ベーカリーやパティシエの仕事を、正社員として働いてみたいと考えている人や憧れている人は少なくありません。

毎年小学生のなりたい仕事では、パティシエやブーランジェリーはランクインしています。

ただ、正社員として働いてみたいと思っても、アルバイト経験がないのにいきなり正社員で働かせてもらえるかどうか不安ですし、アルバイトでベーカリーの仕事をしたことない人にとっては、どういう業務があるかわかりません。

ベーカリーで働くイメージは、朝早くてしんどい、体育会系や立ち仕事といったところかと思います。

今回は、ベーカリーの正社員としての仕事内容を紹介としたいと思います。

アルバイト経験はないけれど、ベーカリーの仕事に興味を持っている人、今後ベーカリーの仕事を考えている人など参考にしてみて下さい。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「ベーカリー」の仕事例をチェック

ベーカリー正社員の仕事内容とは?

ベーカリー正社員の仕事がアルバイトの仕事内容とどう違うか意外と知られていません。

パンを作って売るのがベーカリーだから、アルバイトと同じ仕事して給料がいいと思っている人も少なくないです。

実は、ベーカリーの正社員の仕事内容はアルバイトとは異なってきます。

ここではもう少し詳しくベーカリー正社員の仕事内容について紹介していきます。

店舗管理

ベーカリーの正社員がアルバイトと違う仕事の一つとして店舗管理があります。

アルバイトの場合は、商品を作ることと商品を販売することがメインになります。

正社員はそれらの仕事がメインというわけではありません。

アルバイトはどちらかというと舞台の役者であって、正社員は舞台の裏方です。

役者にしっかりと演技を演じてもらうべく、裏方はセットの調整や確認などを行わないといけません。

ベーカリーの正社員の仕事も店舗の機器のチェックやコストのチェックなどをします。

機器に不具合があれば業者を手配しないといけませんし、コストがかかりすぎているところがあると改善しないといけません。

人材育成

人材育成をするのもベーカリーの正社員の仕事です。

店長が人材育成をするイメージがありますが、店長だけで全てを担うことは難しいので正社員も人材育成に携わります。

新しく入店したアルバイトの人に入店から退店までの流れや作業の手順、方法などを教育していきます。

シフト表作成もしくはシフト表のチェック

シフト表を作成したり、チェックするのも正社員の仕事です。

シフト表の作成は店舗によってはアルバイトリーダーに委任していたりするところもあります。

ただ、最終的には正社員がチェックして人材過多になっていないか不足していないかなどをチェックし、人材が不足しているところは正社員である自分たちがどこの持ち場につけばスムーズになるのかを調整することが役割です。

在庫チェック

頻繁に行うわけではありませんが、在庫のチェックをするのも正社員の役割です。

使った食材で足りないものは何か、新商品を発売するに際して不足しているもの、必要なもの、また在庫過多になっているものは何かなどをチェックしていきます。

在庫チェックを正社員がしないといけないのは在庫を持ちすぎていたらお店の原価に響きますし、在庫が足らないとお店の売上がチャンスロスしている可能性があります。

アルバイトに委任しているところもありますが、店舗の最終的な責任は店長であったり、正社員でありますので最終的な在庫チェックは正社員が行います。

アルバイトのサポート

アルバイトのサポートはシフトで不足している時間帯に不足しているポジションをカバーしたり、忙しい時間帯に販売のアルバイトをサポートしたり、お店の仕事をうまく理解していない、うまく作業ができないアルバイトに指導したりすることです。

ベーカリー正社員はこんな人に向いている!

