カフェのバイトをするには、当然ですが、面接を受けなくてはいけません。

面接ではどんなことが聞かれるか気になりますよね。

今回は、カフェのバイト面接で聞かれることや受け答えのコツ、服装などの注意点についてお話しします。

カフェのバイト面接でよく聞かれる5つのことは?

カフェのバイト面接でよく聞かこれることは、「志望動機」「希望のポジション」「あなたの長所と短所」「シフトに入れる曜日」「前職について」がほとんどではないかと思います。

よく聞かれることについて詳しく話していきます。

カフェのバイト面接でよく聞かれること1:志望動機

当然ですが志望動機は、ほぼ100%聞かれます。

なぜこのお店を希望したのか、なぜこの業界なのかなどなど質問の内容は様々ですが、面接者としては明確にここで働きたい理由を知りたいというよりは、受験者の人間性を見ているところもあります。

志望動機が「近いから」とか「よく通るから」と言われただけでは、採用する側の心には響きません。

受験者の話し方なども面接者は、実際採用した時に周りのスタッフと仲良くできるかどうかを見極めて見ていることが多いです。

合格者の経験談!こんな風に答えました

答え方の例としては、自分の想いを伝えれたらいいのですが、ポイントとして「お店の雰囲気が好きで何度かお店に来たことがあり、店員さんの接客や働く姿を見て楽しそうに思えたので働いてみたいと思いました。」とか「将来的にカフェの経営を考えているため、このお店の雰囲気やコンセプトを学んでみたいと思いました。」などポジティブでかつ面接者が一緒に働いてみようと思える回答がベストと言えます。

カフェのバイト面接でよく聞かれること2:希望のポジション

お店によってかもしれませんが、希望のポジションもほぼ聞かれることが多いです。

希望のポジションというのは、カフェの場合、業務内容が大まかに分けて2つあり、ホールとキッチンです。

最近主流のセルフサービス形式のカフェの場合、カウンターかキッチンになります。

もちろん、この質問の際にもただ「ホール希望です」とか「キッチンがいいです」と答えるより、なぜホールがいいのか、なぜキッチンで働きたいのかを明確に話すことが大切です。

合格者の経験談!こんな風に答えました

ホールの場合、「以前のアルバイトでもホールの仕事をしていて接客が好きなのと、お客様に喜んでもらえるのが好きなので、ホールを希望します。ただ、機会があるならキッチンの仕事も興味があるため、最終的には両方の業務を覚えたいと考えています。」と答えました。

キッチンの場合「料理を作るのが好きなのとこのお店のメニューが好きなので作ってみたいと思いました。ただ、将来的にはカフェの経営をしたいと考えているので機会があれば接客もチャレンジしてみたいです。」などチャレンジ精神が旺盛であることをアピールするとプラスです。

カフェのバイト面接でよく聞かれること3:「あなたの長所と短所」

この質問は、最近減ってきたかもしれませんがまだ質問するお店もあります。

ここで聞かれているのは本当に受験者の長所と短所ということよりどのように自分の短所と長所をうまく伝えられるかがポイントです。

例えば、長所は「笑顔です。」短所は「忘れっぽいところです。」だけでは、印象がうまく伝わりません。

端的に長所と短所を述べられたところで面接者への印象も薄いものとなってしまいます。

合格者の経験談!こんな風に答えました

では、どう答えればポイントが高くなるか?

それは、「長所は、笑顔です。周りから笑顔を見てると明るくなるとか落ち着くと言われるのでお店の雰囲気を明るくするようなムードメーカーや来店されたお客様にくつろいでいただけるよう、長所を活かせる店員になりたいです。」

他には、「短所は、忘れっぽいところです。そのため、日頃からメモやノートを取り、重要なことは特に忘れないように記録しています。このお店で働かせて頂く機会をもらえたら、同じようにメモやノートを取り、お客様や他のスタッフの皆さんに迷惑にならないようにと努めます。」など、長所も短所もどうこのお店に貢献していくかを付け加えて答えることでより印象強くできます。

カフェのバイト面接でよく聞かれること4:「シフトに入れる曜日」

シフトに入れる曜日は、採用側にとってかなり重要事項です。

そのため、「週一〜ok」や「昼間だけでもok」と掲載していても意外と応募してくるのは、平日を希望する人がほとんどです。

カフェなどの飲食店の場合、平日より土日祝が混雑する傾向にあるため、「土日祝希望します」という人はあまりいません。

シフトに入れる曜日が、週末である場合は、合格率もかなり上がるチャンスです。

合格者の経験談!こんな風に答えました

シフトの希望は必ず聞かれます。

こう答えないといけないことはないのですが、「土日祝を中心にシフトに入れたらいいなと考えてます。」など週末のシフト希望できると合格に大きく近付けます。

カフェのバイト面接でよく聞かれること5:「前職について」

前にどこかのアルバイト経験がある場合は、面接者から「なぜ前職を辞めたのか?」や「前職ではどんな業務をしたいたのか?」また「前職で学んだことは何か?」などを聞かれるケースが多いです。

