料理やお酒が美味しくて、スタッフやバーテンダーがスタイリッシュなオシャレなバーで働いてみたいと思うことってありますよね。

映画やドラマに出てくるような間接照明が鮮やかな店内で、カッコよく振舞う姿にはやはり憧れたりします。

そんな「バー」という空間で働いてみたいと思ったあなたのために、ここではバーで働くための予備知識やお店選びのコツ、はたまたこういったお店では働かないようにという注意点を徹底解説していきたいと思います。

筆者は都内の色々なバーで経験を積み20代半ばで独立開業をいたしました。

そこから10年弱経った現在でもまだ飲食関係の仕事を続けていますので、そういった部分では確かな経験と知識でバー業界のお話が出来るかと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

細かな疑問やどうやったら働けるのかを丁寧にサポート、それではさっそくバー求人の仕事についてどんなものがあるかを見ていきましょう。

バー求人でのおおまかな仕事内容

バーではまず大きく分けて3種類の仕事があります。

「バーテンダー」「ホールスタッフ」「キッチンスタッフ(料理人)」というように、基本的にはこの3つのパターンになります。

それぞれ役割が違いますが大雑把にするとこうなります。

バーテンダー

カウンターでお客さんが飲むカクテルやその他多数のドリンクを作ります。

カウンターで対面するお客さんの接客もバーテンダーの大事な仕事です。

ホールスタッフ

バーテンダーや料理人が作る商品をお客さんまで運ぶお仕事です。

また、場合によってはカウンターやキッチンのお手伝いをします。

キッチンスタッフ

お店出す料理を作ります。

基本的にはオーダーが入った料理を作るだけですが、オープンキッチンなどの場合はお客さんとの会話をすることも求められます。

こういった感じになりますね。

どういった仕事がしたいのかによって求人での見るところが変わります。

バーテンダーをやってみたいけど未経験だしな…という方はまずはホールスタッフから始めて、のちに勉強していってバーテンダーとして働くことも可能です。

バー求人でのお仕事にはどんな種類があるの?

バーはお店の営業形態や雰囲気によっていくつかの種類に分けられます。

そうすると同じバーテンダーやホールスタッフでも求められることが変わってくるので、お店のパターン別に詳しく解説していきたいと思います。

バーでよくあるお店のパターン

オーセンティックバー

「正統派」という意味を持つオーセンティックバーですが、こういったお店ではあまり料理というものはありません。

あくまでお酒を楽しむところで、レストランや料理屋などの一軒目で食事を終えたお客さんが二軒目として利用することが多いお店です。

こういったお店ではバーテンダーも高度な技術と知識・経験が求められます。

なにせお店のウリは「お酒」ですから、これらの商品知識や実際に作ることがなければカウンターで働けませんよね。

こうしたお店は古くからある老舗と呼ばれるタイプが多いので、まずはホールスタッフとして働いて勉強をし、徐々にカウンターの中で働けるバーテンダーとしてステップアップしていきます。

ダイニングバー

こちらは「ダイニング」と名前に付くくらいですからしっかりとした料理があります。

世の中の大半のバーがこのダイニングバーということになりますね。

ダイニングバーでは最初にご説明した3つの役割が仕事としてあります。

バーの求人に興味を持ったらまず最初に目に付くところかと思います。

最近はダイニングバーでも専門店に負けないくらいの料理を出すお店も多いですから、お酒も料理も勉強したいという方にはおススメです。

どちらを選んだらいいか、自分に向いているのかどうか、という不安がある場合はホールスタッフとして応募して実際に両方の仕事を見て今後を考えてもいいでしょう。

ショットバー

少し特殊ですが基本的には料理もあります。

ただし、ダイニングバーよりかは料理の品数も少ないですし店主のこだわりが強いというのが特徴です。

「ショット」というのはカクテルやウイスキーをグラスに入れるときの単位の名前です。

昔はお酒を計り売りしていたので、そうした名残からショットバーという名前を使うところも多いですね。

ちなみに「1ショット=30ml」というのが、バー業界の常識です。

お酒をグラスに注ぐときは大体1ショット分入れます。

これはジントニックでもカシスオレンジでもなんでもそうなっています。

よく「ウイスキーをダブルで」なんていう言葉をドラマや小説などで見聞きしますが、これは1ショットを2回分つまり60mlということになりますね。

ダーツバーやプールバーなど

こうしたいわゆるアミューズメント型のバーでも3つのパターンで仕事は募集されていますが、役割の境界線はあいまいでほぼ全ての仕事を経験します。

お客さんとバーテンダーの人がダーツをやっていれば、その間ホールスタッフがお酒を作りますしその逆もあります。

どういう種類のお店や職種が良いか決まっていますか?

