私達の身近にあるカフェ。

コーヒーに特化していたり、デザートやランチがおいしかったり、それぞれ特徴があり毎日でも行きたくなるカフェですが、カフェで正社員として「働く」となるとその仕事内容や条件、給与などを知らない方も多いでしょう。

一般の会社とは違う業界ですので、カフェで働きたいと思っても、今一歩踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんな皆さんに向けて、カフェ勤務10年以上の筆者が「カフェの正社員」の求人について仕事内容から勤務地、条件や年収までをお話します。

「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カフェの正社員求人の仕事内容とは?

まずはカフェの正社員の仕事内容から見ていきましょう。

カフェ正社員の一日を追って朝からご紹介していきます!

出社

カフェ正社員の朝は早いです。

お店にもよりますが、モーニングサービスがあるお店だと、出勤時間は5時前後になるでしょう。

朝出社するとホール正社員は、コーヒーマシンの準備をしながら清掃や紙ナプキン、ストローなどの消耗品の補充と在庫確認をします。

テーブルや椅子の準備、レジの釣り銭の準備などお客様を迎える用意を整えます。

キッチンスタッフは朝から料理の準備です。

モーニングやランチタイムを、滞りなく進めていくために予め盛り付けをしたり、仕込みの最終仕上げを行います。

また、店舗によっては朝から料理に重要な「ブイヨン」と呼ばれるだしを取ったり、今日店頭に並べる商品を作り、梱包したりとキッチン正社員の朝は大忙しです。

モーニングやランチタイム

お客様がご来店されるとホール正社員は接客がメインの仕事です。

カフェの場合はアルバイトも多くなく、少ない人数で、たくさんのお客様への対応を求められますので、アルバイトに指示を出しつつホール全体を見る必要があります。

席へのご案内、オーダーを伺う、料理を運ぶ、ドリンクを作る、お会計、そして飲食業界の用語で、「バッシング」と呼ばれるテーブルを片付ける業務を行います。

バッシング後はテーブルや椅子をきれいに拭き、また最初の状態に戻して次のお客様を迎えます。

キッチンの正社員ももちろんランチタイムが一番忙しい時間帯です。

料理の質を落とさないように、気をつけながら調理に当たりますが、お客様をお待たせするわけにはいきませんので、調理にもスピードが求められます。

一説にはお客様はオーダーしてから、最初の料理が届くまでに7分以上で、「遅い」と感じると言われています。

7分なんてすぐだと思うでしょう。

お客様と作る側の7分の体感は違います。

いかに素早く、正確に料理を提供することができるかというのが、ピーク時のキッチン正社員に求められる技術です。

なおかつ正社員ともなると、ホールにも気を配らなければいけません。

お客様のご来店のタイミングや、料理提供のタイミングによっては、ホールスタッフだけでは、どうしても追いつかない場面が出てきます。

その時はキッチンの正社員がホールに出てお客様の対応に当たります。

キッチン、ホールスタッフ両方とも、ランチタイムには他の仕事はできませんので、朝のうちに全て準備を整えておく必要があります。

カフェタイム

ランチ営業終了後の午後3時頃からカフェタイムが始まります。

レストランですとこの時間に一度店を閉めて休憩を取ったり、夜営業の準備をしたりしますが、カフェは昼間がメインなので閉めるところは少ないでしょう。

遅いお昼を取るお客様や、お茶をする方など、それぞれ別の目的を持って、ご来店されるのがこのカフェタイムです。

それでも、ランチタイムよりは客足も落ち着きますので、正社員は休憩に行ったり、夜の営業の準備を始めます。

夜の準備とともに行うのが、発注などの事務作業です。

この仕事は担当が決められており、正社員の仕事であることがほとんどです。

正社員の人数が十分な店舗は、朝からのスタッフはこの時間帯で、昼からのスタッフに仕事を引き継ぎ、業務終了の場合もあります。

ディナータイム

最近は夜にしっかりとしたディナーを出すカフェも増えてきました。

そのような店舗の場合、夜も昼と同じくらいの仕事量をこなさなければならないでしょう。

昼と同じように、オーダーをこなしながら仕込みや発注業務を行いますが、昼に比べると比較的落ち着いて仕事に当たれるでしょう。

営業終了後は清掃、売上確認、大きな店舗であれば本社への売上報告などをして、業務終了となります。

このように、カフェ正社員は朝から夜まで忙しく働いています。

土日祝日などの忙しい日になると、休憩を取れないということも往々にして起こります。

「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カフェの正社員はこんな人に向いている!

