カフェの仕事というと「おしゃれな店内で働く」「かわいい制服」「コーヒーの匂いやおしゃれなスイーツに囲まれての仕事」のイメージを持つ人が多いかもしれません。

実際に、カフェの求人に応募する人も、上のようなイメージを抱いて働きたいと思っている人も少なくありません。

では、カフェの店長の仕事というとどういうイメージになるでしょうか?

颯爽と仕事をこなす人とかできる人のイメージかもしれません。

実際にカフェ店長の仕事は、思っている以上に大変かもしれませんし、想像以上にやりがいがあるかもしれません。

カフェで働いてみたい人の中には店長をやってみたい、将来オーナーになりたいと思う人は多いですが、店長の仕事を知らない人も意外と多いです。

将来店長やオーナーを目指すのなら、ぜひカフェ店長の仕事がどういうものかを知っておきましょう。

ここでは、カフェ店長の仕事やカフェ店長になるためにどうしたらいいかなどについて紹介していきます。

「カフェの店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カフェ店長の大まかな仕事内容は?

店長の仕事は、カフェの実務だけでなく、店舗管理がメインになります。

店長は、アルバイトや社員と一緒に店頭に立って料理をしたり、接客したりします。

ただ、それだけでは店長の仕事ではなく、原価管理、人件費管理などを管理するのも店長の仕事です。

実際のお店でネームプレートに「店長」と書いていたり、周りから「店長」と呼ばれないとどの人が店長かわからないと思います。

実際に店頭で働く際、店長の仕事は正社員やアルバイトのメンバーと作業はほとんど変わりませんので、表では目立たないことが多いです。

ただ縁の下の力持ちなので、裏では管理業務をこなして店舗にどう利益をもたらすか、従業員がどうしたら働きやすい環境になるかなども考えています。

カフェ店長の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

カフェ店長になるために学んでおくべきこととは?

カフェの店長になりたい、目指したいと思うとカフェの店長になるためにどんな準備をしたらいいのか知りたいかと思います。

ここでは、カフェ店長になるために学んでおいたほうがいいポイントを紹介します。

リーダーシップ

まず、店舗は人で成り立ちます。

カフェの場合は、従業員のほとんどはアルバイトで構成されています。

そのため、アルバイトのメンバーに頑張って協力して働いてもらわないとお店の売り上げは上がりません。

ただ、リーダーシップと聞いて何でもかんでも指示を出して、従業員に従わせて思い通りに動かすことだと誤解していることがあります。

リーダーシップとは、指示を出して従業員に従わせることではありません。

カフェの場合は、アルバイトのメンバーや従業員の意見や要望に耳を傾け、改善したり、教育したり、指示するだけでなく、何かを一緒に成し遂げるためにみんなを同じ方向に導くように音頭を取ることです。

コスト意識

カフェ店長になるとコスト意識は高く持つ必要があります。

アルバイトや従業員だと売ることやお客様の満足度を追求することが最優先になりますが、店長の場合は、お客様の満足度や従業員の満足度を高めることは大切ですが、それと同時に食材管理や在庫管理などの原価管理を行い、無駄な支出は避けるように管理することも大切です。

例えば、食材を腐らせてしまうと捨てなければいけませんが、これは食材を無駄にしたと同時に食材にかかるコストも無駄にしたことになります。

もちろん腐った食材を使うことはご法度ですが、腐らないように早めに処理するようにしておけば無駄なコストはなくなります。

他にも無意味な残業を繰り返す従業員を注意して、勤務態度を改善させたら残業は減りますし、イコール人件費が下がります。

細かなところですが、コストの意識を持つことはカフェ店長になるために必要なスキルになります。

マーケティング

マーケティングの知識をカフェ店長になるために持っておく必要があります。

必須ではありませんが、店舗の売り上げを分析して売れるもの売れないものを考えたり、新商品を考える時に店舗のどういう客層がいてどういう系統の商品が好まれているとか、近隣の競合はこういうところが強みでここが弱みだとかの市場調査のスキルがあれば、カフェ店長として活躍できるようになります。

店長になると一国一城の主人として従業員と一緒に働いていくことになりますが、一国一城の主人がしっかりと舵をきらないとお店の売り上げに影響してきます。

また、闇雲に売っていても売り上げは上がりませんので、カフェ店長になるためにマーケティングの知識を身につけておくと便利です。

「カフェの店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カフェ店長の就職先や募集状況は?

