女性や学生に人気のカフェのお仕事はオシャレな店内で働いているイメージがあることでしょう。

カフェのお仕事内容にはどんなものがあるのか興味を持った方も多いのではないかと思います。

今回カフェのお仕事を3つの業務に分けて元カフェ店長が仕事の内容、日々の業務の流れ、やりがいや面白いポイントをお教えます。

「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カフェのお仕事は大きく3つの役割に分けられる

ホール

ホールスタッフはお店の顔です。

笑顔の接客を心がけてお客さんに接します。

ホールスタッフは接客だけのイメージが強いですが店内の清掃やディスプレイのチェックなども行います。

またドリンクがなくならないようにドリンクや備品の発注を業務も行います。

キッチン

キッチンスタッフはお店のキーマンです。

調理、調理補助、翌日の仕込み、キッチンの清掃を行います。

他にも調理に使う食材や備品の発注を行い、メニューに載ってる商品が売り切れにならないように適正在庫の維持を行います。

店長

店長はお店の大黒柱です。

お店の管理と運営を行います。

その日その日のお店のイチオシ商品や新製品の販売戦略を考えたり、スタッフの募集や採用活動を行なったりします。

ホールスタッフやキッチンスタッフと違いマニュアルにないことが多いのでは柔軟性を求められます。

「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カフェの3つのホール業務

開店前

開店前は店長やキッチンスタッフを交えてのブリーフィングに参加します。

連絡事項や前日の出来事などみんなで情報を共有します。

開店までにレジを立ち上げ、アイスコーヒー用のコーヒーをマシーンで抽出したり他のドリンクの準備をしたり、足りないドリンクは補充します。

あとは店内の清掃のチェック、前日の引き継ぎノートをチェックします。

営業中

営業中のお仕事は主にお客さんをお席に案内したり、お客さんの注文をとったり、レジを打ったり、飲食品をお客さんのテーブルへ運んだりします。

時間が空いたら店内の見回り、清掃やディスプレイの向きの調整をします。

その他、ピーク時間に備え備品の補充やドリンクなどで足りないものがあれば補充していきます。

抽出したアイスコーヒーには消費期限があるので時間になったら廃棄し新しものと入れ替えを行います。

お昼からシフトに入るスタッフに朝のブリーフィングで聞いた情報をシェアします。

閉店後

閉店後は店内を隈なく清掃やレジを閉じます。

ドリンクや備品の発注を行い、最後に清掃忘れなどがないかをチェックします。

翌日の朝担当のスタッフへ伝言をノートに記します。

また、店長やキッチンスタッフを交えてのブリーフィングに参加します。

今日の出来事や最新の連絡事項などをシェアして業務終了です。

カフェの3つのキッチン業務

開店前

開店前は店長やホールスタッフを交えてのブリーフィングに参加します。

連絡事項や前日の出来事などみんなで情報を共有します。

前日の仕込みをチェックしたり、納品される材料を収納したり、閉店業務担当のスタッフからの伝言をチェックします。

足りない仕込みがあったら開店までに準備をします。

オーブンなどの機材を立ち上げて開店前に準備できる製品を準備していきます。

営業中

営業中のお仕事は注文品の調理がメインですが、空いた時間を使って新商品の考案品を調理したり、在庫のチェックや食材などの発注を行います。

ピークの時間がくるまでに足りないものを補充したりして準備をします。

お昼からシフトに入るスタッフに朝のブリーフィングで聞いた情報をシェアします。

閉店後

閉店後はキッチンの掃除、翌日の仕込みをし、食材や備品の追加発注、機材の電源が切れてるか隈なくチェックをします。

翌日の朝担当のスタッフへ伝言をノートに記します。

また、店長やホールスタッフを交えてのブリーフィングに参加します。

今日の出来事や最新の連絡事項などをシェアして業務終了です。

カフェの4つの店長業務

店舗運営業務

店舗運営業務はスタッフの教育や朝晩のブリーフィング、ホールスタッフのサポートやキッチンスタッフのサポートを行います。