ベーカリーの正社員はどういう人が向いているかというと、ベーカリーのアルバイトはどういう人が向いているかのポイントと重なることがあります。

もちろん、そのほかにも正社員として向いているポイントがありますので紹介していきます。

根気強い人

ベーカリーの正社員はパン作りだけでなく、人材の育成もします。

パン作りは、パンが生きているので毎日同じ商品であっても、毎日同じような品質で作るのはなかなか難しいです。

それは当日の外気温であったり、湿気、水の温度、粉の状態など様々な要因があります。

人材育成もパン同様、1教えて1覚える子と1教えて0.01しか覚えれない子がいます。

同じように教えて怒ったり、指導したりしたところで一人一人同じような教育の仕方では成長の仕方が異なります。

いちいちできないことに対してフラストレーションを感じてイライラしたりする人には向いていません。

そのため、根気強い人はベーカリーの正社員の仕事に向いています。

チャレンジ精神がある人

ベーカリーはパン作りが毎日チャレンジです。

同じ品質の商品を作るのには一苦労も二苦労もあります。

つまり、常にチャレンジする気持ちがないとモチベーションを保ったり、集中力を持続することができません。

チャレンジ精神がないとより品質の良いものを作ろうとはせず、現状のもので満足してしまいがちですし、商品が美味しくなければお客様も買いたくありません。

しかも正社員の場合は、アルバイトより責任が重いため、より品質などにこだわる必要があります。

したがってチャレンジ精神がある人は、問題点に対して改善しようと前向きに取り組みます。

そのため、チャレンジ精神がある人はベーカリーの仕事に向いています。

人に教えることが好きな人

正社員になるとアルバイトと違い、人材育成という仕事をしなくてはいけません。

店舗運営していく中で優秀な人材があるということはそれだけ店舗にプラスになることですし、もちろん最初は誰もできないのでプラスになるような優秀な人材を育てないといけません。

店舗によってはアルバイトリーダーに細かな指導を任せるにしても最初の大まかな作業内容であったり、業界用語や専門用語などの座学は正社員が新人に教育しないといけません。

そのため、人に教えることが好きな人は、ベーカリーの正社員に向いています。

好奇心が強い人

ベーカリーの仕事しているとアルバイトや正社員に関わらず、「なぜ?」ということに直面します。

なぜこうなったのだろうかとかなぜこうしているのだろうかなど「なぜ?」と疑問に思うことが多いです。

そこで一方的にダメだとか否定してしまうのか「なぜ?」を追求していくかによって商品の品質、人材育成など様々な場面で結果が変わってきます。

一方的に否定してしまえば誰もが同じようにやるしかないのですがそれでも結果が改善するとは限りません。

しかし、「なぜ?」を追求してちゃんとした回答を導き出すことでうまくいったりします。

そのため、好奇心が強いとこの「なぜ?」を追求する傾向にあるのでベーカリーの正社員に向いていると言えます。

問題に真摯に取り組める人

問題に真摯に取り組むことは大切です。

クレームがおきた時、機械が故障した時など何かしらの問題には必ず直面します。

その都度、問題点から逃げていたり、解決を考えないと何も変わりませんし、同じことがまた起こりかねません。

そのため、問題に真摯に取り組める人は、ベーカリーの正社員に向いています。

集中力が高い人

集中力が高い人がベーカリーの正社員に向いている理由は、作業だけでなく周りの状況を常にチェックしながら工程を変えたり、アルバイトのサポートに入ったりと同時進行で色々と仕事をこなさないといけません。

そのため、集中力が高くないと店舗をスムーズに運営することができなくなりかねないため、集中力が高い人は、ベーカリーの正社員に向いていると言えます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ベーカリー正社員でよくある募集内容とは?