次にカフェの正社員に向いている人の特徴をいくつかご紹介しましょう。

ご自分と照らし合わせながら見てくださいね。

忙しい時間を楽しめる方

カフェのランチタイム、モーニングタイムなどのいわゆる「ピーク時」は本当に目の回る忙しさです。

ドリンクオーダー、新規のお客様のご案内、お会計のお客様への対応、オーダーを取るなど、次から次へと、仕事をこなさなければいけません。

カフェは、ゆったりとした時間が過ごせる場所ですが、店員側は正反対。

落ち着いて働きたい方には向きません。

忙しいのが好きであったり、たくさんの仕事を一度にこなすことに、達成感を感じる方に、向いている仕事と言えるでしょう。

どちらかと言うと、肉体労働に近いかもしれません。

一日の終りに「今日も働いた!」と、満足感を得ることができる職業です。

新しいものが好きな方

カフェの特徴として、料理のジャンルを選ばないと言うことが上げられます。

流行りの物から最新の物まで、なんでも取り入れることができるのが魅力です。

流行に敏感で新しいものが好きな方は、カフェのキッチン正社員に向いていますよ。

人見知りをしない方

カフェのホール正社員は人見知りでは務まりません。

常連のお客様の場合、お店の雰囲気を気に入って来てくださる方もいますが、店員との会話を楽しみにご来店される方が、多いのもカフェの特徴です。

数あるカフェの中で、自分の働くお店を選んでもらうには、魅力的なスタッフであり続けることも必要です。

初対面のお客様にも礼儀を踏まえた上で、少しフランクに話ができる力はカフェ正社員、特にホールのスタッフには欠かせない要素です。

「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

どんな会社でカフェ正社員の募集があるの?

1. 日本レストランシステム(株)

日本レストランシステム(株)は、東証一部上場(株)ドトール・日レスホールディングスグループの企業です。

「星乃珈琲」を含む飲食店を全国に590店舗以上展開しています。

店長候補のフロアスタッフを中途採用で募集しています。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細をリンク先でご確認ください。

2. 株式会社シャノアール

株式会社シャノアールは、1965年創業の企業です。

「カフェ・ベローチェ」を中心に全国に190店舗以上を直営店として展開しています。

35歳以下を対象に中途採用募集をしています。

タイミングによって募集が終了している場合もあるので、詳細情報をリンク先よりご確認ください。

その他にカフェ正社員の募集は?

上記の会社以外にもカフェ正社員の仕事はたくさん募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

カフェの正社員でよくある募集内容とは?

次にカフェの正社員でよくある募集内容を見ていきましょう。

もちろん、店舗や経営する会社によって違いますので、一般的なものをご紹介していきます。

給与相場

まずは気になるカフェ正社員の給与です。

カフェ正社員の給与は勤務継続年数で上がっていきますが、最初は17万くらいからのお店が多いでしょう。

経験を積んで店長に抜擢されたりすれば、23万円から25万円が相場と言えます。

賞与は大きな企業が経営する、全国チェーンのカフェなどではもらえることが多いですが、個人店ではない店舗が多いです。

残念ながら他業種に比べると給与は下がると言えます。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は朝早くから昼までと、昼から夜までの2部制になっている店舗が多いでしょう。