本部へのレポートを作成したり前日の売り上げチェック、当日の予算や売り上げを確認し、売れ筋をチェックします。

どの商品を販促するか控えるかなどお店の売り上げに直結するような判断も店長が鍵を握っています。

店舗管理業務

店舗管理業務はスタッフのシフト、お店の売り上げ、原価や人件費の管理を行います。

スタッフが不足しないようにスタッフの募集や採用活動を行います。

スタッフが発注したものがちゃんと届いているか在庫が適正かどうかも店長が再度確認します。

飲食業界は原価30%、人件費30%が管理の目安とされてるので店長は常にこの数字以内になるようにうまく調整するように心がけます。

スタッフのケア

管理業務の一つになるかもしれませんがこれも店長の大事な仕事です。

スタッフなしでは店舗運営は店長一人では出来ないのでスタッフの気づきや提案に耳を傾けたり、スタッフへの労いや感謝など普段からのコミュニケーションを心がけてスタッフをケアすることで円滑な店舗運営に繋がります。

新商品の開発や既存メニューの選別

お客さんを増やしたりリピートをしてもらうためにも同じ商品だけでは店舗運営が成り立ちません。

定期的に新商品を提供する必要があります。

新商品を店長自身で考えたり、スタッフに案を募ったりして新商品の開発を行います。

それと同時に売れ筋商品をチェックし、売れ行きが低迷している商品をメニューから外すかどうかを考えたりもします。

カフェのお仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

接客用語と言葉遣い

接客には7大用語があります。

会社やお店によっては8つあったりそれ以上あるところもありますが、7大用語が基本と言われています。

それは「いらっしゃいませ」「少々お待ち下さい」「かしこまりました」「お待たせしました」「申し訳ありません」「恐れ入ります」「ありがとうございます」です。

また、接客用語と合わせて大事なのは言葉遣いです。

普段耳にする接客の言葉遣いには意外と気づかない間違いが多いんです。

例えば「大きい方からお返しします」は間違いです。

他にも「メニューの方をお持ちしました」や「五千円からお預かりします」などがあります。

細かなことですが覚えてなければお客さんのお店への印象が悪くなる可能性もあります。

「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

商品知識

やはり商品知識は大事です。

お客さんに「この商品はどんな味?」とか「子供が食べれる料理はどれですか?」と聞かれて「確認してきます」では印象がよくないので商品知識は必要です。

またレシピやお店の商品概要を丸暗記したものではなく、実際の自分自身の言葉でお客さんに伝えてあげれるようになるとお客さんの信頼がアップします。

身だしなみのチェック

意外かもしれませんが清潔さを保つことは常に覚えておかないといけません。

ホールスタッフは接客しますのでユニフォームの汚れだけでなく髪の毛の長さや爪などにも気を配ります。

キッチンスタッフも直接接客をする機会はあまりありませんが、ユニフォームが汚れたまま調理していては衛生面に問題が生じますのでキッチンスタッフもホールスタッフの同様、ユニフォームだけでなく髪の毛の長さや爪の長さにも注意を払います。

ファーストフードとのお仕事内容の違い

ファーストフードとカフェは似たような業態であるため同じように思われることが多いです。

ではファーストフードとの違いは何でしょうか。

それはお客さんの滞在時間とお客さんが求めるものの違いです。

ファーストフードはスピードが求められます。

素早く正確に商品を作って提供が大事になります。

その一方でカフェはお店に来たお客さんはコーヒーなどのドリンクを楽しみながら本を読んだり、仕事をしたり、おしゃべりをしたりする空間も大事になります。

素早く正確に商品を作ることも大事にですがそれと同じくらいお客さんが心地よくお店に滞在してもらうための工夫が必要となります。

ここがファーストフードとの大きな違いになります。

居酒屋との仕事内容の違い

居酒屋はとカフェはあまり似たような業態と考えられていませんがここ最近はカフェでも夕方の時間でアルコールを提供するお店がありますので提供される商品は似たようなものがラインナップしてます。

