「お洒落なカフェでアルバイトをしてみたい」

そう思っている方は意外と多いのではないでしょうか。

ところが、やはり仕事内容がきちんと分からないままではなかなか一歩が踏み出せませんよね。

そんな方の為に、チェーン店に多いセルフサービス形式のカフェのアルバイトの仕事内容について、ベーカリーカフェで働いていた筆者の経験を基にお教えします!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「ベーカリーカフェ バイト」の仕事例をチェック

ベーカリーカフェのアルバイトの仕事は大きく3個の役割に分けられる

キャッシャー

カフェアルバイトの基本となるレジの担当です。

恐らくどんなカフェでも、新人はまずここを任されると言っても過言ではないでしょう。

商品の名前とレジのどこに各商品のボタンがあるのかを確認するところから始まります。

これを覚えないと、どの業務もできないですからね。

キャッシャーはお客様と一番接する業務でもあり、謂わばそのお店の顔です。

大変そうだと思われるかもしれませんが、やりがいを大きく得られる仕事です。

ウォッシャー

お客様が食器返却口に戻した食器などの洗い物係です。

通常はシフトに入っているメンバーで、キャッシャーなどと兼務することが多いです。

ただ、土日など休みの日で混雑が予想される日はお客様の出入りがひっきりなしになるので、専任になることもあります。

他にも1時間に1回のトイレ掃除、2階や3階がある店舗の食器の片付けなども担当することもあるでしょう。

慣れてきた中堅のアルバイトが担当することが多い業務です。

ベイカー

私が経験していたカフェは、コーヒーなどの飲み物だけでなく焼き立てパンも売りにしているカフェでした。

その為「ベイカー」という、パンの売れ行きなどを見ながら常に新しく焼き立てのパンを提供できるようにしていく業務もありました。

またバイカーは、シュークリームなどのデザート系も担当しています。

中には複雑な工程のものもあり覚えるのに時間が掛かりますが、慣れてくれば自分なりの方法が見つかり、作るのも楽しくなります。

お菓子作りの延長なので、お菓子作りが好きという人はかなり向いている業務です。

キャッシャーの3個の業務

開店前

基本的に開店前~お昼時くらいまではベイカーと2人というシフトが殆どです。

午前中は、平日 や土日に関係なくお客様は比較的少ないものです。

パンを準備するベイカーとは別に、キャッシャーは開店前に灰皿やお水のコップ、ドリンクの準備をします。

コーヒー豆や足りないドリンクの補充なども併せて行います。

通常時

開店してからの通常時は、基本的に接客がメインです。

ただし、午前中や昼過ぎ~15時頃までは人が少ないシフトで組まれるので、接客をしながらドリンクを準備したりウォッシャーの兼任をします。

1時間に1回のトイレ掃除や、2階・3階の食器を持ってくるのもキャッシャーの業務になることが多いです。

余程暇なときでない限りは状況を見て柔軟に様々なことをしなければならないので、割と忙しいです。

探せばいくらでも仕事が出てくるポジションですね。

混雑時

混雑時はシフト上3人以上で組まれることが多いので、レジ打ちに専念します。

お客様に注文を訊き、レジを打って金銭授受を行い、商品を渡すという流れです。

ウォッシャーの余裕がないときは、自分でもドリンクの準備をします。

ピーク時はかなり忙しいので、対応が雑にならないように注意が必要です。

ただし、本来の混雑時間帯でもお客様があまり来ないという時は、店先でクーポンやチラシを配ったり呼び込みを行ったりもします。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ウォッシャーの2個の業務

通常時

ウォッシャーはキャッシャーなどと兼務する場合が殆どなので、返却された食器が溜まってきたら食洗機に入れる、1時間に1回トイレ掃除をするというのが基本の業務になります。

