「オシャレなカフェでバイトしたいけど、大変そうだから応募するの辞めようかな」

何をするのか分からないままだと、「大変そう」というイメージだけで応募を辞めてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、実はカフェバイトというのは意外と楽だと言われているのをご存知でしょうか?

もちろんその中でも大変な業務はあります。

でもまずは、なぜカフェバイトが楽なのかという点を知って、一歩を踏み出してみませんか?

カフェバイトの大まかな仕事内容

最初に大まかな仕事内容から知っていきましょう。

「カフェ」と一口に言っても、細かい部分は店舗やセルフ形式かフルオーダー形式か等によって異なるので、それぞれの違いを見て行きましょう。

自分が働きたいカフェはどちらなのか、どちらの形式が自分により向いていそうか、選ぶ時の基準にしてみてください。

セルフ形式

コーヒーチェーン店などに多いセルフサービス形式のカフェです。

基本的には、お客様がカウンターに来てオーダーとお会計を済ませて席に移動、帰りも後片付けはお客様自身で、というのがセルフ形式カフェの特徴です。

働く側としては、動く範囲が狭くなるので働きやすい形式です。

フルオーダー形式のカフェと違いお客様の滞在時間が短く、回転が速い傾向があります。

キャッシャー

セルフ形式のカフェでの言わば「顔」であるレジ担当です。

基本的にはお客様が来店し、カウンターで注文を聞いて、キッチンにオーダーを伝え、商品の受け渡しやお会計を担います。

一番お客様に接するポジションですね。

店舗によってはレジだけでなく、注文を聞いてそのまま自分でドリンクを作ったり、食器洗いやトイレ掃除などを担当する事もあります。

また、慣れてくれば電話対応をする事もあります。

キッチン

その名の通り、軽食やデザート、ドリンクの用意をするポジションです。

最近ではセルフ形式のカフェでも食べ物やデザートが充実している所も多いですよね。

キャッシャーから伝えられたメニューを作り、キャッシャーに渡す、もしくはそのままお客様に渡すというのが基本的な流れになります。

キャッシャーの状況を見つつ、食器洗いやトイレ掃除を行ったりすることもあります。

食材の管理や発注等も基本的にはキッチンスタッフが行います。

フルオーダー形式

個人オーナーの喫茶店や、チェーンだとしてもメニューにこだわりがあるカフェ、メニューの種類が多いカフェによく見られる形式です。

お客様を席まで案内し、席で注文を取り、席まで飲み物や食事を運ぶというスタイルです。

セルフ形式と違い、働く側としては動く範囲が広くなります。

ホール

フルオーダー形式のカフェの「顔」であるホールスタッフは、カフェのメイン業務です。

来店したお客様を案内して、注文を聞き、キッチンへ伝えて、出来上がったものをお客様の席まで運ぶというのが大まかな流れですね。

全てホールスタッフが動いて、お客様は席に座ったままというのが、セルフ形式との大きな違いです。

キャッシャー業務もホールスタッフが兼任する事が多いです。

お客様が食べ終わったお皿を片づけたり、店内のちょっとした清掃などもホールスタッフの仕事になる事が多く、セルフ形式のキャッシャーと比べると作業の種類が増えます。

意外と見落としがちですが、店舗に電話が掛かってきた時に対応するのもホールスタッフが多いです。

キッチン

セルフ形式のカフェ同様、軽食・デザート・ドリンクを用意するポジションです。

セルフ形式と違う所は、軽食と言えどきちんと調理したり、もう少し難しいメニューが増えるという所でしょうか。

ただし、仕事としてはセルフ形式のカフェと変わらず、ホールスタッフの注文を聞き、メニューを作るという流れです。

基本的には専任で行う事が多いですが、あまりにも忙しく、ホールスタッフだけでは回らないという時には、キッチンスタッフもホールに出てお客様へ注文の品を運ぶ事もあります。