バーというのは普通の飲食店と違って少し特別な環境です。

というのも仕事中にアルコールを飲む機会がある場所もあるからです。

他の仕事ではなかなかないですよね。

もちろん強要はされませんが、そういったときにお酒が飲めない方でダーツバーなどの業務はかなり難しいですし、自分的にも合わないと感じることでしょう。

どういったところが良い環境かを考えるよりかは、自分が「なにをしたいか」を考えると働きたい職種やお店が決まってくると思いますので、まずは自分の感覚を信じてみるのもいいかと思います。

当たり前ですがバーで働きたいからといって、アメリカンでロックが掛かっている雰囲気が好きな方が、ジャズが流れるショットバーで働いてもしっくりきませんよね。

つまりそういうことだと思っていただければ大丈夫です。

シティー派でとにかくカッコよく働きたいなら、夜景の見えるホテルのラウンジバー(オーセンティックバー)だったり、ワイルドに楽しくお客さんとお酒を一緒に飲んで働きたい!というのであれば、アメリカンロックバー(ショットバーやダイニングバー)だったりとパターンはいくらでもありますから。

バーの求人でよくある募集内容とは?

「バーテンダー募集」や「キッチン募集」など書いてありますが、大体のところは雇用条件が職種によって変わることはありません。

しかし、気になるのは給料や勤務時間ですよね。

そういったところにも踏み込んで見ていきましょう。

給与相場

アルバイトであれば時給¥1,000~¥1,300程度。

正社員であれば月給¥190,000~¥250,000程度。

もちろん経験や年齢によって変わりますが、おおよそこの金額に当てはまるかと思います。

勤務時間や休日、残業

アルバイトであれば「6h/1日以上・週3日以上」

正社員であれば「8h/1日以上・月6日程度の休み・残業あり」

こういった条件がバーでは通常かと思います。

アルバイトはもちろんですが、正社員も残業代は付きますし休みはある程度希望通り取れます。

少し前までは飲食業界=ブラック的なイメージがありましたがそんなことは現在ではまったくないといっていいでしょう。

むしろ一般企業より規則や就業時間はゆるいようにも思えますね。

福利厚生

正社員に対しての福利厚生は、働く場所によってまちまちです。

経営母体が大きなホテルのバーなどであれば社会保険完備は当たり前ですが、街の中規模なバーなどではあまりそういった保険が付く印象はありません。

勤務場所

バーというのは基本的に多店舗展開しないものなので異動や転勤というものがありません。

また、労働環境としては飲食店の部類に入りますから賄いなどの食事保障があったりと意外と助かる面もあります。

バーで働いている人はだいたいが何かしらの目標や情熱を持った人が多いですから、非常に刺激的で仕事へのモチベーションが高まる職場といえますね。

求められる人物像

バーで求められる人材というのは第一に明るい性格であることです。

お客さんとのコミュニケーションが必須の場所ですから、会話を楽しめるポジティブな方が望ましいですね。

あとはどの仕事でも言えますが、真面目で勤勉であることです。

必要なスキルや資格、経験

前述しましたが出来ればコミュニケーションスキルが高い方がいいかと思います。

あとは必要な資格などは特にありません、調理師免許などがあればキッチンスタッフとして重宝されると思いますが未経験でも問題はありません。

バーのおすすめ求人のポイント

バーで働くメリットやおススメのポイントを職種ごとにご紹介していきたいと思います。

バーテンダーの求人おすすめポイント

バーテンダーとして働くことのメリットは、なんといっても貴重なお酒の作り方を勉強できたり、カウンターでの接客を身につけることができるところです。

学生さんであれば、このスキルは今後社会人になっていく中でとても活きてくるスキルだと思いますよ。

まず対面での接客というのは営業職などにも応用できますし、なによりお酒の知識は社会人としては多少抑えておきたいポイントのひとつ。

上司や先輩との「飲みの場」などで活躍するかもしれませんね。

バーのホール求人おすすめポイント