キャッシャーとの兼務の場合は、お客様とやり取りしながら、洗い物やドリンクの準備、トイレ掃除などとやることはなかなか多いです。

余程暇でない限りは常に動いている状態になります。

混雑時

お客様がひっきりなしに出入りする混雑時は、洗い物を専任で行います。

とは言え、食洗機で洗っている間などは飲み物を用意したり、キャッシャーのサポートも受け持ちます。

油断していると灰皿やお水を入れるコップなどが足りなくなることもあり、その場合は手洗い・手拭きすることもあります。

洗剤や漂白剤なども使用するので、肌が弱い人には少々辛いポジションです。

ベイカーの3個の業務

開店前

ベイカーは開店前の方が忙しいです。

開店時間に合わせて逆算し、焼き立てのパンを作ります。

パンを発酵させたり焼いたりしている間に、サンドイッチの準備もします。

客席の様々なことはキャッシャーに任せ、ひたすらパンを焼いていきます。

通常時

開店してからの通常時は、パンの無くなり具合や来店客数などを見ながら、随時パンを焼いていきます。

欠品は必ず出さないようにしなければならないので、様々なところに目を配りながら作業することが重要です。

新しくパンを焼く以外にも、「買ったパンを温めてほしい」というお客様もいらっしゃるので、そのような要望にも応えていきます。

また、手が空いていればキャッシャーのサポートとしてドリンクを準備することもあります。

混雑時

混雑時はひっきりなしにお客様が来るので、パン作りに専念します。

私が働いていたカフェではベイカーが一番入り口に近かったこともあり、お客様が待っている間に注文を訊いてキャッシャーに伝えるという仕事もありました。

慣れてくれば余裕ができ、お持ち帰りの準備などもできますが、慣れるまではパンを作り続けることになります。

看板商品の大量予約が入ることも稀にあり、通常の業務と並行するのでかなり忙しくなります。

ベーカリーカフェアルバイトの仕事の良いところ、やりがいを感じるポイントとは?

