老若男女問わず人気の国民食であるラーメン、同じ店に何度も食べに行く人も多いのではないでしょうか。

店内に入ると活気のある声が響き渡り美味しそうな匂いもしてきて、期待に胸を膨らませてラーメンが出てくるのを心待ちにしている人もいるでしょう。

ラーメンを通してワクワク感や幸せを提供してくれるラーメン屋ですが、従業員になって提供する側になってみたいと感じたことはないでしょうか。

この記事では、ラーメン屋のおすすめ求人ポイントや募集内容について紹介をしていきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ラーメン屋求人にはどんな仕事があるの?

ラーメン屋の仕事内容は、大きく分けて調理担当と接客担当の二つがあります。

そのため、ラーメン屋の求人についてもこの二¥つのどちらかの求人がほとんどです。

では、ラーメン屋の詳細な仕事内容を紹介していきます。

仕込み作業

ラーメンで使用するスープ、盛り付けやトッピングで使用する具材などの仕込み作業を行います。

その店がどの系統の味なのかによって、仕込み方法も変わってきます。

また、出汁を取る具材は何をどのくらいの量入れるのか、どのくらい煮込むか、火加減はどうするかなど、店によって仕込み方は全く異なります。

そのため、開店の何時間前に仕込みを始めるのかも店によって様々なのです。

スープはラーメンの味を決める一番重要な部分ですので、スープの仕込み作業は気の抜けない重要な作業です。

具材の仕込みは、チャーシューやねぎなどを機械や包丁で同じ大きさにカットをします。

調理作業

ラーメンに加え、餃子やチャーハンなどのサイドメニューの調理を行います。

全てのメニューを完璧に調理する必要があるため、熟練度が高くないと務まりません。

また、お客さんを待たせないためにも無駄なく調理を行う必要があります。

ランチやディナーのピーク時には、お客さんからの注文で溢れかえります。

注文が溢れているからと言って焦ってミスをしないよう、落ち着いて調理をすることが求められます。

そのため、調理作業は熟練者が行うべき業務内容となっています。

接客対応

お客さんへお冷を出したり、注文聞きや配膳、お客さんからの要望に応えるなどの接客対応を行います。

お客さんと直接やり取りを行うので、店の顔とも呼べる存在です。

そのため、明るくハキハキとした対応を行わなければなりません。

お客さんから何か要望があった際にも顔に出さず明るく笑顔で対応する必要があります。

接客対応は、明るい性格の持ち主が適任と言えます。

接客対応は初心者でも比較的行いやすい作業です。

ホール作業

お客さんが帰った後の食器を片付ける作業、醤油やこしょうなどの調味料を補充する作業、椅子やテーブルや床を綺麗に掃除する作業などがあります。

食器は、食器洗浄機や手洗いで洗います。

汚れが残らないよう確実に洗うことが重要です。

調味料の補充や、椅子やテーブル、床を綺麗に掃除する作業は一見地味な作業ではあります。

しかし、綺麗に掃除された店内やしっかりと補充がされている調味料をお客さんが見たら、店に良い印象を持ってくれるでしょう。

そのためホール作業は、お客さんが店に対する印象を決める重要な作業となります。

接客対応者がホール作業を行うことが多いです。

ラーメン屋求人でよくある募集内容とは?

ラーメン屋の求人は、未経験者でも採用をしてくれるものが多いです。

経験者かどうかではなく、応募者のやる気と熱意が最重要項目となります。

職種

調理担当者の求人が多いでしょう。

入社したての頃は、仕事に慣れるために接客対応やホール作業に従事をすることが多いです。

仕事に慣れてきたら、徐々に調理作業を行っていくことが多いでしょう。

給与相場

月給25万円~40万円程が相場です。

都心部は比較的高く、郊外は比較的低くなるでしょう。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は、早朝から深夜までの時間でシフト勤務が多いです。