ホールスタッフとして働くメリットとしては、バーテンダーとキッチンのスキルを両方見て学べるという点です。

どちらも器用にこなすことで応用力が付きますから、今後どんな職業に就いても大丈夫。

とっさの判断や空気を読む能力が非常にアップすると思います。

バーのキッチン求人おすすめポイント

キッチンスタッフのメリットは、なんといっても料理スキルが格段に上がるところです。

実際、最初はバーのキッチンスタッフから始まって料理人に目覚めて料理の世界へと入っていく人間はたくさんいます。

中には専門店を出店するまでに成長する人も。

あとは、賄いを自分の好きなように作れるのも楽しみのひとつかもしれませんね。

バー求人の雇用形態による違い

バーでの雇用形態は正規雇用か非正規雇用のほぼ2択しかありません。

つまり正社員かアルバイトかということです。

なせ契約社員や派遣社員という形態がないかというのをご説明します。

まずバーというのは当然ながら料理やお酒が商品となりますが、それ以上に人的要因による売り上げが多いお店なのです。

ですからアルバイトであっても長期的なスパンで働ける人材を登用したいですし、正社員ならなおさらです。

つまり、契約社員や派遣社員といった働く期間に限りがある形ではなかなか雇いづらいということですね。

ちなみに筆者がバーの現場で働いてきた中で、契約社員や派遣社員というのは見たことがありませんでした。

だいたいはアルバイトから始まり、社員登用されていく形になります。

バーの求人について気になる疑問

ここまでを見てきて「よし!実際にバーで働いてみよう!」と思った方でも、面接や応募などについて不安に感じる部分もあるかと思いますのでそういったところの疑問などにお答えしていきたいと思います。

バー求人の探し方は?

バーでのスタッフ募集は適度な頻度で行われています。

どうしても働きたいお店がある場合は別ですが、大半は求人情報サイトなどから募集広告を見つけて応募していくことになります。

その際に気をつけたいのは営業時間。

自分のライフスタイルに合っているのか?もしくは終電で帰りたい場合は帰れるのかを確認しましょう。

しかし、実際は「終電過ぎまでちょっと働いて欲しい」といわれることも場合によってはあります。

たとえば月に2~3回くらいです。

そういった場合に対応出来るのかどうかはあなたの生活環境によりますので、じっくり考えてから応募しましょう。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

実際にバーでのスタッフの採用面接経験もありますのでこちらをご説明していきたいと思います。

まず聞かれるポイントをまとめますとこのようになります。

  • 正社員かアルバイトか?
  • 経験があるかどうかの確認
  • 経験があるとしたらどの程度の経験か?
  • アルバイトの場合、週に何日何時間程度シフトに入れるのか?
  • 週末に入れるか、また休みを固定の曜日に出来るかどうか?

基本的にこの項目は必須で、かならず聞かれると思います。

ちなみに未経験でアルバイトの場合、受かりたいからといって聞かれたことに対して「全部大丈夫です」と受け答えするのはあまりよくありません。

あとでトラブルのもとになりますので。

たとえば週末入れるか?という質問に対して「土曜日は出れますが、金曜日は別の仕事や学校の関係で出れません」というのは全然オーケーなことなのです。

面接に来た人の事情と生活スタイルを把握することが採用側からすると重要なことなので、予定や都合があらかじめ分かっている場合は面接の段階ではっきりと伝えておきましょう。

また、合格する秘訣ですがこちらは「熱意」です。

抽象的かもしれませんが、採用側からすると面接に来た人の履歴書と短い時間の質疑応答のみで判断しなければいけませんのでその際の「ここで働きたい」という熱意はかなり重要なポイントです。

この店で働いて「なにを覚えたいのか」「なにをしたいのか」「どんな経験をして、今後どうしたいのか」というはっきりとしたビジョンを相手に提示することによって合格の確率は格段に上がります。