では居酒屋とのお仕事内容の違いは何でしょうか。

居酒屋もカフェと同じく料理だけでなくお店の雰囲気を求められます。

楽しく飲むための空間作りを居酒屋は求められますがカフェは楽しくというよりは落ち着いた空間や雰囲気を求められるのでアルコールを提供してたとしてもお客さんが求めるものが異なるためお仕事は内容も異なります。

カフェの仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

カフェのお仕事の良いところは何でしょうか。

オシャレなお店で働けたり、新商品を試食できたり、自分のアイデアを商品や店内ディスプレレイなどで採用されたりすることなど色々あります。

カフェのお仕事の良いところ、やりがいとなるポイントは大きく分けると3つあります。

それは「接客のやりがい」「調理のやりがい」「達成感」です。

接客のやりがい

直にお客さんと対峙するホールスタッフならではのやりがいを感じるポイントです。

お客さんが「美味しかったよ」とか「このお店、いいね」など直にお客さんの声が聞こえるところやお客さんの笑顔がみえたり、自分の作ったドリンクをお客さんが嬉しそうに写真をとってくれたりするとホールスタッフとしてやりがいや嬉しさを感じる瞬間です。

調理のやりがい

注文品を調理するキッチンスタッフならではのやりがいを感じるポイントです。

レシピ通りに綺麗に作れたり、お客さんが美味しそうに食べてくれるのを見たり、綺麗に作れた料理をお客さんが写真にとってSNSにアップしていたりするとキッチンスタッフとしてやりがいや嬉しさを感じる瞬間です。

達成感

スタッフ全員で試行錯誤して開発した新商品が売れた時やお客さんが美味しいと言ってもらった時はまた新しい商品を作ろうというモチベーションになりますし、売り上げが向上したり、原価や人材管理がうまくいった時、スタッフ一同で何か目標を成し遂げた時などは大きな達成感を得ることができます。

「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カフェのお仕事の面白いポイント

カフェのお仕事で面白いポイントは何があるでしょうか。

ドラマみたいに素敵な先輩に出会うことだったり、常連さんと打ち解けれたり、レシピなしで商品をちゃんと作れたりすることなど色々あります。

カフェのお仕事の面白いポイント、モチベーションとなるところは大きく分けると3つです。

それは「出会い」「スキルアップ」「成長」です。

出会い

スタッフ同士の出会いはもちろんですが、ホールスタッフの場合は日々接客なので色んなお客さんとの出会いがあります。

もちろんほとんどはスタッフとお客さんの関係ですが中には親しくなってプライベートで遊びに行ったり、常連さんからお土産を頂いたりする場合もあるので色んな出会いがあり、面白く楽しいポイントです。

