カフェの仕事はアルバイトを考えている人には特に人気の仕事です。

街中にはおしゃれなカフェからチェーン店など色々なカフェがあります。

カフェの仕事は、未経験者でも始めることができますし、調理関係の資格や知識が必要なイメージがありますがそういったものがなくても仕事を始めることができるので気軽にできます。

カフェの仕事を始めてみたい、カフェの仕事が気になっているけど、もうちょっと色々とカフェについて知りたいと思っている方も少なくないと思います。

今回は、カフェで働くにはどうしたらいいのか、カフェでの仕事の探し方や実際にカフェの面接に行った際に気をつけるべきことについて紹介します。

カフェで働くには?

おしゃれでかっこいい雰囲気のあるカフェや落ち着くカフェなど色々なカフェがあって働いてみたいと思う人も少なくありません。

カフェのバイトは他のバイトと比べて特別な資格があるわけでもありませんし、未経験者でも気軽に始めることができます。

仕事は大変ですが、やりがいもあり楽しい仕事です。

そんなカフェの仕事をするにはどのような方法があるのか気になるところです。

カフェで働くにはどうしたらいいかについて紹介します。

アルバイトをする

カフェで働く一番の近道は、アルバイトをすることです。

カフェのバイトの募集は色々と多く、チェーン店や個人経営店など色々あります。

どこでアルバイトするかは本人の選択になります。

アルバイト先のカフェとして人気なのはチェーン店が多く、スターバックスやタリーズ、ドトールコーヒーなどセルフ式カフェが学生に人気で、パートだとコメダ珈琲や星乃珈琲が人気です。

募集も色々あるため、アルバイトをすることがカフェで働くには近道と言えます。

また、アルバイトの場合は掛け持ちもできますし、シフト制で融通が利くため、気になるカフェを掛け持ちで働くメリットもあります。

正社員になる

アルバイトの他にカフェで働く方法としては正社員として働くことです。

アルバイトとの違いは、一つのお店で働けるだけでなく、お店の運営に携われることです。

アルバイトと違って福利厚生など優遇されている部分もあるため、じっくりとカフェの仕事を実務だけでなく運営もやりたい場合は、正社員としてカフェの仕事に携わることも一つの方法です。

オーナーになる

カフェで働きたいけど、自分なりの色を出して運営していきたい場合は、オーナーになることも方法です。

正社員やアルバイトに比べるとお店の運営だけでなく、お店の経営を担うのでアルバイトや正社員と違った大変さがありますが、カフェが好きでカフェをやっていきたいのであれば、正社員やアルバイトとしてではなく、オーナーとして働くのも方法です。

自ら考えたメニューをお店に出すこともできますし、自分色のお店作りすることもできます。

カフェの働き先や募集状況は?

カフェの仕事は、どこにでもあります。

チェーン店から個人経営店など街の色々なところのカフェがあり、店頭で募集の張り紙をしていたり、募集媒体やネットなどでも探すことができます。

募集状況としてはお店にもよりますが、通年でどこかで募集をしています。

一つのお店でずっと募集は出ていませんが、新店舗開店の際や春先の人の入れ替わりがある時などで募集が増える傾向にあります。

カフェの主な働き先

カフェで働きたいけど、働き先はどんなものがあるか気になるところです。

カフェの主な働き先は、3タイプになります。

一つ目は、個人経営店、二つ目は、チェーン店やフランチャイズ店などの大手傘下のお店で三つ目が自ら起業することです。

個人経営店

大手チェーンやフランチャイズのように幅広く店舗展開していませんが、こじんまりとしたアットホームなお店のため、オーナーや従業員との距離が近く、カフェの仕事だけでなく、店舗管理や店舗運営についても知ることができます。

チェーン・フランチャイズ店

個人経営店とは違い、チェーン店・フランチャイズ店は、大手傘下のお店が多いため、しっかりとした研修制度やマニュアル化された業務のため、仕事が覚えやすく、カフェの仕事をこれから始める人にはきちんとした基本的な知識を学ぶことができます。

起業

初心者には少しハードルが高いですが、思い切って自分のお店を作ることもカフェの主な働き先の一つです。

正社員やアルバイトと違い、一から自分のお店を築き上げることができるのでモチベーションもやりがいも全く異なります。

カフェの働き口はどの程度あるの?

