カフェや飲食店の仕事をしてみたいと思っていても最近はブラックって言われることが多いのでそういうところで働きたくないなと思うかもしれません。

カフェの仕事はブラックな職場ばかりなのでしょうか?

いいえ、カフェの仕事はブラックの職場もあるかもしれませんが、そうでない職場もあります。

今回は、どういうところがブラック職場と言われる特徴なのか、どういうとこに注意すればホワイトな職場で働けるかについて紹介します。

カフェにブラックな職場はまだ多い?

カフェを始め飲食店の仕事は長時間労働できつい、休憩や休みがないと思われています。

実際にそういった店舗は少ないとはいえません。

ブラックな職場に勤務してしまうと仕事はきついし、休みはなく、大変とういう3重苦になってしまいます。

カフェのブラックな職場を見分けるにはどうしたらいいかもう少し詳しく話していきます。

カフェでブラックだと思う職場の特徴

カフェという華やかなイメージの職場がなぜブラックになってしまうのでしょうか?

労働時間が長いから、立ち仕事がずっと続くから、休憩がないからなど理由は色々あります。

カフェの職場がブラックである特徴をここでは詳しく紹介していきます。

休み・休憩がない

ブラックな職場だと休みはおろか休憩時間も確保することができません。

大きな原因は人材が不足していることです。

忙しい時間帯や忙しいシーズンに適切な人材が確保できていなかったり、コストカットの観点からわざと人数を少なくしている店舗もあります。

その結果、休みや休憩がうまく取れないため、人材が辞めていく、人材がさらに確保できないの負の連鎖になります。

長時間労働に対しての給与が安い

カフェや飲食店の仕事は店舗の営業時間とお店の準備にかかる開店前・閉店後各1時間ほどを足したものが従業員が働いている時間ですが、8時間労働が基本なのに定時で上がることはあまりありません。

しかし、給料は営業職や建設関連に比べるとはるかに少ないものとなっています。

そのため、労働時間の長さに対して給料が安いため、従業員のモチベーションも上がりません。

会社が職場環境改善に積極的でない

職場環境に意義を唱えて課長や部長へ意見を言う人は少なくありません。

労働環境を改善することで出てくるメリットがあると説く人も増えてきました。

しかし、肝心の会社が全体的に職場環境改善に対して積極的でないと話は前に進みません。

いくら店長や副店長が課長や部長に進言したところでそこから上の次長や部長、取締役などが話を前向きに聞かない限りどこかで途切れてしまいます。

残業代がない

カフェのブラックな職場に限らず、一般的にブラック企業と呼ばれるところは残業代がない、休みがない、長時間労働は揃っています。

カフェの職場としても残業代がなく、サービス残業と言われる働いているけど働いたと申請せずに給料なしで働く習慣が根強くの残っていると店長が残業代申請しないからサービス残業するしかないとか昔からお店ではこういったものだと教えられてしまうと何が正しいのかわからないままサービス残業をさせられてしまいます。

昇進・昇給が見込めない

カフェのブラックな職場やブラック企業は昇進や昇給に消極的です。

昇進や昇給をさせることは会社や店舗にとってそれだけ人件費を多く支払わないといけないため、コストカットの観点からしばらく昇進はありませんなどと通達するところも過去にはあったようです。

昇進や昇給は、正社員やアルバイトとして仕事をする上での目標やモチベーションになりますし、昇進や昇給がないと正社員やアルバイトのモチベーションは下がり、お店の雰囲気も悪くなると負の連鎖を引き起こします。