接客業であるカフェアルバイトは、日々ストレスや疲労感を感じることも多々あります。

ただし、それ以上にやりがいを感じられるものなので、どのようなことがやりがいを感じるポイントなのかを次にご紹介します。

「ありがとう」と言ってもらえる

お客様の期待に応えられたときや必要な手助けをしたとき、丁寧な説明をしたとき、笑顔で対応したときなど、様々な場面で「ありがとう」と言われることがあります。

実はカフェの店員がお客様に「ありがとう」と言われる機会は多くない分、とても嬉しくなって「頑張ろう」と思えます。

この言葉を言ってもらえる瞬間が、一番やりがいを感じるポイントです。

「ごちそうさま」が嬉しい

ベイカーをやっていると特にですが、帰り際に「ごちそうさま、美味しかったよ」と言ってもらえるとやりがいを感じます。

特に「美味しかった」はあまり言ってもらえる機会が少ないので、余計に嬉しくなりますね。

他にも上手くパンを成形できたときや美味しそうに焼けたときなども、自己満足ではありますがやりがいポイントの一つです。

一見やりがいが少ないように思えるベイカーでも、嬉しくなることややりがいを感じられるポイントは多いです。

職場の雰囲気がどの店も良い

私が働いていた店舗でもそうですが、ヘルプで他の店舗へ行ったときにも感じたのは、とにかく店員同士の仲が良いところです。

また、堅苦しい雰囲気があまりなく、アルバイト同士はあだ名で呼び合うこともありかなりフランクで、居心地は良かったです。

私の店舗ではありませんでしたが、アルバイト同士で恋愛関係に発展することも多いようです。

近隣の店舗同士では足りなくなった材料を借りに行く場合もあるので、他店舗との繋がりもありました。

余ったパンは持ち帰れる

私が働いていたところは「焼き立て」パンを売りにしていたので、日を跨いでの販売はしませんでした。

しかし閉店と同時にピッタリ売り切れるということは殆どなく、閉店までのシフトに入っていれば余ったパンは持ち帰り自由でした。

好きなパンを家でも食べられるというのは嬉しい特典ですよね。

他にも、翌日のシフトに入っている人の休憩時のご飯として冷蔵庫に保存しておくこともあり、ご飯代が浮くという利点もあります。

割引がある

休憩中や休みの日でも、お店のドリンクを買う場合はほとんどのカフェでは「社割」と呼ばれる従業員の割引があります。

私が働いていたカフェでは、通常の価格から10%OFFでした。

このような割引は結構お得ですよね。

自分の好きなメニューを安く楽しむことができるのは魅力です。

ベイカーで覚えたことは家でも活かせる

お店とは違う食材になりますが、似たような材料を揃え、店舗で作っている方法でお店の味がある程度再現できるというのも嬉しいポイントです。

「お店の味を家庭でも」ということですね。

働いていた当時だけでなく、辞めた後に活かされてくるものです。

今でもそのような経験を活かして料理をすると、家族に喜ばれたりします。

カフェのアルバイトに向いている人

「短気」を上手く使える人

意外かもしれませんが、カフェのアルバイトで活躍できるのは短気な人です。

ただし、ただ短気なだけでは周りやお客様にイライラして迷惑を掛ける可能性があるので向いていません。

本来、短所と言われるような「短気」や「せっかち」を「テキパキと仕事をする」という長所に変えられる人が向いているということです。

土日などの混雑時には、のんびりした性格の人では行列ができてしまい、お客様を待たせてしまうことになります。

同じアルバイトメンバーにも迷惑を掛けてしまいます。

テキパキとお客様の注文を訊いて行動に移せる人がいると周りの人も仕事がしやすく、混雑時にも対応できるので向いているでしょう。

コミュニケーションが得意な人

言うまでもありませんが、カフェのアルバイトは接客業です。

お客様と接するときや働く仲間との連携など、とにかくコミュニケーションは重要です。

普段プライベートでは人見知りだとしても、コミュニケーション自体は得意ということであれば、「仕事」と割り切って接客対応はできるものです。

実際のところ私も人見知りでしたが、コミュニケーションは取れていたと思います。

手が空いているときであれば、常連のお客様と世間話をしたりもします。

私が働いていた場所では高齢の方がいらっしゃることもあり、トレーを席まで運んだり席のご案内をしたりと、お手伝いをしたこともあります。

そのようなこともコミュニケーションの一環です。

応用力がある人

カフェのアルバイトに限らず、仕事というのは常にマニュアル通りのことが起こるわけではありません。

むしろ、想定外の出来事の方が多いです。

もちろんマニュアルも時には必要ですが、その更に上の応用力を持っていた方がどんな事態にも柔軟に対応できます。

応用力と言っても難しいことではなく、言われなくても自分から何かを見つけて、自主的に動くということです。

「言われたことしかやらない」もしくは「言われたこと以外はしたくない」というタイプの人にはあまり向いていません。

カフェのアルバイトを通して身につくスキル

対人スキル

これが一番大きく身につくスキルです。

カフェを含め接客業のアルバイトというのは、社会に出る前に経験しておいた方が絶対に得だと思います。

初めてのお客様もいれば常連さんもいる中で、対応を変えたり雑談したりしながら身につく対人スキルというのは、とても有益です。

人見知りの人でも、やっていく内に知らない間に身についているでしょう。

チーム力(協調性)