カフェ店長についてどういう仕事でどういう役割かわかって頂いたかと思います。

カフェ店長を目指す人や興味を持った人は、カフェ店長の仕事がどれだけ募集されているか募集状況などが気になることでしょう。

ここでは、カフェ店長の主な就職先などについて紹介していきます。

カフェ店長の主な就職先

カフェ店長をいきなり募集しているところはほとんどなく、どのお店もまずは社員登用見込みアルバイトもしくは正社員として働くことから始めます。

そのため、就職先は大手チェーンか店舗展開を考えている個人経営のお店になります。

例えば、サンマルクカフェの場合、店長候補として入社し、店舗経験やノウハウ、店長としての知識などをトレーニングしたり、実際のお店に出て働いて店長昇格試験を受け、初めて店長に昇格します。

カフェ店長の働き口はどの程度あるの?

カフェ店長としての働き口はほとんどありません。

どのお店もまずは店長候補の正社員か社員登用見込みのアルバイトとして店舗経験や基礎知識などを学び、店長に必要なトレーニングを受け、試験を受けて店長に昇格するケースがほとんどです。

店長となると店舗の最高責任者になるので大きな責任が伴います。

そのため、会社としてもオーナーとしてもきちんとした人材でないと店長を任せることができません。

そのために店長候補として採用し、実際の店舗での働き方、姿勢、周りとのコミュニケーションなどを見極めて店長に昇格させたいと考えているところが多いため、いきなり店長として採用しているところはあまりありません。

カフェ店長の転職事情

カフェの店長を経験して転職すると実は意外と店長の経験が有利に働きます。

それは、カフェ店長は、店舗管理が仕事の一つになります。

店舗管理は意外と色々なところに繋がっていきます。

例えば、他業種の店長やホテルの支配人などは、カフェ店長同様、店舗管理が仕事の一部になりますので扱う商品が違ったり、業種が違ったとしても管理のノウハウは活かすことができます。

他にもカフェ店長を経験して転職した人が選ぶ職種には、営業職があります。

接客の経験やコスト意識は営業職にも通じる経験やノウハウです。

その他、カフェ店長を経験した後、思い切って独立開業して自分のお店を立ち上げる人も少なくありません。

カフェの仕事というイメージがあるので、カフェ店長の転職先はあまりないもしくは転職したとしても、同じ業界に転職しか選択肢がないように思われがちです。

しかし、実際は色々なところでカフェ店長の経験や知識を活かすことができます。

カフェ店長の仕事の探し方とは?

カフェ店長の仕事をやってみたいとなるとどうやって探したらいいか知りたいかと思います。

ここでは、カフェ店長の仕事の探し方について紹介します。

ただ、前述のように店長を募集しているところはあまりありませんので、基本的には店長候補として募集をしているところの探し方になります。

求人サイト

リクナビや毎日ナビ、enなどにアクセスして飲食店の採用ページを検索していくと、店長候補募集はいくつかヒットします。

店長候補として飲食店で働いてみたいと思う人は、自分の条件を検索にかけてヒットしたところから候補を選んでいくことをおすすめします。

求人サイトのメリットは、書類審査をWEBで終わらすことができますし、ほとんどの求人を募集している会社はWEB審査の後、面接を用意していることが多いため、面接までに紙面で履歴書などを用意する手間が省けるので、忙しい人にも使い勝手がいいです。

就職・転職エージェント

飲食店の店長に興味があるけど全く何をしていいのかわからない、自分の経験が活かせるのか、向いているのかどうか色々知りたいけど、求人サイトだけ見ても何も変わらないという人は、就職・転職エージェントをおすすめします。