パワハラ・セクハラが横行している

ブラック企業と呼ばれるところにはほとんどついてまわる問題ですが、パワハラやセクハラが社内で横行しているところです。

これはカフェの職場でも例外ではなく、みんなのまで叱責したり、店長がアルバイトにセクハラするなどの例があります。

カフェでホワイトな職場の6個の特徴

先ほどはカフェのブラックな職場環境について紹介しました。

では、カフェの仕事はブラックばかりなのだろうか?と不安になった方はちょっとお待ち下さい。

カフェの職場は全てがブラックというわけではありません。

従業員のことをきちんと考えている店舗もあれば、管理環境を改善した店舗などもあります。

ここではカフェでブラックではなくホワイトな職場がどんな特徴を持っているか紹介していきます。

勤怠管理がしっかり整っている

最近主流となりましたが、パソコンで勤怠管理をしている店舗が増えてきています。

パソコンで勤怠管理をしていたり、タイムカードで勤怠管理をしているところだと労働時間がわかるので安心して働くことができます。

ただ、さらにおすすめとしては自分の手帳などにも勤務時間を1回1回記録しておくことです。

パソコンやタイムカードでしっかりと勤怠管理ができているとはいえ何かしらの方法で改竄することは不可能ではないので勤怠管理がしっかりしていても自分でも記録を残しておきましょう。

福利厚生がきちんとしている

福利厚生がきちんと整っているところは安心して働けます。

社会保険や年金などが求人内容や採用時の契約書に明記されていたらホワイトな職場である可能性は高いです。

福利厚生が逆にしっかりしていないと怪我をしたり、通勤途中に事故になったり、職場で何かしらアクシデントに見舞われても会社は何もしてくれません。

そのため、働いてから聞くのは聞きづらいと思いますので求人内容だけでなく、採用の契約時の契約書もしっかりとチェックしておきましょう。

残業代が支給される

働いた分をしっかりと払ってくれる店舗なら問題はないかと思います。

カフェや飲食店の労働環境が悪い、ブラックだと言われる理由の一つは残業代を支給してもらえないことなので、残業代をきちんと支払ってくれるところはホワイトな職場といえる可能性が高いです。

休憩・休みがきちんと取れる

休憩や休みをしっかりと消化できる店舗、きちんと休みや休憩が取れるように考慮している店舗はホワイトな職場といえます。

休みや休憩がないということもカフェや飲食店の業界がブラックであることの理由としてあげられているため、休憩や休みがきちんと取れるならブラックではないといえます。

会社が環境改善に積極的である

会社が労働環境改善に積極的であるところはブラックの可能性は低いといえます。

最近は労働組合が会社内になり、直接会社幹部との交渉をします。

この交渉において労働環境や職場環境の改善を定期的には話し合う場を持ち、幹部が前向きに検討してくれる姿勢を示していたり、少しずつでも改善されているのであればブラック企業ではない可能性は高いです。

定期的にセクハラ・パワハラについての講義がある

最近の企業や飲食店の店舗、カフェも含めてですが、セクハラやパワハラの定義をしっかり見つめ直して職場からパワハラ、セクハラを撲滅しましょうという流れがあります。

そのため、企業や店舗でも管理職、従業員関わらず定期的に講義を受講させてあり、社内報で全員に改めて自分の行動がパワハラやセクハラなっていないかを再認識させる機会を設けています。

カフェでホワイトな職場を求人で見分けるには?

カフェで仕事をするならもちろんですがブラックな職場よりホワイトな職場で働きたいところです。

ただ、どうやって見分けたらいいか難しいです。

ここでは、カフェで求人を探すにあたり、どういったところに注目したらホワイトな職場なのかどうかを見分ける方法について紹介していきます。

常に募集している

求人サイトや求人広告を見るとたまに常に募集をしている店舗や会社があります。

もちろん全てがブラックなのかというとそういうわけではなく、もしかしたら事業拡大や新装開店などで頻繁に募集しているだけなのかもしれませんが、基本的にはずっと募集を出している会社はホワイトとはいえません。