カフェの働き口は様々です。

個人経営店もあればチェーン店もあるため、どこで働きたいかどういうことを学びたいかによります。

募集が多くかかるのは春先です。

就活が終わった学生の退職が迫ってくるのでお店側が人材確保で募集をかけます。

あとは新入生が入ってくる春にも募集が多くかかります。

他にはどこかに新店をオープンさせる際にオープニングスタッフを多めに募集するのでこれらのタイミングが働くためには良いタイミングです。

カフェの転職事情

カフェの転職は、他の業界に比べると少ないと言えます。

同業他社へ転職する人は正社員としては稀です。

アルバイトが同業他社へいくのは少なくありません。

掛け持ちで働いていたりもしますし、どちらか一つである程度経験を積んでもう一つへ移籍していきます。

カフェの平均時給はどれくらい?

カフェの平均時給は、エリアにもよりますが地方の一番安いところで約820円で都市部の高いところだと約1,100円くらいです。

お店に違ってもちろん異なってくるのと早朝や夜遅い勤務を挟むと早朝手当や深夜手当で時給がアップします。

どうやってカフェの仕事を探すの?おすすめのカフェの見分け方とは?

カフェの仕事を実際に始めて見ようと思ったらどのような媒体で探せばいいのか知りたいところです。

もし、この店で絶対に働きたいと明確にお店が決まっているなら、お店に出向いてアルバイト募集の張り紙をチェックするか店員さんに直接聞くもしくはチェーン店だとお店のHPから店舗ごとにアルバイトを募集しているかどうかの情報を入手することもできるのでチェックしてみて下さい。

仮にどのカフェで働きたいか決まっていないけど、カフェで働いてみたい人の場合は、インターネットの広告媒体、タウンワークやan、バイトルなどで働きたいエリアを絞ったり、条件を絞って検索することで働いていみたいお店を探すことができます。

おすすめのカフェの見分け方についてですが、時給や細かな内容は実際に聞いてみたいとわからないものです。

そのため、気になるお店が働くのに適しているかどうかをチェックするポイントは、3つです。

  • 1.お店の雰囲気をチェック
  • 2.店員さんの身なりをチェック
  • 3.駅からお店までの距離もしくは家や学校からお店までの距離
1.お店の雰囲気をチェック

お店の雰囲気チェックについてですが、直感的な話ですが自分がお店に入って過ごしてみてこのお店で働きたいかどうかお店の雰囲気が好きになれるかどうかです。

おしゃれでみんなが楽しそうに働いていたり、逆にせかせかと忙しそうに動き回って大変そうな従業員の姿をみたりしてどちらがいい店かどうかは答えがありません。

あくまでも自分が働いている姿が想像できるかどうか、働いてみたいと思えるかどうかです。

2.店員さんの身なりをチェック

店員さんの身なりをチェックしてみるのは、身なりをチェックしていて汚れが目立つお店はマニュアルがきっちりしていない、店長や責任者のチェックが行き届いていない、お店がしっかりと運営されていない可能性があります。

身だしなみがしっかりしているところはマニュアル化がしっかりされていることが多く、実際に働いてからもトレーニングなどがきちんとしているケースが多いです。

3.駅からお店までの距離もしくは家や学校からお店までの距離

駅からお店までの距離もしくは家や学校からの距離ですが、実際に働くのに朝早くシフトには入るのか夜遅くまでシフトに入るのかを選択できますが、お店までの距離が近い方がどちらで働くにしても安心です。

お店までの距離が遠かったり、通勤に時間がかかり過ぎてしまうと疲れたり、夜遅い勤務の場合は、帰り道が心配になってしまいます。

面接で気をつけたほうがよいこととは?

