カフェや飲食店の仕事をしてみたいと思っていても最近はブラックって言われることが多いのでそういうところで働きたくないなと思うかもしれません。

カフェの仕事はブラックな職場ばかりなのでしょうか?

いいえ、カフェの仕事はブラックの職場もあるかもしれませんが、そうでない職場もあります。

今回は、どういうところがブラック職場と言われる特徴なのか、どういうとこに注意すればホワイトな職場で働けるかについて紹介します。

カフェにブラックな職場はまだ多い?

カフェを始め飲食店の仕事は長時間労働できつい、休憩や休みがないと思われています。

実際にそういった店舗は少ないとはいえません。

ブラックな職場に勤務してしまうと仕事はきついし、休みはなく、大変とういう3重苦になってしまいます。

カフェのブラックな職場を見分けるにはどうしたらいいかもう少し詳しく話していきます。

カフェでブラックだと思う職場の特徴

カフェという華やかなイメージの職場がなぜブラックになってしまうのでしょうか?

労働時間が長いから、立ち仕事がずっと続くから、休憩がないからなど理由は色々あります。

カフェの職場がブラックである特徴をここでは詳しく紹介していきます。

休み・休憩がない

ブラックな職場だと休みはおろか休憩時間も確保することができません。

大きな原因は人材が不足していることです。

忙しい時間帯や忙しいシーズンに適切な人材が確保できていなかったり、コストカットの観点からわざと人数を少なくしている店舗もあります。

その結果、休みや休憩がうまく取れないため、人材が辞めていく、人材がさらに確保できないの負の連鎖になります。

長時間労働に対しての給与が安い

カフェや飲食店の仕事は店舗の営業時間とお店の準備にかかる開店前・閉店後各1時間ほどを足したものが従業員が働いている時間ですが、8時間労働が基本なのに定時で上がることはあまりありません。

しかし、給料は営業職や建設関連に比べるとはるかに少ないものとなっています。

そのため、労働時間の長さに対して給料が安いため、従業員のモチベーションも上がりません。

会社が職場環境改善に積極的でない

職場環境に意義を唱えて課長や部長へ意見を言う人は少なくありません。

労働環境を改善することで出てくるメリットがあると説く人も増えてきました。

しかし、肝心の会社が全体的に職場環境改善に対して積極的でないと話は前に進みません。

いくら店長や副店長が課長や部長に進言したところでそこから上の次長や部長、取締役などが話を前向きに聞かない限りどこかで途切れてしまいます。

残業代がない

カフェのブラックな職場に限らず、一般的にブラック企業と呼ばれるところは残業代がない、休みがない、長時間労働は揃っています。

カフェの職場としても残業代がなく、サービス残業と言われる働いているけど働いたと申請せずに給料なしで働く習慣が根強くの残っていると店長が残業代申請しないからサービス残業するしかないとか昔からお店ではこういったものだと教えられてしまうと何が正しいのかわからないままサービス残業をさせられてしまいます。

昇進・昇給が見込めない

カフェのブラックな職場やブラック企業は昇進や昇給に消極的です。

昇進や昇給をさせることは会社や店舗にとってそれだけ人件費を多く支払わないといけないため、コストカットの観点からしばらく昇進はありませんなどと通達するところも過去にはあったようです。

昇進や昇給は、正社員やアルバイトとして仕事をする上での目標やモチベーションになりますし、昇進や昇給がないと正社員やアルバイトのモチベーションは下がり、お店の雰囲気も悪くなると負の連鎖を引き起こします。