なぜなら常に募集をかけなければならないほど人材に困っていると考えられるからです。

そのため、常に募集をしているカフェの店舗や運営会社は要注意です。

大量募集をしている

大量募集をしている店舗や運営会社もおすすめとは言えません。

上記の理由と同じですが、大量に募集しないといけないくらい人が足りていないということになりますし、離職率が高いことも予想されます。

もちろん、こちらも上記と同じですが新装開店や新規事業拡大などで大量募集している時もあります。

ただ、その場合は期間限定なので常に大量募集をしている店舗や運営会社については注意が必要です。

サイトや求人広告の写真が不自然

アルバイト雑誌や転職サイトなどをチェックしていると会社の雰囲気を知ってもらうために転職に成功した社員や実際に働いているアルバイトの働いている姿を撮影した写真を見かけることがあります。

ここにも実はチェックポイントがあります。

プロのモデルとかではないので当然笑顔は不自然かもしれませんが、写真の社員の顔がすごく疲れている笑顔であったり、服が少し汚れていたり、不自然に仲間よくやっていますという雰囲気の写真を掲載しているとホワイトな職場とは言えない可能性があります。

すぐに勤務可能

たまに求人サイトや広告で見かけますが、すぐ勤務可能の店舗や運営会社も疑ったほうがベターかもしれません。

すぐに働けるということは人がいない、足りていないことを証明している可能性が非常に高いため、こういうところは避けたほうがいいかもしれません。

カフェでホワイトな職場を面接で見分けるには?

ここまでカフェのブラック職場がどういう風なところなのかやホワイト職場で働くための見分け方や求人広告やサイトのチェックポイントについて紹介しました。

実際に応募して面接まで行った際にも確認するべきことはあります。

今から紹介するのはカフェでホワイトな職場を面接で見分けるためにはどこに注目すべきかについてです。

労働時間や休暇、残業などについて説明をしてくれるかどうか

面接時に労働時間や休暇取得、残業について説明をしてくれるかはしっかりとチェックしましょう。

曖昧に説明されたり、流されたりするような場合は、ホワイトな環境ではありません。

お店によっては労働時間の管理方法や残業の管理方法、休暇取得の仕方やシフトなどについて説明をしてくれます。

きちんと説明をしてくれるところはブラックな職場である可能性は低いといえます。

求人に記載や掲載されている求人内容との差はないかどうか

面接時や採用時には改めて労働時間や休暇取得、残業などを始め、福利厚生など労働条件を説明してくれます。

この点が求人雑誌や求人サイトに掲載されていた求人内容と差がないかどうかをチェックする必要があります。

全部事細かに覚えて挑めれえばいいのですが面接などで緊張してしまって忘れてしまう可能性もあるのでハードコピーを取り手元に持っていくといいです。

説明事項が少しでも求人内容と異なるのであれば働く前にチェックが必要ですし、きちんと説明してもらえない場合は、ホワイトな職場とは言いづらいので避けたほうがいいかもしれません。

面接時に頻繁にいつから働けるかについて確認してこないかどうか

いざ面接に行き、面接が終わるとだいたい3-7日間くらいでアルバイトや転職の採用連絡があります。

この採用連絡時にまだ契約の条件を知らない状態でいつから勤務できるのかを頻繁に確認されるようであればブラックな店舗である可能性が高いのでその店舗や運営会社のお店で働くのは考え直したほうが良さそうです。

いつから働けるか頻繁に聞くのは人材不足の可能性が非常に高いと言えるからです。

まとめ

カフェの仕事をせっかく始めるのであればやはりきちんとしたところで働きたいものです。

今回は、ホワイトな職場の見つけ方や特徴、ブラック店舗がどんなところであるかなどについて紹介しました。

求人募集のホワイトな職場を見つけるためのポイントで説明したところなどはぜひ参考にして下さい。

もちろん、ホワイトな職場であっても全てが今回紹介した特徴にあてはまらない可能性もありますし、ブラック店舗であってもホワイト店舗のような説明をしてくれるところもあります。

