喫茶店のバイトというとあまり最近は馴染みがないかもしれません。

特に若い世代には喫茶店というよりカフェとしての認識が浸透していると思います。

ところで喫茶店とカフェって違うのでしょうか?

ほとんどの人が、喫茶店を英語で訳したらカフェだから一緒ではないかと思っているかもしれません。

確かに営業業態はそこまで差はありません。

ただ、実は、飲食店として営業していくには食品営業許可が必要なのですが、喫茶店とカフェではこの食品営業許可が違います。

カフェは、イメージとしてサンドイッチなどの軽食とコーヒー・紅茶と思うかもしれませんが、最近のカフェは、例えば、タリーズでパスタが提供されたり、スターバックスではお酒が飲めるようになっていたりします。

喫茶店は、アルコールの提供ができないようになっていて、食事も軽食のみ提供可なのでカフェと若干異なって来ます。

さて、喫茶店とカフェの違いがわかったところで今回は大阪の喫茶店事情や喫茶店のバイトについて紹介します。

レトロな雰囲気のお店から、おしゃれなイマドキのお店まで…大阪の喫茶店事情

大阪は、あんまり全国的に喫茶店のイメージがないかもしれませんが、実は、まだまだ現役のビンテージ喫茶店から最新のカフェまで幅広くお店が存在しています。

大阪の梅田やミナミには、ドラマや映画の舞台になった喫茶店があり、老舗中の老舗喫茶店もあります。

少し前までは常連であったり、年齢層の高い人が客層として多かったのですが、昨今の喫茶店ブームから今ではレトロな喫茶店にもちらほら若い人を見かけるようになりました。

喫茶店でモーニングを食べるなんて人も少なくありません。

大阪の喫茶店の軽食は、サンドイッチが魅力的でタマゴサンドを始め、昔懐かしの軽食が用意されています。

大阪の喫茶店バイトで人気のお店やエリアならココ!その理由もお教えします

大阪には色々なところに喫茶店があります。

レトロな喫茶店や老舗の喫茶店、レトロ風にしている喫茶店などがお店を構えています。

ここでは、人気のお店やおすすめのエリアを紹介していきます。

人気のお店

純喫茶アメリカン

大阪の喫茶店を語るには絶対に外せないのがアメリカンです。

店内に入ると吹き抜けの天井に大きなシャンデリアと昭和を彷彿とさせる内装に懐かしのパンケーキでなくホットケーキやパフェ、プリンなどが楽しめるお店です。

ここではいまだにアイスコーヒーを冷コーでオーダーができるのでザ大阪の喫茶店が楽しめます。

ちなみに補足ですが、大阪ではアイスコーヒーを冷たいコーヒーということで略して冷コーと言います。

珈琲艇キャビン

阪神の優勝時やサッカーW杯の際に飛び込むことで有名な道頓堀沿いにある非日常が味わえる喫茶店といえばキャビンです。

地下に降りてお店に入るので船内へ入っていく感じが味わえますし、お店を入ったカウンターに船の模型が飾られているのでますます船内にいるような雰囲気を味わえます。

キャビンが人気の理由は、モーニング、ランチや軽食のメニューが豊富なのと何よりもトーストサンドが美味しくて昔懐かしいことです。

今のサンドイッチは耳を切り落とした8枚切りくらいの薄いパンに具材を挟んで提供したり、サブウェイのようなコッペパンなどに具材を挟むスタイルが定着していますが、キャビンのサンドイッチは昔懐かしい厚切りのパンをトーストして具材を挟むので見た目もインパクトがある一品です。

喫茶マック

大阪市中央区谷町にある老舗喫茶マックは、映画の舞台にもなった空掘商店街にお店を構えています。

喫茶マックは、大阪の喫茶店という雰囲気が店内に入っただけで伝わり、昭和レトロですがなんだか落ち着く店内に漂うコーヒーの香りはなんともいえない懐かしい感じです。

喫茶マックが人気の理由は、ふわふわのたまごサンドです。

食パンの耳を切り落とし、ふわふわの玉子を柔らかい食パンで挟んだものです。

かぶりついたら口に広がるマヨネーズとマスタードの味がなんとも懐かしく、一度食べたら病みつきになってしまいます。

価格も600円と良心的です。

大阪の喫茶店であるあるですが、喫茶マックも同様に喫煙オッケーなのでタバコが苦手な人は要注意です。

CAFE英国屋 なんば本社

大阪で有名な高級老舗喫茶店といえばCAFE英國屋です。

大阪の大体の都市部にはお店を構えていて、レトロな雰囲気と懐かしい食事は今も根強いファンが多くいます。

CAFE英國屋はあまり知られていないのですがなんばが本社になり、本店の店構えは昔のヨーロッパのホテルを彷彿とさせるようなレンガ調の建物は、今ではなかなかお目にかかることができません。