エージェントに相談して自分の特性や向き不向きを判断してもらったり、どういう求人がいいかを一緒になって考えてくれるので、安心して仕事選びができます。

また、エージェントによっては、求人サイト載せていないもの、これから載る情報を持っていたりしますので時間がない人、どうやって探したらいいのか、どういう条件にしておけばいいのかなどが全くわからない人は、就職・転職エージェントがおすすめです。

JACリクルートメントやパソナキャリア、DODA転職エージェントなどが有名な就職・転職エージェントです。

お店のHP

働きたいお店、店長をやってみたいお店があるなら、直接お店のHPや店舗で働きたい旨を伝えてみるのも方法です。

スターバックスやタリーズコーヒー、サンマルクカフェなどの大手チェーン店は自社のHPでも店長候補を募集していますので、HPから応募することが可能です。

予め働きたいところが決まっているなら、求人サイトやエージェントを介さなくても直接お店へ問い合わせるのが手っ取り早い方法です。

ただ、個人経営店の場合は、そのお店だけでいいと考えているオーナーもいるため、個人経営店のお店で気に入ったところがあり、店長をやってみたいという場合は、オーナーに直接相談するかお店に社員募集しているかどうか問い合わせるのがいいと思います。

「カフェの店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カフェ店長の仕事探しの注意点

カフェ店長の仕事を探して実際に気になる条件のお店や会社を見つけたらいよいよ応募したり、実際に面接に行くのですが、その前にぜひチェックしてほしいところがあります。

ここではカフェ店長の仕事探しに際しての注意点を紹介していきます。

店長に昇格するまでのプロセス

いきなり店長を募集しているお店は少ないので、店長になるまでにいくつかのステップを踏んでいきます。

そのため、店長候補といって採用してもらってもその肩書きはなく、実際に店舗へ配属されると正社員として働きます。

ここで予め確認すべきことは、どれくらいの期間を持って店長に昇格できるチャンスをもらえるかについてです。

店長候補として店舗に配属されても肩書きは店舗スタッフでしかありません。

そのため、他の従業員からは店長でもなく、ただの正社員になります。

お店や会社によっては、どれくらいの目安期間が店舗業務を覚えてもらって慣れてもらう期間で、どれくらいしたら店長資格試験や店長試験が受けれますと期間を設けているところがあります。

もし、明確な期間を示してくれない場合は確認が必要です。

例えば、ツタヤとコラボしているスターバックスの場合、入社1ヶ月でバリスタとしてドリンク作成から接客や販売などを覚えてもらい、 その後更に1ヶ月でトレーナーとして他のスタッフの教育係りとして活動して、 3ヶ月後には、時間帯責任者の役割を担い、 スタッフシフトや商品在庫管理を行い、約2年間の運営経験を積んで店長に昇格する目安期間を設けています。

お店によっては、1年以内で店長へのステップアップの目安期間を設けていたりしますので目安期間を確認しましょう。

トレーニングや試験の有無

店長候補として採用されることが多いので、トレーニングや店長昇格への試験の有無も確認が必要です。

しっかりとしたトレーニングや店長試験があれば、正しい知識とノウハウを身につけることができますし、さらなるキャリアアップとしての今後にも役立てることができます。

その反面、きちんとしたトレーニングや店長試験がない場合は、何もわからないまま店長になり、きちんとしたノウハウがないので店舗運営に苦労しますし、何よりもきちんとしたトレーニングが用意されていない場合は、ブラック企業の可能性も高いので注意が必要です。

カフェ店長の仕事のやりがいとは?

カフェの従業員は、お客様の言葉であったり、実際に覚えた仕事ができたことにやりがいを感じますが、店舗管理メインで仕事をしている店長のやりがいは何か気になるところです。

ここではカフェ店長の仕事のやりがいについて紹介します。

お客様の言葉

カフェ店長といえど店頭で接客や販売をすることもあります。

そのため、お客様から直接「ありがとう」や「美味しかったよ」などという言葉はやりがいや嬉しいさにつながります。

従業員の言葉

店長は特に実感するところですが従業員の言葉は、意外と店長のやる気を支えます。

「店長のおかげでこの仕事を覚えました」とか「このお店で働くのが楽しいです」と言ってもらえたり、「店長これどうしましょう?」とか「店長これでいいですか?」と頼ってもらえた時もやりがいや嬉しさを感じる瞬間です。

