学生やフリーターなど飲食店でアルバイトをしたいという方も多くいると思います。

さらに、カレー屋は豊富な種類のメニューがあり、その美味しさから学生やフリーターの間で人気があります。

今回は、カレー屋求人のおすすめポイントや募集内容、カレー屋の種類を解説していきます。

カレー屋求人でよくある募集内容とは?

カレー屋の求人にはカレー屋独特の内容で募集されることがあります。

ここでは、一般的な募集内容に加え、カレー屋独特の募集内容をご紹介していきます。

給与相場

カレー屋の求人では、正社員とアルバイトの募集で提示される給与額が異なります。

また、都市部と地域で給与相場に若干の違いがありますが、おおよそ、700円から800円で募集されることが多いです。

一方、正社員の給与相場は16万円以上から募集されるところが多いです。

勤務時間や休日、残業

カレー屋の勤務時間は店舗によって異なりますが、おおよそ開店1時間前からの出勤と閉店後1時間の範囲でシフトを組まれます。

したがって、開店時間が11時で閉店時間が24時の店舗であれば、10時から翌1時の間でシフトが組まれます。

アルバイトはおおよそ4時間から8時間の間でシフトが組まれますが、正社員は一律8時間で早出、遅出で組まれます。

ただし、店舗によっては正社員の勤務時間が交代制でなく時間外が残業として扱われることがあります。

さらに、休日について、アルバイトは希望があればその日に休むことが可能です。

しかし、正社員は土日祝日などの売り上げが予想される日は休むことが難しく、基本的に平日に休日は月5日から8日で調整されることがあります。

福利厚生

福利厚生について、アルバイトはありません。

しかし、正社員は休日を利用して慰安旅行などのイベントが催されることがあります。

勤務場所

カレー屋の勤務場所は多くが店舗のスタッフが募集されます。

都市部や市街地の店舗は集客数や売上が見込まれることから求人の出される頻度や募集人数が多くなる傾向があります。

求められる人物像

カレー屋の仕事内容が接客と簡単な調理であることから、人と接することが好きな方、調理に興味がある方が求められます。

中には人と接することや調理に自身のない方もいますが、カレーが好きであれば大歓迎です。

カレー屋独特の募集内容

カレーが嫌いな人はカレー屋で働きたいとは思いません。

従業員のほとんどはカレーが大好きです。

お店のカレーが大好きで、この味を伝えたいと思っている方が従業員として働いています。

したがって、求人内容に「カレー大好きな方大歓迎」というフレーズで募集していることがあります。

必要なスキルや資格、経験

カレー屋で勤務するのに特に必要なスキルはありません。

未経験者でも大歓迎です。

強いて言えば、コミュニケーション能力がある程度備わっている方、若しくは、家庭などでも調理経験が多少ある方が望ましいです。

カレー屋の種類にはどんなのがある?

カレー屋のメニューの種類はたくさんあります。

その中でも人気の商品をご紹介していきます。

カレー屋の種類

本格派!インドカレー

数種類のスパイスを混ぜ合わせて作るカレー屋で、本格派インドカレーの店舗があります。

日本ではあまり馴染みのないグリーンカレーやマイルドなホワイトカレーなど、珍しい商品を揃えているところが魅力です。

日本の味が世界へ!有名カレーチェーン店

日本人の味覚に合うように調合されたスパイスが人気の秘訣です。

定番のカツカレーから人気のチーズカレーなど豊富なメニューが魅力です。

カレー屋求人でよくある職種

ホールなどの接客

お客様をお出迎えし、気持ちよくお食事できる環境を提供するためにホールでの接客は大切です。

ホールの職種は、基本的にお客様と接する機会も多く、気さくで愛想のよい方が求められます。

笑顔でしっかり対応することができ、話すことが大好きな方がホールの職種に向いています。

キッチン

お客様に安全かつ安心してお食事していただけるように、食品管理や温度管理など徹底して事故のないように心掛けます。

お客様からのご注文があって、調理を開始し、商品を提供できるまで気を抜くことができず、調理作業に責任感を感じる方も少なくありません。

お客様が美味しくお食事できることが前提としてあるため、食品に関する知識が問われます。

調理作業に興味のある方、食品を扱うことが好きな方におすすめの職種です。

どういう店舗、または職種が良いか決まっていますか?