個々の担当業務を活かしながら他のスタッフをサポートすることを通して、チーム力が身につきます。

これは接客業のアルバイトのみならず社会人として企業に勤めたときにも役立つ能力です。

困っている同僚が居たらサポートする、チームとして動くには自分がどう行動したら良いか判断して動くということなど、絶対的に今後必要になってくるスキルです。

社会に出る前に一度経験しておくと、その後も活かせる能力です。

仕事の効率化力

「これをしている間にあれをやって」など、常に働いている間は物事に優先順位をつけて動くことが基本になります。

仕事というのは、優先順位をつけていき業務の効率化を図るのがとても大事です。

カフェでアルバイトをしながら、その段取り力、判断能力、実行力が身についていきます。

それと同時に様々なことを「丁寧にスピーディに行う」ということも一緒にできるようになります。

まとめ

いかがでしたか。

以上、ベーカリーカフェのアルバイトについてご紹介しました。

もちろん大変なことも多いですが、コーヒーとパンの香りに包まれて仕事をするのはとても楽しいです。

また、学生・フリーター・主婦など様々な人がいて、アルバイト仲間との関係も面白いです。

この記事が、応募してみようか迷っている方の手助けになれば嬉しいです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




カフェバイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

カフェバイトは未経験でもできる!カフェでの仕事に就く際の3個の注意点

「カフェバイトは未経験だけどしてみたい」そんな思いの方が一番最初に考えるのは「やったことなくても平気なんだろうか?」という事ですよね。答えはもちろん「イエス」です。カフェは未経験でも問題なく始められるバイトですが、働くメリットや注意点等は、応募の前に知っておいた方がいいのでぜひ最後までご覧ください。カフェバイトが初めての心構えもお教えしちゃいます!また、初めてのバイトにカフェを選びたいという方もぜひご覧いただけたらと思います。カフェのアルバイトの大まかな仕事内容カフェのアルバイトの大まかな仕事内容は、ホール、キッチン、キャッシャーの三つに分かれます。カフェによって呼び名は変わりますが、仕事内容

カフェのアルバイトを大阪でするなら!よくある募集内容や人気のエリア・おすすめのお店を紹介します

カフェの仕事は、学生を中心に経験してみたい人や実際に経験している人が多いアルバイトの一つです。カフェの仕事と聞くと、スターバックスやタリーズなどのお洒落で楽しい雰囲気での仕事をイメージすることが多いでしょう。そんなカフェのアルバイトは未経験者でも始めやすく人気ですが、大阪よりも隣の神戸や和カフェで話題になった京都の方がお洒落で人気のカフェの仕事が多いように思っていませんか?実は、最近は再開発などもあり、大阪にもお洒落で人気のカフェが沢山登場しています。今回は、カフェのアルバイトを大阪でするならどのようなエリアが人気で、どのような募集内容が多いのかなどについて紹介していきます。カフェの仕事ってど

カフェアルバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

求人媒体で多く見かけるのが飲食店のアルバイトです。幅広い年齢層で募集しているので、学生さんや主婦の方も働きやすいですよね。「週2日から」など少ない日数でも働けたり、シフトが2週間毎の提出だったりと融通が利くところも嬉しいポイントです。中でも、カフェのアルバイトは若い人たちに大人気です。制服や賄いなども気になりますよね。話題のスポットの近くやお洒落なカフェで一度は働いてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。今回は、カフェで働くために必要なスキルや時給などをお伝えします。カフェのアルバイトの給料の相場はどのくらい?カフェのアルバイトは、時給が安いイメージがありませんか。確かにレストランや

カフェバイトを辞めたい時はどうしたら良い?よくある5個の原因と対策。

カフェのアルバイトに憧れて始めてはみたけれど「自分には合わない」や「給料が低い」など、辞めたくなってしまうこともありますよね。原因は様々ですが、実は辞めたい原因にもそれぞれ乗り越え方が存在しています。「嫌だから」と辞める決意をして話す前に、一度原因について考えて乗り越えてみてはいかがでしょうか?辞めたいと思う時期は誰にでもあります。一人で決断してしまう前の寄り道として、一緒に原因と対策を見つけていきましょう。カフェのアルバイトを辞めたいと感じてしまう5個の原因とその乗り越え方とは?カフェに限らず、アルバイトをしていればどうしても「辞めたい」と思ってしまうことは少なからずあるでしょう。そして、恐