ただ、ポイントとしては、実際に働くまでに自分が納得した上で働けるようにしておくことが必要です。

勤怠管理がしっかりしていないとか残業代が出ないとかは求人内容や面接時などで確認することはできます。

ただ、せっかく採用をもらってきちんと段階を踏んで説明してもらっても、いざ働いてみたら内容がちょっと違っていたとなると働き始めてからはなかなか確認しづらかったり、最悪はすぐに退職しなくてはいけません。

それでは自分の時間ももったいないので、働く前にできる限りの不明点やモヤモヤは解消しておくことをおすすめします。


関連キーワード

カフェ求人

カフェ求人についてもっと深堀りした情報を見る

カフェ店長の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

飲食業で働いてみたいけれど、レストランのような厳しい雰囲気が苦手だと感じていたり、もっとカジュアルな環境で働きたいと思っている方におすすめなのが「カフェ」での勤務です。カフェは日本で増え続けている飲食業の業務形態で、毎日でも通いやすい価格帯とおしゃれな空間が人気となっています。そんなカフェですが、一昔前は個人が経営者兼店長として運営しているお店が多かったのですが現在は企業が母体となり、店長業務は社員に任せていると言うお店が増えてきています。カフェの店長業務とは一体どのようなもので、どんな人物が求められているのでしょうか。企業の運営するカフェで店長として働いていた私が経験したカフェ店長の仕事や、

京都カフェ求人の特徴や、人気なエリア・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

京都といえば、古き良き日本をイメージする人が多いかと思います。観光地で有名な清水寺や金閣寺、八坂神社、祇園、四条や三条などがあります。そんな京都は、街の至るとろこにカフェがあります。古い喫茶店やモダンなカフェ、日本人にも外国人にも人気の高いカフェは町家を改装したものがあります。意外にカフェの多い京都では、カフェの仕事が多く、学生を中心に人気だったりします。また、外国人が多いため、外国語を使って仕事ができるので京都だけでなく隣の大阪からバイトをしにくる人も少なくありません。今回は、京都のカフェ事情や京都のカフェ求人について紹介します。京都のカフェで仕事をしてみたいと思っている人や興味がある人はぜ

カフェバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

求人媒体で多く見かけるのが飲食店のアルバイトです。年齢も幅広く募集しているので、学生さんや主婦の方も働きやすいですよね。週2日からなど少ない日数でも働けたり、シフトが2週間毎の提出だったりと、融通が利くところも嬉しいポイントです。中でもカフェのアルバイトは若い人たちに大人気!制服の写真や賄いなんかもついつい気になっちゃいますよね?話題のスポットの近くやおしゃれなカフェで一度は働いてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか?今回はカフェで働くために必要なスキルや時給なんかをお伝えしたいと思います。カフェバイトの給料の相場はどのくらい?カフェのアルバイトって時給が安いイメージがありませんか?

東京のカフェバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なバイト先を解説します

カフェのアルバイトと聞くと、「おしゃれな職場」「制服がかわいい」「美味しいコーヒーやスイーツを食べられる」というイメージを持っている人が多いかもしれません。しかし、カフェはお店の形態、提供するドリンクやフード、店の雰囲気などによって、仕事環境がまったく異なってきます。「おしゃれだから」と雰囲気重視でカフェのバイトを選ぶと、思っていた仕事と実際の仕事が違ってしまうこともあります。カフェでバイトしたいと思ったら、まずはカフェバイトの仕事や募集内容についてよく知っておくようにしましょう。この記事では、東京のカフェバイトについて紹介していきます。カフェバイトはどんな仕事?カフェにもさまざまな形態があり

カフェ店長が向いている人の6個の特徴や必要なスキル・適正とは?

