カフェバイトに憧れて、始めてはみたけど「自分には合わない」「給料が低い」など、辞めたくなってしまう事ってありますよね。

原因は様々ですが、実は辞めたい原因にも乗り越え方が存在しています。

「嫌だから」と辞める決意をして、話す前に一度原因について考えて、乗り越えてみてはいかがでしょうか?

そういう時期は誰にでもあります。

一人で決断してしまう前の寄り道として、一緒に原因と対策を見つけていきましょう。

カフェバイトを辞めたいと感じてしまう5個の原因とその乗り越え方とは?

カフェバイトに限らずですが、バイトをしていればどうしても「辞めたい」と思ってしまうことは少なからずあると思います。

そして恐らくその原因は人それぞれですよね。

しかし原因によってはこれから乗り越えられるもの、応募する前に事前に調べられる事があるのも事実です。

ここでは、カフェバイトを辞めたいと思う、よくある原因とその対策について紹介していきます。

自分に当てはまるものがあったら、参考にしてみてください。

人間関係

恐らく、カフェバイトを辞めたいと思ってしまうトップに来るのが、人間関係によるものではないでしょうか。

世代別に見たとしても、学生、主婦、フリーターなど、どの層でも人間関係が原因で「辞めたい」と思う人は多いようです。

バイト仲間が働かない、社員と馬が合わない、そもそも人間関係自体がギスギスしていて雰囲気が悪いなど、とにかく人間関係にまつわる悩みは後を絶ちません。

カフェバイトは接客業ですから、内輪だけでなく常連さんが苦手という人も居るかもしれません。

一見すると、人間関係が問題なら「もう辞めるしかないのではないか」と思ってしまいがちです。

しかし、自分の成長の為にももし可能なのであれば乗り越えてみるのも手かもしれません。

仕事を黙々とやる

カフェバイトに応募するくらいですから、基本的に人間は好きなはずですよね。

それでも、やはり世の中にはソリが合わない人、理由はないけど嫌がらせをしてくる人と言うのは必ずと言っていいほど存在します。

そしてもし、「カフェバイトを辞めるにはまだ早い」「出来ればあまり辞めたくない」と思っているのであれば、人間関係は一旦捨て置き、仕事に熱中することです。

暇になった時等は少々辛いかもしれませんが、基本的には黙々と自分のやるべき事をこなし、嫌な人はさらりと躱すくらいになれると良いですよね。

嫌な人とも無駄に関わらずに済みます。

また、最近ではカフェバイトも職場の雰囲気を掲載しているところも多いので、応募前に確認しておくのも良いですね。

時給が低い

時給が低いというのも、人間関係に次いで辞めたい原因になるものではないでしょうか。

または、当初言われていた時給と違うというのも、辞めたい原因になってしまいますよね。

他にも基本的にバイトと社員の間にはかなりの差があるものです。

店や人によっては、社員よりもバイトの方が働きがいいのに、時給が低いといった事もザラにあります。

何だかんだ言って、時給はやる気にも繋がります。

やる気がなくなる前に対処しておく事が重要ですね。

直談判してみる

自分の仕事内容と時給に大きな差があると感じるのならば、店長など社員に直談判も手です。

特に、当初聞いていた給料形態と違う場合はその事をしっかりと調べてから言うのもアリですね。

ただし、気を付けておかないといけないのは結局「バイト」なので、大きな改善はあまり見込めないという事です。

もし、カフェバイトが好きで給料だけが問題で辞めたいと思っているのならば、社員を目指すという手もあります。

仕事量は増える可能性はありますが、給料には大きな差が出てくるはずです。

給料を上げてくれと直談判するよりも、社員になりたいと直談判する方が通りやすいですしね。

カフェ等の接客業はいつでも人手不足なので、自分から社員になりたいという人はよっぽどの事でない限り、その希望は通るのではないでしょうか。

自分に合わない仕事ばかりやらされる

接客業がやりたくてカフェバイトを始めたけれど、任されるのは事務作業や洗い物ばかり、という事もありますよね。

自分に合わない仕事ばかりでは、やる気がなくなって「辞めたい」と思ってしまう事もあるでしょう。

特にもしそれがやりたくない仕事なのであれば、余計にストレスが溜まってしまうものです。

とりあえずやってみる