スキルアップ

やはり調理スタッフは料理のスキルアップは望めます。

包丁の使い方やパスタを作ることで家でも料理ができるようになることが多いです。

ホールスタッフは接客することでコミュニケーションをスキルアップを望めます。

何気ない通常業務で当たり前のようにこなしていてもふとした時に自分のスキルが上がったことがわかるのも面白いポイントです。

成長

スキルアップをしたり出会いがあることで自分自身の成長にも繋がります。

店長の場合はスタッフのケア、店舗管理や店舗運営を経験することで経営の初歩を学ぶことができますのでスタッフとはまた違った自分自身の成長を見込めます。

店舗を運営していくことは一筋縄ではいきません。

マニュアルもありませんし何が正解かわからないのですが悩んで考えてスタッフとコミュニケーションしてお店を作り上げていくことは面白く楽しく貴重な経験となります。

まとめ

いかがでしょうか。

カフェのお仕事は分かって頂けましたでしょうか。

カフェのお仕事は意外と色々な業務があって覚えるのは大変だったり、マニュアル通りにいかないことがあったりとイメージしていたカフェのお仕事と異なるかもしれません。

けれどもカフェのお仕事はスキルを高めてくれたり、みんなで協力してお店を作り上げていくのでやりがいや面白さが溢れています。

ぜひチャレンジしてみて下さい。

「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →



カフェ求人についてもっと深堀りした情報を見る

カフェ店長の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

飲食業で働いてみたいけれど、レストランのような厳しい雰囲気が苦手だと感じていたり、もっとカジュアルな環境で働きたいと思っている方におすすめなのが「カフェ」での勤務です。カフェは日本で増え続けている飲食業の業務形態で、毎日でも通いやすい価格帯とおしゃれな空間が人気となっています。そんなカフェですが、一昔前は個人が経営者兼店長として運営しているお店が多かったのですが現在は企業が母体となり、店長業務は社員に任せていると言うお店が増えてきています。カフェの店長業務とは一体どのようなもので、どんな人物が求められているのでしょうか。企業の運営するカフェで店長として働いていた私が経験したカフェ店長の仕事や、

京都カフェ求人の特徴や、人気なエリア・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

京都といえば、古き良き日本をイメージする人が多いかと思います。観光地で有名な清水寺や金閣寺、八坂神社、祇園、四条や三条などがあります。そんな京都は、街の至るとろこにカフェがあります。古い喫茶店やモダンなカフェ、日本人にも外国人にも人気の高いカフェは町家を改装したものがあります。意外にカフェの多い京都では、カフェの仕事が多く、学生を中心に人気だったりします。また、外国人が多いため、外国語を使って仕事ができるので京都だけでなく隣の大阪からバイトをしにくる人も少なくありません。今回は、京都のカフェ事情や京都のカフェ求人について紹介します。京都のカフェで仕事をしてみたいと思っている人や興味がある人はぜ

カフェバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

求人媒体で多く見かけるのが飲食店のアルバイトです。年齢も幅広く募集しているので、学生さんや主婦の方も働きやすいですよね。週2日からなど少ない日数でも働けたり、シフトが2週間毎の提出だったりと、融通が利くところも嬉しいポイントです。中でもカフェのアルバイトは若い人たちに大人気!制服の写真や賄いなんかもついつい気になっちゃいますよね?話題のスポットの近くやおしゃれなカフェで一度は働いてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか?今回はカフェで働くために必要なスキルや時給なんかをお伝えしたいと思います。カフェバイトの給料の相場はどのくらい?カフェのアルバイトって時給が安いイメージがありませんか?

東京のカフェバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なバイト先を解説します

カフェのアルバイトと聞くと、「おしゃれな職場」「制服がかわいい」「美味しいコーヒーやスイーツを食べられる」というイメージを持っている人が多いかもしれません。しかし、カフェはお店の形態、提供するドリンクやフード、店の雰囲気などによって、仕事環境がまったく異なってきます。「おしゃれだから」と雰囲気重視でカフェのバイトを選ぶと、思っていた仕事と実際の仕事が違ってしまうこともあります。カフェでバイトしたいと思ったら、まずはカフェバイトの仕事や募集内容についてよく知っておくようにしましょう。この記事では、東京のカフェバイトについて紹介していきます。カフェバイトはどんな仕事?カフェにもさまざまな形態があり

カフェ店長が向いている人の6個の特徴や必要なスキル・適正とは?