逆に面接をしていて困るケースもお伝えしておきます。

これはまず「休みの希望が不定期」という人です。

すでに働いているスタッフとの兼ね合いで休日を設定していくわけですから、そうした中でイレギュラーな出勤や休日希望は正直困ってしまいます。

出来れば休みの曜日は固定した上で面接に臨んだほうがいいかと思います。

しかし、少し特殊なケースでいいますと「日曜祝日はかならず空いているので出れます」といった条件があれば、少し採用基準としてプラスポイントになりますね。

そういったスタッフがいると既存のスタッフに連休などを取らせることが出来たりもするので、そういう特殊な生活サイクルの人は合格の可能性が全然あると思いますよ。

未経験でも応募できる?

もちろんバーは未経験でも応募できます。

みんな最初は初心者から始まりますのでその点はご安心下さい。

こちらも困るケースを参考にご紹介していきます。

「バーで働いた経験はないけど、居酒屋さんでならある」という人も少なくないかと思います。

こうした中でバーでの経験の有無を問われて「ある」といってしまうのが、けっこう採用側からすると困ります。

バーと他の飲食店は似ているようで、実は全く違います。

これは何故かというと求められていることが違うからですね。

居酒屋さんなどではある程度の「マニュアル」が存在すると思いますが、バーというのはマニュアルがありません。

たとえば接客などに関しまして、選択肢のセオリーとしてこの場合はこうした方がいいということはありますが、「こうしなければならない」というものがないからです。

相手ひとりひとりによって接客は変わってきますから、そうした勉強を出来る場所がバーだと思ってもらえればいいかと思います。

こうしてみるとハードルが高そう、未経験じゃこわい。

と感じてしまうかもしれませんが大丈夫です。

色々な経験をしている先輩がきっちりとフォローして教えてくれます。

たくさんの失敗をしても、そうした中で接客や対人スキルというものが磨かれていくわけですから。

バーの雰囲気は?

お店によって様々な場所があります。

自分に合った雰囲気のところを選びましょう。

最初は分からないかもしれませんので、いくつかバーにお客さんとして行って居心地がいいと感じたお店に似た雰囲気のところを選ぶのがいいですね。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

さきほどもご説明しましたが、基本的には正社員かアルバイトの2択ですので最初にどちらを希望するか伝えましょう。

正社員は現在いっぱい、と言われてしまう場合もあるかと思いますがまずアルバイトで半年から1年ほど真面目に働いてスキルアップしていけば、その後の正社員登用も十分考えられますのでそうした点も最初に聞いておくといいでしょう。

ちなみにこれは全く失礼なことではないのでお気軽に尋ねてください。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

基本的にはアルバイトは時給で、正社員は月給で固定されています。

また、他の職業のように正社員に対して深夜手当てなどはありません。

これはバーは深夜にかけて営業しているところ、というのが雇う側・雇われる側の双方にとっての共通認識ですから、深夜働くことが前提の月給となっています。

アルバイトに関しては働く場所によっては深夜手当てが出るところもあります。

残業って多いの?

アルバイトで残業というのはあまりないですね。

たまに忙しい日に「もう少し残れる?」と聞かれたりしますが、そこは自分の予定と都合で判断できます。

正社員に関しては残業という概念があまりありません。

営業時間が終わって片付けて店を閉めるまでが1日の仕事ですから、自分の仕事が早ければ残業にはなりませんし遅ければ残業という形になります。

シフトの自由度ってどうなの?

他の業界よりも自由度は高いと思いますが、金曜日土曜日といった週末に休めることはあまりありません。

その他の平日であれば希望を出せば自由に休みを設定できるかと思います。

むしろ平日に休めてラッキーと思える人には向いている職場ですね。

資格って必要なの?

