カフェの店長の待遇、主に給料について紹介します。

とても魅力的で人気の高いカフェの仕事ですが、一生の仕事として、あるいは店長として責任を持って務めるにあたり不安を抱かれる方も多いと思います。

そのような方々の疑問や不安が少しでも解消されれば幸いです。

「カフェ店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カフェ店長の給料の相場はどのくらい?

カフェの店長は決して極端に給料の良い仕事とは言えません。

しかし、普通に生活していくのに支障がない程度は貰えます。

また、会社やお店の状況によって待遇面などは大きく変わります。

正社員で新卒入社した場合のカフェ店長の給料相場

正社員で新卒入社した場合、最初から店長職に就くのは恐らく難しいでしょう。

最初は平社員あるいは副店長として、店長の下で業務を学んでいくのが一般的です。

会社にもよりますが、新卒の最初の給料は決して高くありません。

月給で20万円前後が多いでしょう。

とは言え、新卒入社1年目は税金もまだ少ないですし、極端に困ることはないでしょう。

正社員で転職した場合のカフェ店長の給料相場

転職の場合は、前職に依るところが大きいかと思います。

いきなり店長というケースは少ないかもしれませんが、同業種からの転職であれば、前職の経験や給料実績を考慮して適切な金額になるように調整されることが多いです。

また、飲食業界は常に人手が不足しているので、早い段階で店長昇格や高い月給を約束される可能性もあるでしょう。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

賞与は完全に会社次第です。

また、その年の業績にも依るでしょう。

酷い時期だと、賞与がボールペン1本だけだったなんていう話も耳にします。

しかし、信頼できる経営をしている会社であれば、大抵は月給の1ヶ月ないし2ヶ月分が支払われます。

昇給

昇給は簡単ではないでしょう。

もちろん、経営の安定している会社であれば年々少しづつ上がっていきますが、急に劇的に上がることはないと思います。

また、長年勤めた人にはシニアというポジションが用意され、給料にも反映されることがあります。

各種手当

手当については会社次第ですが、残業手当などは適宜支払われるのが基本です。

そして、サービス業に就く以上は残業は必ず発生すると考えておいた方が安心です。

みなし残業という制度もあるので、実際の残業量や残業の手当てがどのくらい貰えるかは事前に探りを入れておいた方が良いでしょう。

また、会社や協会が主催している資格などを取得することで、僅かですが手当てが支払われることもあるようです。

給与が高い人は何が違うの?

同じ会社の同じ店長職でも、勤続年数や会社への貢献度で給料が少し変わることもあります。

また、一番大きい要素は残業の有無とその量ではないでしょうか。

給与が高い人は他にも「スキル」「役職」「勤続年数」「地域」の四つの違いがあります。

スキル

例えば、コーヒーに関する知識を一定レベル以上持っていると会社に認めてもらえれば、コーヒーのセミナーやスクールを開くことができる会社もあります。

その開催数に応じていくらかの手当てが付くこともあります。

なによりも自身の知識や技術の向上と、それを相手に伝えて広まっていくという喜びがあります。

その他には経営スキルも評価に繋がります。

アルバイト人員を適切に管理して自分自身の時間を捻出できれば、勤務時間は短くなり、結果的に時給換算した際の給料は上がります。

また、業績を上げれば賞与や会社からの評価も上がります。

役職

役職としては、店長か店長でないかで大きく違ってきます。

また、店長業務をこなしていても会社の求める基準に達していなかったりセミナーをパスしていなかったりすると、店長代理のような扱いとなり、平社員と給料が変わらないこともあります。

