カフェのアルバイトと聞くと、「おしゃれな職場」「制服がかわいい」「美味しいコーヒーやスイーツを食べられる」というイメージを持っている人が多いかもしれません。

しかし、カフェはお店の形態、提供するドリンクやフード、店の雰囲気などによって、仕事環境がまったく異なってきます。

「おしゃれだから」と雰囲気重視でカフェのバイトを選ぶと、思っていた仕事と実際の仕事が違ってしまうこともあります。

カフェでバイトしたいと思ったら、まずはカフェバイトの仕事や募集内容についてよく知っておくようにしましょう。

この記事では、東京のカフェバイトについて紹介していきます。

カフェバイトはどんな仕事?

カフェにもさまざまな形態があり、セルフ方式とフルオーダー方式の二つに大きく分けられます。

チェーン店の多くはセルフ方式で、客はレジで注文をして、カウンターでドリンクやフードを自分で受け取ります。

セルフ方式の店員の仕事は、レジで注文を受ける、ドリンクを作ったりフードを温めて提供する、調理場でフードを作る、フロアで簡単な片付けをするなど、それぞれを時間ごとに担当して行います。

フルオーダー方式の店は、客が来店したら席に案内し、オーダーを聞いて厨房に伝えて、出来たものを席に運ぶことがバイトの主な仕事です。

東京のカフェバイト求人の募集内容の特徴

アルバイト情報誌やバイト探しアプリでカフェバイトを探すと、かなりの数の求人情報を見つけることができます。

その中からどのように選べばいいのか、他の仕事とどう違うのかを知るためにも、その募集内容にはどのような特徴があるのかを知っておきましょう。

セルフ方式のチェーン店の募集が多い

都内はそもそもカフェがたくさんあり、その多くはセルフ方式のチェーン店で、それだけ求人がたくさんあります。

フリーターで長期間働く人やパートよりも学生のバイトが多いので、すぐに辞める人も多いためということもあります。

未経験者歓迎や高校生の募集がたくさんある

都心は通学する学生も多いので、学生の募集が多くあります。

特別なスキルや経験も必要ありません。

未経験者歓迎の求人も多いので、初めてバイトをするという人にも始めやすい仕事でしょう。

個人経営のおしゃれなカフェの求人を探すこともできる

東京のカフェで働くなら、チェーン店ではなくおしゃれな個人のカフェで働きたいという人もいるでしょう。

求人はあまりありませんが、駅や沿線を選べばおしゃれなカフェが多くあるところもあります。

バイトの入れ替わりもあまりないので、求人が出ていたらラッキーかもしれません。

自分が希望する勤務条件とは少し違っても、妥協できる範囲なら面接を受けてみてもいいかもしれませんね。

東京のカフェバイトの給与相場

立地や店によっては1,000円を超えるところもあります。

ただ、カフェのバイトは高時給を求めるよりも、仕事のやりやすさやバイト仲間との交流を目的として選んだほうがいいでしょう。

東京のカフェバイトで人気なエリア

カフェは東京ならどこにでもありますが、通いやすさや時給の高さ、街の知名度などで人気のエリアがあります。

学生が多いバイトなので、やはり学生が多くいる街や、学校から通いやすい駅がそのエリアにあたります。

具体的にはどのあたりのエリアになるのか、詳しく見ていきましょう。

渋谷

若者の街と言われる渋谷は表参道や代官山も近く、個性豊かな流行の発信地で人気のエリアです。

店の客層も若い人が多く、アルバイトも学生の比率が高いです。

観光で訪れる外国人も増えてきており、特に外国の人も馴染み深いカフェチェーンの店舗は、外国人のお客様も多く来店します。

チェーン店だけでなく、繁華街エリアではお酒も出しているカフェ&バーや、ライブができるスペースがある音楽カフェなど、多様な形態のお店があります。

原宿・表参道

原宿には表参道や竹下通りなど、ファッションなどのおしゃれなショップが多く、カフェやレストランもたくさんあります。

渋谷や歌舞伎町のような繁華街のようにごちゃごちゃしてはいないので、人が多い通りから一本入ると裏通りは意外と静かで、落ち着いた雰囲気のカフェもあります。

街の雰囲気や来店するお客様は個性的なファッションの人も多く、そういうファッションが好きな人は楽しいかもしれません。

しかし、バイトをする人自身は、髪の色やピアスなどに制約がある場合が多くあまり派手な格好はできないので、その点は注意してバイト先を選びましょう。