『アルバイトするならおしゃれなカフェがいい!』『老後は喫茶店を経営して自分だけのお店を持ちたい』日本国内でのカフェブームは定着し、憧れのお仕事のひとつとして大人気です。でも実際、社員としてカフェの店長を務めるとなるとどのような生活が待っているのかご存知でしょうか?カフェの店長とはどんな仕事?カフェという1国の城を守る主です。共に働くメンバーに指揮命令を出し、お城の設備を整えてお国のためにしっかり利益を生み出さなければならないお仕事です。カフェの店長の大まかな仕事内容お客様への接客販売アルバイトスタッフの採用育成・管理お店の管理(備品、設備のメンテナンス含む)食材の管理(食材の発注、賞味期限管理

フクロウカフェバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

フクロウカフェでの仕事は、フクロウという不思議な生き物に直接触れ合うことができる素敵な仕事です。わからないことが多々あるとは思いますが、徐々に覚えていけば問題ありません。まずは、自身がフクロウの魅力を存分に知ることから始めましょう。この記事では、フクロウカフェバイト求人について紹介していきます。フクロウカフェはどんな仕事?フクロウ全般のお世話、接客が主になります。給餌の準備やフクロウのメンテナンス、ケージの清掃、店内清掃などを行います。接客はお客様が来店したらフクロウを乗せてあげ、写真を撮ったりしてあげます。フクロウについての質問、飼い方などもアドバイスしていきます。フクロウカフェの大まかな仕

カフェベーカリー求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

カフェベーカリーの仕事を始めるにあたり、気になることはたくさんあると思います。求人内容は読むけど、いまいちどんな仕事か内容がよくわからないとか、働いてみたいけどどういった研修があるのだろうかとか、アルバイトから社員へ昇格できる制度があるのかどうかなど色々とあると思います。今回はカフェベーカリーの求人でよくある募集内容・募集職種など、気になる疑問について解説していきます。カフェベーカリーのおおまかな仕事内容カフェベーカリーのおおまかな仕事内容は、ホールとキッチンです。ただ、最近はセルフ式のカフェも増えていますのでセルフ式の場合は、ホールスタッフではなくカウンター業務とキッチン業務と言えます。カフ

カフェの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

カフェ店員を目指すに当たって、気になるポイントが収入です。カフェは私たちにとって、とても身近で気軽に入る事ができ、生活に欠かせないものになりましたが、店員さんたちの生活スタイルや待遇など、分からないことが多いですよね。大好きなカフェで働きたいと言う気持ちはあるものの、生活が厳しくなるのは困りますし、収入の面で不安だと思っている方もいるでしょう。そこで今回はカフェ店員の年収相場はいくらくらいで、賞与などはあるのか、昇給などについて解説していきます!カフェの給料の年収相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合地方や企業などでもちろん差はありますが、一般企業に新卒で入社した場合の平均年収は、200万

カフェ正社員求人の給与相場や仕事内容は?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

私達の身近にあるカフェ。コーヒーに特化していたり、デザートやランチがおいしかったり、それぞれ特徴があり毎日でも行きたくなるカフェですが、カフェで正社員として「働く」となるとその仕事内容や条件、給与などを知らない方も多いでしょう。一般の会社とは違う業界ですので、カフェで働きたいと思っても、今一歩踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな皆さんに向けて、カフェ勤務10年以上の筆者が「カフェの正社員」の求人について仕事内容から勤務地、条件や年収までをお話します。カフェの正社員求人の仕事内容とは?まずはカフェの正社員の仕事内容から見ていきましょう。カフェ正社員の一日を追って朝からご

カフェに就職するためにはどうすればいい?仕事内容や気になる疑問を解説します

おいしい物やかわいいものに囲まれたカフェでの仕事をしたいと思った事はありませんか?今、日本ではカフェの文化が大きく広がっています。朝から夜遅くまで、いつでも私たちを迎え入れてくれる素敵なカフェはお客さんとして行きたい場所であると同時に働きたい場所でもあるでしょう。今回は、カフェの就職を考えている方に良い就職先の見つけ方や仕事内容をお話します!カフェ正社員の大まかな仕事内容とは?カフェ店員、特に正社員の仕事はどのようなものなのでしょうか。正社員での採用となった場合、お店に関すること全てを担わなければいけません。まずはその仕事内容を見ていきましょう。ホールでの接客業務お客様のオーダーを聞いたり料理