まとめ

カフェ店長の仕事は、思っている以上に地味だったり、管理がメインだったりします。

そのため、店長の仕事は楽ではありません。

ただ、その反面、人材育成で育った従業員を見る楽しみや、みんなで同じ方向向いて仕事できるように導くことで、チームプレーの大切さや何か一緒に目標を達成した時の喜びを分かち合うことができますので、大変さ以上のやりがいや楽しさを実感することもできます。

カフェ店長の仕事に興味を持った人やカフェ店長をやってみたい人は、ぜひチャレンジしてみて下さい。


関連キーワード

カフェ求人

カフェ求人についてもっと深堀りした情報を見る

カフェ店長の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

飲食業で働いてみたいけれど、レストランのような厳しい雰囲気が苦手だと感じていたり、もっとカジュアルな環境で働きたいと思っている方におすすめなのが「カフェ」での勤務です。カフェは日本で増え続けている飲食業の業務形態で、毎日でも通いやすい価格帯とおしゃれな空間が人気となっています。そんなカフェですが、一昔前は個人が経営者兼店長として運営しているお店が多かったのですが現在は企業が母体となり、店長業務は社員に任せていると言うお店が増えてきています。カフェの店長業務とは一体どのようなもので、どんな人物が求められているのでしょうか。企業の運営するカフェで店長として働いていた私が経験したカフェ店長の仕事や、

京都カフェ求人の特徴や、人気なエリア・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

京都といえば、古き良き日本をイメージする人が多いかと思います。観光地で有名な清水寺や金閣寺、八坂神社、祇園、四条や三条などがあります。そんな京都は、街の至るとろこにカフェがあります。古い喫茶店やモダンなカフェ、日本人にも外国人にも人気の高いカフェは町家を改装したものがあります。意外にカフェの多い京都では、カフェの仕事が多く、学生を中心に人気だったりします。また、外国人が多いため、外国語を使って仕事ができるので京都だけでなく隣の大阪からバイトをしにくる人も少なくありません。今回は、京都のカフェ事情や京都のカフェ求人について紹介します。京都のカフェで仕事をしてみたいと思っている人や興味がある人はぜ

カフェバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

求人媒体で多く見かけるのが飲食店のアルバイトです。年齢も幅広く募集しているので、学生さんや主婦の方も働きやすいですよね。週2日からなど少ない日数でも働けたり、シフトが2週間毎の提出だったりと、融通が利くところも嬉しいポイントです。中でもカフェのアルバイトは若い人たちに大人気!制服の写真や賄いなんかもついつい気になっちゃいますよね?話題のスポットの近くやおしゃれなカフェで一度は働いてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか?今回はカフェで働くために必要なスキルや時給なんかをお伝えしたいと思います。カフェバイトの給料の相場はどのくらい?カフェのアルバイトって時給が安いイメージがありませんか?

東京のカフェバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なバイト先を解説します

カフェのアルバイトと聞くと、「おしゃれな職場」「制服がかわいい」「美味しいコーヒーやスイーツを食べられる」というイメージを持っている人が多いかもしれません。しかし、カフェはお店の形態、提供するドリンクやフード、店の雰囲気などによって、仕事環境がまったく異なってきます。「おしゃれだから」と雰囲気重視でカフェのバイトを選ぶと、思っていた仕事と実際の仕事が違ってしまうこともあります。カフェでバイトしたいと思ったら、まずはカフェバイトの仕事や募集内容についてよく知っておくようにしましょう。この記事では、東京のカフェバイトについて紹介していきます。カフェバイトはどんな仕事?カフェにもさまざまな形態があり

カフェ店長が向いている人の6個の特徴や必要なスキル・適正とは?