新宿

日本一のターミナル駅で、複数の路線が乗り入れているのでアクセスしやすく、沿線には大学がたくさんあります。

カフェの店舗数も多く、駅の構内や駅ビルにもあり、混雑している店が多いです。

繁華街が広がる東口とオフィスが並ぶ西口とで雰囲気がまったく異なるので、客層も全然違います。

東口にある店舗は土日休日が忙しく夜も遅くまで営業していますが、西口にある店舗はオフィス街のため平日の方が忙しいといった違いもあります。

中目黒

駅前は高級マンションが建っており、物価は少々高めです。

治安がよく、芸能人や有名人もよく見かける街で、ガラス張りのおしゃれなカフェや隠れ家的なカフェが多くあります。

おしゃれな雰囲気だけでなく、オーガニックにこだわったカフェ、セレクトショップ併設のカフェ、ボードゲームを楽しめるカフェなど、コンセプトがはっきりした店が多いのも特徴です。

東京のカフェバイトならではの面白い店とおすすめポイント

駅近くや大通り沿いだけでなく、一本路地を入ったところや、ビルの上の階など、意外なところに穴場カフェがあるので、開拓したり探してみると新しい発見があるかもしれません。

東京にはチェーン店も多いですが、それ以上に個性的なカフェがたくさんあります。

それでは、東京にある面白い店をご紹介したいと思います。

バイトの募集は常にされているわけではございますが、次にご紹介するような面白い店でお仕事ができるといいですよね。

and people(渋谷)

渋谷駅から10分ほど歩いた東急ハンズの近く、路地裏で少しわかりにくいところにあるビルにあるカフェです。

おすすめポイント

店内の雰囲気が不思議で、テーブルやソファが全部違っていたり、テーブルごとにカーテンで仕切られている半個室空間になっています。

昼はランチ営業でおしゃれなフードやドリンクがあり、夜はお酒も楽しめます。

誕生日のバースデープレートがあり、照明や音楽などをお祝い仕様にして誕生日の人をお祝いしてくれます。

chano-ma(代官山)

代官山駅から歩いて2分ほどのところにあります。

他にも、中目黒、上野、立川、横浜、名古屋、広島など全国に店舗があるチェーン展開しているカフェです。

おすすめポイント

寝転がれそうな白いベッドのような席があり、広々としてスタッフも若い女性が多く、明るい雰囲気です。

子ども連れでもくつろげる小上がり席があり、キッズチェアやおむつ替えスペース、授乳室もあるので、赤ちゃんや子ども連れに優しい店です。

ランチはメイン料理にパンビュッフェ、ドリンクバーがついてきます。

夜はパスタやプレートメニュー、デザートメニューがあり、また違った雰囲気でデートにも最適です。

Cafe Soul Tree(二子玉川)

二子玉川駅から15分ほど歩いたところにありますが、駐車場がないため徒歩や自転車か、車なら近隣のコインパーキングに停める必要があります。

おすすめポイント

築40年の古い鉄工所をリノベーションして作られたカフェで、外観は工場のようではありますが、中のインテリアはアンティークな感じで雰囲気もよく、ドラマの撮影などでも利用されています。

立地はあまりよくありませんが、いつも混んでいる人気店です。

ハンバーガーやサンドウィッチなどのフードメニューがあり、夜はバーとしても利用できます。

はちくまカフェ(池袋)

池袋駅からは徒歩8分、または東池袋駅から徒歩8分、サンシャインシティの近くで、駅周辺と比べると人通りが少なく静かなところにあります。

おすすめポイント

店の名前からもわかるように、蜂が飛んでいる花畑のようなメルヘンな雰囲気です。

カウンターで注文と会計をしてから、呼ばれたらドリンクやフードを取りに行くセルフサービスのカフェです。

六角形のハニカム模様をしたハニーフレンチトーストがおすすめです。

石窯bake bread 茶房 TAM TAM(神保町)

神保町駅からすぐのところにあり、カフェタイムを中心にウェイティングのお客さんがいる人気店です。

おすすめポイント

バーのように見えるモダンな空間で、落ち着いた居心地の良さが魅力です。

芳醇な香りのコーヒーと、店名のとおり石釜で焼いたフレンチトーストやホットケーキが看板メニューです。

昔ながらの喫茶店が多いエリアで、価格も昔ながらのリーズナブル感のあるオススメのカフェです。

人気な店の特徴はこれ!