カフェでの仕事を見つけて実際に応募をして面接に招待されました。

ここまできたらカフェで働くにはもう少しなのですが、カフェで働くにしても採用試験として面接があります。

これはアルバイトであっても正社員であっても面接は必ずあります。

オーナーや店長、お店の関係者として、どういった人物かみておきたい、話を聞いておきたいと思っているので書類だけで採用となることはまずありません。

そのため、面接を嫌でもこなしますが面接を受ける際に気をつけた方がよいポイントを知ることでより面接に挑みやすくなります。

ここでは面接で気をつけた方がいいことをまとめてみました。

募集内容の確認

募集内容について確認しておくことが大切です。

面接をする上で募集内容や会社のHPは読んできていることが前提になります。

正社員希望で面接に挑むならお店の戦略や競合、マーケット情報も知っておく必要があります。

アルバイトの面接で募集内容の中で注意するポイントは、交通費が全額支給でなかったり、研修時の時給が異なっていたり、何かしら条件を記載しているケースがあり、面接に来た場合はこれに同意していると解釈されます。

面接時には募集内容をしっかり理解した上で挑みましょう。

服装・身だしなみ

服装や身だしなみはカフェの面接に行く際は注意しましょう。

アルバイトだからといってピアスをしていたり、髪の毛がボサボサのままいっては印象が良くありません。

また、派手な服装で行くのも印象としては良くありません。

面接時には、男性の場合、チノパンに襟付きシャツ、スニーカーで派手でなければ問題ないかと思います。

女性の場合は、襟つきのシャツかブラウスにチノパンツかスカート(ただしミニスカートはNG)と革靴かパンプスもしくはスニーカーが好まれます。

もう一つ注意したいのは履歴書は折らずにカバンに入れて持っていきましょう。

そのためもちろんですがカバンも必要です。

男性の場合も女性の場合も面接時の服装や身だしなみのキーワードは派手でないものです。

スーツで行く必要はなくカジュアルで基本的には問題ないですが、派手すぎるものは避けるようにしましょう。

面接時の表情

カフェの仕事は接客することが多いです。

厨房で働いていたとしてもお客様から見えるところでの調理が多いので怒ったような顔をして働くわけにはいきません。

面接も同様で緊張するかもしれませんが、口角をあげて笑顔でなるべく話すようにしましょう。

真顔ばかりでは相手に怒っている印象を与えたり、何か不満なのではないかと思われたりしますので口角を上げて笑顔を意識することも大切です。

面接当日のお店へ行く時間

面接に際しての注意事項で面接時の言葉遣いや表情、服装や身だしなみについての記事やアドバイスはよく伺いますが、面接当日、お店に行く時間は意外と記されていません。

実は、面接当日、お店へ行く時間も重要だったりします。

お店での面接は基本的に店長やオーナーが直々こなすケースが多いです。

そのため、忙しい時間帯に行くと帰って邪魔をしてしまい、相手に悪い印象を与えてしまいます。

面接をお願いするにあたり相手から時間帯を指定されないのであれば、11:30-13:30や15:00-16:30の時間帯は忙しいことが多いので避けましょう。

また、当日、お店に行く時間として面接の10-5分前がベストになります。

あまり早いとお店が忙しかったり、面接に来る前に済ませておきたい段取りや仕事があってバタバタしている可能性があるため、早すぎてもいけませんし、もちろんですが遅刻やどうしようもない理由を除いてドタキャンは厳禁です。

せっかく時間を作ってもらったのに不意にしてはいけません。

カフェのバイト面接を受ける時は、こちらの記事も参考に!