『アルバイトするならおしゃれなカフェがいい!』『老後は喫茶店を経営して自分だけのお店を持ちたい』日本国内でのカフェブームは定着し、憧れのお仕事のひとつとして大人気です。でも実際、社員としてカフェの店長を務めるとなるとどのような生活が待っているのかご存知でしょうか?カフェの店長とはどんな仕事?カフェという1国の城を守る主です。共に働くメンバーに指揮命令を出し、お城の設備を整えてお国のためにしっかり利益を生み出さなければならないお仕事です。カフェの店長の大まかな仕事内容お客様への接客販売アルバイトスタッフの採用育成・管理お店の管理(備品、設備のメンテナンス含む)食材の管理(食材の発注、賞味期限管理

フクロウカフェバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

フクロウカフェでの仕事は、フクロウという不思議な生き物に直接触れ合うことができる素敵な仕事です。わからないことが多々あるとは思いますが、徐々に覚えていけば問題ありません。まずは、自身がフクロウの魅力を存分に知ることから始めましょう。この記事では、フクロウカフェバイト求人について紹介していきます。フクロウカフェはどんな仕事?フクロウ全般のお世話、接客が主になります。給餌の準備やフクロウのメンテナンス、ケージの清掃、店内清掃などを行います。接客はお客様が来店したらフクロウを乗せてあげ、写真を撮ったりしてあげます。フクロウについての質問、飼い方などもアドバイスしていきます。フクロウカフェの大まかな仕

カフェベーカリー求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

カフェベーカリーの仕事を始めるにあたり、気になることはたくさんあると思います。求人内容は読むけど、いまいちどんな仕事か内容がよくわからないとか、働いてみたいけどどういった研修があるのだろうかとか、アルバイトから社員へ昇格できる制度があるのかどうかなど色々とあると思います。今回はカフェベーカリーの求人でよくある募集内容・募集職種など、気になる疑問について解説していきます。カフェベーカリーのおおまかな仕事内容カフェベーカリーのおおまかな仕事内容は、ホールとキッチンです。ただ、最近はセルフ式のカフェも増えていますのでセルフ式の場合は、ホールスタッフではなくカウンター業務とキッチン業務と言えます。カフ

カフェの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

カフェ店員を目指すに当たって、気になるポイントが収入です。カフェは私たちにとって、とても身近で気軽に入る事ができ、生活に欠かせないものになりましたが、店員さんたちの生活スタイルや待遇など、分からないことが多いですよね。大好きなカフェで働きたいと言う気持ちはあるものの、生活が厳しくなるのは困りますし、収入の面で不安だと思っている方もいるでしょう。そこで今回はカフェ店員の年収相場はいくらくらいで、賞与などはあるのか、昇給などについて解説していきます!カフェの給料の年収相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合地方や企業などでもちろん差はありますが、一般企業に新卒で入社した場合の平均年収は、200万

カフェ正社員求人の給与相場や仕事内容は?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

私達の身近にあるカフェ。コーヒーに特化していたり、デザートやランチがおいしかったり、それぞれ特徴があり毎日でも行きたくなるカフェですが、カフェで正社員として「働く」となるとその仕事内容や条件、給与などを知らない方も多いでしょう。一般の会社とは違う業界ですので、カフェで働きたいと思っても、今一歩踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな皆さんに向けて、カフェ勤務10年以上の筆者が「カフェの正社員」の求人について仕事内容から勤務地、条件や年収までをお話します。カフェの正社員求人の仕事内容とは?まずはカフェの正社員の仕事内容から見ていきましょう。カフェ正社員の一日を追って朝からご

カフェに就職するためにはどうすればいい?仕事内容や気になる疑問を解説します

おいしい物やかわいいものに囲まれたカフェでの仕事をしたいと思った事はありませんか?今、日本ではカフェの文化が大きく広がっています。朝から夜遅くまで、いつでも私たちを迎え入れてくれる素敵なカフェはお客さんとして行きたい場所であると同時に働きたい場所でもあるでしょう。今回は、カフェの就職を考えている方に良い就職先の見つけ方や仕事内容をお話します!カフェ正社員の大まかな仕事内容とは?カフェ店員、特に正社員の仕事はどのようなものなのでしょうか。正社員での採用となった場合、お店に関すること全てを担わなければいけません。まずはその仕事内容を見ていきましょう。ホールでの接客業務お客様のオーダーを聞いたり料理


