カフェのアルバイトに憧れて始めてはみたけれど「自分には合わない」や「給料が低い」など、辞めたくなってしまうこともありますよね。

原因は様々ですが、実は辞めたい原因にもそれぞれ乗り越え方が存在しています。

「嫌だから」と辞める決意をして話す前に、一度原因について考えて乗り越えてみてはいかがでしょうか?

辞めたいと思う時期は誰にでもあります。

一人で決断してしまう前の寄り道として、一緒に原因と対策を見つけていきましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「カフェ バイト」の仕事例をチェック

カフェのアルバイトを辞めたいと感じてしまう5個の原因とその乗り越え方とは?

カフェに限らず、アルバイトをしていればどうしても「辞めたい」と思ってしまうことは少なからずあるでしょう。

そして、恐らくその原因は人それぞれですよね。

しかし、原因によってはこれから乗り越えられること、応募する際に事前に調べられることがあるのも事実です。

ここでは、カフェのアルバイトを辞めたいと思うよくある原因とその対策について紹介していきます。

自分に当てはまるものがあったら、ぜひ参考にしてみてください。

人間関係

恐らくカフェのアルバイトを辞めたいと思ってしまう理由のトップに来るのが、人間関係によるものではないでしょうか。

世代別に見ても、学生、主婦、フリーターなど、どの層でも人間関係が原因で「辞めたい」と思う人は多いようです。

アルバイト仲間が真面目に働かない、社員と馬が合わない、そもそも人間関係自体がギスギスしていて雰囲気が悪いなど、とにかく人間関係にまつわる悩みは後を絶ちません。

カフェのアルバイトは接客業なので、内輪だけではなく常連さんが苦手という人もいるかもしれません。

一見すると、人間関係が問題なら「もう辞めるしかないのではないか」と思いがちです。

しかし、自分の成長の為にももし可能なのであれば乗り越えてみるのも手かもしれません。

仕事を黙々とやる

カフェのアルバイトに応募するくらいですから、基本的に人間は好きなはずですよね。

それでも、やはり世の中には反りが合わない人、理由はないけど嫌がらせをしてくる人というのは必ずと言って良いほど存在します。

そしてもし「カフェバイトを辞めるにはまだ早い」「できればあまり辞めたくない」と思っているのであれば、人間関係は一旦捨て置いて仕事に熱中することです。

暇になった時は少々辛いかもしれませんが、基本的には黙々と自分のやるべきことをこなし、嫌な人はサラリとかわすくらいになれると良いですよね。

嫌な人とも無駄に関わらずに済みます。

また、最近ではカフェのアルバイトも職場の雰囲気を掲載しているところが多いので、応募前に確認しておくのも安心です。

時給が低い

時給が低いというのも、人間関係に次いで辞めたい原因になるものではないでしょうか。

または、当初言われていた時給と違う場合も辞めたい原因になってしまいます。

他にも基本的にアルバイトと社員の間にはかなりの差があるものです。

店や人によっては、社員よりもアルバイトの方が働きが良いのに時給が低いということも往々にしてザラにあります。

何だかんだ言って、時給はやる気にも繋がります。

やる気がなくなる前に対処しておくことが重要ですね。

直談判してみる

自分の仕事内容と時給に大きな差があると感じるのならば、店長など社員に直談判するのも手です。

特に、当初聞いていた給料形態と違う場合は、その事実を事前に調べておく方が効果的です。

ただし、気を付けておかないといけないのは、結局は「アルバイト」なので大きな改善はあまり見込めないということです。

もし、カフェのアルバイトが好きで、給料だけが問題で辞めたいと思っているのなら、社員を目指すという手もあります。

仕事量は増える可能性はありますが、給料には大きな差が出てくるはずです。

給料を上げてくれと直談判するよりも、社員になりたいと直談判する方が通りやすいですしね。

カフェ等の接客業はいつでも人手不足なので、自分から社員になりたいという人は余程のことがない限り、その希望は通るのではないでしょうか。

自分に合わない仕事ばかりやらされる

接客業がやりたくてカフェのアルバイトを始めたけれど、任されるのは事務作業や洗い物ばかり、ということもありますよね。

自分に合わない仕事ばかりでは、やる気がなくなって「辞めたい」と思ってしまうこともあるでしょう。

特にもしそれがやりたくない仕事なのであれば、余計にストレスが溜まってしまうものです。

とりあえずやってみる

合わない仕事ばかりだからと言って、すぐに辞めてしまっては成長できません。

それに、例え今のカフェを辞めたとしても、次のアルバイト先でも合わない仕事を任せられるかもしれません。

その都度やる気を失くしてアルバイト自体を辞めてしまうと辞め癖がついてしまって、自分にとってあまり良くない状況になってしまいます。

もし、合わない仕事だと思ってもひとまず続けてみてはどうでしょうか?