ここでのポイントは、前職で何を習得し、それが今、希望している仕事にどう繋がるかをアピールすることです。

また、辞めた理由について「人間関係が嫌になりました。」や「そのお店が嫌いになりました。」などのマイナスな発言は避けた方が良いです。

「学業が忙しくて前職のお店で希望している時間にシフトに入れなくなったためです。」や「親(家族)の転勤に伴い、引越しをしなくてはならなかったので前の職場で働くことが難しくなったためです。」などできるならやむを得ない理由を話すようにすることです。

合格者の経験談!こんな風に答えました

ここでのポイントとしては、「前職でホールスタッフとして働いていました。忙しい時間帯での勤務が多かったのでレジをミスすることなくうったり、効率よく注文を取り、商品を提供することを常に意識していました。」と学んだ業務内容を挙げることで、どういうことを学んできたのかが面接者に伝わりやすくなります。

面接当日の心構えや注意点とは?

無事面接の機会をもらえたら、次のポイントは面接当日の心構えや注意点です。

ポイントとして「言葉使い」「時間厳守」「身だしなみ」「ハキハキとした受け答え」「自己アピール」です。

面接当日の心構えや注意点1:言葉遣い

言葉遣いは、変に丁寧に話す必要はありませんが、カジュアルすぎる話し方は逆にマイナスポイントになりますので注意が必要です。

例えば、「そうっす」とか「ていうか〜」、「自分は〜」など普段何気に使ってしまうのでクセとして出てしまいがちですが、あくまでも面接なのでこういった言葉は使うのを避けるべきです。

面接当日の心構えや注意点2:時間厳守

面接の機会をもらって遅刻は言語道断です。

もちろん時間ぴったりもマイナスイメージです。

基本的には、午後4時から面接の時間をもらったなら、午後4時にお店に到着するのではなく、午後4時に面接がスタートするという意味なので、少なくとも面接時間の5分前にはお店に到着するようにしましょう。

ただし、面接者も仕事をしながら面接をこなすため、あまり早く行くと逆に迷惑になりかねません。

そのため、10分から5分前くらいがベストです。

あと、電車が遅延したなど面接時間に間に合いそうにない場合は、早めに電話でお店に連絡しましょう。

面接当日の心構えや注意点3:身だしなみ

カフェを始め、飲食店は清潔さや身だしなみは大切です。

そのため、面接に際してボサボサの髪や糸がほつれた服などはご法度ですし、軽装すぎるのもよくありません。

男性の場合は、襟付きシャツとジーパンかチノパン、女性の場合は、短すぎないスカートやパンツ姿がおすすめです。

もちろんですが、ジーンズといってもダメージジーンズは印象良くないのでおすすめしません。

面接当日の心構えや注意点4:ハキハキとした受け答え

ホールスタッフを希望する場合は、特にですが、ハキハキと答えることが大切です。

面接に到着してスタッフに面接に来た旨を伝えるときもしっかりと相手の目を見てはっきりと用件を伝えて下さい。

下を向いてモゴモゴ話していては暗い印象を与えてしまいます。

そして、何より聞き取りにくい可能性があるので最初からマイナスになってしまいます。

ポイントは、顔を上げて相手の目を見てしっかり話すことです。

ただ大声を出せばいいというわけではないので注意して下さい。

面接当日の心構えや注意点5:自己アピール

自己アピールですが、過度に自己アピールをする必要はありません。

それでも、事前に準備していたことでどうしても伝えたいことは伝えるべきです。

終わってからあれを言えばよかったとか、こうしておいたらよかったとならないためにも、準備した最低限の自己アピールは伝えるようにしましょう。

こんな人は受かりやすい!合格するための受け答えのコツとは?