合わない仕事ばかりだからと言って、すぐに辞めてしまっては成長出来ません。

それに、例え今のカフェを辞めたとしても、次のバイト先でも合わない仕事を任せられるかもしれません。

その都度、やる気を失くしてバイト自体を辞めてしまうと、辞め癖がついてしまうので、あまり自分にとって良くない状況になってしまいますよね。

もし、合わない仕事だと思ってもひとまずやってみてはどうでしょうか?

自分にないスキルが身に付く可能性もありますし、意外とやってみたら合ってきたという事もあるかもしれません。

楽しくなれればベストですが、そこまで行かずとも慣れれば苦痛ではなくなる可能性もあります。

これは、カフェバイトを辞め、会社員として働くことになっても有り得る事なので、今のうちから合わない仕事に立ち向かえる能力を身に付けておくには逆にいいことかもしれませんよ。

休みが少ない、休めない

働いていれば、休みは必須です。

人間は機械と違うので、働き続ける事は当然出来ません。

それでも、「バイトだから休みが取りづらい」「急病でも、代わりの人を見つけなければならない」等の理由から休みづらくなって、最終的には「辞めたい」と思ってしまいますよね。

人手不足のカフェバイトでは、ギリギリの人数でシフトを組んでいる事も多いので、いきなり一人が抜けると一日大変な状況を他の人に強いる事になります。

また、休みが取れないという理由から、無断欠勤し、そのまま辞めてしまおうと思ってしまう人も居るでしょう。

余計に周りに迷惑を掛ける形での退職はやはり宜しくないですよね。

自分の中で定期休みを決める

カフェバイト等の接客業では、基本的に土日祝日などは働く事が多いですよね。

平日休みになってしまうのはもう仕方ないとして、自分の中で「毎週この曜日は休みでシフトを出す」と決めてみてはいかがでしょうか。

店やシフトを組む人にもよるかもしれませんが、基本的に平日であれば休み申請が通りやすいのがカフェバイトです。

カフェバイトを始める前から決めておくのがベストですが、既に今カフェバイトを始めている人でも、考え方を変えてみると良い方向に動くかもしれません。

もしくはシフトを組む人と仲が良いのであれば、その人にその事を相談してみても良いかもしれませんね。

やんわり「このままだと辞める」ということを盛り込んでみても良いでしょう。

ただし、あくまで「やんわり」とであり、ストレートに言ってしまうと人間関係に亀裂が走る可能性があるので止めておきましょう。

それでも事態が変わらず、休みが少ないままの場合は最終手段の「辞める」を選択しましょう。

きちんとした評価がされない

「あの人よりも働いているのに」「長時間働いても時給が上がらない」など、バイトに限らず、社会に出ても自分への評価がきちんとしたものではないと感じる人は多いです。

特にバイトでは、一緒に仕事をするバイト仲間が多数居ます。

一応、時給はそれぞれ言わないのが暗黙のルールですが、うっかり知ってしまって、自分の評価の低さに愕然とする事もありますよね。

そんな時に「辞めたい」と思ってしまうのは仕方ないかもしれません。

自己分析してみる

まずは、店長に話す前に、自分を客観的に見てみましょう。

自分への評価というのは、甘くなりがちです。

「これだけやっているのに」と自分は思っていても、周りはそう思ってくれていない事もあります。

自分と周囲の間に評価の溝が出来てしまっている可能性がありますよね。

なので、自分を客観的に見つつ、他のバイト仲間との違いなどを考えてみると、実は評価として妥当な物だったという事も有り得ます。

客観的に見ても「やっぱり評価されていない」と思った時に、初めて辞める決意をするのでも遅くないかもしれません。

本当に辞めていいの?カフェバイトを辞める前に考えること

せっかく、憧れのオシャレなカフェでのバイトだったけれど、様々な理由で「辞めたい」と思ってしまう事は誰にでもあると思います。

確かに無理して嫌々働く必要はなく、辞めてしまうのも手ですが辞める前に様々な事を考えておくことは重要な事です。

その中には、将来の自分の為になる事も隠れている場合があります。

「辞める!」と言っていきなり辞めてしまう前にに考えておくべきことを紹介します。

辞めたい理由をしっかり考えておく

自分が、どうしてカフェバイトを辞めたいと思ったのか、しっかりした理由はありますか?