もちろん立地や味が美味しいことは言うまでもありませんが、人気がある店には相応の理由があります。

人気店には共通した特徴がありますので、ひとつずつ見ていきましょう。

雰囲気がいい

雰囲気がいい店は居心地がいいので、リピーターが増えます。

飲食目的以外にも、待ち合わせ、時間つぶし、勉強、打ち合わせ、おしゃべり…など、多様な用途で利用してもらうことができます。

「どこに行こうかな」と思った時に思い浮かぶ店として利用してもらうことができるのです。

チェーン店はどの店舗でも同じ雰囲気にすることが求められる場合もありますが、客層や立地によってターゲットを絞ってコンセプトのある雰囲気作りができている店は人気があるのも頷けるのではないでしょうか。

店員の仲がいい

雰囲気がいいことにもつながりますが、店員の仲がいい店は店の雰囲気もよくなります。

伝達事項がきちんと伝わったり、わからないことがあれば気軽に相談できたりすると、コミュニケーション不足によるミスも減るので、お客様に迷惑をかけることも少なくなり、店の運営もうまくいきます。

味だけでなく、サービスもしっかりしている

「ここのコーヒーが美味しい」「ここのスイーツを食べたいから行く」という理由で来るお客様もいますが、人気店は味はもちろんのこと、店員の感じがいい、清掃が行き届いているなど、サービス面での理由も大いにあります。

カフェは飲食業ですが、心地いい空間を提供するサービス業でもあるのです。

経営者(社員、店長、オーナー)がしっかりしていて経営が安定している、店のトップに立つ人がしっかりしていると、統率がとれていて指示がきちんと伝わります。

これはチェーン店でも個人経営の店でも言えることで、経営が安定していると店員の士気が上がり、社員でなくバイトでも店をよくするための行動をするようになります。

バイトに払えるお金がなくて店員の人数が足りないとサービスの低下につながりますし、バイトのやる気も上がりません。

人気店は店の運営がうまくいっており、店の雰囲気もよく、売り上げもあがるのです。

求人の選び方のコツやポイント!

まずは勤務地、時給、週に何日入れるかなどのどうしても譲れない最低限の希望を具体的に決めます。

求人の多くはエリア別になっているので、希望する勤務地周辺で、まずは最低限の希望をクリアしている募集を探します。

その中で、次はどのような形態のカフェを希望するかで、応募する店を選びましょう。

店の形態の選び方としては大きく3つに分けられます。

  • マニュアルもしっかりあり、決められた仕事をこなす人に向いている未経験や初めてのバイトにも安心なチェーン店系カフェ
  • カフェバイトの醍醐味を味わえる、おしゃれだったり比較的自由がきく唯一無二の個人経営系おしゃれカフェ
  • ピンポイントで自分の趣味や好みに合った店が見つかればラッキー、猫カフェやキャラクターカフェなどのコンセプト系カフェ

チェーン店系はバイト求人誌でもよく見かけますが、個人経営系などは積極的に求人を受け付けていないことも多く、求人情報がないこともあります。

どうしても働きたい店があるなら、直接その店に足を運んだり、その店があるエリアに密着した地域系の求人情報誌などを探してみましょう。

まとめ

カフェのバイトは、素敵な空間で楽しく働くことができますし、店員どうしの仲もよさそうで魅力的ですよね。

しかし実際に働いてみると、ずっと立ちっぱなしだったり、ドリンクの作り方や豊富なメニューなど覚えることがたくさんあったり、大変なこともあります。

雰囲気や人気があるからという理由だけで選ばず、仕事内容やシフトの入り方など、しっかり検討してから選びましょう。


関連キーワード

カフェバイト求人