初めてのバイトだけど、カフェでバイトをしてみたい。

そんな思いの方が一番最初に考えるのは「未経験でも平気なの?」という事ですよね。

答えはもちろん「イエス」です。

未経験でも問題なく始められるカフェバイトですが、働くメリットや注意点等は、応募の前に知っておいた方がいいですね。

カフェバイトの大まかな仕事内容

カフェバイトでの大まかな仕事内容としては、ホール、キッチン、キャッシャーです。

カフェによって呼び名は変わると思いますが、仕事内容としてはほとんど変わらないでしょう。

ホール

フルサービスのカフェの場合、ホールの役割は数多くあります。

お客様を席まで案内し、注文を取って、キッチンに伝えて、料理やドリンクが出来たら席まで運んで、片付ける。

それが一連の流れになりますね。

セルフサービスのカフェでも、料理やドリンクを運ぶ事はありませんが、お客様が帰った後にテーブルを拭いたり、トイレ掃除したりとやる事は多いです。

役割別の募集でない限り、基本は入ってすぐはホールを任せられる事が多いでしょう。

キッチン

その名の通り、ホールスタッフから言われた注文通りに料理やドリンクを作るポジションです。

これは、セルフサービスでも、フルサービスでもあまり変わらないでしょう。

オーダーを間違えない事はもちろんですが、混雑時には正確で丁寧な仕事が求められます。

また、混雑しすぎてホールスタッフの手が回らない時はホールに出て、自分で料理を運ぶ事もあります。

ただ料理やドリンクを作っていればいいわけではないという事ですね。

キャッシャー

キャッシャーは、平たく言えばレジ係です。

フルサービスのカフェでは、専任というよりはホールスタッフが兼任する場合が多いでしょう。

セルフサービスのカフェに多いポジションですね。

ホールと似たイメージで、混雑時等は他のスタッフにドリンクオーダーを通したりするポジションです。

ホールスタッフ同様、お店の顔となる役割です。

カフェバイトの仕事はどんな人に向いている?