ここまでベーカリーの正社員について色々と紹介してきました。

ベーカリーの正社員の仕事に興味を持って頂いた方、もともとベーカリーの仕事に興味を持っていた方など様々かと思います。

もう少しベーカリーの正社員について紹介していきます。

ここはベーカリーの正社員のよくある募集内容について紹介していきます。

年収相場

ベーカリーの正社員年収相場は大体200-300万くらいです。

もちろんですが、経験年数や評価、店舗の状況によって異なります。

勤務時間や休日、残業

勤務時間はほとんどの店が、朝・昼・夜のシフト制か朝・夜のシフト制を採用しています。

そのため、勤務時間は基本8時間で休憩1時間、必要に応じて残業が発生します。

残業が発生するのは人手がかなり不足していたり、当初の想定よりお客様が増えた時です。

例えば、地下店舗だと雨が降れば地下に人が集まります。

そうなると急に忙しくなったりします。

福利厚生

ベーカリーの正社員として得られる福利厚生は、保険各種、交通費支給、制服貸与、昇給、賞与などがあります。

お店によっては会社が業務提携しているリゾート施設の割引利用ができたり、ジムの割引利用ができたりするところもあります。

勤務場所

勤務場所は、本社・支社や店舗であったりします。

内訳にすると下の通りです。

  • 本社:商品開発、マーケティング、営業、総務人事、トレーナー
  • 店舗:店長、副店長、社員

ただ、お店によっては店舗勤務を経てからでないと本社勤務にいけないところもあるので勤務場所は各店舗だけの場合もあります。

正社員として求められるものとは?

ベーカリーの正社員の仕事に興味を持ったら今度は正社員として働くには何が求められるか知りたいところです。

ここでは正社員として求められる物を3つ挙げます。

「リーダシップ」「コミュニケーション能力」そして「柔軟性」です。

一つずつ詳しく説明していきます。

リーダーシップ

店舗運営するにあたり、色々なアルバイトなどの従業員をまとめてゴールをセットして一緒に目指さないといけません。

例えば、漠然とお店の売上を上げるという目標より、お店の一日の売上を30万円にすると具体的に目標があればやりやすいです。

同じように正社員に求められるリーダーシップは、アルバイトの人たちと同じ目標に向かって進むための先導役を担えるかどうかということです。

そのためリーダーシップは正社員として求められる要素です。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力も正社員として求められる要素です。

店舗運営を円滑にするにあたり、従業員とのコミュニケーションは大切です。

喧嘩したりいざこざがあるアルバイトの仲を取り持って、上手くお店を運営させるためには日頃からのコミュニケーションが大切です。

また、何かを教えるにしても何か目標を一緒に目指すにしてコミュニケーション能力は必要不可欠になります。

そのため、コミュニケーション能力は正社員として大切な要素です。

柔軟性

柔軟性は、正社員の要素として必要です。

予め決めたこと全てが上手くいけばいいのですが、店舗運営は日々同じ結果が生まれるとは限りません。

パン作りにしても接客にしても皆生きているため、同じ結果にするにはハードルが高すぎます。

そのため、不測の事態が起こったり、何か問題に直面した時に臨機応変に対応する能力は必要になります。

つまり、ベーカリーの正社員として柔軟性は必要になってきます。

必要なスキルとは?

ベーカリーの正社員として働く前に必要なスキルは特別何があるわけではありません。

初心者でも始めやすいと思います。

もちろんパン作りや作業は簡単なものではなりませんので覚えないといけません。

ただ、だからと言って調理専門学校に行っていないといけないわけでもありませんし、調理免許を保有している必要もありません。

どれもあればよい程度です。

ベーカリー正社員のおすすめ求人の特徴とは?

ベーカリーの正社員枠を探すとなるとどうやって探すのが一番なのか知りたいところです。

ここでは、ベーカリーの正社員の仕事を探すにあたり、おすすめ求人のポイントを紹介します。

提携リゾート施設割引

提携リゾート施設の割引が使える福利厚生を従業員に提供している店舗があります。

ほとんどの場合は大手になりますが、福利厚生に提携リゾート施設の割引が使えたらディズニーであったり、USJのチケットが一般より安く購入できたりするのでお得です。

交通費全額支給

交通費全額支給かどうかはチェックする必要があります。

求人内容には交通費一部支給であったり、当社規定によると曖昧に書かれているところがあります。

一部支給の場合、遠方の店舗へ転勤になり、店舗近所へ引っ越しせず通勤となると交通費が高くなります。

しかし、交通費一部支給の場合は、上限が決まっているため、全額会社が負担はしてくれません。

それではマイナスなので交通費が全額支給かどうかはチェックが必要です。

資格手当

資格手当に対してサポートしてくれる店舗が増えてきているため、福利厚生に資格手当があるかどうかは要チェックです。

もし資格手当があれば、色々なパンに関連した資格を取得していくことができます。

住宅補助

正社員といえど決して高くない給料のため、住宅補助が求人内容に含まれているかチェックしてみて下さい。

家賃を全額負担してくれることはありませんが、何もないより少しでも会社がサポートしてくれたらいいので求人内容では要チェックです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ベーカリーの正社員の仕事に少しは興味を持ってもらえたかと思います。