自分にないスキルが身につく可能性もありますし、意外とやってみたら合ってきたということもあるかもしれません。

楽しめるようになればベストですが、そこまでいかずとも慣れれば苦痛ではなくなる可能性もあります。

これは、カフェのアルバイトを辞め、会社員として働くことになっても有り得ることです。

今の内から合わない仕事に立ち向かえる能力を身につけておくことは逆に良い経験かもしれません。

休みが少ない、休めない

働いていれば、休みは必須です。

人間は機械とは違うので、働き続けることは当然できません。

それでも、「アルバイトだから休みが取りづらい」「急病でも、代わりの人を見つけなければならない」などの理由から休みづらくなって、最終的には「辞めたい」と思ってしまうこともあります。

人手不足のカフェのアルバイトではぎりぎりの人数でシフトを組んでいることも多いので、いきなり一人が抜けると一日大変な状況を他の人に強いることになります。

また、休みが取れないという理由から、無断欠勤してそのまま辞めてしまおうと思ってしまう人もいるでしょう。

余計に周りに迷惑を掛ける形での退職はやはり良くありません。

自分の中で定期休みを決める

カフェのアルバイトなどの接客業では、基本的に土日祝日に働くことが多いです。

平日休みになってしまうのは仕方ないとして、自分の中で「毎週この曜日は休みでシフトを出す」と決めてみてはいかがでしょうか。

店やシフトを組む人にもよりますが、基本的に平日であれば休み申請が通りやすいのがカフェのアルバイトです。

アルバイトを始める前から決めておくのが一番良いのですが、既に現在カフェでアルバイトを始めている人でも、考え方を変えてみると良い方向に動くかもしれません。

もしくはシフトを組む人と仲が良ければ、その人に相談してみても良いかもしれませんね。

やんわり「このままだと辞める」ということを盛り込んでみても良いでしょう。

ただし、あくまで「やんわり」とであり、ストレートに言ってしまうと人間関係に亀裂が走る可能性があるので止めておきましょう。

それでも事態が変わらず休みが少ないままの場合は、最終手段の「辞める」を選択しましょう。

きちんとした評価がされない

「あの人よりも働いているのに」「長時間働いても時給が上がらない」など、バイトに限らず、社会に出ても自分への評価が正当ではないと感じる人は多いです。

特にアルバイトでは、一緒に仕事をするアルバイト仲間が多数います。

一応時給はそれぞれ言わないのが暗黙のルールですが、うっかり知ってしまい自分の評価の低さに愕然とすることもありますよね。

そんな時に「辞めたい」と思ってしまうのは仕方ないかもしれません。

自己分析してみる

まずは、店長に話す前に、自分を客観的に見てみましょう。

自分への評価というのは甘くなりがちです。

「これだけやっているのに」と自分は思っていても、周りはそう思ってくれていないこともあります。

自分と周囲の間に評価の溝ができてしまっている可能性がありますよね。

自分を客観的に見つつ他のアルバイト仲間との違いを考えてみると、実は評価が妥当だったということも有り得ます。

客観的に見ても「やはり評価されていない」と思った時に、初めて辞める決意をしても遅くないかもしれません。

本当に辞めていいの?カフェのアルバイトを辞める前に考えること

せっかく憧れのオシャレなカフェでのアルバイトだったけれど、様々な理由で「辞めたい」と思ってしまうことは誰にでもあるでしょう。

確かに無理して嫌々働く必要はなく、辞めてしまうのも手ですが、辞める前に様々な可能性を考えておくことは重要です。

その中には、将来の自分の為になることも隠れている場合があります。

「辞める!」と言っていきなり辞めてしまう前に考えておくべきことを紹介します。

辞めたい理由をしっかり考えておく

自分がどうしてカフェのアルバイトを辞めたいと思ったのか、しっかりした理由はありますか?

「休みが少ない」「長時間だけど時給が少ない」など、ストレスの原因になってしまう理由があるのならば、確かに辞めた方が身の為です。

しかし「飽きたから」「何となく」などしっかりした辞める理由がないのなら、プラスのことについても考えてみてはどうでしょうか?