東京のカフェバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なバイト先を解説します

カフェのアルバイトと聞くと、「お洒落な職場」「制服が可愛い」「美味しいコーヒーやスイーツを食べられる」というイメージを持っている人が多いかもしれません。しかし、カフェはお店の形態や提供するドリンクやフード、店の雰囲気などによって仕事環境は非常に異なります。「お洒落だから」と雰囲気重視でカフェのアルバイトを選ぶと、思っていた仕事と実際の仕事内容が違ってしまうこともあります。カフェでアルバイトしたいと思ったら、まずはカフェのアルバイトの仕事や募集内容についてよく知っておくようにしましょう。この記事では、東京のカフェのアルバイトについて紹介していきます。カフェのアルバイトはどんな仕事?カフェにも様々

カフェバイトは楽!その5個の理由と実は大変な業務とは…!

「お洒落なカフェでアルバイトしたいけど、大変そうだから応募するの辞めようかな」などと、何をするのか分からないままだと「大変そう」というイメージだけで応募をやめてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、実はカフェのアルバイトというのは意外と楽だと言われているのをご存知でしょうか。もちろん、その中でも大変な業務はあります。それでも、まずは「なぜカフェのアルバイトが楽なのか」という点を知って、一歩を踏み出してみませんか?カフェのアルバイトの大まかな仕事内容最初に大まかな仕事内容から知っていきましょう。「カフェ」と一口に言っても、細かい部分は店舗やセルフ形式かフルオーダー形式か等によって異なるので

バイトをカフェでするおすすめな理由を教えます!おすすめのカフェは?お店もご紹介します

大学生活や専門学校生活などが落ち着く5月・6月は新しい生活にも慣れ、そろそろアルバイトでもしたいと考える人も少なくないでしょう。「アルバイトを始めたいけど何をしたらいいか分からない」「カフェのアルバイトに興味があるけど、立ち仕事がキツそう」など様々な悩みや考えがあるかもしれません。カフェのアルバイトをしてみたいという方に向けて、ここではカフェのアルバイトがおすすめな理由や楽しい理由などについて話しますので、ぜひ参考にしてみてください。カフェの仕事はイメージにあるようなお洒落で華やかで楽なものばかりではありません。大変なことももちろんあります。ただし、それを差し引いてもカフェのアルバイトが楽しく

カフェアルバイトが楽しいと思う8つの理由。大阪の某カフェでのアルバイト経験をもとに語ります!

アルバイトをしたいと考えている人にとって、飲食業は多くの人が選択肢として挙げる業界です。実際、特別な資格は必要なく、未経験者も広く受け入れていることや求人が多くあることから、アルバイトを始めやすい環境にあると言えます。その中でもカフェのアルバイトは人気の仕事です。「お洒落なカフェで働いてみたい」「あのお店の制服が可愛いから着てみたい」「あそこのカフェの料理が美味しいから作れるようになりたい」などチャレンジする動機も様々です。今回は、実際にカフェで働いた経験を基に、カフェのアルバイトが楽しいと思う理由や働くことのメリットについて紹介していきます。今からカフェのアルバイトをしてみたい人やカフェのア

カフェのバイトがキツいと言われる5個の理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

街中のおしゃれなカフェや大型チェーン店のカフェでスタッフが楽しそうに働いていると、気になったり憧れて働いてみたくなったりします。アルバイトの募集広告でも大型チェーン店ならHP上でも店員募集の告知があるので、応募しようと思ったり、実際に応募したりする人も多いと思います。そのカフェの仕事とはどんなものなのか、楽しいことだけではなく苦労することも知りたいですよね。今回は、カフェのバイトがキツいと言われる理由とそれを乗り越える方法をご紹介します。カフェバイトのおおまかな仕事内容とは?カフェバイトのおおまかな仕事は、ホールとキッチンに分けられます。ホールは俗に言うウエイター・ウエイトレスの仕事で、注文を