『アルバイトするならおしゃれなカフェがいい!』『老後は喫茶店を経営して自分だけのお店を持ちたい』日本国内でのカフェブームは定着し、憧れのお仕事のひとつとして大人気です。でも実際、社員としてカフェの店長を務めるとなるとどのような生活が待っているのかご存知でしょうか?「カフェの店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →カフェの店長とはどんな仕事?カフェという1国の城を守る主です。共に働くメンバーに指揮命令を出し、お城の設備を整えてお国のためにしっかり利益を生み出さなければならないお仕事です。カフェの店長の大まかな仕事内容お客様への接客販売アルバイトスタッフの採用育成・管理お店の管理(備品、設

フクロウカフェバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

フクロウカフェでの仕事は、フクロウという不思議な生き物に直接触れ合うことができる素敵な仕事です。わからないことが多々あるとは思いますが、徐々に覚えていけば問題ありません。まずは、自身がフクロウの魅力を存分に知ることから始めましょう。この記事では、フクロウカフェバイト求人について紹介していきます。フクロウカフェはどんな仕事?フクロウ全般のお世話、接客が主になります。給餌の準備やフクロウのメンテナンス、ケージの清掃、店内清掃などを行います。接客はお客様が来店したらフクロウを乗せてあげ、写真を撮ったりしてあげます。フクロウについての質問、飼い方などもアドバイスしていきます。フクロウカフェの大まかな仕

カフェベーカリー求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

カフェベーカリーの仕事を始めるにあたり、気になることはたくさんあると思います。求人内容は読むけど、いまいちどんな仕事か内容がよくわからないとか、働いてみたいけどどういった研修があるのだろうかとか、アルバイトから社員へ昇格できる制度があるのかどうかなど色々とあると思います。今回はカフェベーカリーの求人でよくある募集内容・募集職種など、気になる疑問について解説していきます。カフェベーカリーのおおまかな仕事内容カフェベーカリーのおおまかな仕事内容は、ホールとキッチンです。ただ、最近はセルフ式のカフェも増えていますのでセルフ式の場合は、ホールスタッフではなくカウンター業務とキッチン業務と言えます。カフ

カフェの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

カフェ店員を目指すに当たって、気になるポイントが収入です。カフェは私たちにとって、とても身近で気軽に入る事ができ、生活に欠かせないものになりましたが、店員さんたちの生活スタイルや待遇など、分からないことが多いですよね。大好きなカフェで働きたいと言う気持ちはあるものの、生活が厳しくなるのは困りますし、収入の面で不安だと思っている方もいるでしょう。そこで今回はカフェ店員の年収相場はいくらくらいで、賞与などはあるのか、昇給などについて解説していきます!「カフェ店員」が自分に向いているか診断するにはこちら →カフェの給料の年収相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合地方や企業などでもちろん差はありま

カフェ正社員求人の給与相場や仕事内容は?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

私達の身近にあるカフェ。コーヒーに特化していたり、デザートやランチがおいしかったり、それぞれ特徴があり毎日でも行きたくなるカフェですが、カフェで正社員として「働く」となるとその仕事内容や条件、給与などを知らない方も多いでしょう。一般の会社とは違う業界ですので、カフェで働きたいと思っても、今一歩踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな皆さんに向けて、カフェ勤務10年以上の筆者が「カフェの正社員」の求人について仕事内容から勤務地、条件や年収までをお話します。「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →カフェの正社員求人の仕事内容とは?まずはカフェの正社員の仕事内

カフェに就職するためにはどうすればいい?仕事内容や気になる疑問を解説します

おいしい物やかわいいものに囲まれたカフェでの仕事をしたいと思った事はありませんか?今、日本ではカフェの文化が大きく広がっています。朝から夜遅くまで、いつでも私たちを迎え入れてくれる素敵なカフェはお客さんとして行きたい場所であると同時に働きたい場所でもあるでしょう。今回は、カフェの就職を考えている方に良い就職先の見つけ方や仕事内容をお話します!「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →カフェ正社員の大まかな仕事内容とは?カフェ店員、特に正社員の仕事はどのようなものなのでしょうか。正社員での採用となった場合、お店に関すること全てを担わなければいけません。まずはその仕事内容を見ていき


