未経験OKの飲食店の仕事は、求人がたくさんあり応募しやすい仕事ですが、その種類は多岐にわたります。

今回は、飲食店の中で和食料理店の仕事について紹介します。

和食のお仕事にはどんなものがあるの?

飲食店で勤務する場合、主にホールで働くかキッチンで働くかのどちらかの選択になります。

ホールスタッフの場合は、和食料理店に限らず洋食店であってもイタリアンレストランであっても、基本的に仕事内容は同じです。

朝出勤したら店舗の清掃をし、テーブルやイスのセットをしたりナフキンや爪楊枝を揃えて、お客様をお迎えする準備をします。

そしてお客様が来店されたら元気に「いらっしゃいませ」とお声がけをし、お席に案内します。

お水やお茶を用意し、メニューの説明や旬のおすすめメニューの紹介などをしてからオーダーを取り、キッチンスタッフに伝えます。

料理ができたらお客様に配膳し、場合によっては食べ方の説明をします。

あとはお客様のペースに合わせてお茶のおかわりをお持ちしたり空いたお皿を下げたりします。

お食事が終わったら会計をし、テーブルを片付けて清掃をして、また初めと同じようにナフキンなどのセットをして次のお客様を迎え入れます。

これを勤務時間中繰り返していきます。

キッチンの場合は出勤したらまずキッチンの清掃をし、仕込みや下ごしらえ、炊飯などをします。

お客様のオーダーが入ったら前菜から順番に用意してホールスタッフに配膳してもらいます。

オーダー品を作るだけでなく、在庫の管理や仕込みがあり、ホールが忙しくないときでも行うべき仕事はたくさんあります。

和食店の求人にはどんな種類があるの?

ホールスタッフ、調理スタッフ、料理長候補、店長候補、マネージャーなどです。

和食の求人募集でよくある施設や事業形態のパターン

和食チェーン店

何店舗か経営している和食店での仕事です。

会社でマニュアルが作成されていたり、エリアマネージャーがいたりします。

ある程度のことは会社で決められているので、未経験でも働きやすい環境であることが多いです。

個人経営の和食店

1店舗のみの経営で、店主が一人で経営していたり、家族経営である和食店での仕事です。

店主の雰囲気によって大きく異なりますが、比較的アットホームで働きやすい環境であることが多いです。

雇える人員には限りがあるので、初めに休みの希望などをしっかり話しておかないと、休みたい時にうまくシフト調整ができず休みづらくなってしまったり、退職したいときにすぐに替わりの人員が用意できずに辞められなかったりと、小規模店舗ならではの悩みもあります。

一方でうまくお店の雰囲気に馴染むことができれば、本当の家族のように落ち着いた環境で仕事ができるでしょう。

料亭

よくドラマのワンシーンで出てくるような、お偉いさんが接待で使うような料亭での仕事も、和食料理店の仕事に入ります。

カウンター席やテーブル席よりも個室が多く用意されていることが多く、ホールスタッフの場合は特に接客マナーが重要視されます。

襖の開け閉めや個室に入るときのマナー、料理の配膳の仕方や食器の下げ方まで、細やかな気配りが必要な仕事です。

またキッチンスタッフであっても、仕事を始めてすぐに調理を始められるわけではなく、調理補助や見習いから始めて技術が伴って来たら、調理スタッフとしてメイン料理などを作れるようになるようです。