一昔前、飲食店は長時間労働が求められると言うイメージがありましたが、働き方が見直され始め、2部制を取り入れている店舗も増えてきました。

しかし正社員の数が足りていない場合や、アルバイトがシフトに入れないなどのトラブルがあった場合、正社員の労働時間は伸びます。

基本的には次の日の仕込みを終えないと業務は終了できません。

残業が発生する場合も多々あると考えましょう。

休日は月に8回程度が一般的です。

土曜日曜に休日を取るのは難しく、平日に社員同士で交代しながら、休みを取ることになるでしょう。

福利厚生

今は福利厚生が整っているカフェも多くあります。

条件面を重視するなら個人店よりも、会社経営のカフェの方が良いでしょう。

しかし調理技術を磨いたり、自分の考えた新作料理などを出したい場合は、個人店をおすすめします。

カフェ正社員経験者としてお伝えしなければいけないことが、日本ではカフェ店員はまだまだ、職業として守られているものではありません。

海外はカフェや飲食店の文化が古くから根づいており、飲食業従事者の社会的地位も確立されています。

日本はその点ではとても遅れを取っており、改善されて来てはいるものの一般の会社員と、同じような福利厚生を受けられない場合もあります。

特に個人店の中には、労働基準法を守らず経営しているお店もあるので、条件をよく読んで納得した上で入社するようにしましょう。

疑問点は面接時に確認するようにして、自分の希望の条件で働けるようにしましょう。

勤務場所

勤務場所は基本的には店舗になるでしょう。

中には企業経営のカフェで、本社に勤務しながら新作を考えたり、営業をしたりと言う職種もありますが、カフェの正社員とは異なった仕事です。

正社員として求められるものとは?

次にカフェの正社員として求められるものをお話していきましょう。

衛生に対する知識

飲食業ですので衛生管理は欠かせません。

キッチンは常に清潔でなければいけませんし、食中毒や異物混入などには、細心の注意を払う必要があります。

ご自分で勉強するのはもちろんですし、会社として衛生管理の指導を行う店舗も多いので、入社後に身につけることのできるスキルです。

金銭の管理

カフェの中には金庫などはなく、その日の売上金を正社員が持って、帰らないといけないこともあります。

その売上金の中から仕入れのお金を払ったり、買い出しに行ったりということもありますので、出入金が複雑になる場合もあるでしょう。

金銭の管理を任されていると言う意識も必要です。

人材を育てる力

カフェの正社員で一番必要となるのは人材を育てる力です。

飲食業は一人でできるものではありませんし、人手が足りないとなると、営業していくこともままならなくなります。

お客様に気持ちよく過ごしていただくためにも、自分たち正社員に負荷がかかりすぎないためにも、パート・アルバイトを指導し成長を促すことは、とても重要な仕事です。

また、勤務年数が長くなると求人応募者の面接なども正社員の仕事として加わります。

必要なスキルとは?

カフェ正社員に必要なスキルは何があるのでしょうか。

見ていきましょう。

調理経験

カフェのホール正社員の募集は未経験でも応募できる案件が多いです。

カフェは未経験でも他業種の接客業をしていた方や、営業などの経験者は採用条件を満たしていると言えます。

しかしキッチン正社員となるとそうはいきません。

未経験歓迎のキッチンスタッフなら応募できますが、調理経験◯年以上と記載されている案件もあります。

中にはパティシエとしてや、ブーランジェとしての勤務経験を求められる店舗もありますので、自分に合った求人を探しましょう。

最近はバリスタと呼ばれるコーヒー専門の、スタッフを置く店も増えています。

どれか一つ自分の得意分野を見つけ、アピールすることができれば、採用確率はぐっと高まるでしょう。

「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カフェの仕事をするなら、正社員がオススメ?

カフェの仕事はやはり正社員が良いのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

カフェのパート・アルバイト

カフェ店員の中にはフリーターのアルバイトや、主婦のパートの方などがいらっしゃいます。

もしあなたが将来自分のカフェを持ちたいと思っていたり、飲食業界で経験を積みたいと思っているなら、断然正社員がおすすめです。

雇用も安定していますし、正社員にしか任されない仕事はたくさんあります。

また、カフェは時給が決して高いわけではないので、フリーターとして働いても収入は低いままになってしまいます。

カフェでのパート・アルバイトは働ける時間帯が決まっている方にはおすすめですが、基本的には正社員として登用された方が収入の面でも、将来のためにも良いと言えるでしょう。

カフェの正社員になるために他にも知っておきたいこと

カフェの正社員を目指す方に知っておいて欲しいことは、決して高収入が得られる仕事ではない、と言うことです。

高収入ではない代わりに、衛生に関する知識や調理技術が身に付く職業です。

カフェの正社員の方たちは独立を目指して、勉強中の方が多いのも特徴です。

今は将来のために勉強する時期なのか、収入を優先するべきなのかを、自分の中で決めて応募しましょう。

「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回はカフェ正社員に注目してお話してきましたが、いかがだったでしょうか。

