映画やドラマの中で、役者さんたちがオシャレなバーでお酒を飲んでいるシーンはとても画になりますが、その中で映るバーテンダーというのも格好よく見えたりしますよね。

誰しも少しくらいはそんなバーテンダーという職業に憧れをもった経験があるかと思います。

これからバーテンダーという道に進みたいと思っている方や、ちょっと興味があるという方のためにここでは「バーテンダー」としての第一歩となるバーでのアルバイト求人についてご紹介していきたいと思います。

筆者は高校を卒業後すぐにバーテンダーのアルバイトをはじめ、都内のバーをいくつか渡り歩いて修行したあとに東京で独立開業をした経験がありますのでリアルな現場の声をお届けできるかと思います。

現在は飲食関係の会社も運営しておりますので、さまざまなタイプのバーを熟知しております。

ぜひバーテンダーのアルバイトを始める際にご参考にしてもらえればと思っておりますので、チェックしていってくださいね。

目次

閉じる
  1. バーテンダーのおおまかな仕事内容
  2. おおまかな仕事内容
  3. バイトはバーでどういう役割を求められる?
  4. バーにはどんな種類があるの?
  5. バーの種類1:オーセンティックバー
  6. バーの種類2:ショットバー
  7. バーの種類3:スタンディングバー
  8. バーの種類4:ダイニングバー
  9. バーの種類5:ジャズバーやレゲエバーなど音楽を楽しむバー
  10. バーの種類6:ダーツバーやゲームバーなど遊べるバー
  11. バーの種類7:日本酒バーやワインバーなど特定のお酒を専門とするバー
  12. バーテンダーでよくある募集内容とは?
  13. 給与相場
  14. 勤務時間や休日、残業
  15. 福利厚生
  16. 勤務場所
  17. 求められる人物像
  18. 必要なスキルや資格、経験、そして面接する側の本音
  19. バーテンダーの求人の探し方・選び方おすすめポイント
  20. はじめてバーで働くなら
  21. 高級なバーや専門のバーで働きたいなら
  22. カジュアルな若者向けバーで働きたいなら
  23. 週に1~2日だけ、短時間働きたい
  24. バーテンダーのやりがいはコレ!
  25. バーテンダーのやりがい1:カウンターに立ちお酒を作る貴重な経験
  26. バーテンダーのやりがい2:お酒の専門的な知識が増える
  27. バーテンダーのやりがい3:人脈やコネクションが広がる
  28. バーテンダーが向いている人
  29. バーテンダーが向いている人1:お酒が好きで興味がある人
  30. バーテンダーが向いている人2:人と接するのが好きな人
  31. バーテンダーが向いている人3:体力がある人
  32. バーテンダーが向いている人4:地道な作業と研究が好きな人
  33. バーテンダーが向いていない人
  34. バーテンダーが向いていない人1:お酒に興味が無い人
  35. バーテンダーが向いていない人2:落ち着きが無い人
  36. バーテンダーが向いていない人3:マメじゃない人
  37. バーテンダーが向いていない人4:身なりに清潔感のない人
  38. バーテンダーが向いていない人5:空気が読めない人
  39. まとめ

バーテンダーのおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

バーテンダーの仕事はお酒を作る以外にもお客さんと話をしたり、ときには料理も作ったりします。

飲食店におけるプロフェッショナルとして成長できるのがバーテンダーのお仕事です。

また、店内のBGMを任されたりもしますのでそういった部分の知識も求められる現場です。

バイトはバーでどういう役割を求められる?

バーの中でバーテンダーというのは「止まり木」の役割です。

お客さんの日ごろの疲れを癒す一杯を作り、色々な会話の中で相手のストレスを解消させていくというのが仕事の大部分を占めています。

特に必要なのは「居心地のいい空間づくり」を心がけること。

バーというのは非日常的な空間の中に安らぎを求めるお客さんが大半です。

しかし、ひとりひとり求めるサービスは違いますので、そうした中ではとにかく相手の気持ちを理解する努力が不可欠となってきます。

バーにはどんな種類があるの?