休日は、週1日か2日休みの店が多いでしょう。

それに加え残業の有無などは人手が足りているか足りていないかが影響してきます。

求められる人物像

ラーメン屋では、元気で明るい性格であることが求められる人物像となります。

ラーメン屋は、とにかく明るくハキハキとした対応が求められます。

店に入って初めに聞こえた挨拶に元気がなかったら、お客さんの気分も暗くなってしまいます。

お客さんは元気で活気のある店をイメージして来店しますので、明るい対応ができることは必須項目となります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ラーメン屋のおすすめ求人のポイント

ラーメン屋と言っても求人内容は様々であり、一様ではありません。

応募をする際におすすめな求人のポイントを紹介していきます。

個人経営の店

ラーメン屋は、大きく分けてチェーン店と個人経営店があります。

特に飲食店で働くのが初めての人には個人経営の店をおすすめします。

チェーン店は規模が大きく、雇用も安定しているでしょう。

しかし、上司やエリアマネージャーなど上からの締め付けが厳しい場合があります。

また、同じチェーン店間で異動をする可能性があります。

チェーン店の規模によっては、転居を伴う異動をする場合もあります。

その点個人経営の店は異動がないため、同じ店でどっしりと腰を据えて経験を積むことが可能です。

また上司は店長のみという場合が多いので、上からの締め付けもチェーン店ほどではないでしょう。

更に、チェーン店ほど作業がマニュアル化されておらず、ある程度自由が利くでしょう。

以上の点から、特に飲食店で働くのが初めての人には個人経営の店の方が働きやすいと言えるでしょう。

深夜営業がない

あまり体力に自信がない人は、深夜営業や24時間営業を行っている求人は避けた方が良いでしょう。

深夜に労働を行うと昼間に働くよりも疲れが倍増し、その疲れもなかなかとれません。

また、24時間営業の店だと夜勤を任される可能性があります。

夜勤を行うと生活のリズムが狂うため、昼間だけ働くよりも人一倍疲れが生じることになります。

そのため、あまり体力に自信がない人が深夜営業や24時間営業の求人を選択すると疲労困憊となってしまう可能性があるのです。

しかし深夜や夜勤は給与が高くなるため、体力に自信がある人は選択をしてみても良いでしょう。

オーソドックスな味のラーメンを作る店

醤油、みそ、塩などのオーソドックスな味のラーメンを売りにしている店を選ぶのがおすすめです。

ラーメンは味の流行り廃りがあります。

最新の味のラーメンは、その味が流行っている間は繁盛します。

しかし、また新しい味が開発されてブームが去ってしまうと売り上げが落ちることも考えられます。

その点オーソドックスな味のラーメンは流行り廃りに流されず、安定して経営を続けることができる可能性が高くなります。

店休日と従業員の休日が必ずしも一緒ではない求人

ラーメン屋の定休日以外にも休日がある求人はおすすめです。

ラーメン屋の休日は、定休日が従業員の休日である求人と、定休日に関係なくシフトで従業員の休日を決める求人の二種類があります。

定休日の日に従業員の休日が定められていると、毎週同じ曜日の休日に固定されます。

休む曜日が固定されると、何か用事があって他の曜日に休みを取りたくても難しくなります。

その点、事前にシフトを組んで休む日を決めることができると、何か用事がある日に休みを取りやすくなります。

子どもの行事に積極的に参加したいという人は、定休日と従業員の休日が一緒ではないシフト制の求人を選択すると良いでしょう。

ラーメン屋の仕事についてよくある疑問

ラーメン屋の仕事を始める前に、他の飲食店と比較してどちらが良いのか考えてしまうこともあるでしょう。

自分には他の飲食店とラーメン屋のどちらが合っているのか悩み方もいると思います。

焦ってすぐに決めることはせず、様々な疑問を解決して最終的に決断をすることが重要です。

ラーメン屋の仕事についてよくある疑問の回答をしていきます。

体力は必要?