パワハラ・セクハラが横行している

ブラック企業と呼ばれるところにはほとんどついてまわる問題ですが、パワハラやセクハラが社内で横行しているところです。

これはカフェの職場でも例外ではなく、みんなのまで叱責したり、店長がアルバイトにセクハラするなどの例があります。

カフェでホワイトな職場の6個の特徴

先ほどはカフェのブラックな職場環境について紹介しました。

では、カフェの仕事はブラックばかりなのだろうか?と不安になった方はちょっとお待ち下さい。

カフェの職場は全てがブラックというわけではありません。

従業員のことをきちんと考えている店舗もあれば、管理環境を改善した店舗などもあります。

ここではカフェでブラックではなくホワイトな職場がどんな特徴を持っているか紹介していきます。

勤怠管理がしっかり整っている

最近主流となりましたが、パソコンで勤怠管理をしている店舗が増えてきています。

パソコンで勤怠管理をしていたり、タイムカードで勤怠管理をしているところだと労働時間がわかるので安心して働くことができます。

ただ、さらにおすすめとしては自分の手帳などにも勤務時間を1回1回記録しておくことです。

パソコンやタイムカードでしっかりと勤怠管理ができているとはいえ何かしらの方法で改竄することは不可能ではないので勤怠管理がしっかりしていても自分でも記録を残しておきましょう。

福利厚生がきちんとしている

福利厚生がきちんと整っているところは安心して働けます。

社会保険や年金などが求人内容や採用時の契約書に明記されていたらホワイトな職場である可能性は高いです。

福利厚生が逆にしっかりしていないと怪我をしたり、通勤途中に事故になったり、職場で何かしらアクシデントに見舞われても会社は何もしてくれません。

そのため、働いてから聞くのは聞きづらいと思いますので求人内容だけでなく、採用の契約時の契約書もしっかりとチェックしておきましょう。

残業代が支給される

働いた分をしっかりと払ってくれる店舗なら問題はないかと思います。

カフェや飲食店の労働環境が悪い、ブラックだと言われる理由の一つは残業代を支給してもらえないことなので、残業代をきちんと支払ってくれるところはホワイトな職場といえる可能性が高いです。

休憩・休みがきちんと取れる

休憩や休みをしっかりと消化できる店舗、きちんと休みや休憩が取れるように考慮している店舗はホワイトな職場といえます。

休みや休憩がないということもカフェや飲食店の業界がブラックであることの理由としてあげられているため、休憩や休みがきちんと取れるならブラックではないといえます。

会社が環境改善に積極的である

会社が労働環境改善に積極的であるところはブラックの可能性は低いといえます。

最近は労働組合が会社内になり、直接会社幹部との交渉をします。

この交渉において労働環境や職場環境の改善を定期的には話し合う場を持ち、幹部が前向きに検討してくれる姿勢を示していたり、少しずつでも改善されているのであればブラック企業ではない可能性は高いです。

定期的にセクハラ・パワハラについての講義がある

最近の企業や飲食店の店舗、カフェも含めてですが、セクハラやパワハラの定義をしっかり見つめ直して職場からパワハラ、セクハラを撲滅しましょうという流れがあります。

そのため、企業や店舗でも管理職、従業員関わらず定期的に講義を受講させてあり、社内報で全員に改めて自分の行動がパワハラやセクハラなっていないかを再認識させる機会を設けています。

カフェでホワイトな職場を求人で見分けるには?

カフェで仕事をするならもちろんですがブラックな職場よりホワイトな職場で働きたいところです。

ただ、どうやって見分けたらいいか難しいです。

ここでは、カフェで求人を探すにあたり、どういったところに注目したらホワイトな職場なのかどうかを見分ける方法について紹介していきます。

常に募集している

求人サイトや求人広告を見るとたまに常に募集をしている店舗や会社があります。

もちろん全てがブラックなのかというとそういうわけではなく、もしかしたら事業拡大や新装開店などで頻繁に募集しているだけなのかもしれませんが、基本的にはずっと募集を出している会社はホワイトとはいえません。

なぜなら常に募集をかけなければならないほど人材に困っていると考えられるからです。

そのため、常に募集をしているカフェの店舗や運営会社は要注意です。

大量募集をしている

大量募集をしている店舗や運営会社もおすすめとは言えません。

上記の理由と同じですが、大量に募集しないといけないくらい人が足りていないということになりますし、離職率が高いことも予想されます。

もちろん、こちらも上記と同じですが新装開店や新規事業拡大などで大量募集している時もあります。

ただ、その場合は期間限定なので常に大量募集をしている店舗や運営会社については注意が必要です。

サイトや求人広告の写真が不自然

アルバイト雑誌や転職サイトなどをチェックしていると会社の雰囲気を知ってもらうために転職に成功した社員や実際に働いているアルバイトの働いている姿を撮影した写真を見かけることがあります。