たまにエプロン姿の人が食事を運んでいるのを見かけますよね。

また、ホールスタッフが忙しい時には、キッチンスタッフが電話対応する事もあります。

食器洗い

セルフ形式のカフェと違い、フルオーダー形式のカフェでは、食器洗いのポジションが専任で居る事もあります。

特に場所によってはひっきりなしにお客様の来店があり、キッチンスタッフの兼任だけでは回らない場合に多いですね。

そのため店舗によってはキッチンスタッフが兼任する事もあります。

完全な裏方の仕事ですが、食器がないと提供できないため、作業として遅らせることのできない重要役目であり、手荒れに悩むこともあるので、縁の下の力持ち的なポジションです。

カフェバイトが楽だと言われる5個の理由

大変だと言われることが多いカフェバイトも、実は楽な部分も多いのが特徴です。

働く時に重要なポイントにおいて「楽」だと思えるので、是非参考にしてみてください。

時間の融通が利きやすい

学生、フリーター、主婦等、様々な人がバイトしているカフェでは、時間の融通が利きやすいのが楽なポイントです。

短時間勤務がOKだったり、日中だけ、夕方以降だけなど自分の都合に合わせてシフトが組めるところが多いですね。

その中で、「平日はあまり入れないけど、土日なら」という方は特に優遇される傾向にあります。

長くバイトを続けていく事で職場内での信頼関係も結ばれているので、今週は予定があるから土日でも休みたいと言った希望が通るようになることもあります。

店舗にもよりますが基本的には融通が利く所が多いです。

セルフのカフェなら後片付けまでお客様でやってくれる

前述の通り、チェーン店のセルフカフェの場合には、お客様をご案内する、注文を取りに行く、食器を片づけると言った業務が省かれます。

お客様は来店するとそのままカウンターで注文をして、商品を席までお客様自身で持っていき、帰る時に食器を片づけてくれるというシステムですからね。

フルサービスのカフェよりは、格段に仕事量が減るので楽に働けるポイントです。

また、セルフカフェではフルサービスカフェより店舗が小さい事も多いので、掃除等も楽になりますね。

髪型や服装などがある程度許容される

店舗によりますが、カフェバイトはよっぽどの明るい色の髪やヒゲの伸ばし方が不潔でなければ、ある程度までは許される所が多いです。

もちろん、清潔感は必要になるのでネイル等は、多くの場合禁止になるかと思います。

髪型や髪色については、そこまでうるさく言われないのが「楽」と言われる理由ですね。

服装については店舗により違いますが、制服貸出や決まった服装になっている所が多く、早番でバイト終わりに出掛けるという時でも自分の好きな格好が出来るのもポイントです。