まとめ

カフェで働くには色々な道があります。

最近はインターネットを使って広告媒体から募集を検索できたり、気になるお店のHPで直接バイト募集要項を探すことができます。

正社員も同様に広告媒体やお店のHPから募集を探すことができます。

また、ある程度経験があるのであれば、カフェの仕事を自分で始めてしまうのも方法の一つです。

カフェで働いてみたいけど、もう少し詳しく知りたいなと思っている方やカフェの仕事が気になっている人などカフェのことを知りたい人にこの記事がお役に立ててたら嬉しいです。


関連キーワード

カフェ求人

カフェ求人についてもっと深堀りした情報を見る

カフェ店長の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

飲食業で働いてみたいけれど、レストランのような厳しい雰囲気が苦手だと感じていたり、もっとカジュアルな環境で働きたいと思っている方におすすめなのが「カフェ」での勤務です。カフェは日本で増え続けている飲食業の業務形態で、毎日でも通いやすい価格帯とおしゃれな空間が人気となっています。そんなカフェですが、一昔前は個人が経営者兼店長として運営しているお店が多かったのですが現在は企業が母体となり、店長業務は社員に任せていると言うお店が増えてきています。カフェの店長業務とは一体どのようなもので、どんな人物が求められているのでしょうか。企業の運営するカフェで店長として働いていた私が経験したカフェ店長の仕事や、

京都カフェ求人の特徴や、人気なエリア・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

京都といえば、古き良き日本をイメージする人が多いかと思います。観光地で有名な清水寺や金閣寺、八坂神社、祇園、四条や三条などがあります。そんな京都は、街の至るとろこにカフェがあります。古い喫茶店やモダンなカフェ、日本人にも外国人にも人気の高いカフェは町家を改装したものがあります。意外にカフェの多い京都では、カフェの仕事が多く、学生を中心に人気だったりします。また、外国人が多いため、外国語を使って仕事ができるので京都だけでなく隣の大阪からバイトをしにくる人も少なくありません。今回は、京都のカフェ事情や京都のカフェ求人について紹介します。京都のカフェで仕事をしてみたいと思っている人や興味がある人はぜ

カフェバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

求人媒体で多く見かけるのが飲食店のアルバイトです。年齢も幅広く募集しているので、学生さんや主婦の方も働きやすいですよね。週2日からなど少ない日数でも働けたり、シフトが2週間毎の提出だったりと、融通が利くところも嬉しいポイントです。中でもカフェのアルバイトは若い人たちに大人気!制服の写真や賄いなんかもついつい気になっちゃいますよね?話題のスポットの近くやおしゃれなカフェで一度は働いてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか?今回はカフェで働くために必要なスキルや時給なんかをお伝えしたいと思います。カフェバイトの給料の相場はどのくらい?カフェのアルバイトって時給が安いイメージがありませんか?

東京のカフェバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なバイト先を解説します

カフェのアルバイトと聞くと、「おしゃれな職場」「制服がかわいい」「美味しいコーヒーやスイーツを食べられる」というイメージを持っている人が多いかもしれません。しかし、カフェはお店の形態、提供するドリンクやフード、店の雰囲気などによって、仕事環境がまったく異なってきます。「おしゃれだから」と雰囲気重視でカフェのバイトを選ぶと、思っていた仕事と実際の仕事が違ってしまうこともあります。カフェでバイトしたいと思ったら、まずはカフェバイトの仕事や募集内容についてよく知っておくようにしましょう。この記事では、東京のカフェバイトについて紹介していきます。カフェバイトはどんな仕事?カフェにもさまざまな形態があり

カフェ店長が向いている人の6個の特徴や必要なスキル・適正とは?