カレー店の多くは個人営業の店舗がほとんどです。

しかし、味はそれぞれの店舗にこだわりがあります。

たくさんあるカレー屋の中でも、その味に惚れて働く従業員も少なくありません。

さらに、ほとんどの店舗でのスタッフ募集は店舗で接客、簡単な調理補助です。

このことから、自分がカレーを食べて美味しいと思った店舗で、その味をお客様に伝えることができるホールの職種がおすすめです。

カレー屋のおすすめ求人のポイント

ここでは、カレー屋でおすすめする求人のポイントをご紹介します。

大好きなカレーがまかないで食べ放題

カレー屋での求人はまかないが付くことが多いです。

カレーが大好きで働いている方が多く、まかないでお店の美味しいカレーを食べることができることは大きな魅力です。

カレーに関する知識をゲット!

カレーが大好きな従業員が集まるお店は、カレーに関する知識を得ることのできる宝庫といえます。

美味しいカレーの作り方から、アレンジの仕方、スパイスの種類など、カレーに関する知識をたくさん得ることができます。

カレー屋求人の雇用形態による違い

カレー屋の求人に関する雇用形態の違いは大きく分けて、正社員とアルバイトの2種類です。

正社員は給与形態が月収であり、さらに勤務時間も8時間です。

一方、アルバイトは給与形態は時給で、勤務時間も各々の生活スタイルに合わせることができます。

自分にあったカレー屋求人の選び方や注意点

カレー屋によって、それぞれに特徴が異なります。

ここでは、自分にあったカレー屋の求人の選び方や注意点をご紹介していきます。

【選び方①】雇用形態から探す

カレー屋の雇用形態は、大きく正社員とアルバイトに分けられます。

正社員は給与が月額であることから安定した収入を得ることができます。

一方、アルバイトは給与が時給で店舗の売上高によってはシフトをカットされることもあり、不安定といえます。

安定した収入と勤務時間を固定したいという方は正社員をおすすめします。

【選び方②】職種から探す

カレー屋の職種は大きくホールと調理に分けられます。

ホールと調理はそれぞれに仕事内容が異なります。

ホールはお客様がご来店されたときの対応や、商品の提供、お客様が帰られるときの対応などを行います。

人と接することが好きな方、興味がある方におすすめです。

一方、調理はお客様に美味しくお食事が提供できるように商品をお作りします。

食品の品質管理を徹底することはもちろんのこと、温度管理、食材へのこだわりもしっかり持っています。

【選び方③】店舗の業態から考える

カレー屋の業態は複合商業施設で出店していたり、単独で出店していたりします。

複合商業施設で出店しているカレー屋は、複合商業施設でお買い物などをしているお客様がご来店されることもあり、多くの新規のお客様と接することがあります。

一方、単独で出店しているカレー屋は、リピーターも多く店舗にこだわりを持ったお客様も少なくありません。

双方にメリットがあり、応募者のスタイルに合わせて選ぶことが大切です。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与や雇用条件は雇用形態で異なります。