バーには用途や趣味、好きなお酒などによって様々なタイプのお店があります。

一人で飲みたいのか、友達やパートナーと飲みたいのか。

はたまた料理を楽しみながらの1杯なのか、純粋にお酒の味を楽しみたいための1杯なのか。

そういったニーズの中で細分化されてきたバーの種類の数々をご紹介していきますので、バーでアルバイトを考えているあなたの参考になればと思います。

バーの種類1:オーセンティックバー

オーセンティックというのは「正統派な」という意味があり、バーの中で一番クラシックでヨーロッパスタイルのお店となります。

店内は比較的静かなBGMが流れ、落ち着いたトーンの会話が楽しまれるような場所ですね。

料金設定も他と比べてやや高めのところが多く、アルコールを酔うために飲むというより1杯のカクテルなどのお酒を嗜好品として楽しむというイメージです。

バーの種類2:ショットバー

ショットバーというのはとても古くからあるタイプのバーの形です。

「ショット」という言葉はお酒を計る際に使われる単位の一つで、「1ショット=30ml」を表しています。

これはお酒をちゃんと「1ショット入れていますよ」というバーからのアピールから始まったとされています。

昔はお酒が貴重な時代でしたから、お店側からすると少しでも注ぐお酒を少なくして儲けを出そうとする悪いところもありました。

そうするとお客さんからの不満も積もり、トラブルの原因ともなるので明確なお酒の量を計るためにメジャーカップが使われるようになり、その単位がショットとなっていったわけです。