基本的に「辞めたい」と思ったら、ネガティブな方向に行きがちです。

一人になれる時間にポジティブなことを考えてみるのもおすすめです。

「時給は少ないけれど、憧れのカフェのアルバイトでやりがいはある」「合わない仕事かもしれないけれど、人間関係はすごく良い」等、何でも大丈夫です。

考えられるだけのポジティブな事を考えてみると、意外と「もう少し続けてみようかな」と思えたりしますよ。

いきなりではなく、前もって相談してみる

店長や社員にいきなり「辞めます」と言うのではなく、その前に一度相談してみるのもおすすめです。

そもそもの辞めたい理由が「人間関係」なのであれば使えない手ですが、そうではないなら一度話してみると良いでしょう。

「辞めたいと思っているのですが」とふんわりした形でも全然OKです。

もしかしたら、その原因についてアドバイスを得られて事態が良い方向に進むことだってあるかもしれません。

何かに悩んだ時に、自分一人で考えるだけではなく、誰かに相談ができるというのも重要なスキルです。

辞め癖がついていないか考えよう

カフェに限らず、アルバイトは正社員の転職と違って様々な所を転々としても経歴に支障はほぼありません。

だからこそ「飽きた」「何となく辞めたい」という理由で辞めてしまうと、恐らく次のアルバイト先でも同じ状況になります。

そして、それを繰り返していくと辞め癖がついてしまい、ちょっとしたことでもすぐに「辞めたい」となってしまいます。

辞め癖は自分にとっても良くないことですよね。

辞める前に、何日働いたか、辞め癖がついていないか、一度自分を振り返ってみましょう。

辞め癖がつくと、なかなかそこから抜け出すのは難しく、例えば正社員になった後にも辞め癖が出てきてしまいます。

正社員の場合、仕事を転々としているとその内にどこも採用してくれないという事態に陥ります。

もし「辞め癖がついているかも…」と思ったら、アルバイトである間にもう少し踏みとどまり、未来の自分の為に働いてみるのも良いと思います。

今のカフェのアルバイトを志望した理由を思い出す

あなたは、自分でカフェのアルバイトを志望して今の店舗で働いているわけですよね。

辞めてしまう前に、何故カフェのアルバイトを志望したのか、どうして自分はこのお店を選んだのかを考えてみましょう。

恐らく今はカフェのアルバイトに対する情熱も失ってしまっている状態です。

それでも、やはり当初は「カフェでアルバイトをしたい」という気持ちがあったわけです。

その気持ちを思い出してみることで「やっぱり辞めるのはやめようかな」と思えてくることもあります。

志望した理由が「憧れのオシャレなカフェのアルバイトスタッフになる!」であれば、尚更踏みとどまりたくなる気がしませんか?

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まとめ

カフェのアルバイトを辞めたい原因と対策についてまとめてみましたが、いかがでしたか。

アルバイトと正社員のいずれにしても、働くということは楽しいことばかりでないのが現実です。

日々の仕事の中ではどうしても「辞めたい」と思ってしまうことはあります。

それでも、最初は「この仕事がしたい」と思って始めた仕事です。

もしも、その気持ちを思い出すことで初心に戻れたり、「辞めるのをやめる」ことができたのなら、ぜひその気持ちを忘れずに頑張ってみてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




カフェバイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

カフェバイトは未経験でもできる!カフェでの仕事に就く際の3個の注意点

「初めてのアルバイトだけどカフェでバイトをしてみたい」と思う方が一番最初に考えるのは「未経験でも平気なのか」ということですよね。答えはもちろん「イエス」です。未経験でも問題なく始められるカフェのアルバイトですが、働くメリットや注意点等は、応募の前に知っておいた方が良いでしょう。カフェのアルバイトの大まかな仕事内容カフェのアルバイトの大まかな仕事内容は、ホール、キッチン、キャッシャーの三つに分かれます。カフェによって呼び名は変わりますが、仕事内容としてはほとんど変わらないでしょう。ホールフルサービスのカフェの場合、ホールの役割は数多くあります。お客様を席まで案内して注文を取り、キッチンに伝えて、

カフェのアルバイトを大阪でするなら!よくある募集内容や人気のエリア・おすすめのお店を紹介します

カフェの仕事は、学生を中心に経験してみたい人や実際に経験している人が多いアルバイトの一つです。カフェの仕事と聞くと、スターバックスやタリーズなどのお洒落で楽しい雰囲気での仕事をイメージすることが多いでしょう。そんなカフェのアルバイトは未経験者でも始めやすく人気ですが、大阪よりも隣の神戸や和カフェで話題になった京都の方がお洒落で人気のカフェの仕事が多いように思っていませんか?実は、最近は再開発などもあり、大阪にもお洒落で人気のカフェが沢山登場しています。今回は、カフェのアルバイトを大阪でするならどのようなエリアが人気で、どのような募集内容が多いのかなどについて紹介していきます。カフェの仕事ってど

カフェアルバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

求人媒体で多く見かけるのが飲食店のアルバイトです。幅広い年齢層で募集しているので、学生さんや主婦の方も働きやすいですよね。「週2日から」など少ない日数でも働けたり、シフトが2週間毎の提出だったりと融通が利くところも嬉しいポイントです。中でも、カフェのアルバイトは若い人たちに大人気です。制服や賄いなども気になりますよね。話題のスポットの近くやお洒落なカフェで一度は働いてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。今回は、カフェで働くために必要なスキルや時給などをお伝えします。カフェのアルバイトの給料の相場はどのくらい?カフェのアルバイトは、時給が安いイメージがありませんか。確かにレストランや

東京のカフェバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なバイト先を解説します

カフェのアルバイトと聞くと、「お洒落な職場」「制服が可愛い」「美味しいコーヒーやスイーツを食べられる」というイメージを持っている人が多いかもしれません。しかし、カフェはお店の形態や提供するドリンクやフード、店の雰囲気などによって仕事環境は非常に異なります。「お洒落だから」と雰囲気重視でカフェのアルバイトを選ぶと、思っていた仕事と実際の仕事内容が違ってしまうこともあります。カフェでアルバイトしたいと思ったら、まずはカフェのアルバイトの仕事や募集内容についてよく知っておくようにしましょう。この記事では、東京のカフェのアルバイトについて紹介していきます。カフェのアルバイトはどんな仕事?カフェにも様々

カフェバイトは楽!その5個の理由と実は大変な業務とは…!

「お洒落なカフェでアルバイトしたいけど、大変そうだから応募するの辞めようかな」などと、何をするのか分からないままだと「大変そう」というイメージだけで応募をやめてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、実はカフェのアルバイトというのは意外と楽だと言われているのをご存知でしょうか。もちろん、その中でも大変な業務はあります。それでも、まずは「なぜカフェのアルバイトが楽なのか」という点を知って、一歩を踏み出してみませんか?カフェのアルバイトの大まかな仕事内容最初に大まかな仕事内容から知っていきましょう。「カフェ」と一口に言っても、細かい部分は店舗やセルフ形式かフルオーダー形式か等によって異なるので

バイトをカフェでするおすすめな理由を教えます!おすすめのカフェは?お店もご紹介します

大学生活や専門学校生活などが落ち着く5月・6月は新しい生活にも慣れ、そろそろアルバイトでもしたいと考える人も少なくないでしょう。「アルバイトを始めたいけど何をしたらいいか分からない」「カフェのアルバイトに興味があるけど、立ち仕事がキツそう」など様々な悩みや考えがあるかもしれません。カフェのアルバイトをしてみたいという方に向けて、ここではカフェのアルバイトがおすすめな理由や楽しい理由などについて話しますので、ぜひ参考にしてみてください。カフェの仕事はイメージにあるようなお洒落で華やかで楽なものばかりではありません。大変なことももちろんあります。ただし、それを差し引いてもカフェのアルバイトが楽しく

ベーカリーカフェバイトの仕事内容8個の業務。経験者が教えます!

「お洒落なカフェでアルバイトをしてみたい」そう思っている方は意外と多いのではないでしょうか。ところが、やはり仕事内容がきちんと分からないままではなかなか一歩が踏み出せませんよね。そんな方の為に、チェーン店に多いセルフサービス形式のカフェのアルバイトの仕事内容について、ベーカリーカフェで働いていた筆者の経験を基にお教えします!ベーカリーカフェのアルバイトの仕事は大きく3個の役割に分けられるキャッシャーカフェアルバイトの基本となるレジの担当です。恐らくどんなカフェでも、新人はまずここを任されると言っても過言ではないでしょう。商品の名前とレジのどこに各商品のボタンがあるのかを確認するところから始まり

カフェアルバイトが楽しいと思う8つの理由。大阪の某カフェでのアルバイト経験をもとに語ります!