「休みが少ない」「長時間だけど時給が少ない」など、ストレスの原因になってしまう理由があるのならば、確かに辞めた方が身の為です。

しかし「飽きたから」「何となく」等、しっかりした辞める理由がないのなら、プラスの事についても考えてみてはどうでしょうか?

基本的に「辞めたい」と思ったら、ネガティブな方向に行きがちです。

一人になれる時間にポジティブな事を考えてみるのもオススメです。

「時給は少ないけど、憧れのカフェバイトでやりがいはある」「合わない仕事かもしれないけど、人間関係はすごく良い」等、何でもいいんです。

考えられるだけのポジティブな事を考えてみると、意外と「もう少し続けてみようかな」と思えたりしますよ。

いきなりではなく、前もって相談してみる

店長や社員に、いきなり「辞めます」と言うのではなく、その前に一度相談してみるのもオススメです。

そもそもの辞めたい理由が「人間関係」なのであれば、使えない手ですが、そうでないなら一度話してみるといいでしょう。

「辞めようかと思ってるんですけど」とふんわりした形でも全然OKです。

もしかしたら、その原因についてアドバイスを得られて事態が良い方向に進む事だってあるかもしれません。

何かに悩んだ時に、自分一人で考えるよりも、誰かに相談するというのは重要ですよ。

辞め癖がついていないか考えよう

カフェバイトに限らず、アルバイトは正社員の転職と違って、色々な所を転々としても経歴に支障はほぼありません。

でもだからこそ、「飽きた」「何となく辞めたい」という理由で辞めてしまうと、恐らく次のバイト先でも同じ状況になります。

そして、それを繰り返していくと辞め癖がついてしまい、ちょっとしたことでもすぐに「辞めたい」となってしまいます。

辞め癖は自分にとっても良くない事ですよね。

なので、辞める前に何日働いたか、辞め癖がついていないか等今一度自分を振り返ってみましょう。

辞め癖がつくと、なかなかそこから抜け出す事は難しく、例えば正社員になった後にも辞め癖が出てきてしまいます。

ただ、正社員の場合、仕事を転々としていると、そのうちどこも採用してくれないという事態に陥ります。

もし「辞め癖がついているかも…」と思ったら、アルバイトである間にもう少し踏みとどまり、未来の自分の為に働いてみるのも良いと思います。

今のカフェバイトを志望した理由を思い出す

「辞めよう」と思うと言う事は、自分でカフェバイトを志望して今の店舗で働いているわけですよね。

辞めてしまう前に、何故カフェバイトを志望したのか、どうして自分はこのお店を選んだのか考えてみましょう。

恐らく今はカフェバイトに対する情熱も失ってしまっている状態です。

それでも、やはり当初は「カフェバイトをしたい」と思った気持ちがあったわけですよね?

その思いを思い出してみる事で、「やっぱり辞めるのやめようかな」と思えてくる事もあります。

志望した理由が「憧れのオシャレなカフェバイトになる!」であれば、尚更踏み止まりたくなる気がしませんか?

まとめ

カフェバイトを辞めたい原因と対策についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

バイトにしても、正社員にしても、働くと言う事は楽しい事ばかりでないのが現実です。

日々の仕事の中ではどうしても「辞めたい」と思てしまう事はあります。

それでも、最初は「この仕事がしたい」と思って始めた仕事です。

もしも、その気持ちを思い出す事で初心に戻れたり、「辞めるのをやめる」事が出来たのなら、是非その気持ちを忘れず頑張ってください。


関連キーワード

カフェバイト求人