『アルバイトするならおしゃれなカフェがいい!』『老後は喫茶店を経営して自分だけのお店を持ちたい』日本国内でのカフェブームは定着し、憧れのお仕事のひとつとして大人気です。でも実際、社員としてカフェの店長を務めるとなるとどのような生活が待っているのかご存知でしょうか?カフェの店長とはどんな仕事?カフェという1国の城を守る主です。共に働くメンバーに指揮命令を出し、お城の設備を整えてお国のためにしっかり利益を生み出さなければならないお仕事です。カフェの店長の大まかな仕事内容お客様への接客販売アルバイトスタッフの採用育成・管理お店の管理(備品、設備のメンテナンス含む)食材の管理(食材の発注、賞味期限管理

フクロウカフェバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

フクロウカフェでの仕事は、フクロウという不思議な生き物に直接触れ合うことができる素敵な仕事です。わからないことが多々あるとは思いますが、徐々に覚えていけば問題ありません。まずは、自身がフクロウの魅力を存分に知ることから始めましょう。この記事では、フクロウカフェバイト求人について紹介していきます。フクロウカフェはどんな仕事?フクロウ全般のお世話、接客が主になります。給餌の準備やフクロウのメンテナンス、ケージの清掃、店内清掃などを行います。接客はお客様が来店したらフクロウを乗せてあげ、写真を撮ったりしてあげます。フクロウについての質問、飼い方などもアドバイスしていきます。フクロウカフェの大まかな仕

カフェベーカリー求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

カフェベーカリーの仕事を始めるにあたり、気になることはたくさんあると思います。求人内容は読むけど、いまいちどんな仕事か内容がよくわからないとか、働いてみたいけどどういった研修があるのだろうかとか、アルバイトから社員へ昇格できる制度があるのかどうかなど色々とあると思います。今回はカフェベーカリーの求人でよくある募集内容・募集職種など、気になる疑問について解説していきます。カフェベーカリーのおおまかな仕事内容カフェベーカリーのおおまかな仕事内容は、ホールとキッチンです。ただ、最近はセルフ式のカフェも増えていますのでセルフ式の場合は、ホールスタッフではなくカウンター業務とキッチン業務と言えます。カフ

カフェの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

カフェ店員を目指すに当たって、気になるポイントが収入です。カフェは私たちにとって、とても身近で気軽に入る事ができ、生活に欠かせないものになりましたが、店員さんたちの生活スタイルや待遇など、分からないことが多いですよね。大好きなカフェで働きたいと言う気持ちはあるものの、生活が厳しくなるのは困りますし、収入の面で不安だと思っている方もいるでしょう。そこで今回はカフェ店員の年収相場はいくらくらいで、賞与などはあるのか、昇給などについて解説していきます!カフェの給料の年収相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合地方や企業などでもちろん差はありますが、一般企業に新卒で入社した場合の平均年収は、200万

カフェ正社員求人の給与相場や仕事内容は?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

私達の身近にあるカフェ。コーヒーに特化していたり、デザートやランチがおいしかったり、それぞれ特徴があり毎日でも行きたくなるカフェですが、カフェで正社員として「働く」となるとその仕事内容や条件、給与などを知らない方も多いでしょう。一般の会社とは違う業界ですので、カフェで働きたいと思っても、今一歩踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな皆さんに向けて、カフェ勤務10年以上の筆者が「カフェの正社員」の求人について仕事内容から勤務地、条件や年収までをお話します。カフェの正社員求人の仕事内容とは?まずはカフェの正社員の仕事内容から見ていきましょう。カフェ正社員の一日を追って朝からご

カフェに就職するためにはどうすればいい?仕事内容や気になる疑問を解説します

おいしい物やかわいいものに囲まれたカフェでの仕事をしたいと思った事はありませんか?今、日本ではカフェの文化が大きく広がっています。朝から夜遅くまで、いつでも私たちを迎え入れてくれる素敵なカフェはお客さんとして行きたい場所であると同時に働きたい場所でもあるでしょう。今回は、カフェの就職を考えている方に良い就職先の見つけ方や仕事内容をお話します!カフェ正社員の大まかな仕事内容とは?カフェ店員、特に正社員の仕事はどのようなものなのでしょうか。正社員での採用となった場合、お店に関すること全てを担わなければいけません。まずはその仕事内容を見ていきましょう。ホールでの接客業務お客様のオーダーを聞いたり料理