ただのバイトではなく、将来的に料理の仕事をしたい人や、調理師学校に通っている人が、勉強の為に働くことを希望することも多いようです。

和食の求人募集でよくある職種

ホールスタッフの仕事

和食料理店で一番働きやすいのは、ホールスタッフの仕事です。

高級料亭など敷居の高いお店でなければ、未経験OKの仕事です。

仕事内容はシンプルなので、覚えれば簡単に仕事を進めていけます。

一度ホールスタッフの仕事を経験しておくと、他の飲食店でも経験者として優遇されます。

また、コミュニケーションスキルや日本酒などのお酒の知識や食器の知識、テーブルマナーなどが身につきます。

調理補助、見習い~調理スタッフ、料理長

キッチンで調理の仕事をします。

経験にもよりますが、入社後すぐに調理スタッフとして働けるお店と、初めは調理補助や見習いとして働いて、経験を積んでから調理スタッフへ昇格するお店があります。

和食チェーンは前者、料亭などは後者である場合が多いですが、どちらであっても料理の基本から応用まで学べるとても身になる仕事です。

身に付くスキルは包丁さばき、飾り包丁、盛り付け、食材の目利き、高級食材の知識、魚の知識、魚のさばき方、野菜の知識、食器の知識、メニュー開発など様々です。

将来的に自分のお店を出したり料理店で働く場合はもちろん、私生活でも役立つ知識を身につけることができます。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

働く人の希望によります。

未経験でお小遣い稼ぎがしたい学生や、子供が家にいない間に少しでも稼ぎたい主婦の方などは、チェーン店のホールスタッフの仕事が向いているでしょう。

また、本格的な仕込みなどの必要がないチェーン店などであれば、キッチンの仕事もおすすめです。

ホールスタッフであれば未経験でも教えてもらううちにできるようになりますし、何よりシフトの調整がしやすいのがメリットです。

学生であればテスト期間や旅行に行く場合などは休みを取りたいですし、主婦の場合は子供が帰ってくる夕方以降やお盆、年末年始などは休みを取りたいものです。

チェーン店であればある程度の人員の確保はできているので、学生が休む場合はフリーターのバイトにシフトを多めに入れてもらったり、主婦が休む場合は学生バイトに多めに出てもらったりと、調整がしやすくなっています。

特に年末年始などは主婦は休みたいけれど、学生やフリーターは時給が高くなるので働きたいなどバランスよくシフトを組むことができます。

将来的に独立して自分のお店を出したい人や、飲食の仕事を生涯続けていきたい人には、料亭など本格的な調理が学べるお店で働くことをおすすめします。

和食の求人でよくある募集内容とは?

数多くある和食料理店での求人。

どんな募集内容が多く出ているかまとめます。

給与相場

正社員(ホール):月収22万円~25万円

正社員(料理長、調理スタッフ):月収25万円~30万円

アルバイト・パート:時給1,000円~1,200円(深夜勤務の場合は別途割増加算)

勤務時間や休日、残業

勤務時間:10時~23時(休憩あり、早出、早帰り、遅出などもあり)

休日:週休1~2日、シフト制

残業:あり

福利厚生

交通費支給、昇給・昇格あり、賞与あり、まかない・食事補助あり、制服貸与

勤務場所

基本的に店舗での勤務となります。

正社員の場合、店長まで経験した後に希望があれば、エリアマネージャーになったり、本社勤務になったりすることもあります。

求められる人物像

未経験OKの職場ですが、求められる人物像はどういった人でしょうか。

いくつか挙げていきます。

経験者

もちろん経験者でなくてもOKですが、やはり経験者は優遇されます。

一度飲食店の仕事を経験していると、職場が変わっても勘が働き即戦力になります。

お店によっては経験者の場合は時給や月給が上がることもあります。

向上心がある人

どの仕事でも共通していますが、向上心がある人は求められます。

和食料理店の場合であれば、将来的に独立して自分のお店を持ちたい人や、生涯飲食店の仕事を続けていきたい人などは、自分自身のスキル向上のためにも一生懸命働いてくれるので、優遇されます。