カフェのバイト面接で聞かれる5つのことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

大好きなカフェで働くためにバイトの面接を受けるんだけど、どんな事に気を付けたらいいの?カフェでアルバイトをするには、当然面接を受けなくてはいけません。面接ではどんなことが訊かれるか気になりますよね。自分のお気に入りのカフェの面接ならなおさら失敗したくないし、合格したい!と思いますよね。今回は、カフェのアルバイトの面接で訊かれることや受け答えのコツ、服装などの注意点について詳しくお話しします。カフェのアルバイト面接でよく訊かれる5つのことは?カフェのアルバイト面接でよく訊かれることは、「志望動機」「希望のポジション」「あなたの長所と短所」「シフトに入れる曜日」「前職について」がほとんどではないか

バイトをカフェでするメリットや、そこで身につく力とは?

お洒落な街のカフェに行くとワクワクし、そこで働いてる店員さんがとてもキラキラして見えますよね。カフェのアルバイトは求人募集も多く人気も高いので、憧れる方も多いのではないでしょうか。また、カフェの仕事内容はイメージしやすいので、気軽にやってみたいと思えるお仕事だと言えます。今回は、そんな気になるカフェのお仕事について、メリットや身につくスキルを紹介します。私はこんなところでカフェのアルバイトをやりましたカフェのアルバイトを経験したのは、ベーカリーカフェでした。乗り換えのターミナル駅前店舗だったので、朝と夕方の時間帯は会社員や学生で賑わっていました。イートインだけではなくテイクアウトも多いお店だっ

カフェホールアルバイトで楽しかったこと、大変だったこと

どれ程やってみたかった仕事でも、働き続けていれば楽しいことだけではなく大変なこともありますよね。私はカフェでホールスタッフとしてアルバイトをした経験があるのですが、その際もやはりそうでした。ここではその経験から、カフェホールのアルバイトで楽しかったことや大変だったこと、また仕事を通して身についたことを紹介していきます。カフェのホールスタッフの仕事内容は?カフェと一概に言っても、様々な種類のカフェがあります。大まかに、セルフサービスとフルサービスに分かれます。形態によって仕事内容も少し変わってきますが、セルフサービスのお店ではホールスタッフがオーダーを取ることから調理、商品の提供までと全てをする

カフェホールバイト求人でよくある募集内容をご紹介!シフトの自由度は?疑問にも答えます

カフェのホールでバイトをしてみたいという方は多いのではないでしょうか?オシャレなカフェで働きたいけど、街にはたくさんのカフェが並んでいる昨今。どのカフェバイト募集も似たり寄ったりな内容で、実際のところ、どこがいいのか分からないですよね?そんな方の疑問が少しでも解消できるよう、今回はカフェバイトによくある募集内容や業務内容などの様々な内容をまとめてみました。アルバイトをカフェで検討中の方はぜひ最後までご覧ください。カフェのホールのアルバイトの求人でよくある募集内容とは?カフェのよくある募集内容は、どれも同じような内容ばかりと思うことがあるかもしれません。実際に、無難な内容で募集要項を提示すること

カフェアルバイトをやっていて良かった9個のこと

「カフェが好き」「お洒落なカフェで働いてみたい」と思ったり、カフェの求人を見つけて興味が沸いたりして、カフェで働いてみようと思うきっかけは様々あります。しかし、実際のカフェアルバイトがどのようなものなのかは、働いてみないと分からないものです。カフェで働くメリットや働く上で辛いことなど、現場の生の声を聞いてみたいという方もいるでしょう。全てのカフェに当てはまることではないですが、私の経験をもとにカフェでの仕事内容や良かったこと、辛かったことなどを紹介します。少しでも参考になり、不安が解消されれば良いなと思います。経験者の私が働いていたカフェは、こんなところでした形態私が働いていたお店は個人経営の