ここにも実はチェックポイントがあります。

プロのモデルとかではないので当然笑顔は不自然かもしれませんが、写真の社員の顔がすごく疲れている笑顔であったり、服が少し汚れていたり、不自然に仲間よくやっていますという雰囲気の写真を掲載しているとホワイトな職場とは言えない可能性があります。

すぐに勤務可能

たまに求人サイトや広告で見かけますが、すぐ勤務可能の店舗や運営会社も疑ったほうがベターかもしれません。

すぐに働けるということは人がいない、足りていないことを証明している可能性が非常に高いため、こういうところは避けたほうがいいかもしれません。

カフェでホワイトな職場を面接で見分けるには?

ここまでカフェのブラック職場がどういう風なところなのかやホワイト職場で働くための見分け方や求人広告やサイトのチェックポイントについて紹介しました。

実際に応募して面接まで行った際にも確認するべきことはあります。

今から紹介するのはカフェでホワイトな職場を面接で見分けるためにはどこに注目すべきかについてです。

労働時間や休暇、残業などについて説明をしてくれるかどうか

面接時に労働時間や休暇取得、残業について説明をしてくれるかはしっかりとチェックしましょう。

曖昧に説明されたり、流されたりするような場合は、ホワイトな環境ではありません。

お店によっては労働時間の管理方法や残業の管理方法、休暇取得の仕方やシフトなどについて説明をしてくれます。

きちんと説明をしてくれるところはブラックな職場である可能性は低いといえます。

求人に記載や掲載されている求人内容との差はないかどうか

面接時や採用時には改めて労働時間や休暇取得、残業などを始め、福利厚生など労働条件を説明してくれます。

この点が求人雑誌や求人サイトに掲載されていた求人内容と差がないかどうかをチェックする必要があります。

全部事細かに覚えて挑めれえばいいのですが面接などで緊張してしまって忘れてしまう可能性もあるのでハードコピーを取り手元に持っていくといいです。

説明事項が少しでも求人内容と異なるのであれば働く前にチェックが必要ですし、きちんと説明してもらえない場合は、ホワイトな職場とは言いづらいので避けたほうがいいかもしれません。

面接時に頻繁にいつから働けるかについて確認してこないかどうか

いざ面接に行き、面接が終わるとだいたい3-7日間くらいでアルバイトや転職の採用連絡があります。

この採用連絡時にまだ契約の条件を知らない状態でいつから勤務できるのかを頻繁に確認されるようであればブラックな店舗である可能性が高いのでその店舗や運営会社のお店で働くのは考え直したほうが良さそうです。

いつから働けるか頻繁に聞くのは人材不足の可能性が非常に高いと言えるからです。

まとめ

カフェの仕事をせっかく始めるのであればやはりきちんとしたところで働きたいものです。

今回は、ホワイトな職場の見つけ方や特徴、ブラック店舗がどんなところであるかなどについて紹介しました。

求人募集のホワイトな職場を見つけるためのポイントで説明したところなどはぜひ参考にして下さい。

もちろん、ホワイトな職場であっても全てが今回紹介した特徴にあてはまらない可能性もありますし、ブラック店舗であってもホワイト店舗のような説明をしてくれるところもあります。

ただ、ポイントとしては、実際に働くまでに自分が納得した上で働けるようにしておくことが必要です。

勤怠管理がしっかりしていないとか残業代が出ないとかは求人内容や面接時などで確認することはできます。

ただ、せっかく採用をもらってきちんと段階を踏んで説明してもらっても、いざ働いてみたら内容がちょっと違っていたとなると働き始めてからはなかなか確認しづらかったり、最悪はすぐに退職しなくてはいけません。

それでは自分の時間ももったいないので、働く前にできる限りの不明点やモヤモヤは解消しておくことをおすすめします。


関連キーワード

カフェ求人