カフェ店員は収入や雇用の面では苦労も多い職業ですが、その分手に職をつけることのできる仕事です。

一度身についた知識や技術は、将来あなたを助けてくれるに違いありません。

将来を見据え、カフェで楽しく働くのはいかがでしょうか。

「カフェの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  飲食の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  飲食の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
飲食店に特化した転職支援サービスです。外食特化の転職エージェントでは業界トップクラス! 公式サイト 公式サイト
自分らしい働き方で仕事を探せる!他とは違う「自分らしい」「やりがいがある」仕事を見つけたいなら。 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

カフェ求人

カフェ求人についてもっと深堀りした情報を見る

カフェ店長の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

飲食業で働いてみたいけれど、レストランのような厳しい雰囲気が苦手だと感じていたり、もっとカジュアルな環境で働きたいと思っている方におすすめなのが「カフェ」での勤務です。カフェは日本で増え続けている飲食業の業務形態で、毎日でも通いやすい価格帯とおしゃれな空間が人気となっています。そんなカフェですが、一昔前は個人が経営者兼店長として運営しているお店が多かったのですが現在は企業が母体となり、店長業務は社員に任せていると言うお店が増えてきています。カフェの店長業務とは一体どのようなもので、どんな人物が求められているのでしょうか。企業の運営するカフェで店長として働いていた私が経験したカフェ店長の仕事や、

京都カフェ求人の特徴や、人気なエリア・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

京都といえば、古き良き日本をイメージする人が多いかと思います。観光地で有名な清水寺や金閣寺、八坂神社、祇園、四条や三条などがあります。そんな京都は、街の至るとろこにカフェがあります。古い喫茶店やモダンなカフェ、日本人にも外国人にも人気の高いカフェは町家を改装したものがあります。意外にカフェの多い京都では、カフェの仕事が多く、学生を中心に人気だったりします。また、外国人が多いため、外国語を使って仕事ができるので京都だけでなく隣の大阪からバイトをしにくる人も少なくありません。今回は、京都のカフェ事情や京都のカフェ求人について紹介します。京都のカフェで仕事をしてみたいと思っている人や興味がある人はぜ

カフェバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

求人媒体で多く見かけるのが飲食店のアルバイトです。年齢も幅広く募集しているので、学生さんや主婦の方も働きやすいですよね。週2日からなど少ない日数でも働けたり、シフトが2週間毎の提出だったりと、融通が利くところも嬉しいポイントです。中でもカフェのアルバイトは若い人たちに大人気!制服の写真や賄いなんかもついつい気になっちゃいますよね?話題のスポットの近くやおしゃれなカフェで一度は働いてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか?今回はカフェで働くために必要なスキルや時給なんかをお伝えしたいと思います。カフェバイトの給料の相場はどのくらい?カフェのアルバイトって時給が安いイメージがありませんか?

東京のカフェバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なバイト先を解説します

カフェのアルバイトと聞くと、「おしゃれな職場」「制服がかわいい」「美味しいコーヒーやスイーツを食べられる」というイメージを持っている人が多いかもしれません。しかし、カフェはお店の形態、提供するドリンクやフード、店の雰囲気などによって、仕事環境がまったく異なってきます。「おしゃれだから」と雰囲気重視でカフェのバイトを選ぶと、思っていた仕事と実際の仕事が違ってしまうこともあります。カフェでバイトしたいと思ったら、まずはカフェバイトの仕事や募集内容についてよく知っておくようにしましょう。この記事では、東京のカフェバイトについて紹介していきます。カフェバイトはどんな仕事?カフェにもさまざまな形態があり

カフェ店長が向いている人の6個の特徴や必要なスキル・適正とは?

