カフェ店員を目指すに当たって、気になるポイントが収入です。

カフェは私たちにとって、とても身近で気軽に入る事ができ、生活に欠かせないものになりましたが、店員さんたちの生活スタイルや待遇など、分からないことが多いですよね。

大好きなカフェで働きたいと言う気持ちはあるものの、生活が厳しくなるのは困りますし、収入の面で不安だと思っている方もいるでしょう。

そこで今回はカフェ店員の年収相場はいくらくらいで、賞与などはあるのか、昇給などについて解説していきます!

「カフェ店員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カフェの給料の年収相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

地方や企業などでもちろん差はありますが、一般企業に新卒で入社した場合の平均年収は、200万から230万前後と言われています。

月収に直すと19万円前後でしょう。

カフェに新卒で入社した場合、平均月収は大体16万円前後といったところです。

年収は、200万円に届くか届かないかと言ったところでしょう。

また、一般企業の場合学歴で収入に差が出ますが、カフェの場合は学歴によるスタートの差はありません。

高卒でも大学院卒でも同じ給与からのスタートとなるのが普通です。

正社員で転職した場合

正社員で転職した場合も、基本的には新卒と同じ給与からのスタートとなります。

残念なことですが、年齢や以前の経歴を考慮して給与が決められる事は多くありません。

あなたが他のカフェからの転職や、いわゆる同業からの転職であった場合は、考慮してもらえるかもしれないと言うぐらいに考えておきましょう。

この事からも、未経験でカフェに転職するというのは、大きな決断になると言う事が分かりますね。

同じカフェでも個人経営ではなく、大手のチェーン店であれば、年齢による給与の決定もあるようです。

\カフェの正社員求人のリアルタイムな年収相場を知りたい人は/

パート・アルバイト

パートやアルバイトは時給制ですので、働いた分お給料がもらえます。

カフェの時給は決して高いとは言えません。

直雇用の場合の時給は、900円スタートのところが多いでしょう。

カフェのパートやアルバイトで生計を立てるのは正直難しいと言えます。

しかし中には、派遣社員としてカフェ店員の仕事があります。

その場合の時給は、直雇用より高くなります。

カフェの給料の決まり方

基本的には店側が決める

基本的には、店側から提示された金額になります。

先ほどもお話したように、カフェでは新卒でも中途でも、同じ金額からのスタートとなる場合が多いです。

必ず納得した上で入社を決めましょう。

面接の際に今後の昇給はあるのか、賞与はあるのかなどを確認しておきましょう。

こちらが求めても良い!

経験があり、調理技術や接客技術がある場合、こちらから初任給の金額を上げてもらえるように、求めてももちろん良いです。

せっかく技術や知識があるにもかかわらず、未経験者と同じ給与からと言うのは、とてももったいない事です。

店側から経験を考慮して提示してくれればそれが一番ですが、残念ですがそのような所は少ないのが現状です。

給与の事を雇われる前から言うのは気が引けると言う方もいるでしょう。

しかし経験があるのでしたら遠慮する必要はないと思います。

その分店のために働けば良いことです。

2年で昇給が無い場合は転職を

正社員、パート・アルバイトに関らず働きはじめて、2年で昇給が無い場合は転職を考えましょう。

2年間でできる仕事は確実に増えますし、責任も仕事量も増しているはずです。

カフェは個人経営のお店が多く、従業員の給与はオーナーの裁量次第となる事が、ほとんどなので昇給の明確な基準がありません。

そこが気を付けたいところです。

一般的には1年で昇給があるはずですので、それが2年経っても無い場合は、転職を考えた方が懸命と言えるでしょう。

「カフェ店員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が教える、私の周りの年収相場や給与の決まり方とは?!

新卒未経験の場合

私や周りのカフェ従業員が新卒未経験で入社した時、給与は月16万円でした。

小さな個人経営のお店でしたので福利厚生もなく、賞与もありませんでした。

とても厳しい生活でしたが、その代わりに知識や技術を学べる職場でした。

ケーキ店出身の上司がしっかりと料理やスイーツ作りの基礎知識を教えてくれ、新商品の開発のコツや原価計算の仕方、品質の保ち方など飲食業に関すること全てを教えてくれる、素晴らしい環境でした。

このように最初は給与は低くても、その代わりに得るものがある職場だと、前向きに頑張る事ができると思います。

そのお店は、1年ごとに昇給がありました。

1年目は2万円昇給してもらえたので、月給は18万円。

その後は、一年ごとに1万円昇給すると言うシステムでした。

経験5年目の場合

カフェでの正社員経験5年目で、転職した友人がいました。

個人経営のカフェから、中小企業が経営するカフェへの転職と言う、カフェ従業員の中では良くあるルートです。

福利厚生はしっかりしており、労働時間も守られていました。

初めて賞与をもらった時は、嬉しいと言うより驚いたそうです。

そこのお店は、最初から経験を考慮して、給与の決定をしてくれたわけではありませんでしたが、友人の働きを見て入社半年で昇給してもらえたそうです。

このように、試用期間などを設けて実際に働き始めてから、給与を決定するところもあります。

経験5年目で転職した際の年収は、300万円ほどと言えるでしょう。

経験10年目で転職

経験10年目で転職をした人もいます。

その友人はホールはもちろん、調理も経理もでき、カフェ運営の全てを分かっていると言う状態でした。

そんな友人が転職活動をしている際、経験10年目にも関らず、新卒社員と同じ給料を提示されるところが多いと嘆いていました。

経歴を見ても、資格を見ても、カフェ従業員として申し分ない友人でしたが、職場探しには苦労していたのを覚えています。

最終的に転職エージェントから、カフェ店長の仕事を紹介してもらい、納得のいく条件で転職ができていました。

今もその職場で働きながら、独立を目指しています。

まとめ

今回は、カフェ従業員の給与相場について、お話してきました。

正直にお話して来ましたので、カフェ従業員と言う仕事が儲かる仕事ではないと、ご理解いただけたと思います。

確かに薄給ですし、労働時間も長い傾向にあるので、仕事には条件や待遇が一番だと思う方には、向いていない仕事かもしれません。

カフェが好きで、好きな事を仕事にしたいと考える方でしたら、楽しんで働ける環境でしょう。

勇気と覚悟を持って転職に臨みましょう!

\自分がいくら年収アップできるか知りたいなら/

  飲食の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  飲食の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
飲食店に特化した転職支援サービスです。外食特化の転職エージェントでは業界トップクラス! 公式サイト 公式サイト
自分らしい働き方で仕事を探せる!他とは違う「自分らしい」「やりがいがある」仕事を見つけたいなら。 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

カフェ求人


\カフェの年収アップ方法を知りたい人は/
ここからキャリアアドバイザーに相談を