人とコミュニケーションを取ることが好きな人

飲食店で働く場合、ホールであってもキッチンであってもコミュニケーションを取ることが不可欠です。

ホールであればお客様とのコミュニケーションはもちろんのこと、他のホールスタッフとの連携によって初めて仕事が成り立ちます。

キッチンでの仕事は、自分の調理だけを行えば良いように思われがちですが、お客様に提供する料理にはたくさんの人の手が加わります。

大量の仕込みや片付けは他のスタッフとの協力なしには行えません。

常にスタッフ同士コミュニケーションを取り、明るい雰囲気作りができる人が求められます。

サービス精神旺盛な人

飲食業で働く場合はマニュアルがあることが多いですが、マニュアルに従うだけではお客様の満足は十分に得られません。

常にお客様を観察し、お水やお茶がなくなっていたらおかわりをお持ちする、すぐになくなる場合はポット毎お客様にお出しする、小さいお子様連れの方はナフキンやお手拭きを多めに用意したり、アレルギーがないか確認する、熱い料理を提供するお店では、店内の温度は低めになっているので、料理提供前はひざ掛けを用意するなど、臨機応変に判断して行動できる人は重宝されます。

体力のある人

立ち仕事である上、店内を動き回る仕事なので、体力がない人には務まりません。

お店によっては階段の上り下りがあるところもあります。

お客様が少ない時間帯でも清掃や補充などやるべきことはたくさんあるので、勤務時間中に座ることは少ないです。

キッチンでは重い調理道具や食器を一気に運ぶことが多々あり、仕込みや調理も立ちっぱなしなので体力勝負の仕事です。

仕事中は忙しく過ごしたい人

極端に分かれますが、のんびり自分のペースで仕事をしたい人と、とにかく忙しく仕事をしたい人がいると思います。

前者は事務職や営業職などが向いていますし、後者であれば飲食店は天職です。

食事時にはお客様が絶えず、やってもやっても仕事がある状態なので忙しいですが、気づくと勤務時間が終わっているなど、あっという間に時間が流れます。

その達成感が好きな人には向いている仕事です。

必要なスキルや資格、経験

特に必要なスキルや資格、経験はありません。

未経験であっても入社後しっかり勉強して身につけていきましょう。

和食のおすすめ求人のポイント

まかない・食事補助がある

休憩時間や退社後に無料で食べられるまかないや、通常メニューが社員価格で食べられる食事補助は、家計の節約にもなり助かります。

お弁当を作る手間やコスト、お昼ご飯を買いに行くコストを減らせるのは大きいので、せっかく飲食店で働くのであれば、この待遇がある場所を選ぶことをおすすめします。

自分にあった和食の求人の選び方

【選び方①】雇用形態から探す

アルバイトやパートとして働きたいのか、正社員として働きたいのかで探し方が変わります。

アルバイトやパートであれば自宅から通いやすいところや時給、忙しさなどを検討して選べばいいですが、正社員の場合はその飲食店の経営母体や昇格、賞与があるかなども確認しておく必要があります。

【選び方②】職種から探す

ホールスタッフ、調理スタッフ、料理長候補、店長候補など、どの職種を募集しているのか、またどの職種で入社を考えているのか、明らかにしておきましょう。

【選び方③】会社の業態から考える

どんな客層向けの飲食店なのかも、働く上では重要なポイントです。

チェーン店で幅広い年齢層のお客様をターゲットにしているのか、敷居の高い料亭で接待などで使うお客様をターゲットにしているのか、安めの価格設定でファミリーや学生をターゲットにしているのかで、接客の雰囲気は随分変わります。

また、キッチンの場合はチェーン店などではマニュアルが作成されていて、マニュアル通りに作れば新人でもできるようになっているかもしれません。

自分がどんなことを身につけたいかで、どこを選ぶかが変わってきます。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

正社員で入社したい場合、また将来的に正社員になりたい場合は、社員登用制度があるかどうか確認し、給与や雇用条件が良いところを選びましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