カフェ求人に関するコラム

カフェ店長の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

カフェの店長の待遇について、主に給料面を中心にご紹介させていただきます。とても魅力的で人気の高いカフェの仕事ですが、一生の仕事として、あるいは店長として責任をもって務めるにあたり、不安を抱かれる方も多いかと思います。そういった方々の疑問や不安が、少しでも解消されれば幸いです。カフェ店長の給料の相場はどのくらい?カフェの店長は決して極端に給料のいい仕事とは言えません。しかし、普通に生活していくのに支障がない程度はもらえます。また、会社やお店の状況によって、待遇面などは大きく変わります。正社員で新卒入社した場合正社員で新卒入社した場合ですが、おそらく最初から店長職に就くことは難しいでしょう。最初は

カフェ店長になるには?店長になるために学んでおくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

カフェの仕事というと「おしゃれな店内で働く」「かわいい制服」「コーヒーの匂いやおしゃれなスイーツに囲まれての仕事」のイメージを持つ人が多いかもしれません。実際に、カフェの求人に応募する人も、上のようなイメージを抱いて働きたいと思っている人も少なくありません。では、カフェの店長の仕事というとどういうイメージになるでしょうか?颯爽と仕事をこなす人とかできる人のイメージかもしれません。実際にカフェ店長の仕事は、思っている以上に大変かもしれませんし、想像以上にやりがいがあるかもしれません。カフェで働いてみたい人の中には店長をやってみたい、将来オーナーになりたいと思う人は多いですが、店長の仕事を知らない

カフェで働く大変さを感じる8個の瞬間とは?大変だけど楽しいポイントも紹介します

カフェの仕事というと、おしゃれな街中にあっておしゃれな店員さんやおしゃれな店内でスムーズに仕事をしているイメージを思い浮かべられることが多いと思います。今はカフェ=おしゃれという式が成り立っているため、カフェで働くというと無条件でおしゃれなイメージになります。そんなおしゃれなカフェで働いたとしても仕事なので大変なこともあります。今回は、カフェで働く上で大変なこと、やりがいや楽しいと感じることを紹介していきます。カフェで働く大変さを感じる8個の瞬間カフェで働いてみたいと思って検索したり、誰かカフェで働いている人に実体験を聞くと必ず大変と聞いたりみたりするかもしれません。おしゃれなイメージと離れて

カフェで働くには?仕事の探し方や面接で気をつけたほうがよいことまで経験者が解説!

カフェの仕事はアルバイトを考えている人には特に人気の仕事です。街中にはおしゃれなカフェからチェーン店など色々なカフェがあります。カフェの仕事は、未経験者でも始めることができますし、調理関係の資格や知識が必要なイメージがありますがそういったものがなくても仕事を始めることができるので気軽にできます。カフェの仕事を始めてみたい、カフェの仕事が気になっているけど、もうちょっと色々とカフェについて知りたいと思っている方も少なくないと思います。今回は、カフェで働くにはどうしたらいいのか、カフェでの仕事の探し方や実際にカフェの面接に行った際に気をつけるべきことについて紹介します。カフェで働くには?おしゃれで

カフェがブラックな仕事だな…と感じた7個の瞬間と、それでもカフェの仕事は楽しいと思う7個の理由

カフェの仕事はどんなイメージがありますか?オシャレで優雅に働くイメージでしょうか?それとも忙しく働くイメージでしょうか?カフェの仕事はオシャレとか楽しそうというイメージが多いのと同じくらい、忙しくて大変そうというイメージがあります。お店や時間帯にもよりますがオシャレなイメージとは裏腹に実際は忙しかったり大変だったりします。そしてカフェの仕事は意外と力仕事が多かったり、体育会系のノリだったりしますので働いてみるとびっくりすることがあったりします。今回はカフェの仕事でここがブラックだなと思うこととそれでもカフェの仕事が楽しいと思える理由を紹介します。経験者の私が思う、カフェの仕事がブラックな理由と