合格する人の共通点はあるかというと実は結構共通しているところがあります。

全てを網羅していなくてもどれかの要素があることで合格率も高まると言えます。

特に「身だしなみがしっかりしている人」「コミュニケーション能力が高い人」「一生懸命な人」「時間厳守な人」「マナーがしっかりしている人」が合格する人に共通しているポイントと言えます。

合格するための受け答えのコツ1:身だしなみがしっかりしている人

面接側は身だしなみをチェックしているので、清潔感のある服装や身だしなみはポイントが高いです。

おしゃれといっても万人受けするものとそうでないものがあるので個性を全般に出すのではなく、あくまでも清潔な印象を与える身だしなみがベストです。

合格するための受け答えのコツ2:コミュニケーション能力が高い人

カフェのバイトで特にホールは、接客を行う上でコミュニケーションが欠かせません。

コミュニケーション能力が高く、人当たりのいい人は、面接側として採用したい人材になります。

具体的には、受け答えがしっかりしていること、相手の話にしっかりと耳を傾けていることなどがあります。

コミュニケーション能力が高いというのはイコールよくしゃベるというわけではありません。

あくまでも相手の質問に対してきちんと答えれているか、相手の話を理解しているかどうかがポイントになります。

合格するための受け答えのコツ3:一生懸命な人

一緒に仕事をする上で、雇う側として、一生懸命な人は印象がいいです。

不器用であったとしても一生懸命何かをする姿勢や話す姿勢は評価が悪くはなりません。

自己アピールの際、自分の長所や短所の話など一生懸命伝えようと熱意を持って話す人は、多少言葉使いが間違ったとしてもプラスに働きます。

合格するための受け答えのコツ4:時間厳守な人

面接時間に遅れてくる人は、イコールシフトにも遅れて来ます。

そのため、遅刻することはかなり印象が悪くなるので、時間をしっかりと守れる人は印象がアップします。

もちろん、何かの事故や不都合が生じて、面接時間に間に合わない、時間を変更して守らないといけない場合は、わかった時点で早めに電話連絡しましょう。

当日の急な変更の連絡なのでここは必ず電話しましょう。

メールなどですませてしまうとマイナスポイントどころかそのまま不採用になる可能性が高いですので注意して下さい。

合格するための受け答えのコツ5:マナーがしっかりしている人

面接に挑むに際してももちろんマナーはあります。

例えば、面接担当者が後からやって来た場合、一度席を立って挨拶をするのはマナーとされています。

他にも面接のお店に到着した際、「お忙しいところ恐れ入ります。本日〇〇時から面接のお約束を頂いている〇〇と申します。店長の〇〇様いらっしゃいますか?」と伝えるのがベストです。

「お忙しいところ恐れ入ります」という一言が相手に好感を与える一言ですし、たまに「店長さんいらっしゃいますか?」という人もいますが、客としてではなく面接を受ける側として来た場合に「店長さん」ではなく、「店長の〇〇様」がベターです。

「店長さん」だとカジュアルすぎるので人によっては印象がよくありません。

最近はこれができない人が増えています。

こういったちょっとしたマナーができるだけでも印象がよくなります。

まとめ

カフェのバイトの面接では、清潔感、身だしなみやコミュニケーションスキル、表情がチェックされます。

笑顔で面接を受け答えできたらポイントは高いですし、逆にいくら清潔感がある服装をしててもボソボソと話していては受かることは難しくなります。

働きたいと思うお店でせっかく面接の機会をもらえたのなら、身だしなみや清潔感に注意して笑顔でハキハキと答えれるように準備していきましょう。

そうすることで採用される確率はグッとあがります。

  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
ユーザー満足度No.1!テレビCMでもお馴染み。高時給バイトも多数あります。 公式サイト 公式サイト
求人件数も豊富で、やりたいバイトが見つかりやすい!圧倒的におすすめなバイト求人サイトです。 公式サイト 公式サイト
マッハバイトで応募して採用されると、最大で1万円、最低でも5,000円の祝い金を貰える! 公式サイト 公式サイト


カフェバイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

東京のカフェバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なバイト先を解説します

カフェのアルバイトと聞くと、「おしゃれな職場」「制服がかわいい」「美味しいコーヒーやスイーツを食べられる」というイメージを持っている人が多いかもしれません。しかし、カフェはお店の形態、提供するドリンクやフード、店の雰囲気などによって、仕事環境がまったく異なってきます。「おしゃれだから」と雰囲気重視でカフェのバイトを選ぶと、思っていた仕事と実際の仕事が違ってしまうこともあります。カフェでバイトしたいと思ったら、まずはカフェバイトの仕事や募集内容についてよく知っておくようにしましょう。この記事では、東京のカフェバイトについて紹介していきます。カフェバイトはどんな仕事?カフェにもさまざまな形態があり