アルバイトやパートの場合は、家から近いところや通いやすいところを選びましょう。

正社員の場合は、実際に働く店舗の他に、本社がどこにあるのかや支店があるのかなども確認しておきましょう。

異動があるのかも重要な情報です。

まとめ

今回は飲食店の仕事の中で、和食料理店の仕事にスポットを当てて紹介してきました。

世界的に注目されている和食は、繊細な味付けと彩り良く丁寧な飾り付けでお客様を魅了する難しい仕事のため、調理スタッフを目指す場合は修業が必要です。

そのため、将来的にずっと飲食の仕事をしていきたい人にとっては、とても貴重な経験となるでしょう。

ホールスタッフの場合は着付けが自分でできるようになったり、丁寧な接客マナーが身につけられます。

一度経験しておくと他の飲食店に移る場合も経験者として優遇されるので、経験しておいて損のない仕事です。

ぜひ、自分の身になる仕事を探してくださいね。


関連キーワード

飲食求人

飲食求人についてもっと深堀りした情報を見る

名古屋の飲食店求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気なお店・エリア・年収相場を解説します

日本を代表する大都市の一つ、名古屋にはあまり知られていませんが、東海地方の名物が集結するグルメの街としての顔もあります。日本でグルメというと大阪、福岡、北海道などの名前が上がりますが、実は名古屋もグルメの豊富な都市です。グルメが豊富ということはそれだけ飲食店が豊富ということです。飲食店が豊富だと当然ですが、求人も豊富にあります。名古屋は、愛知県の玄関口である名古屋駅があり、在来線や新幹線が停車するため、地方や都市部から人が多く行き交います。また、名古屋独自で発展した繁華街も多くあるため、昼夜賑わいのある飲食エリアも存在しています。今回は、名古屋の飲食店求人にスポットをあてて名古屋の飲食店求人に

ケーキ屋の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための注意点

ケーキ店で働いているけれど最近なんだかマンネリ気味という方、ここ数年ステップアップのことを考えているという方、そろそろ転職の時期かもしれませんね。私は20年近くケーキ店でパティシエとして働いて来ましたが、パティシエという職業は何度か転職をして色んなお店を見てこそ力が付くと言う一面が大いにあると感じています。一般のオフィス勤めであれば転職回数はとても重要視されますが、パティシエは極端に短い期間の転職をのぞけば回数はマイナスポイントにはなりません。今回は、ケーキ店で働くパティシエたちの転職事情をいろんな角度からご紹介して行きましょう。本当に転職して良い?パティシエが転職を考えるタイミングとはパティ

ケーキ屋の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

特別な技術を必要とするパティシエという仕事。子どもたちの将来なりたい職業ランキングでも常に上位に入っている、華やかで明るい印象の世界です。パティシエたちは日々切磋琢磨しながら新しいケーキを生み出し、私達の生活を彩るケーキを製造しています。とても明るく素敵な世界に見えますが、実は忍耐とたゆまぬ努力が必要な世界。オフィス勤務に比べると体力も必要ですし、労働時間もとても長く覚悟がないと働き続けられない厳しい世界です。そんな修行を乗り越えて活躍するパティシエたちの懐事情は一体どうなっているのか、気になるところですよね。今現在は会社員として働いている人の中にも、やっぱりパティシエへの道を諦めきれない!と

うどん屋の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

うどん屋さんはお子様からお年寄りまで幅広い世代に人気で、1人でも家族でも入りやすい親しみのある飲食店です。うどん屋の仕事をしてみたいなと思っても、どんな仕事をしているのかや、どんな人がうどん屋に向いているのかなど、気になる点も多いかと思います。そんなうどん屋の仕事や求人情報について、仕事の選び方や選ぶ際の注意点をご紹介していきたいと思います。うどん屋ではどんな仕事をするの?うどん屋の仕事は調理スタッフとホールスタッフがあり、それぞれ役割が違います。調理スタッフはうどんを茹でたり、出汁やトッピングを準備します。トッピングには揚げ物が多く、天ぷらやかき揚げなどを揚げていきます。お客さんが食べ終わっ

居酒屋の就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

「居酒屋で働いてる人ってみんな楽しそう! 私もバイトしてみようかな~」「でも忙しそうだし、私にできるかな?」居酒屋といえば定番のアルバイトですよね。また、正社員でも「未経験可」「やる気のある方大歓迎」などの門戸の広い求人が多く、気になる人も多いのではないでしょうか?そんな皆さんに向けて今回の記事では、居酒屋の仕事内容を中心に、居酒屋で就職するにはどうすればよいのか?などを居酒屋で3年間働いてきた筆者が徹底的に解説していきます。居酒屋の仕事はどんな仕事?「お客様に料理やドリンクを運んだりするんでしょ?」実は、お客様には見えないところで大変な仕事がたくさんあります。居酒屋では、おおまかに「キッチン

