カフェのホールでバイトをしてみたいという方は多いのではないでしょうか?

オシャレなカフェで働きたいけど、街にはたくさんのカフェが並んでいる昨今。

どのカフェバイト募集も似たり寄ったりな内容で、実際のところ、どこがいいのか分からないですよね?

そんな方の疑問が少しでも解消できるよう、今回はカフェバイトによくある募集内容や業務内容などの様々な内容をまとめてみました。

アルバイトをカフェで検討中の方はぜひ最後までご覧ください。

まずは「カフェホール バイト」の仕事例をチェック

カフェのホールのアルバイトの求人でよくある募集内容とは?

カフェのよくある募集内容は、どれも同じような内容ばかりと思うことがあるかもしれません。

実際に、無難な内容で募集要項を提示することで希望者を集めていることもあるでしょう。

では、本音としてどのような人を採用したいのか、募集条件の詳しい内容などを紹介します。

給与相場

平均は時給850円~950円程度のようです。

お店によっては研修期間を設けていて、その期間は時給が少し下がることもあります。

給与や待遇については、応募や面接の際にしっかり確認しておくことが必要です。

また、昇給という制度を設けているお店も多いでしょう。

お給料の件は少々訊きにくい部分ですが、質問することは悪いことではありませんので、訊けるようなら面接の時に訊いておいたほうが良いでしょう。

勤務時間や休日

応募する際の条件として「週〇日~」「1日〇時間~」というのを設けているお店もあります。

それ以下の勤務なら難しいかもしれませんが、それ以上勤務できるなら優遇されることもあるでしょう。

シフトの組み方はお店によって違いますが、カフェのアルバイトは比較的融通が利く仕事です。

待遇

待遇として条件を設定していることは

  • 昇給
  • 交通費支給
  • 制服貸与
  • 社員登用制度

などが代表的なものになります。

お店によっては、これに追加される条件があるところもあれば、詳しく規定が定められているところもあります。

求められる人物像

採用する側からすれば、お店を任せられるような人、お店の雰囲気を良くしてもらえる人に働いてもらいたいと思うのが本音です。

一般的に「このような人なら採用したい」と思う人は以下の様な人です。

明るくて笑顔が素敵な人

接客業をする上で最も大事なことは、明るいことです。

自分がお客様の立場に立ってみると、暗くて不機嫌に接客されるよりも、明るく笑顔で接客されるほうが「いい接客だな」「来て良かったな」と感じると思いますから、接客業では笑顔が素敵で明るいということはとても大切です。

自分から考えて動ける人

お客様が今どんなことを求めているかなど、自ら考えて行動できることも重要です。

例えば、お客様のお水のグラスが空になっているときは、声を掛けられる前に自ら注ぎに行くことなどです。

これはスタッフ同士の間でも言えるでしょう。

忙しい時などは声を掛け合う時間や暇もありません。

そのような時は、次にどうしたらスムーズに仕事ができるか自分で考えて行動をすることを求められます。

人が好きな人

カフェのホールスタッフはお客様と実際に接する仕事です。

そのため、人が好きな人や人と接することが好きな人には、とても向いています。

また、実際に働く上でも、このような素質が求められます。

あると役立つスキルや経験

カフェと言えばコーヒーです。

コーヒーの知識などが少しでもあれば、役立つこともあるでしょう。

また、ホールスタッフと言えど、調理の経験や調理の学校へ行っていた、行っているといった経験も役立つことがあるかもしれません。

カフェのホールバイトの気になる疑問

実際に応募しようと準備ができたとき、いざ応募の電話をかけるときや、面接に行くときには「どのような対応が求められるのか」「どのような答えだと採用してもらいやすいのか」という疑問や不安があるかもしれません。

そこで、みなさんがそんな疑問を少しでも解消し、安心して次に進めるよう、よくある疑問点について解説していきます。

応募方法の際の注意点は?

応募をするためにお店に直接電話を掛ける場合は、時間帯に気をつけましょう。

まず、朝一は準備が忙しいため避けた方が良いです。

また11:30~14:00くらいもお昼の時間帯で忙しいため、避けましょう。

他にも夕方の17:00~20:00くらいも避ける方が良いかもしれません。

上記のことから、ベストな時間帯は14:00~17:00くらいです。

ただ、これはあくまでも基本的なことであって、必ずしもこの時間帯が暇というわけではありません。

そのため、電話をかけた際に、お店の人が忙しそうなら時間を改めることをおすすめします。

また、言葉遣いも気をつけましょう。

電話では直接顔が見えないので、言葉遣いが第一印象になります。

しっかりと綺麗な丁寧語または尊敬語を使い、応募したい旨、面接をお願いしたい旨を伝えましょう。

面接でよく訊かれることは?面接合格の秘訣!

シフトや志望動機については訊かれることが多いでしょう。

シフトについては、週どのくらい勤務可能か、1日何時間勤務できるかを訊かれます。

面接でシフトと同様に重要になってくるのが志望動機です。

自分の長所や短所を含めながら、何故この仕事に自分が向いているのか、何故働きたいのかをアピールすることが面接合格の秘訣です。

カフェはもちろん、接客業が未経験。

「採用してもらうポイントを教えてほしい」という方もいることでしょう。

カフェの面接では、「人が好き」「接客が好き」「人と接する仕事をしたい」と思っているということをアピールしましょう。

また、面接での態度も重要です。

接客に向いているかどうかを見られるので、受け答えをはっきりできるか、目を見て答えているかなども重要です。

シフトの自由度ってどうなの?

カフェの仕事はシフトの融通が利きやすいです。

その上、学生やフリーターなどの同年代の人が働いていることが多いので、急なシフトの交代も頼みやすいでしょう。

ただし、お店によっては、応募の条件に「週〇日~」「1日〇時間~」と決めているところもあります。

シフトの条件については面接の際に質問しても良いでしょう。

また、シフトの件はお店側も確認しておきたいところですから、いずれにしても訊かれると思いますので、その際に疑問点を確認しておきましょう。

カフェでのアルバイト経験あります。

時給は優遇してほしいと伝えても良いか気になる人もいるかもしれません。

しかし、最初から時給の優遇を求めるのは失礼にあたります。

もちろん、面接の際にカフェのアルバイト経験があることは伝えても良いでしょう。

ただ、お店によってやり方は全く違います。

前の経験がむしろ邪魔になることもあるかもしれません。

そのため時給の優遇は働いていく中で認められるように、頑張ってアピールするほうが良いと思います。

まとめ

募集条件は同じように見えても全く同じお店はなく、求める人物像や条件も全く違うものとなります。

カフェと言っても様々ありますし、仕事内容も多少なりとも必ず変わってきます。

働きたいと思うお店があるのならば、そこの条件をしっかりと確認し、自分の希望条件と比較してから応募することが合格する秘訣であり、長く働くためのポイントです。