『アルバイトするならおしゃれなカフェがいい!』『老後は喫茶店を経営して自分だけのお店を持ちたい』日本国内でのカフェブームは定着し、憧れのお仕事のひとつとして大人気です。でも実際、社員としてカフェの店長を務めるとなるとどのような生活が待っているのかご存知でしょうか?カフェの店長とはどんな仕事?カフェという1国の城を守る主です。共に働くメンバーに指揮命令を出し、お城の設備を整えてお国のためにしっかり利益を生み出さなければならないお仕事です。カフェの店長の大まかな仕事内容お客様への接客販売アルバイトスタッフの採用育成・管理お店の管理(備品、設備のメンテナンス含む)食材の管理(食材の発注、賞味期限管理

フクロウカフェバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

フクロウカフェでの仕事は、フクロウという不思議な生き物に直接触れ合うことができる素敵な仕事です。わからないことが多々あるとは思いますが、徐々に覚えていけば問題ありません。まずは、自身がフクロウの魅力を存分に知ることから始めましょう。この記事では、フクロウカフェバイト求人について紹介していきます。フクロウカフェはどんな仕事?フクロウ全般のお世話、接客が主になります。給餌の準備やフクロウのメンテナンス、ケージの清掃、店内清掃などを行います。接客はお客様が来店したらフクロウを乗せてあげ、写真を撮ったりしてあげます。フクロウについての質問、飼い方などもアドバイスしていきます。フクロウカフェの大まかな仕

カフェベーカリー求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

カフェベーカリーの仕事を始めるにあたり、気になることはたくさんあると思います。求人内容は読むけど、いまいちどんな仕事か内容がよくわからないとか、働いてみたいけどどういった研修があるのだろうかとか、アルバイトから社員へ昇格できる制度があるのかどうかなど色々とあると思います。今回はカフェベーカリーの求人でよくある募集内容・募集職種など、気になる疑問について解説していきます。カフェベーカリーのおおまかな仕事内容カフェベーカリーのおおまかな仕事内容は、ホールとキッチンです。ただ、最近はセルフ式のカフェも増えていますのでセルフ式の場合は、ホールスタッフではなくカウンター業務とキッチン業務と言えます。カフ

カフェの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

カフェ店員を目指すに当たって、気になるポイントが収入です。カフェは私たちにとって、とても身近で気軽に入る事ができ、生活に欠かせないものになりましたが、店員さんたちの生活スタイルや待遇など、分からないことが多いですよね。大好きなカフェで働きたいと言う気持ちはあるものの、生活が厳しくなるのは困りますし、収入の面で不安だと思っている方もいるでしょう。そこで今回はカフェ店員の年収相場はいくらくらいで、賞与などはあるのか、昇給などについて解説していきます!カフェの給料の年収相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合地方や企業などでもちろん差はありますが、一般企業に新卒で入社した場合の平均年収は、200万

カフェに就職するためにはどうすればいい?仕事内容や気になる疑問を解説します

おいしい物やかわいいものに囲まれたカフェでの仕事をしたいと思った事はありませんか?今、日本ではカフェの文化が大きく広がっています。朝から夜遅くまで、いつでも私たちを迎え入れてくれる素敵なカフェはお客さんとして行きたい場所であると同時に働きたい場所でもあるでしょう。今回は、カフェの就職を考えている方に良い就職先の見つけ方や仕事内容をお話します!カフェ正社員の大まかな仕事内容とは?カフェ店員、特に正社員の仕事はどのようなものなのでしょうか。正社員での採用となった場合、お店に関すること全てを担わなければいけません。まずはその仕事内容を見ていきましょう。ホールでの接客業務お客様のオーダーを聞いたり料理

カフェの転職を成功させるためにやるべき3つのことと、上手な転職方法を解説します

好きで始めたカフェでの仕事も、年月が経つと転職を考えることもありますよね。今のカフェで勉強できることは終わったと感じたり、もっと成長できるところへ移動を考えたり理由は様々です。次の職場へ行こう!と思ったら、それがカフェの転職時です。今回は、現在カフェ店員として働いていて次もカフェで働きたいと考えている方へ、上手なカフェ転職方法と注意点をお話していきます!カフェの仕事で転職する人は多い?カフェの仕事は考えていたよりも忙しく、お給料も高くなかったのではないでしょうか。決して良いとは言えない条件の仕事を続けてこられたのですから、あなたはカフェ店員に向いている事と思います。カフェ店員の転職はとても多い

▼記事をスキップして見たい人向け▼
カフェ正社員の仕事を探すにはこちら >