他の飲食店と比較して、ある程度体力は必要であると言えるでしょう。

まずラーメンが入った器はずっしりと重く、女性が片手で運ぶと少しキツいと感じる人もいるでしょう。

またスープを煮込む寸胴もかなりの重量があり、洗う際にも力が必要となります。

そしてファミリーレストランのような他の飲食店と最も異なるところは、「厨房の調理担当も大きな声で挨拶をしないといけない」ということです。

お客さんが来店した際とお客さんがお帰りになった際に、毎回大きな声で挨拶を行う必要があります。

他の飲食店と違い厨房の様子が丸見えのラーメン屋は、常にお客さんに見られています。

そのため、疲れたからと言って挨拶をしないでいると、元気のない従業員がいるということで、お客さんからの評判が落ちてしまいます。

部活動で運動部だった人は経験があると思いますが、大きな声を出すというのは結構な体力を消費します。

このように、ラーメン屋は他の飲食店よりもある程度体力は必要と言えます。

ピーク時はかなり忙しい?

どの飲食店でもそうですが、ラーメン屋も例外なくランチやディナーのピーク時はかなり忙しくなります。

そのため、ピーク時の作業はかなり焦ります。

更に、他の飲食店にはないけれどラーメン屋のみにある「焦りを増幅させる環境」というのがあります。

それは、お客さんに直接見られながら作業を行うということです。

ただでさえお客さんの視線を感じながら作業を行うのは緊張するし焦るものです。

更にピーク時であったら、注文が溢れかえっているという焦りとお客さんの視線を感じる焦りが混ざり合って増幅し、極度の緊張と焦りを生みます。

この極度の緊張と焦りに打ち勝つには、経験を積んで自分に自信を持つことが何より重要です。

賄いは無料で食べられる?

賄いは、多くの店では「社員価格」で食べることが可能です。

特にチェーン店は、無料で賄いを食べられる店はほぼないと言えるでしょう。

逆に個人経営の店では無料で賄いを食べさせてくれる店もあるかもしれないので、問い合わせをしてみると良いでしょう。

残業は多い?

人手が足りていれば残業は少なく、人手が足りていなければ残業は多くなるでしょう。

アルバイトの人数が足りていなければ、その穴埋めを社員が行わなければなりません。

店のクローズの時間帯にアルバイトがいれば、アルバイトに閉店作業を任せることが可能です。

しかしクローズの時間帯にアルバイトがいなければ社員が残業をして閉店作業を行う必要があるので、自ずと残業時間は増えてしまうのです。

性格的に怖い人は多い?

意外かもしれません、性格的に怖い人はあまり多くないでしょう。

ラーメン屋に行くと威勢の良い声が聞こえることが多く、怖い人が多いのではないかと思われがちです。

しかし実際にラーメン屋で働いてみると、とても明るくて人あたりの良い人が多いことに驚きます。

怖い人がいそうという理由でラーメン屋の求人に応募するのを躊躇っている人は、その思い込みを捨てて是非チャレンジをしてみてください。

他の飲食店に比べて覚えることは多い?

他の飲食店と比べて覚えることは比較的少ないと言えるでしょう。

ファミリーレストランではメニューの数がかなり多く、一つ一つの料理の調理方法を覚えるだけでも苦労をします。

しかしラーメン屋ではファミリーレストランほどメニューは多くありません。

またラーメンの作り方は基本的な部分が一緒であることが多いので、基本の作り方をしっかりと覚えれば応用で他の味のラーメンも作ることができることもあります。

沢山のことを覚えるのが苦手な人には、ラーメン屋の求人はとてもおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ラーメン屋のおすすめの求人ポイントや仕事内容について理解が深まったでしょうか。

また、現在抱えている疑問点を解決することはできたでしょうか。

ラーメンは大変人気のある料理であり、日本の国民食でもあります。

そんな人気のあるラーメンを作るラーメン屋は、お客さんに対してワクワク感や幸福感を与えるという謂わば夢を提供する職業でもあります。

ラーメン屋という夢を提供して皆を笑顔にする職業に、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

飲食求人