正社員の給与はおおよそ月収16万円以上とされますが、アルバイトは時給700円から800円とされています。

また、社会保険も正社員はついていますが、アルバイトにはついていません。

【選び方⑤】エリアから考える

カレー屋はさまざまな地域にあります。

地域によって味も異なり独特の雰囲気があります。

地域のカレー店は喫茶店から個人店、大手企業のフランチャイズ店などさまざまな形態がありますが、エリアで選ぶなら、同じ地域でも近い場所にあるところがよいでしょう。

【選び方⑥】ネームバリュー

カレー屋には企業名に知名度もあり、人気のある店舗を複数抱えている企業もあります。

例えば、「カレーハウスCoCo壱番屋」や「ゴーゴーカレー」などです。

これらは、全国にチェーン展開しており、地域に根強く人気を博しています。

そのネームバリューの高さから安定した職場の確保ができます。

カレー屋求人についてよくある疑問

カレー屋の求人にはたくさんの質問が寄せられます。

ここでは、その中でもよく聞かれる質問をご紹介していきます。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

アルバイトの面接でよく「なぜ御社を応募したのですか?」とありますが、カレー屋であれば「カレーが大好きだからです」と答えるのがベストです。

カレー屋の店長は、同じようにカレーが大好きな方を求めています。

自身の運営する店舗のカレーを美味しくお客様に伝えたいためです。

「自分はとにかくカレーが大好き」という気持ちを面接で伝えることが、面接合格の秘訣です。

未経験でも応募できる?

カレー屋の仕事は未経験者でもできます。

また、カレーの知識がなくても特に問題はありません。

ほとんどの店舗で未経験者の応募がありますが、やる気があってカレーが大好きであれば大丈夫です。

分からないことがあれば、職場の先輩が丁寧に教えてくれます。

残業って多いの?

カレー屋は飲食店であることから、ピークが長引いたり、集客が一気に集中したりすると残業することがあります。

飲食店の特徴として、自身の都合ではなくお客様の都合で店舗の運営がなされることから、お客様の状況によっては残業をしなければならないことがあります。

シフトの自由度ってどうなの?

アルバイトのシフトは、あらかじめ各々の希望によって調整されます。

アルバイトにはそれぞれ、希望収入があり、シフトを組む店長は、その希望収入によってシフトを調整します。

特に学生は、テスト期間中で勉強に集中したい時期がありますが、事前にシフトの希望を出していれば、シフトにあまり入れず勉強に集中できます。

また、シフトに入りたくてたくさん稼ぎたいという方は、その旨希望を出すと、おおよそ希望通りにシフトに入ることができます。

したがって、アルバイトの場合は希望収入を下回るようなシフトが組まれることはほとんどありません。

カレー屋の仕事がおすすめな理由

カレーがもっと好きになる

カレーがもともと好きな方が従業員として働きますが、働いているうちにカレーの魅力にとりつかれ、もっと好きになります。

カレーはスパイスの調合で味が異なり、さらに体の健康状態までよい影響を与えるといわれています。

特に、カレーに使われるスパイスの中には、発汗作用のある成分も含まれており、体の健康維持に役立っています。

そして、カレーには、独特な辛みと刺激的な美味しさがあります。

このことから、従業員の中には、毎日カレーでも飽きないという方がいるほどです。

カレーの美味しい食べ方を学べる

一般的にカレーはご飯の上にカレールーがかかっています。

そして、カツやハンバーグなどのトッピングをすることで味の幅が広がります。

しかし、カレーには意外な組み合わせでさらに美味しく食べることができます。

例えば、納豆!

ネバネバして独特の匂いのする納豆ですが、実はカレーとの相性が抜群です。

他にも、美味しくカレーを食べるには温度も重要です。

一番カレーを美味しく食べることができる温度は、カレールーの表面温度が60度以上です。

アツアツのカレーをフーフー言いながら食べる美味しさは堪りません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここでは、カレー屋求人のおすすめポイントや募集内容、カレー屋の種類について解説してきました。

カレー屋には他の飲食店にはない特徴があり、そこが面白いところでもあります。

カレーの美味しい食べ方や作り方、そして、大好きなカレーを通してお客様と楽しくコミュニケーションがとれる環境は大きな魅力です。

カレー屋で働きたい、興味があるという方には是非おすすめの求人ですので、ぜひ応募してみてください。

カレー屋バイトの求人募集を探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

飲食求人