飲食コンサルタントの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

これから飲食コンサルタントの仕事を目指している方、転職をお考えの方、年収について非常に興味が有るかと思います。ここでは、飲食コンサルタントの年収についてご紹介させて頂きます。飲食コンサルタントの年収の相場はどのくらい?飲食店コンサルタントの年収は、個人のスキルは勿論の事、努める会社によっても様々ですし、個人で起業した場合は、仕事した分全てが収入に成りますので、相場は有って無い様なものです。どの様な形で飲食店のコンサルタントの仕事をしたとしても、その人のスキルにより大幅に年収が変わると言うのが、現状です。それだけに、毎日休まず10年働いたからと言って収入が上がる分けでなく、逆に勤務年数が短くても

ピザデリバリーバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「友人を集めてホームパーティー」「悪天候で買い物に行くのが億劫」そんな時にみなさんも一度はピザデリバリーを注文した経験があるのではないでしょうか。比較的時給が高く、効率良く稼げるピザデリバリーバイトについてここでは解説していきます。ピザデリバリーバイトの大まかな仕事内容誰しもが街で一度は見かけた事のある、屋根付きの三輪原付きバイクが、ピザデリバリー用のバイクです。基本的にはこのバイクを運転して、注文を受けた商品をお客様の元に届けるのが主な仕事内容となります。そこまで注文の数が多くない通常時の仕事内容を一例として、実際の業務の流れは下記のようになります。1.主にインストアスタッフが電話やネットで

ピザ屋バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ピザは、日本の食卓シーンでもおなじみの料理となっており、人気の高い料理です。マルゲリータやシーフード、チキンなど、様々な種類があるのも魅力の一つです。ピザが好きな人は、あの良い匂いの中で働いてみたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな魅力溢れるピザ屋のバイト求人でよくある募集内容や、おすすめの求人内容などについて紹介をしていきます。ピザ屋バイトってどんな仕事?ピザ屋バイトの仕事は大きく分けて、店内でピザを作るインストア業務と、ピザをバイクで配達するデリバリー業務に分けられます。インストアとデリバリーで、給料は変わります。デリバリーの場合は、空き時間にチラシ配りを行うことがあり

ファミレスのキッチンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ファミリーレストランは気軽に行くことができる身近な飲食店ですよね。特に近年ではドリンクバーは当たり前、値段もお手頃で美味しい料理が食べられるというイメージです。そこで働いている人は、学生などの若いアルバイトの人や、長年いるベテランまで様々です。今回はそんな身近にあるファミリーレストランのキッチンでのバイトについてご紹介いたします!ファミレスのキッチンバイトの大まかな仕事内容ファミリーレストランのキッチンでは、お客様から注文をいただいた品物を作るお仕事です。食事の部門からデザート部門まで幅広く調理担当します。近年様々な大手チェーン店が増えてきましたが、殆どの調理場が半調理品の仕上げ作業という場合

牛丼屋求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

街によくある牛丼屋。あれだけの速さでご飯が出てくるのは、牛丼屋ならではと思います。そんな牛丼屋で働くにはどうしたらよいのでしょうか?アルバイト、正社員含めて牛丼屋求人について解説をしていきます。牛丼屋の仕事ってどんな仕事?牛丼屋はファーストフードに分類される飯屋です。24時間365日休まないお店です。その中では、牛丼や定食類を作ったり、仕込みをする「キッチン」、お客様に提供し、食器類を片付け、テイクアウト用の品を揃える「ホール」大まかにはこの二つの役割から仕事が成立します。キッチンは、牛丼のお肉の煮込み、ご飯炊き、サラダや、定食、トッピングなどの仕込みや、配送された食材を冷蔵庫にしまう作業も行