カフェホールバイト求人でよくある募集内容や気になる疑問について答えます

カフェで働きたいけど、街なかにはたくさんのカフェが軒を連ねている昨今、募集内容はどこも似たり寄ったりな内容で、実際のところ、どこがいいのか分からない。そんな方の疑問が少しでも解消できるようになればいいと思い、今回はカフェのホールバイトによくある募集内容などを解説していきます。カフェのホールバイトの求人でよくある募集内容とは?カフェのよくある募集内容は、どれも同じような内容ばかりと思うことがあるかもしれません。実際に無難な内容で募集人数を集めているかもしれません。では、実際にはどういう人を採用したいのか、どういった募集条件なのかを紹介します。給与相場平均は時給850円~950円程度のようです。お


カフェバイト求人に関するコラム

カフェバイトは未経験でも出来る!カフェでの仕事に就く際の3個の注意点

初めてのバイトだけど、カフェでバイトをしてみたい。そんな思いの方が一番最初に考えるのは「未経験でも平気なの?」という事ですよね。答えはもちろん「イエス」です。未経験でも問題なく始められるカフェバイトですが、働くメリットや注意点等は、応募の前に知っておいた方がいいですね。カフェバイトの大まかな仕事内容カフェバイトでの大まかな仕事内容としては、ホール、キッチン、キャッシャーです。カフェによって呼び名は変わると思いますが、仕事内容としてはほとんど変わらないでしょう。ホールフルサービスのカフェの場合、ホールの役割は数多くあります。お客様を席まで案内し、注文を取って、キッチンに伝えて、料理やドリンクが出

カフェバイトの給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方などを紹介します

人気でオシャレなカフェバイト。「憧れるけど、仕事内容がいまいち分からない」「時給は高いの?」など、悩む人も多いのではないでしょうか。給料に関しては店舗にもよりますが、ファストフード等に比べるとやっぱり高めです。今回は、カフェバイトの仕事内容や時給について、経験を元にご紹介していきます!カフェバイトの大まかな仕事内容ホールカフェの顔とも言うべきホール。セルフ形式のカフェなどでは「キャッシャー」と呼ばれる事もありますね。お客様の注文を取ったり、ドリンクや軽食を運んだり、レジでのお会計をしたりします。何といっても笑顔と愛想が大事なポジションです。ポジション別の募集でない場合、基本的には入ってすぐに任

カフェのアルバイトを大阪でするなら!よくある募集内容や人気のエリア・おすすめのお店を紹介します

カフェの仕事は、アルバイトの一つで、学生を中心にカフェのバイトを経験してみたい人、実際に経験している人は多くいます。カフェの仕事と聞くとオシャレなイメージであったり、スターバックスやタリーズなどの楽しい雰囲気での仕事をイメージします。そんなカフェのバイトは未経験者でも始めやすく、人気のアルバイトですが、カフェというと大阪より隣の神戸や和カフェで話題になった京都の方がオシャレで人気のカフェの仕事があるように思われがちです。しかし、最近は、再開発などもあり、大阪にも色々なオシャレで人気のカフェが登場しています。今回は、カフェのアルバイトを大阪でするならどういったエリアが人気なのか、どういう募集内容

カフェバイトを辞めたい時はどうしたら良い?よくある5個の原因と対策。

カフェバイトに憧れて、始めてはみたけど「自分には合わない」「給料が低い」など、辞めたくなってしまう事ってありますよね。原因は様々ですが、実は辞めたい原因にも乗り越え方が存在しています。「嫌だから」と辞める決意をして、話す前に一度原因について考えて、乗り越えてみてはいかがでしょうか?そういう時期は誰にでもあります。一人で決断してしまう前の寄り道として、一緒に原因と対策を見つけていきましょう。カフェバイトを辞めたいと感じてしまう5個の原因とその乗り越え方とは?カフェバイトに限らずですが、バイトをしていればどうしても「辞めたい」と思ってしまうことは少なからずあると思います。そして恐らくその原因は人そ

カフェバイトは楽!その5個の理由と実は大変な業務とは…!

「オシャレなカフェでバイトしたいけど、大変そうだから応募するの辞めようかな」何をするのか分からないままだと、「大変そう」というイメージだけで応募を辞めてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、実はカフェバイトというのは意外と楽だと言われているのをご存知でしょうか?もちろんその中でも大変な業務はあります。でもまずは、なぜカフェバイトが楽なのかという点を知って、一歩を踏み出してみませんか?カフェバイトの大まかな仕事内容最初に大まかな仕事内容から知っていきましょう。「カフェ」と一口に言っても、細かい部分は店舗やセルフ形式かフルオーダー形式か等によって異なるので、それぞれの違いを見て行きましょう。