ちなみにメジャーカップは構造上、砂時計のような形をしていて上下両方でお酒が計れます。

片方が「ショット=30ml」でもう片方が「ジガー=45ml」となります。

かつてはジガーバーというタイプのお店もありましたが、現在ではあまり見かけなくなりましたね。

こうした解釈のもとで、たまに聞く「ウイスキー、ダブルで」のようなときは1ショット×2ということで60mlお酒を注ぐということになります。

オールドスタイルなお店が多く、店主のこだわりが詰まった店舗ばかりで様々な特徴を持っています。

バーの種類3:スタンディングバー

いわゆる「立ち飲みスタイル」のバーです。

音楽を楽しむクラブやスポーツなどを楽しむパブのお店で採用されている形ですね。

待ち合わせの前の空いている時間にちょっと立ち寄ったり、帰宅前に軽く1~2杯という方も多く比較的ライトなタイプのバーです。

昔は短時間の利用が多かったですが、最近では長時間楽しめるように色々な工夫をしているお店も多く料理なども豊富にそろえている店舗もあります。

バーの種類4:ダイニングバー

「ダイニング」の名前の通り、料理が豊富で専門店顔負けのクオリティーが特徴です。

バーテンダーとしてだけではなく料理も勉強できて、比較的バー未経験の方でも働きやすい環境だといえます。

求められる仕事もバーテンダー、ホールスタッフ、キッチンスタッフとありますので飲食店の基礎を学べる場所ですね。

最近のバーでは大半がこのダイニングバーの形式といっていいでしょう。

ダイニングバーではお酒の種類も多種多様で、バーの入門編としても活用されるタイプのお店です。

バーの種類5:ジャズバーやレゲエバーなど音楽を楽しむバー

バーにおいてお酒や料理と並んで重要視されるのが店内でかかっている音楽です。

お店の雰囲気と選ばれた音楽がマッチしている空間はそれだけで非日常になり、お客さんのお気に入りとなる要素となります。

そうした中でジャズやレゲエなど音楽に特化したお店がミュージックバーのジャンルに分類され、かかる音楽の種類でバーの冠が変わります。

中には特定の歌手の歌が延々かかっているお店もあり、熱烈なファン御用達として親しまれているお店もあります。

バーの種類6:ダーツバーやゲームバーなど遊べるバー

バーの中でアミューズメント型のタイプが「ダーツバー」や「プールバー」といったお店です。

ダーツバーは名前の通りダーツのマシーンが置いてありますし、プールバーというのはビリヤードを楽しむお店の総称です。

お客さんと一緒にバーテンダーなどの店員もゲームを楽しむことがあり、働いているうちになかなかの腕前になるのも特徴ですね。

1年ほどで大体の人に勝てるようになりますよ。

趣味を増やしたい、もともとダーツやビリヤードが好きという方にはおススメのバーかもしれません。

最近では「ゲームバー」の名前の通り、昔のファミコンやレトロなゲーム機を置いているお店なんかもあります。

小学生などの小さい頃を思い出せる貴重な場所としても愛されていますね。

バーの種類7:日本酒バーやワインバーなど特定のお酒を専門とするバー

特定のお酒に特化した専門的なバーもあります。

「ワインバー」や「焼酎バー」などが代表的ですが、「地酒バル」など近年はさらに事細かく分かれていて店舗ごとの特色が分かりやすいタイプのバーとなっています。

ワインであれば「シャンパンバー」、焼酎であれば「芋焼酎バー」などというのもあり、ますますそのこだわりが強くなっています。

店主のこだわりが強く、またそのお酒に合った一品料理やおつまみがあるのも特徴です。

自分が好きなお酒に囲まれて働くという環境はとても特殊でやりがいのある現場です。

お酒がとにかく好きという方にはおススメの職場といえますね。

バーテンダーでよくある募集内容とは?

ここでは、バーテンダーのアルバイトとしてよくある募集内容を項目ごとに詳しく見ていきたいと思います。

気になる収入面や労働環境などを実際の経験をもとに解説しますので参考になるかと思います。

給与相場

バーテンダーのアルバイトでは、時給1,000円から1,500円といったところが相場となります。

フルタイムで入った場合は月給で180,000円から250,000円といったところでしょうか。

ちなみに経験者であればこれ以上の収入も見込めますね。

また、働くバーの経営母体によっても金額は変わってきます。

私が実際に働いていた東京・銀座や丸の内のレストランバーやダイニングバーでは時給に対して1日8時間以上を超過した分に法定規則に則った25%アップ分が加算され、さらに深夜勤務手当ても25%アップと給料の面で手厚く高待遇のところでしたので20代半ばで月給が30万円前後と比較的同世代より収入が良かったようにも感じます。

こういったところも実際にありますので、アルバイトで高収入を目指す方にも魅力的な一面を持っているのがバーという職場ですね。

勤務時間や休日、残業

アルバイトであればだいたい自分で希望の労働時間を決められます。

毎日がっつり入って仕事を早く覚えたいとか収入を増やしたいというニーズにも対応していますし、週末だけ働きたいという希望にも沿える環境かと思います。

残業という概念は特にありませんが、お店が混んでいるときなどには「あと1時間働いてくれない」と要請されることもあります。

もちろん自分の都合や予定によって判断できますので、無理強いされるということはありません。

ただ、やはりそういった突発的なことに対応していくことで良い意味として「使い勝手がいいスタッフ」と判断・認識されて時給アップにも繋がるケースが多いといえるでしょう。

福利厚生

バーではアルバイトに対して基本的には福利厚生というものは用意されていないところがほとんどです。

前述したような私が働いていた経営母体が大きい所ですと、アルバイトに対しても社会保険完備といったケースもあります。

ちなみにアルバイトやパートで社会保険を受けられる条件は以下の通りです。

  • 週の所定労働時間が20時間以上であること
  • 賃金月額が月8.8万円以上、年収で106万円以上であること
  • 勤務先の従業員数が501名以上で厚生年金の被保険者数が同数を越えている
  • 1年以上の勤務が見込まれている、または1年以上の勤務実績がある
  • 学生ではないこと(一部夜間学校や定時制の学生に対しては例外もあり)

こういった条件をクリアーしていればたとえアルバイトであっても厚生年金や健康保険への加入が可能となります。

バーテンダーとして応募する際には採用条件や企業情報をしっかり確認することが大事ですね。

勤務場所

まず基本的にバーで働いていて異動や転勤というのはありません。

バーというのは多店舗展開しづらい業種なので、採用された場所でずっと働くこととなります。

さらにバーでの継続した勤務年数というのは他の飲食店に比べて長めで、長い方だと10年以上同じバーで働くケースもあります。

これはバーという場所が、「お店でお客さんを呼んでいるのもあるけれど、そのバーテンダーに対してお客さんが付く」ということが営業の大前提のようになっているからです。

そのため、お店側からしてもいい人材は手放したくありませんし、働いているバーテンダーも来てくれているお客さんのために長期間勤務することとなり、それが通例となっている部分が大きいからだと思います。