特に必要な資格はありませんのでご安心下さい。

やる気さえあれば採用側としては十分です。

まとめ

バーでの求人情報やそれにまつわる色々な話をしてきましたが、気になっていた疑問や不安は解決しましたでしょうか。

まずはバーテンダーかホールスタッフかキッチンスタッフを選んだ上で応募するというのが前提ですが、分からない場合はお店側にゆだねるのもひとつの手です。

お店に馴染んでいくうちに職種チェンジも可能なので、あまり固くならずに自分に合った雰囲気のところに応募してみてください。

未経験や無資格というのはまったく問題ではありません。

むしろ経験がないほうが教える側からすると教えやすかったりしますので、その点は気にしなくて大丈夫ですね。

バーというのはその場その場で常に判断と行動を繰り返し、その答えを求められる現場です。

ですから臨機応変な対応力やそのシチュエーションに適した応用力が身につきます。

これは他の業界でもかならず活きてくる能力ですので自身の社会人としてのスキルアップにも繋がります。

少しでも興味を持ったのであればここでご紹介したものを参考に、ぜひチャレンジしてみてもらいたいと思います。


関連キーワード

飲食求人

バー求人についてもっと深堀りした情報を見る

バーテンダーの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

現在バーテンダーという職業に興味を持って仕事を探していたり、バーテンダーになってみたものの、この先はどういったキャリアアップの方法があるのか模索しているあなた。意外とバーテンダーという仕事の給料事情を解説してくれている記事ってありませんよね。バーテンダーの年収はいくらくらいなのか?はたまた自分が貰っている給料は適正なのかどうか?こんな疑問をお持ちなのではないでしょうか。ここではそんなバーテンダーの給与相場や転職のときに必要なキャリアアップ術を徹底的にご紹介していきます。筆者自身もバーテンダーとして15年以上のキャリアがありますので、飲食業界やバー業界には詳しいかと思いますので安心してご覧になっ

バーテンダーとはどんな仕事?その仕事内容やバーにおいての役割、なり方など詳しく解説します!

スポットライトを浴びるカウンターの中で、カッコよくカクテルを作るバーテンダー。一度はそんな仕事に憧れたことがあるかもしれません。しかし、「いまいちバーテンダーの仕事ってなにをやるのか分からない!」といった人も多いはずです。ここではそんなバーテンダーとはどんな仕事なの?という疑問に対して、いくつかの項目に分けてお答えしていこうと思っていますのでぜひチェックしていってみてくださいね。それではまず一番基本的なことからご説明していきたいと思います。ちなみに筆者は自身で独立してバーを経営していますので、ここで紹介する内容はしっかりとした中身のある情報となっています。ご安心ください!「バーテンダー」が自分

バーテンダーの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

夜景の見えるバーでグラスを傾けながら色とりどりのカクテルを楽しむ、そんな小説やドラマに出てきそうなシチュエーションで欠かせない存在といえばバーテンダーですね。少し渋めなマスターがシェイカーを振る仕草などはとても様になっていて画になります。そんな誰しもが一度は憧れるであろう職業がバーテンダーですが、実際は若い方でも活躍している方がたくさんいます。さて、そんなバーテンダーという仕事にはどんな人が向いているのでしょうか。ここではバーテンダーに向いている人の特徴やバーテンダーとしての実際の仕事内容などを分かりやすくご説明していきます。筆者自身若いころからバーの現場で働き、キャリア15年以上の経験があり

バーテンダーの正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

カウンターの中で映画やドラマのワンシーンのように格好良くカクテルを作るバーテンダー。そんなバーテンダーの正社員求人に関する情報を、ここではご紹介していきます。バーテンダーの年収事情やおすすめの求人情報のポイントなど、これからバーテンダーとして就職を考えている方には必見の内容となっておりますので、是非最後までご覧になっていってください。自身でもバーテンダーの経験が15年以上あり、その後独立して店舗を経営していた実績のある筆者が分かりやすく解説していきます。実際の現場での雇用条件や労働環境を見ていきますので、お役に立てるかと思います。それではさっそくバーテンダーとしての仕事内容から見ていきましょう