未経験でも問題ないカフェバイトですが、やはりそこには向いている人、向いていない人が出てきます。

カフェバイトに限らずですが、飲食店では特にハッキリと向いている、向いていないが分かれるかもしれません。

応募の前に自分は向いているかな?と確認しておく意味でも、向いている人の傾向をご紹介します。

コミュニケーションが好きな人

接客業ではトップに入る条件です。

カフェバイトは、仲間内はもちろんの事、お客様とのコミュニケーションも結構多いものです。

店舗によっては常連さんが居たりして、常連さんとの会話をしたりという事もあります。

その時に、雑談が出来ないとちょっと切ないですよね。

他にも、バイト仲間と連携して仕事をこなしていく上ではやっぱりコミュニケーションは不可欠です。

テキパキ物事を処理出来る人

カフェバイトでは、忙しい時間帯だと本当に休む間もなく働き通しです。

そこでモタモタと、一つの事につまづいてしまうと、バイト仲間にも、お客様にも迷惑が掛かってしまいます。

冷静に物事をテキパキとこなしていける人は、カフェバイトに向いています。

ただし、テキパキしていても仕事が雑になったり、不機嫌が顔に出る人は向いていません。

笑顔が得意な人

カフェバイトに限らずですが、接客業はやはり笑顔が重要なポイントです。

笑顔で接客されて嫌な気分になる人は居ないですからね。

どんなに忙しい時でも、テキパキと笑顔で対応出来る人はかなりカフェバイトに向いていると言えるでしょう。

個人的な意見ですが、コンビニやファストフードよりもカフェバイトの方がより笑顔を求められる気がします。

周囲に気を配れる人

カフェバイトというのは、自分一人だけでは成り立ちません。

様々なスタッフが協力しあって、良いサービスを提供する事になります。

なので、自分の事だけではなく、手が空いている時には他のスタッフや客席に気を配る事も重要です。

日頃から、周りの事を程よく気に掛ける事が出来る人はカフェバイトに向いていると言えるでしょう。

カフェの仕事に就く上での3個の注意点

カフェバイトは未経験でも問題ありませんが、働く前にはしっかりと知っておくべき事があります。

どの職種でもそうですが、下調べをしない間にバイトを始めてしまうと、せっかく入っても「辞めたい」と思ってしまう事がありますからね。

「まず面接」の前にチェックしておいた方が良い事をご紹介します。

心構えとして

カフェバイトで多く言われている事ですが、結構覚える事が多いです。

商品名はほとんどカタカナですし、フルサービスのカフェの場合はキッチンへの通しに略語を使ったりする場合もあります。

カフェバイトをするには、とにかく「覚える!」という心構えは必須です。

また、最初のうちはメモを取りながら、分からない事は放置せずに聞く、というのも心構えとして持っておいた方が良いでしょう。

とは言え、働いている全員、そこからスタートしているので何も怖い事はありませんよ。

知っておくべきこと

面接をする前には、服装について知っておいた方が良いでしょう。

どれくらいのシフトに入るかにもよりますが、週4以上で入るならば、自分で用意する物が多い程出費がかさみます。

多くのカフェでは、エプロンなどは指定だけど、Tシャツやパンツは自分で買うという所も多いです。

まずは、客として一度訪れてどういう服装になっているか知っておくと良いでしょう。

注意しておくべきこと

カフェバイトをする上で注意しておきたいのが、喫煙席の有無です。

某大手チェーンカフェでは、全店舗禁煙となっていますが、分煙になっている所がほとんどでしょう。

テーブルを拭きに行く時、料理提供に時間が掛かりセルフカフェでも客席まで持っていかなくては行かない時など、喫煙席に行くという事もあるでしょう。

自分が喫煙者なら何ら問題はありませんが、嫌煙家、タバコの臭いが苦手な方は注意しておいた方がいいですね。

他にも、カフェでは時間帯によって様々な年齢層のお客様が来店し、それぞれ必要な対応というのが異なります。

気持ちの切り替えという部分では、なかなか忙しい部分があります。

カフェバイトの仕事をするために活かせる、今までの経験は?

カフェバイトを初めてやろうと思ってるけど、何か活かせる経験はないものだろうか?

今までしてきた経験で、一見カフェバイトに関係ないと思っても、実は活かせる経験というのが存在します。

それは、学生生活の中や、家族等の人間関係などから学べる物もあります。

一歩踏み出す自信がないという方は、参考にしてみてください。

学校での部活

意外かもしれませんが、そもそも学校生活というのは人間関係を学ぶ場です。

その中でも部活等は、同じ目的を持った仲間達と切磋琢磨する事がほとんどですよね。

バイトの経験がなくとも、知らない間に人間関係は学べている訳です。

カフェバイトを始めた時にも、これから出来るバイト仲間との関係も築きやすいでしょう。

他の接客業をしていた

カフェバイトは初めてだけど、コンビニやファストフードで今までバイトをした事があるという方はもちろん活かせます。

カフェバイトも同じ接客業なので、やはり接客業をしていたという経験は強いです。

ただ、店や地域によっても違いますが、圧倒的にカフェの方がオシャレです。

客層は異なりますので、対応は多少違うかもしれませんね。

親戚付き合いも実は活かせる

法事等で親戚達と集まる、という方はそういう経験も活かせるのではないでしょうか。

当然、人によって違いますが、親族の集まりというと、色んな年齢の人が集まったりしますよね。

様々な年齢の人との接し方を学んでおく事はカフェバイトで活かせるポイントになると思います。

カフェというのは、コンビニやファストフードよりも様々な年齢層の方が来店する為です。

対応する力は持っておいた方が安心ですよね。

カフェバイトで働くメリットとは?