筆者は逆にどんどん新しい知識を求めたいと思うタイプでしたので、ひとつのバーで働く期間は2年と決めて働いていました。

実際こういうタイプのバーテンダーも多く存在します、

求められる人物像

バーテンダーというのは第一に勤勉でなくては務まりません。

もちろんお酒に対する知識もそうですが、お客さんへの接客のために日々新しい会話の引き出しを増やすべくニュースや時事ネタをチェックしたりしています。

そういった部分で何事に対してもアンテナを張り、気になったことは自分で調べるという「マメ」な姿勢がとても大事になってきます。

そして出来れば明るく人とのコミュニケーションを楽しめる方が現場では求められている人材です。

最初は誰でも未経験ですから、経験云々よりかは前向きで素直な人が採用側からすると欲しい人物像といえるでしょう。

必要なスキルや資格、経験、そして面接する側の本音

必要な資格は特にありませんが、もちろんバーでの経験があるにこしたことはありません。

ただ、変なクセが付いてしまっているバーテンダーより未経験者を好むバーのオーナーも多いので未経験というのがデメリットとは一概にはいえませんね。

私も独立してから何人かのスタッフを面接し採用してきましたが、どちらかというと未経験者の方が教えやすい部分がありました。

これは経験者といっても、「バーテンダーとしてどこまでを知っていて、なにが出来るのか」というところが実際のところ分かりませんので、正直どちらも未完成の人材ならば未経験者の方が0から教えられるのでお店のカラーを伝えやすいという明確なメリットがあります。

雇用する側として一番困るのはどの仕事でもそうだと思いますが、「前の職場ではこうしてました」という人なんです。

バーテンダーというのは頑固な性格の人もいて、自分の仕事にプライドを持っているパターンが多々あります。

もちろんそれは大事なことですが、前の職場といま働いているところは環境が違うということを広く認識できないタイプのバーテンダーは扱いに困り、その大半が実際は大した仕事が出来ない人となります。

これは何故かといいますと、バーテンダーという仕事は最初にご説明した通り「相手の気持ちを理解する」というのが本当に大事なんです。

つまり、そのホスピタリティー精神の上で成り立つ職業であるにも関わらず、「前の職場では~」というようになってしまうバーテンダーはこちらの意図している考えや仕事を汲み取れない。

結果として相手(お客さん)のことを理解できない人、ということに繋がるわけですね。

もし経験者の方が次の店舗のアルバイトの面接を考えている場合は、こうしたバーテンダーとしての前提条件を念頭に応募してみてくださいね。

バーテンダーの求人の探し方・選び方おすすめポイント

せっかくバーテンダーという仕事に興味をもったわけですから、そこにはなにかしらの理由や目標があると思います。

そんなあなたをタイプ別にわけて、どういったところで働いた方がいいか?バーの選び方のポイントは?という疑問にお答えしていきたいと思います。

はじめてバーで働くなら

現在、未経験ではじめてバーというところで働きたいと思っているあなたにはダイニングバータイプのお店をおススメいたします。

バーの広さといった規模感もある程度あり、飲食店で働くための基礎をじっくり学べる環境のダイニングバーはバーテンダー未経験者でも安心して働けるお店だと思います。

また、未経験だけどダーツやビリヤードもちょっと勉強してみたいという方はアミューズメント型のバーもおススメです。

比較的に敷居も高くなく、ライトな労働環境なのでお客さんとも馴染みやすいですからね。

もちろんダーツやビリヤードといった共通の趣味を持っている点も含まれますから楽しくバーテンダーとしての知識や経験を積めると思いますよ。

高級なバーや専門のバーで働きたいなら

バーテンダーとして専門性を求めて将来は独立を考えている方であれば、オーセンティックバーや好きなお酒の種類のお店で働くことがいいかと思います。

ハードルは高いですが、その分そこで培われる技術や知識はかけがえのない財産となりますから、「自分のお店をいつか開きたい」というモチベーションの高い方であればアルバイトであっても十分その環境を活かせるはずです。