CAFE英國屋が人気な理由は、モーニングセットにあります。

4種類のモーニングセットがありますが、人気なのはモーニングセットDといってワンコインの500円でワッフルとヨーグルトとコーヒーが楽しめます。

Y.C梅田

昭和25年から創業して今だに根強い人気を誇る喫茶店がY.C梅田です。

阪急梅田駅すぐの新梅田食道街というところにお店を構えています。

今では珍しい喫煙オッケーの喫茶店なのでおじ様達の憩いの場になっています。

Y.C梅田が人気なのはレトロ内装や喫煙がオッケーということもそうですが、デミグラスソースをかけた厚焼きのオムレツをサンドしたサンドイッチは必食です。

Y.C梅田のある新梅田食道街も昭和レトロなお店が多く、最近は千ベロブームや立ち飲み屋ブームもあり、今では若い人も足を運ぶようになりました。

Y.C梅田以外にも人気で有名なお店はたくさんあるので食べ歩きにオススメのスポットです。

人気エリア

北浜・天満橋エリア

北浜、天満橋は大阪のオフィス街として知られています。

特に北浜は大阪証券所があったり、有名企業のオフィスがあります。

天満橋は、造幣局の桜だったり、天神祭で有名なエリアです。

ここ数年は、マンション建設の波もあり、最近は住むのにも人気のあるエリアでもあります。

北浜や天満橋には老舗の喫茶店や居酒屋など大阪らしいお店が多く、隠れ名店もあることから飲食店マニアの注目エリアです。

オフィス街などの関係もあり、学生というよりはビジネスパーソンなどの落ち着いた年齢層が客層です。

飲食店を始めアルバイト募集も多くこのエリアにありますが、老舗の個人経営店などがあることと学生より近所の主婦やフリーターが勤務する傾向にあります。

梅田エリア

梅田のエリアは言わずと知れた大阪の繁華街エリアで、西日本最大の繁華街、北新地や再開発で様変わりした福島区やグランフロント周辺は、真新しいお店やチェーン店で溢れています。

遊ぶにもアルバイトをするにも色々な場所があり、阪急梅田駅や大阪駅はターミナル駅のため、通勤・通学、観光客で常にあふれています。

アルバイトの求人も飲食店だけでなく、アパレル関連、イベントスタッフ、事務など数が多く、選択肢も多いため、学生やフリーターが多く職探しをする傾向にあります。

年齢層も若く、もう一つの繁華街エリアのミナミと若者の人気エリアを2分しています。

梅田に4棟ある大阪駅ビルの中には老舗の喫茶店や大阪らしい喫茶店が多く、ビジネスパーソンの憩いの場としても人気です。

ミナミエリア

大阪のもう一つの繁華街エリア、心斎橋や難波を総称してミナミは、若者のファッションや流行の地、アメリカ村や食い倒れのエリア道頓堀などがあり、梅田同様、通勤・通学や観光客で常にあふれています。

ミナミは、アメリカ村や心斎橋筋商店街、難波駅周辺にアパレル関連や飲食関連、イベントスタッフや販売スタッフなど梅田同様、求人が豊富にあります。

アメリカ村は特に流行に敏感な若者に人気で古着のお店などもあるため、アパレル関連の求人は、ファッショ好きの学生やフリーターに人気です。

また、最近は京都に負けずと劣らない訪日観光客が押し寄せる道頓堀エリアは、食い倒れとして有名なのが頷けるくらい色々な飲食店が軒を連ねています。

ここでは、訪日客の増加に伴い、人材不足が起こっているため、求人が豊富なだけでなく時給も高い傾向にあります。

ミナミの難波付近には、老舗の喫茶店が今も多く残っています。

観光客や学生というよりは、元々の地元の常連客で賑わっています。

堀江エリア

大阪でおしゃれなカフェやおしゃれな雑貨屋さんというと間違いなく名前が上がるのが堀江エリアです。

特に南堀江は、若者に人気のおしゃれな雑貨やカフェが多く、個人経営の店ながら求人もそこそこあります。

客層や働く層は、意外と若い層が多く、学生やフリーターに働くのも遊ぶのにも人気のエリアです。

堀江エリアは、老舗の喫茶店というよりは、モダンなカフェやおしゃれなカフェが多く点在しておりますので喫茶店は少ないため、喫茶店で働きたい場合は、隣のミナミへ行く必要があります。

天王寺・阿倍野区

あべのハルカスが登場して再開発が進んでいる天王寺や阿倍野区エリアには新旧さまざまなお店が軒を連ねています。

天王寺はターミナル駅で梅田やミナミと違うのは、大阪南部の人が通勤・通学で利用することが多いエリアです。

大阪というと梅田やミナミの名前がすぐに上がりますが、天王寺や阿倍野区も若い世代に人気のショッピングエリアです。

新旧のお店が軒を連ねていると先に書いた通り、新しいスタイルのお店やチェーン店は駅前に多く、また、阪和商店街という昭和レトロを彷彿とさせる商店街の中にはこれまた昭和レトロな居酒屋であったり、飲み屋さんがあったりします。

天王寺駅の近くには、老舗の喫茶店もまだ残っていますがこちらは常連客で賑わっています。

大阪の喫茶店バイトの時給 気になる相場は?