カフェ求人に関するコラム

カフェ店長の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

カフェの店長の待遇について、主に給料面を中心にご紹介させていただきます。とても魅力的で人気の高いカフェの仕事ですが、一生の仕事として、あるいは店長として責任をもって務めるにあたり、不安を抱かれる方も多いかと思います。そういった方々の疑問や不安が、少しでも解消されれば幸いです。カフェ店長の給料の相場はどのくらい?カフェの店長は決して極端に給料のいい仕事とは言えません。しかし、普通に生活していくのに支障がない程度はもらえます。また、会社やお店の状況によって、待遇面などは大きく変わります。正社員で新卒入社した場合正社員で新卒入社した場合ですが、おそらく最初から店長職に就くことは難しいでしょう。最初は

カフェでホワイトな職場の6個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

カフェや飲食店の仕事をしてみたいと思っていても最近はブラックって言われることが多いのでそういうところで働きたくないなと思うかもしれません。カフェの仕事はブラックな職場ばかりなのでしょうか?いいえ、カフェの仕事はブラックの職場もあるかもしれませんが、そうでない職場もあります。今回は、どういうところがブラック職場と言われる特徴なのか、どういうとこに注意すればホワイトな職場で働けるかについて紹介します。カフェにブラックな職場はまだ多い?カフェを始め飲食店の仕事は長時間労働できつい、休憩や休みがないと思われています。実際にそういった店舗は少ないとはいえません。ブラックな職場に勤務してしまうと仕事はきつ

カフェで働く大変さを感じる8個の瞬間とは?大変だけど楽しいポイントも紹介します

カフェの仕事というと、おしゃれな街中にあっておしゃれな店員さんやおしゃれな店内でスムーズに仕事をしているイメージを思い浮かべられることが多いと思います。今はカフェ=おしゃれという式が成り立っているため、カフェで働くというと無条件でおしゃれなイメージになります。そんなおしゃれなカフェで働いたとしても仕事なので大変なこともあります。今回は、カフェで働く上で大変なこと、やりがいや楽しいと感じることを紹介していきます。カフェで働く大変さを感じる8個の瞬間カフェで働いてみたいと思って検索したり、誰かカフェで働いている人に実体験を聞くと必ず大変と聞いたりみたりするかもしれません。おしゃれなイメージと離れて

カフェで働くには?仕事の探し方や面接で気をつけたほうがよいことまで経験者が解説!

カフェの仕事はアルバイトを考えている人には特に人気の仕事です。街中にはおしゃれなカフェからチェーン店など色々なカフェがあります。カフェの仕事は、未経験者でも始めることができますし、調理関係の資格や知識が必要なイメージがありますがそういったものがなくても仕事を始めることができるので気軽にできます。カフェの仕事を始めてみたい、カフェの仕事が気になっているけど、もうちょっと色々とカフェについて知りたいと思っている方も少なくないと思います。今回は、カフェで働くにはどうしたらいいのか、カフェでの仕事の探し方や実際にカフェの面接に行った際に気をつけるべきことについて紹介します。カフェで働くには?おしゃれで

カフェがブラックな仕事だな…と感じた7個の瞬間と、それでもカフェの仕事は楽しいと思う7個の理由

カフェの仕事はどんなイメージがありますか?オシャレで優雅に働くイメージでしょうか?それとも忙しく働くイメージでしょうか?カフェの仕事はオシャレとか楽しそうというイメージが多いのと同じくらい、忙しくて大変そうというイメージがあります。お店や時間帯にもよりますがオシャレなイメージとは裏腹に実際は忙しかったり大変だったりします。そしてカフェの仕事は意外と力仕事が多かったり、体育会系のノリだったりしますので働いてみるとびっくりすることがあったりします。今回はカフェの仕事でここがブラックだなと思うこととそれでもカフェの仕事が楽しいと思える理由を紹介します。経験者の私が思う、カフェの仕事がブラックな理由と