接客業が学べる

これが一番大きなポイントですね。

将来接客業でなくとも、仕事はお客様が居てこそです。

カフェバイトで培った接客は、基本的にどの職種でも使えます。

また、テキパキと仕事を進めるという事もカフェバイトでは学べるので、仕事もしやすくなると思いますよ。

まかないや社割がある

チェーン店でも、バイトで社割が使えるカフェというのは意外と多いです。

店舗によっては無料という所もあるので、好きな物を安くで食べられるのは良いですよね。

また、私が働いていたカフェでは、閉店時にシフトに入っていると余ったパンは持ち帰り放題でした。

次の日が休みなどの場合は、ご飯として節約にもなります。

コーヒーに詳しくなれる

これは店舗によって様々かもしれませんが、元々コーヒーが好きではなかった人でもコーヒーが飲めるようになったり、詳しくなれたりします。

私は紅茶派でしたが、カフェバイトの影響でコーヒーが好きになりました。

個人による差はもちろんあると思いますが、メリットではあると思います。

ウンチクを手に入れたら人に披露してみるのも良いかもしれませんね。

カフェバイトで働くメリットは、こちらの記事も参考に!

自分にあったカフェバイトの求人の選び方

最近では、カフェバイトも種類が多いですよね。

どれを選べばいいのか、悩んでしまう事もあると思います。

そんな時は色んな条件から探していくという方法が一番良いでしょう。

自分が、カフェバイトでどの条件を一番重視しているのか考えながら決めると決めやすいですよ。

【選び方①】給与や雇用条件から考える

もしカフェバイトでガッツリ稼ぎたい、と考えているのなら、給与や雇用条件から選ぶのも手ですね。

基本的にカフェバイトは高時給と言われていますので、まずは時給から絞り込んで、高いところを比較、決定するという方法です。

他にも、社割や賄いがあるだとか、制服貸与されるか等も一緒に見ておくと良いかもしれません。

それも一つ、選ぶポイントの手助けになると思いますよ。

【選び方②】エリアから考える

自宅から近いところが良いのか、それとも地元だと知り合いに会うから恥ずかしいという理由で、電車に乗った場所にするのか。

チェーン展開しているカフェの場合は、地元でなくともあるという場合もありますが、個人経営だとなかなか難しいかもしれません。

バイトをする際に、エリアというのは大事なポイントです。

自宅からの距離以外だと、客層の変化が多いですからね。

若者が多い地域なのか、高齢者が多い地域なのかによっても、働き方は変わります。

【選び方③】好きなカフェから考える

カフェバイトをしようと思っている人にはきっと、自分が日頃から行っている好きなカフェというのがあるのではないでしょうか?

「自分もこのカフェで働いてみたい」というのは、立派な志望理由ですからね。

もし、そういうお気に入りのカフェがあるなら、実際に働いてみるというのも良いポイントですね。

私もカフェバイトをしようと思ったきっかけは、自分が日頃から行っていて食べ物や飲み物が好きだったからです。

実際に働いたらやはり楽しい事も多かったので、この選び方はなかなかオススメですよ。

その後のキャリアについて 

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

カフェバイトが好きで、経験も積めたら、社員登用を目指す道もあります。

キャリアアップという意味では、一番の近道かもしれませんね。

万年人手不足の業界なので、良い人材が居たら社員になって働いて欲しいと思うのは会社側も同じです。

もちろん、バイトの時よりも仕事は増え、責任も大きくなりますが、その分やりがいはバイト以上である事は間違いないです。

また、店舗によっては長年社員をやっていれば、店長としてではなく、何店舗かを見るポジションになる事もあります。

時間は不規則ですが、一から就職活動をする手間も省けますよね。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

基本的にカフェバイトをしていた経験はどこでも活かせると思います。

一番活かせるのは接客業だと思いますが、事務や営業でもカフェバイトで培ったコミュニケーション能力や、客先とのやり取り等には活かせるのではないでしょうか。

カフェバイトで学べる事は、様々な仕事のベースになっているように私は思います。

人間関係や、仕事の進め方、お客様とのやり取り、全てにおいて基本を学べる場所というイメージですね。

カフェバイトで得られた事を、違う職種でもアピール出来る要素が詰まっていると思います。

まとめ

カフェバイトは未経験でも大丈夫、という事をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

最初は覚える事が多くて大変かもしれませんが、未経験でも全然問題なく働く事が出来ます。

また、カフェバイトでは様々な事も学べます。

この記事をきっかけに、一歩を踏み出し、更にその先へ行ける人が多く居る事を願っています。


関連キーワード

カフェバイト求人