正直、未経験の状態から高級店やオーセンティックバーで働くのは本当に大変ですがその分スキルアップのスピードは他のタイプのお店と比べて段違いです。

さらにしっかりとした基礎があるバーテンダーはどこにいっても重宝されますから、転職の際にも有利に働くことは間違いありません。

また「好きこそものの上手なれ」という言葉の通り、自分が興味ある分野というのは仕事の覚えも早くたとえ厳しい労働環境であったとしても苦にならないことでしょう。

私も一番最初に働いたところは、オーセンティックバーとまではいかないもののしっかりとした基礎を重視するお店でしたので最初は厳しかったです。

ですが、のちのち仕事に慣れて他のお店に移るときに非常にその基礎力が役に立ち、とてもそれが大切なことと再認識したのをよく覚えています。

カジュアルな若者向けバーで働きたいなら

オシャレさやカジュアルなところを求めるのであればスポーツバーなどがおススメです。

スタンディングバータイプのお店であれば、常にカウンターでお酒を作る日々ですからやりがいもあり楽しく働けると思いますよ。

特にサッカーなどの日本代表戦やオリンピックといったビッグイベントでは若者がたくさんあつまり、その試合の感動や興奮を共有することでお客さんとも仲良くなれたりとフランクな職場だといえるでしょう。

そうしたケースですと、バーテンダーとしてはしっかりとした技術というよりかはスピード勝負になりますのでそうした経験にはなると思います。

イギリスのパブやアメリカンロックバーなどが好きな方はそういったところを探すのもおススメです。

週に1~2日だけ、短時間働きたい

Wワークで昼間は社会人として働いているけど、月に「2~3万円ほど」少しだけ収入を増やしたい。

そんな希望がある方には個人経営系の小さなバーが狙い目です。

正直アルバイトをひとり分がっつりと雇いたくないけれど、週末のスポットだけ人が欲しいというバーは山ほどあります。

そういったバーではWワークの社会人を大変重宝します。

まず昼間にちゃんと働いているということはある程度の社会経験があり、大人としての会話が成り立ちますのでカウンターでお客さん相手に働いて貰う分には多少安心感があります。

実際に私も働いてもらっていましたし、大変助かりましたね。

ですので、そういった規模が小さめなところにお願いして働くということも出来ますよ。

体感としてはけっこうな人数のOLさんも活躍していました。

バーテンダーのやりがいはコレ!

バーテンダーのやりがい1:カウンターに立ちお酒を作る貴重な経験

なんといっても華やかなカウンターで美味しいお酒を作り、お客さんが喜んでいる姿を見ると日ごろの苦労も報われます。

そういったお客さんの声をカウンター越しにダイレクトな形で聞けるのがバーテンダーとしてのなによりのやりがいですね。

また勤めているお店のメニューに自分が考案したオリジナルカクテルなどが選ばれたりすることもありますから、それをお客さんが飲んでいる姿を見るとやっぱり感動します。

バーテンダーのやりがい2:お酒の専門的な知識が増える

普通であれば飲まないようなお酒が飲めたり、高級なお酒に触れ合うことによって専門的な知識が増えていくこともバーテンダーにとってはやりがいのひとつ。

お酒にはひとつひとつに歴史があり、造った人たちの思いも込められていますのでそうした部分を理解していくとバーテンダーとしての勉強をもっとしたくなります。

また、バーテンダーの仕事をしている人がプライベートでレストランなどに食事に行った際にスマートにお酒をチョイスしている姿を見ると、職業柄ですがお得だなとも思います。