バーテンダーが向いている人の8個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

男性ならバーテンダーの仕事に憧れを持っている人は少なくないのではないでしょうか?バーと一言に言っても、一流ホテルの最上階にあるバーや銀座などに多いオーセンティックバー、穴場のデートスポットになるようなバーまで形態は様々です。最近では女性のバーテンダーも多くなってきているのだとか。寡黙で黙々と仕事をこなす渋いバーテンダーさんは女性からも憧れの存在です。最近では飲食店やチェーンの居酒屋、アミューズメント施設でもバーテンダーを雇用しているところがあります。今回は、そんな気になるバーテンダーとしての仕事内容をまとめてみました。どんな人がバーテンダーの職に向いているのか、その特徴や転職後に活かせる仕事な

バーの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

バーでの仕事って少し大人の雰囲気でどこか謎めいていて興味が湧きますよね?その反面分からない部分も多く、求人が出ていても、なかなか応募する勇気がない人もいるのではないでしょうか。ネットで調べてみると、最近では女性バーテンダーも増えているそうです。今回は実際の経験を元に、バーでの仕事内容や、必要なスキルについてご紹介したいと思います。「バーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →バーの仕事はどんな仕事?バーでの仕事内容はお酒を作ることをイメージする方が多いのではないでしょうか。ですが、仕事はお酒を作ることだけではありません。仕入れや接客なども合わせていくつかご紹介したいと思います。店内清

バーテンダーバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

映画やドラマの中で、役者さんたちがオシャレなバーでお酒を飲んでいるシーンはとても画になりますが、その中で映るバーテンダーというのも格好よく見えたりしますよね。誰しも少しくらいはそんなバーテンダーという職業に憧れをもった経験があるかと思います。これからバーテンダーという道に進みたいと思っている方や、ちょっと興味があるという方のためにここでは「バーテンダー」としての第一歩となるバーでのアルバイト求人についてご紹介していきたいと思います。筆者は高校を卒業後すぐにバーテンダーのアルバイトをはじめ、都内のバーをいくつか渡り歩いて修行したあとに東京で独立開業をした経験がありますのでリアルな現場の声をお届け

バーテンダー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

鮮やかな間接照明の中で格好良くシェイカーを振ってカクテルを作るバーテンダー。ホテルの最上階など夜景の見えるバーでビシッとしたベストとネクタイをして落ちついた佇まい、カウンター越しにお客さんと会話をする風景はまるで映画やドラマのワンシーンのようですね。そんなバーテンダーという仕事に憧れること、一度くらいはあるのではないでしょうか。ここではそんなバーテンダーという職業に興味を持ったあなたの、「どうやったらバーテンダーになれるのか?」「どんな場所で働けるのか?」はたまた、「資格とか経験とかってどうすればいいんだろう?」という疑問に対して詳しく細かくそして分かりやすく解説していきます。筆者は都内の数々


バー求人に関するコラム

バイトならバーがおすすめな5個の理由。私がコレで得をしたり勉強になった!

お酒が飲めるようになって、社会人になってから、何かのきっかけでバーへ行くことはあるかと思います。おしゃれなバーへ行くとなんだか大人になった気分ですし、手早くお酒を作っていくバーテンダーを見ると惚れ惚れしたり、憧れたりします。もちろん、おしゃれなバーでバーテンダーとして働くことに憧れる人も多いかと思います。大学生やフリーターなどには、人気のアルバイトの一つと言っても過言ではありません。夜が遅い仕事ですが、時給がいいのとお酒について学べることや色々な人と知り合える仕事です。今回は、バーテンダーの仕事にスポットを当てて、バーテンダーの仕事内容やおすすめの理由などについて紹介していきます。バーのバイト

バーのアルバイトをやってて良かった3つのことや、やりがい、身に付いたスキルを紹介します

映画に登場するバーのシーンに憧れて、子供の頃からずっとバーで働いてみたいと思っていました。たまたま見かけた求人媒体にバーでのアルバイト募集の記事を見つけ、思い切って応募したのがバーで働くきっかけでした。隠れ家のような大人の空間は、自分も大人の仲間入りをしたような気持ちにさせてくれました。そこには様々な人間模様があり、働きながらいろいろなことを学ばせてもらいました。今回は私が実際にバーで働いてみて経験したことや、嬉しかったこと、こんな人にオススメと言うポイント等をまとめてみましたので、これからバーで働きたいと思っている方たちの参考にしてもらえたら嬉しいです!私はこんなところでバーのアルバイトをや