大阪の喫茶店でバイトをしようと考えたら気になるのは時給であったり、バイト事情です。

ここでは大阪の喫茶店バイト事情を紹介していきます。

時給相場

大阪の喫茶店の平均時給は、960円くらいになります。

もちろんですが、働くエリアやお店によっては異なります。

大阪市内と大阪市外では時給は結構変わってきますので注意して下さい。

大阪の喫茶店バイトするにあたりおすすめポイント

喫茶店のアルバイトを実際にやってみたいと思う人は少なくありません。

ただ、カフェと違って若い人には喫茶店のバイトって応募するのもちょっと敷居が高い感じがします。

ここでは、大阪の喫茶店でバイトするにあたりおすすめポイントを紹介します。

職種を決める

カフェと異なり、フルサービスを採用しているのが喫茶店なので、ホールとキッチンと二つの仕事があります。

ホールはウエイター・ウエイトレスと言われるようにお客様のオーダーをとったり、料理を運んだり、レジをしたりと店内の仕事をメインとしています。

キッチンは、想像通り、喫茶店の調理をする仕事です。

料理を覚えたい人は、軽食を提供する喫茶店のご飯を覚えることができますし、お店によってはまかないを出してくれるところもあります。

喫茶店のバイトに応募する前にどちらを希望か決めておくといいです。

エリアを考える

梅田やミナミで働くか天王寺や大阪市外で働くかを考えておく必要があります。

大阪市内は当然ですが、求人も多く、時給も高いですが、大阪市外になるとエリアによっては喫茶店が少ないもしくは喫茶店があっても求人を募集していないこともあります。

筆者のおすすめ喫茶店でバイトをしたいと思ったら梅田かミナミで探すのがいいです。

ターミナル駅があるため、アクセスもいいし、求人も豊富で時給もいいところが多いので梅田やミナミはおすすめです。

一度は来店してみる

喫茶店でアルバイトをしてみようと思っても、先に記載した通り、若い人には少し敷居が高いかもしれません。

学生からしたらおじさんが足繁く通う場所とかビジネスパーソンがつどうところのイメージが強いと思います。

ただ、働く場所としては求人も少ないわけではないですし、時給も悪いわけではありません。

ただ、敷居が高いと思われがちなので一度働いてみたい喫茶店があったり、みたことある喫茶店に来店してみて雰囲気を味わってみて下さい。

まとめ

大阪には今でも現役の老舗喫茶店が多いですし、根強いファンも多いことからまだまだお客様で賑わっています。

最近は雑誌で昭和レトロな喫茶店が特集されたり、カフェより喫茶店が好きなんて人も出てきたので再注目されつつあります。

そんな喫茶店は意外と時給もよく、大阪の場合は、アクセスの良い場所にお店を構えていることが多いので働きやすいです。

喫茶店が気になった人はぜひアルバイトにチャレンジしてみて下さい。


関連キーワード

喫茶店バイト求人

喫茶店バイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

東京の喫茶店バイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴とは?人気なお店やカフェとの違いなども解説します

喫茶店でのバイトは昔も今も人気があります。あこがれの喫茶で働いてみたいけれど、どうやって仕事探しをすればいいのか、実際のバイトはどんな感じなのか知りたいという人は多いのではないでしょうか。学生時代、ホテル内の喫茶店でアルバイトをした経験から、東京の喫茶店アルバイトの上手な探し方、バイトのあるある、素朴な疑問も一緒に解説していきます。喫茶店のバイトはどんな仕事?喫茶店でのバイトは、主にウエイター・ウエイトレスか調理場に分かれます。コーヒーを作るバリスタと言われるポジションも人気です。お客さまから注文を取って食事や飲み物を運ぶウエイター・ウエイトレスになりたいのか、注文を受けた飲み物や食事を用意し

名古屋喫茶店バイト求人の特徴や、人気なお店・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

全国の中でも喫茶店の繁栄率が高いのが愛知県です。その理由はモーニングの普及率が高いことにあります。特に愛知県では喫茶店の数が多い分喫茶店で働く人も多いということになります。喫茶店は人気も高く、アルバイト求人も多いのが愛知県では特徴として見られる光景です。その中でも愛知県の主要都市、名古屋市での喫茶店アルバイト求人事情はどのようになっているのでしょうか。今回は名古屋で喫茶店アルバイトの求人を探すためのコツをご紹介できればと思います。ぜひ、名古屋の喫茶店でアルバイトをしてみたいという方は参考にしてみてください。喫茶店バイトはどんな仕事?まず、喫茶店アルバイトとはどのような仕事なのでしょうか。アルバ