バーテンダーのやりがい3:人脈やコネクションが広がる

人とのコミュニケーションが大前提の仕事ですから、必然的に人脈が広がっていきます。

そうすると将来的に独立をする際に助けてくれたり、また音楽が好きな人であればコネクションからライブに誘ってもらえたりもします。

最初に結果を求めるのではなく、流れの中で自分にとってプラスな出来事が訪れたりするとモチベーションややりがいに繋がることが多々ありますね。

バーテンダーが向いている人

バーテンダーが向いている人1:お酒が好きで興味がある人

とにかくお酒が好きだという理由でバーテンダーになる人も少なくありません。

単純な理由ですが、突き詰めていくと立派なバーテンダーになれますので「お酒好き」というのは一種の才能だと理解してもらっていいと思います。

バーテンダーが向いている人2:人と接するのが好きな人

やはり会話が好き、人とのコミュニケーションに長けてるといった方はバーテンダーに向いているといえますね。

そこに「おもてなし」といったホスピタリティー精神が加われば良いバーテンダーになれると思います。

なにより会話が好きな方は、お客さんからしても話しかけやすいですから安心感を与えることにも繋がりますね。

バーテンダーが向いている人3:体力がある人

バーテンダーは長時間の立ち仕事ですから体力がないともちません。

また、最初のころはアルバイトであったとしても場所によっては厳しい研修期間を設けられているところもあり、なかなか精神的にも辛い時期というのは誰にでも訪れます。

そうしたときに若い頃にスポーツをやっていたなどの経験が非常に活きてきますので体力自慢の体育会系の人も向いているといっていいでしょう。

バーテンダーが向いている人4:地道な作業と研究が好きな人

バーテンダーは華やかなカウンターという舞台の裏で地道な練習や作業をたくさんしています。

そうしたコツコツとなにかをやり遂げられる人というのはバーテンダーとしての素質があると思います。

どんな仕事でも明るい部分だけではありませんので地味な仕事もあります。

そういったものが苦にならない人というのはメンタル面でも向いているといえるでしょう。

また、お酒の勉強というのは日々の積み重ねです。

なにか好きなことに没頭できて調べることが好きな人は、お酒に興味があれば探究心も人一倍わいて珍しいカクテルやお酒を扱う良い意味でマニアックなバーテンダーになります。

そういったバーを求める人はたくさんいるので、ちょっと貴重な存在になれると思いますよ。

バーテンダーが向いていない人

バーテンダーが向いていない人1:お酒に興味が無い人

ものすごく大前提ですが、お酒にまったくの無関心の人はまずバーテンダーには向いていません。

対峙するものが基本的に「お酒」と「人」の2つですから、この内のひとつに興味がないのであれば働いていてもなかなかやりがいが見出せずに辞めていくことになると思います。

ただし、お酒が飲めない人というわけではありません。

世の中にはお酒が飲めなくても後世に名を残すほど有名なバーテンダーはたくさんいます。

現在バーテンダーとして働いている人たちの中にも、体感的ではありますが1割程度はお酒の飲めない方がいますからその点はご安心ください。

バーテンダーが向いていない人2:落ち着きが無い人

バーというのは基本的にお客さんが楽しんでもらって初めて成り立つものですから、カウンターで落ち着きなくせわしない人というのはあまり好まれません。

リラックスした空間を楽しみたいのにカウンターでバーテンダーが慌しかったら誰でもイヤですよね?ですのでバーテンダーというのはどんなときでも落ち着いてお客さんと向き合わなければいけないのです。

バーテンダーが向いていない人3:マメじゃない人

出不精やメール不精といった、あまりライフスタイルが活発ではなくマメじゃない人はあまりバーテンダーに向いていないかもしれませんね。

やっぱり常日頃から新しい発見をなにかしらで見つけるのもバーテンダーの大切なワークスタイルですから、外に出たり連絡を取り合ったりというのをマメに行えない人は難しいかと思います。

バーテンダーが向いていない人4:身なりに清潔感のない人

当たり前ですがバーは飲食店のひとつ、働く人間の清潔感というのは何より大事です。

清潔なルックスと丁寧な仕事というのはある部分で繋がっていますから、普段から身だしなみに清潔感のない方はバーテンダーの仕事も雑になってしまうことでしょう。

バーテンダーが向いていない人5:空気が読めない人

これは非常に抽象的で説明しづらいのですが、分かりやすく説明しますと…周りに空気が読めない友達ってひとりはいますよね?

友達同士であれば許せる範囲だけれど、第三者がいた場合では若干その友達に気を使うといった経験が誰にでも一度はあると思います。

つまりその人がバーテンダーだったとしたらものすごくお客さんが気を使う空間になってしまいます。

そういう点で、人間としては良い人かもしれませんがバーテンダーには不向きだといえると思います。

まとめ

バーテンダーのアルバイトに興味をもったあなたの疑問などに対して色々とご紹介してきましたがどうでしたか?