色々な業務が実はあって知られていないこともあったかとは思います。

この記事を読んで気になった人はぜひベーカリーの正社員として働いてみて下さい。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

ベーカリー求人

ベーカリー求人についてもっと深堀りした情報を見る

ベーカリーへの転職を考えてる人はチェック!ベーカリーが働いて欲しいスタッフはどんな人?

ベーカリーの仕事と聞いてどんなことをイメージしますか?パンに囲まれた職場ですか?それとも朝が大変なイメージですか?ベーカリーの仕事と聞くとほとんどの人は、当然ですがパンや朝が早い、女性が多い職場、厳しい仕事のイメージではないかと思います。ベーカリーの仕事は、華やかなイメージがあったり、おしゃれな店内やおしゃれなパンがあるので憧れる人も少なくありません。事実、ドラマや映画などで見るベーカリーはすごくおしゃれに見えます。ただ、実際にどういった仕事があるのかについてはあまり詳しく知っている人はいないかもしれません。朝が早いからベーカリーは向いていないとか、手先が器用じゃないからベーカリーの仕事は務ま

ベーカリーの仕事内容は?役割に分けて業務内容をご紹介!パン好きならチェック!

ベーカリーやパティシエの仕事に憧れる人は少なくありませんし、実際にアルバイトや正社員で働きたいと思う人も多いと思います。ただ、実際にはどういう業務があるかわからないのと朝早くてしんどいイメージがついているのではないかと思います。今回は、ベーカリーの仕事内容を経験に基づいて紹介としたいと思います。ベーカリーの仕事に興味を持っている人、今後ベーカリーの仕事を考えている人など参考にしてみて下さい。ベーカリーの仕事は大きく3個の役割に分けられるベーカリーの仕事をしてみようと思ったらまずどんな仕事があるか気になるところです。ベーカリーの仕事は大きく分けるとパンを捏ねて発酵させる担当とパンを形作る担当とパ

ベーカリーの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、身に付く力について解説します

ベーカリーの仕事というとよくイメージされるのはパンを作っているところ、朝が早いところ、力仕事、体育会系の仕事のイメージかと思います。どれも間違いではありません。ただ、実際の仕事内容がどういうものかはあまり知られていません。ベーカリーの仕事をしてみたいけど、体育会系が苦手だからどうしようかなと考えていたり、力仕事は苦手だなと思っていたり、ベーカリーの仕事は朝が早いから仕事の選択肢から外そうと思っている人がいるかもしれません。今回は、ベーカリーの仕事内容について詳しく紹介していきます。ベーカリーの仕事はどんな仕事?ベーカリーの仕事は意外と知られているようで知られていません。パンを作ること、朝が早い

ベーカリーバイト求人の時給や募集内容や仕事内容について解説!向き不向きややりがいなども!

アルバイトの求人広告で飲食店、特にカフェやベーカリーカフェのアルバイトの求人は人気が高いかと思います。みなさんもアルバイトを探していると気になってるのではないでしょうか。今回はベーカリーのバイト求人について、時給や募集内容、仕事に内容について解説していきます。ベーカリーのバイトはどんな仕事?ベーカリーのアルバイトといってもいくつかのパターンがあります。お店の厨房でパンを作る、パンを販売する、製パン会社のパン工場でパンを作るなどがあります。ベーカリーのバイトの大まかな仕事内容ベーカリーのアルバイトの大まかな仕事内容は『作る』『焼く』『売る』です。大まかに仕事内容を分けるとすごくシンプルです。ベー