カフェ求人に関するコラム

カフェ店長の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

カフェの店長の待遇について、主に給料面を中心にご紹介させていただきます。とても魅力的で人気の高いカフェの仕事ですが、一生の仕事として、あるいは店長として責任をもって務めるにあたり、不安を抱かれる方も多いかと思います。そういった方々の疑問や不安が、少しでも解消されれば幸いです。カフェ店長の給料の相場はどのくらい?カフェの店長は決して極端に給料のいい仕事とは言えません。しかし、普通に生活していくのに支障がない程度はもらえます。また、会社やお店の状況によって、待遇面などは大きく変わります。正社員で新卒入社した場合正社員で新卒入社した場合ですが、おそらく最初から店長職に就くことは難しいでしょう。最初は

カフェ店長になるには?店長になるために学んでおくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

カフェの仕事というと「おしゃれな店内で働く」「かわいい制服」「コーヒーの匂いやおしゃれなスイーツに囲まれての仕事」のイメージを持つ人が多いかもしれません。実際に、カフェの求人に応募する人も、上のようなイメージを抱いて働きたいと思っている人も少なくありません。では、カフェの店長の仕事というとどういうイメージになるでしょうか?颯爽と仕事をこなす人とかできる人のイメージかもしれません。実際にカフェ店長の仕事は、思っている以上に大変かもしれませんし、想像以上にやりがいがあるかもしれません。カフェで働いてみたい人の中には店長をやってみたい、将来オーナーになりたいと思う人は多いですが、店長の仕事を知らない

カフェでホワイトな職場の6個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

カフェや飲食店の仕事をしてみたいと思っていても最近はブラックって言われることが多いのでそういうところで働きたくないなと思うかもしれません。カフェの仕事はブラックな職場ばかりなのでしょうか?いいえ、カフェの仕事はブラックの職場もあるかもしれませんが、そうでない職場もあります。今回は、どういうところがブラック職場と言われる特徴なのか、どういうとこに注意すればホワイトな職場で働けるかについて紹介します。カフェにブラックな職場はまだ多い?カフェを始め飲食店の仕事は長時間労働できつい、休憩や休みがないと思われています。実際にそういった店舗は少ないとはいえません。ブラックな職場に勤務してしまうと仕事はきつ

カフェで働く大変さを感じる8個の瞬間とは?大変だけど楽しいポイントも紹介します

カフェの仕事というと、おしゃれな街中にあっておしゃれな店員さんやおしゃれな店内でスムーズに仕事をしているイメージを思い浮かべられることが多いと思います。今はカフェ=おしゃれという式が成り立っているため、カフェで働くというと無条件でおしゃれなイメージになります。そんなおしゃれなカフェで働いたとしても仕事なので大変なこともあります。今回は、カフェで働く上で大変なこと、やりがいや楽しいと感じることを紹介していきます。カフェで働く大変さを感じる8個の瞬間カフェで働いてみたいと思って検索したり、誰かカフェで働いている人に実体験を聞くと必ず大変と聞いたりみたりするかもしれません。おしゃれなイメージと離れて

カフェがブラックな仕事だな…と感じた7個の瞬間と、それでもカフェの仕事は楽しいと思う7個の理由

カフェの仕事はどんなイメージがありますか?オシャレで優雅に働くイメージでしょうか?それとも忙しく働くイメージでしょうか?カフェの仕事はオシャレとか楽しそうというイメージが多いのと同じくらい、忙しくて大変そうというイメージがあります。お店や時間帯にもよりますがオシャレなイメージとは裏腹に実際は忙しかったり大変だったりします。そしてカフェの仕事は意外と力仕事が多かったり、体育会系のノリだったりしますので働いてみるとびっくりすることがあったりします。今回はカフェの仕事でここがブラックだなと思うこととそれでもカフェの仕事が楽しいと思える理由を紹介します。経験者の私が思う、カフェの仕事がブラックな理由と