バーのアルバイトといっても様々種類のお店があることが分かっていただけたかと思います。

将来的に独立したいなどの具体的な目標を設定すると探しやすいですが、そうでない場合は比較的に働きやすいダイニングバーやスポーツバーなどで最初は働くことを個人的にはおススメします。

またアルバイトだからといっても収入は頑張り次第でアップしますのでそうした点でもご安心いただけたかと思いますが、採用条件など応募の際には必ず細かくチェックしてから面接に臨んでくださいね。

現在はバー業界から良いバーテンダーが少なくなってきました。

時代の流れもあるのでしょうが、立ち仕事で長時間勤務というのは敬遠されがちですがそれ以上のやりがいがバーテンダーという職業にはありますので、ぜひこれを参考にバーテンダーとしての第一歩を踏み出してくれることを願います。


関連キーワード

バーテンダー求人

バーテンダー求人についてもっと深堀りした情報を見る

バーテンダーの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

現在バーテンダーという職業に興味を持って仕事を探していたり、バーテンダーになってみたものの、この先はどういったキャリアアップの方法があるのか模索しているあなた。意外とバーテンダーという仕事の給料事情を解説してくれている記事ってありませんよね。バーテンダーの年収はいくらくらいなのか?はたまた自分が貰っている給料は適正なのかどうか?こんな疑問をお持ちなのではないでしょうか。ここではそんなバーテンダーの給与相場や転職のときに必要なキャリアアップ術を徹底的にご紹介していきます。筆者自身もバーテンダーとして15年以上のキャリアがありますので、飲食業界やバー業界には詳しいかと思いますので安心してご覧になっ

バーテンダーとはどんな仕事?その仕事内容やバーにおいての役割、なり方など詳しく解説します!

スポットライトを浴びるカウンターの中で、カッコよくカクテルを作るバーテンダー。一度はそんな仕事に憧れたことがあるかもしれません。しかし、「いまいちバーテンダーの仕事ってなにをやるのか分からない!」といった人も多いはずです。ここではそんなバーテンダーとはどんな仕事なの?という疑問に対して、いくつかの項目に分けてお答えしていこうと思っていますのでぜひチェックしていってみてくださいね。それではまず一番基本的なことからご説明していきたいと思います。ちなみに筆者は自身で独立してバーを経営していますので、ここで紹介する内容はしっかりとした中身のある情報となっています。ご安心ください!バーテンダーとはどんな

バーテンダーの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

夜景の見えるバーでグラスを傾けながら色とりどりのカクテルを楽しむ、そんな小説やドラマに出てきそうなシチュエーションで欠かせない存在といえばバーテンダーですね。少し渋めなマスターがシェイカーを振る仕草などはとても様になっていて画になります。そんな誰しもが一度は憧れるであろう職業がバーテンダーですが、実際は若い方でも活躍している方がたくさんいます。さて、そんなバーテンダーという仕事にはどんな人が向いているのでしょうか。ここではバーテンダーに向いている人の特徴やバーテンダーとしての実際の仕事内容などを分かりやすくご説明していきます。筆者自身若いころからバーの現場で働き、キャリア15年以上の経験があり

バーテンダーの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

カウンターの中で映画やドラマのワンシーンのように格好良くカクテルを作るバーテンダー。そんなバーテンダーの正社員求人に関する情報を、ここではご紹介していきます。バーテンダーの年収事情やおすすめの求人情報のポイントなど、これからバーテンダーとして就職を考えている方には必見の内容となっておりますので、是非最後までご覧になっていってください。自身でもバーテンダーの経験が15年以上あり、その後独立して店舗を経営していた実績のある筆者が分かりやすく解説していきます。実際の現場での雇用条件や労働環境を見ていきますので、お役に立てるかと思います。それではさっそくバーテンダーとしての仕事内容から見ていきましょう

バーテンダーが向いている人の8個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

男性ならバーテンダーの仕事に憧れを持っている人は少なくないのではないでしょうか?バーと一言に言っても、一流ホテルの最上階にあるバーや銀座などに多いオーセンティックバー、穴場のデートスポットになるようなバーまで形態は様々です。最近では女性のバーテンダーも多くなってきているのだとか。寡黙で黙々と仕事をこなす渋いバーテンダーさんは女性からも憧れの存在です。最近では飲食店やチェーンの居酒屋、アミューズメント施設でもバーテンダーを雇用しているところがあります。今回は、そんな気になるバーテンダーとしての仕事内容をまとめてみました。どんな人がバーテンダーの職に向いているのか、その特徴や転職後に活かせる仕事な