アルバイトをしたいと考えている人にとって、飲食業は多くの人が選択肢として挙げる業界です。実際、特別な資格は必要なく、未経験者も広く受け入れていることや求人が多くあることから、アルバイトを始めやすい環境にあると言えます。その中でもカフェのアルバイトは人気の仕事です。「お洒落なカフェで働いてみたい」「あのお店の制服が可愛いから着てみたい」「あそこのカフェの料理が美味しいから作れるようになりたい」などチャレンジする動機も様々です。今回は、実際にカフェで働いた経験を基に、カフェのアルバイトが楽しいと思う理由や働くことのメリットについて紹介していきます。今からカフェのアルバイトをしてみたい人やカフェのア

カフェのバイトがキツいと言われる5個の理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

街中のおしゃれなカフェや大型チェーン店のカフェでスタッフが楽しそうに働いていると、気になったり憧れて働いてみたくなったりします。アルバイトの募集広告でも大型チェーン店ならHP上でも店員募集の告知があるので、応募しようと思ったり、実際に応募したりする人も多いと思います。そのカフェの仕事とはどんなものなのか、楽しいことだけではなく苦労することも知りたいですよね。今回は、カフェのバイトがキツいと言われる理由とそれを乗り越える方法をご紹介します。カフェバイトのおおまかな仕事内容とは?カフェバイトのおおまかな仕事は、ホールとキッチンに分けられます。ホールは俗に言うウエイター・ウエイトレスの仕事で、注文を

カフェのバイト面接で聞かれる5つのことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

大好きなカフェで働くためにバイトの面接を受けるんだけど、どんな事に気を付けたらいいの?カフェでアルバイトをするには、当然面接を受けなくてはいけません。面接ではどんなことが訊かれるか気になりますよね。自分のお気に入りのカフェの面接ならなおさら失敗したくないし、合格したい!と思いますよね。今回は、カフェのアルバイトの面接で訊かれることや受け答えのコツ、服装などの注意点について詳しくお話しします。カフェのアルバイト面接でよく訊かれる5つのことは?カフェのアルバイト面接でよく訊かれることは、「志望動機」「希望のポジション」「あなたの長所と短所」「シフトに入れる曜日」「前職について」がほとんどではないか

バイトをカフェでするメリットや、そこで身につく力とは?

お洒落な街のカフェに行くとワクワクし、そこで働いてる店員さんがとてもキラキラして見えますよね。カフェのアルバイトは求人募集も多く人気も高いので、憧れる方も多いのではないでしょうか。また、カフェの仕事内容はイメージしやすいので、気軽にやってみたいと思えるお仕事だと言えます。今回は、そんな気になるカフェのお仕事について、メリットや身につくスキルを紹介します。私はこんなところでカフェのアルバイトをやりましたカフェのアルバイトを経験したのは、ベーカリーカフェでした。乗り換えのターミナル駅前店舗だったので、朝と夕方の時間帯は会社員や学生で賑わっていました。イートインだけではなくテイクアウトも多いお店だっ

カフェホールアルバイトで楽しかったこと、大変だったこと

どれ程やってみたかった仕事でも、働き続けていれば楽しいことだけではなく大変なこともありますよね。私はカフェでホールスタッフとしてアルバイトをした経験があるのですが、その際もやはりそうでした。ここではその経験から、カフェホールのアルバイトで楽しかったことや大変だったこと、また仕事を通して身についたことを紹介していきます。カフェのホールスタッフの仕事内容は?カフェと一概に言っても、様々な種類のカフェがあります。大まかに、セルフサービスとフルサービスに分かれます。形態によって仕事内容も少し変わってきますが、セルフサービスのお店ではホールスタッフがオーダーを取ることから調理、商品の提供までと全てをする

カフェホールバイト求人でよくある募集内容をご紹介!シフトの自由度は?疑問にも答えます

街中に沢山のカフェが軒を連ねている昨今、「カフェで働きたいけど、募集内容はどこも似たり寄ったりな内容で、実際のところ、どこが良いのか分からない」という方もいるのではないでしょうか。そんな方の疑問が少しでも解消できるようになればと思い、今回はカフェのホールバイトによくある募集内容などを解説していきます。カフェのホールのアルバイトの求人でよくある募集内容とは?カフェのよくある募集内容は、どれも同じような内容ばかりと思うことがあるかもしれません。実際に、無難な内容で募集要項を提示することで希望者を集めていることもあるでしょう。では、本音としてどのような人を採用したいのか、募集条件の詳しい内容などを紹

カフェアルバイトをやっていて良かった9個のこと

「カフェが好き」「お洒落なカフェで働いてみたい」と思ったり、カフェの求人を見つけて興味が沸いたりして、カフェで働いてみようと思うきっかけは様々あります。しかし、実際のカフェアルバイトがどのようなものなのかは、働いてみないと分からないものです。カフェで働くメリットや働く上で辛いことなど、現場の生の声を聞いてみたいという方もいるでしょう。全てのカフェに当てはまることではないですが、私の経験をもとにカフェでの仕事内容や良かったこと、辛かったことなどを紹介します。少しでも参考になり、不安が解消されれば良いなと思います。経験者の私が働いていたカフェは、こんなところでした形態私が働いていたお店は個人経営の