役割分担が分かれている

セルフ形式でも、フルサービス形式でも、基本的には役割分担がハッキリと別れている事が多いのも楽なポイントです。

個人経営のカフェや長年勤めている等では、兼任というのが多いかもしれませんが、チェーンの大きいカフェでは別れている事が多いです。

色々な仕事を覚えつつも、毎回の仕事は自分の担当に没頭出来ます。

また、役割分担が別れていなくてもよっぽど来客数の多い所でなければ、一人一人の負担は割と少ないです。

ピークの時間帯が限られている

カフェというのは、混む時間帯が限られているのもポイントです。

通常の飲食店であれば、ランチやディナーを過ぎてもそこまでお客様の波が途切れる事ってありませんよね。

カフェの場合は基本的にランチ、15時頃を除くと意外と暇な時間も多くなります。

場所や店舗にもよりますが、特に夜19時頃~閉店までと言うのは平日は奥に、利用する方も比較的少ないです。

翌日の仕込みや閉店作業もありますが、慣れればそれらの作業にそれほど時間は掛かりません。

カフェバイトの実は大変な業務

楽な部分も多いカフェバイトですが、やはり大変な部分もあります。

「楽なんだ」と軽い気持ちで行くと、そうでない状況に置かれた時に辛くなる可能性もあるので、大変な部分も知っておきましょう。

特にカフェバイトは精神より、体力的に大変という所が多いので注意が必要ですね。

体力勝負

接客業は基本的にそうですが、仕事中はほぼ立ち仕事です。

慣れればまだ良いですが、始めたばかりの頃は足が痛くなって、帰り道や帰宅後に辛い思いをすることもあります。

また、立ちっぱなしだと腰が痛くなることも多いので、健康な身体の持ち主であった方が良いでしょう。

その他にも、足りなくなったドリンクや資材を倉庫から取って来て補充をしたりするので、力がある方が一度に色々運べます。

立ち仕事からは足腰に負担、運搬作業によって腕に負担がかかるという点は理解しておきましょう。

覚える事が多い

これは店舗にもよりますが、難しい名前のメニューも多いです。

最近のカフェではそれがオシャレなポイントで購買意欲を誘うものでもありますが、カタカナの長い名前のメニューを覚えるのは、それだけで大変ですよね。

マニュアルがしっかりしていると、基礎を覚えるまでは精一杯いっぱいになる可能性もあります。

他にも、店舗によってはホールスタッフからキッチンスタッフへ伝える際、略語を使う所もあります。

その場合は、正式メニュー+略語を覚える必要があります。

慣れてしまえばどうという事はないですが、覚えるまではなかなか大変ですね。

食器洗いは手が荒れる

肌が弱い人だけでなく、毎日の作業となると水や洗剤を使った食器洗い等は手が荒れます。

キッチンで調理をする場合も同じ事が言えますね。

使い捨ての手袋やゴム手袋等があれば良いですが、基本的には無い所がほとんどだと思います。

例え食洗機のある店舗でも、食洗機に入れる前は大まかに汚れを落としたりするので水を使うのは避けられません。

特に女性はハンドクリームが手放せない職業かもしれませんね。

カフェバイトはこんな人におすすめです!

カフェバイトをしてみたいけど、自分に合うか分からないという方も多いと思います。

向き不向きというのは、実際にやってみないと分からないものでもありますからね。

特に接客業であるカフェバイトなどは、向いている向いていないがハッキリ分かれるような職種でもあります。

応募の前にどんな人におすすめなのか、ポイントを紹介します。

コミュニケーションが上手く取れる人

言うまでもなく、カフェバイトは接客業です。

お客様とのコミュニケーションが上手く取れる人は向いているでしょう。

常連さんが来るようなカフェでは、世間話をしたりと、カフェバイトではコミュニケーションが上手く取れることは必須と言っても過言ではないですね。

そしてお客様だけでなくバイト仲間同士の連携が必要な場面がいくつもあります。

仲間とのコミュニケーションが上手く取れる事も重要なポイントになってきます。

感情が表に出ない人

働いている中で、楽しい事だけでなく、お客様からのクレームが入る事ももちろんあります。

その対応時に動揺や不安などの感情が表に出にくい人は、冷静に対応が出来て向いていると思います。

感情が表に出てしまうと、クレーム対応時などは火に油を注ぐ事となり、お客様を不快な気持ちにさせてしまいます。

接客業ですから、いくら疲れていてもそのような疲れた顔をすることも良くありません。

基本的にはお客様が声を掛けやすい表情や動きをキープできる事がベストです。

応用力や気遣いがある人

常にマニュアル通りに行かないのがカフェバイトです。

マニュアル外の事が起こった時に、慌てず落ち着いて応用力を働かせて動ける人は、カフェバイトに向いています。

長く働いているうちに「この時間はここが忙しくなる」などの一日のスケジュール感覚が分かってきます。

その時にヘルプに入ってあげたりすると、仲間同士の絆も深まりますよね。

スタッフ間だけでなく、お客様が何か困っている様子などを察して声掛けする事も大事です。

コーヒーや紅茶が好きな人

コーヒーや紅茶が嫌いで、カフェバイトに応募する人はあまり居ないかもしれませんが、好きであるに越した事はありません。

基本的にカフェ店内は、コーヒーの香りでいっぱいになる事も多いです。

また、働いているカフェで出しているコーヒーの味の違い、紅茶の茶葉の違いなど、自分で味わってこそ、お客様に合った適切なご案内が出来るからです。

新メニューが出来た時等でも、まずは従業員が試食・試飲をして、お客様に提供するという流れもあります。

まとめ

カフェバイトの楽な点、大変な点をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

オシャレなカフェで働くと、それだけで楽しい気分になれますよね。

大変ではない仕事はありませんが、その中で楽な点も多いカフェバイト。

社会においてほとんどの職種で必要となるコミュニケーションスキルも磨かれます。

楽でスキルも身に付けられるカフェバイト、迷っているなら是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

実際にカフェバイト求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

カフェバイト求人