性のバーテンダーも多くなってきているのだとか。寡黙で黙々と仕事をこなす渋いバーテンダーさんは女性からも憧れの存在です。最近では飲食店やチェーンの居酒屋、アミューズメント施設でもバーテンダーを雇用しているところがあります。今回は、そんな気になるバーテンダーとしての仕事内容をまとめてみました。どんな人がバーテンダーの職に向いているのか、その特徴や転職後に活かせる仕事な

バーテンダーバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

映画やドラマの中で、役者さんたちがオシャレなバーでお酒を飲んでいるシーンはとても画になりますが、その中で映るバーテンダーというのも格好よく見えたりしますよね。誰しも少しくらいはそんなバーテンダーという職業に憧れをもった経験があるかと思います。これからバーテンダーという道に進みたいと思っている方や、ちょっと興味があるという方のためにここでは「バーテンダー」としての第一歩となるバーでのアルバイト求人についてご紹介していきたいと思います。筆者は高校を卒業後すぐにバーテンダーのアルバイトをはじめ、都内のバーをいくつか渡り歩いて修行したあとに東京で独立開業をした経験がありますのでリアルな現場の声をお届け