その辺りは会社ごとにルールに違いがあるので、よく確認することをおすすめします。

勤続年数

勤続年数は給料に当然影響してきます。

しかし、長く勤めれば自動的に昇進できるという意味ではありません。

何年続けても、会社に対してアピールがなければずっと店長のままです。

期待を超える実績を上げ、店舗単位ではなくもっと広い視野を持つことで、更に上のポジションへ異動できるチャンスも増えます。

また、店長として優秀だと評価されれば、新人店長に対する見本となるシニア店長になれる制度を設けている会社もあります。

地域

基本的にはやはり首都圏や都市部の方が給与面でも優遇されます。

恐らくどの業種でも同じではないでしょうか。

しかし、全国転勤がある規模の企業の場合は、地方に行ったからといって給料が下がることはなく、安定した収入を期待できます。

「カフェ店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カフェ店長の給料の決まり方

基本的には会社が定めた月給に、店舗責任者としての手当てや資格の手当て、勤続年数による昇給分が加算されていきます。

店舗責任者と店長代理について

繰り返しになりますが、同じ仕事をしていても店舗責任者として会社に認定されているかどうかで給料は変わります。

自分自身の仕事内容を振り返り充分実績があると判断されるのであれば、上長に自ら申請する姿勢が大切です。

残業すればするだけ給料は上がります

これも当然のことですが、逆に言うと残業をしないと給料はかなり厳しい額しか貰えないでしょう。

知り合いの店長で、共働きではなく一人で稼いで一家を養っているという例は聞いたことがありません。

しかし、店長クラスをまとめるエリア長のような一つ上の役職に就くことができれば、給料はかなり高くなるようです。

ただし、エリア長は管理職扱いとなるので、残業しても残業代の支払いは発生しないこともあります。

満足に自分自身の時間もマネジメントできない人では、とても辛い思いをすることになるでしょう。

カフェ店長で給料をあげるためにやるべき3個のこと

カフェ店長も会社に雇われているサラリーマンであることに変わりはありません。

給料を上げる方法も、一般的なサラリーマンのやり方と大きく変わることはないでしょう。

以下に幾つかの例を挙げてみます。

店長から更に上の役職への昇格

前述の通り、店長業務を極めて他の店長の模範となるようなシニア店長やエリア長になることができれば、それに伴い給料が上がります。

しかし、それは上長へのアピールや他の店長よりも優れた功績があって初めて得られるものであり、他の人と同じようにただ日々の業務をこなしているだけでは昇格することはできません。

昇給するためには当然試験や面接もあります。

また、あくまで会社にそれだけの余力があれば可能な話なので、小さな会社やほとんど個人経営のような業態では、上記のような給料の増額は望めないでしょう。

もっと良い給料の会社に転職する

店長クラスの人間にどれだけの給料を支払うかは、会社の業態や業績によってかなり変わってきます。

また、大手ならより高い給料とは一概には言えないようです。

自分自身のスキルと照らし合わせてより良い条件があるのであれば、転職は一つの選択肢だと思います。

その場合も、転職先にアピールできるような具体的な功績を用意しておくことをおすすめします。

通常業務以外で功績を上げる

店長としてお店を運営することは最低限必要ですが、その他にセミナーの講師をして手当てを受け取るという方法もあります。

セミナーの回数に応じて手当てが発生する場合、それだけで月給にプラス1万円から2万円程度の手当てが期待できます。

ただし、そのような制度がない場合、ただセミナーを開催する手間が増えるだけになってしまうので、確認や提案を確実に行うことが必要です。

給料をアップさせるための求人の選び方

新卒と転職いずれにしても、数ある求人の中から給料をアップさせていくためにはどうすれば良いかを紹介します。

店長になるまでの期間を逆算してみる

何度も書いてきましたが、店長か平社員、あるいは店長代理かで給料は結構大きく変わります。

また、店舗が増えなければ新しい店長は当然必要ありません。

求人中の会社が、どれくらいのスピードで成長しているか、特にどれくらいのペースで新店を出しているかはチェックしておいた方が良いでしょう。

また、店長になった際にどれくらいの月収が見込めるかも、面接などのタイミングで確認したほうが良いかもしれません。

賞与がどのタイミングでどれくらい支払われるか確認する

賞与をどの程度支給するかは会社によって違いがあります。

月給が30万円でも賞与がなければ、月給が25万円で賞与がある場合と比べた時、トータルではマイナスの年収になる可能性もあります。

賞与がほとんど支払われないという会社も一定数存在しているので、月給だけではなく年収単位でも給料を計算してみることをおすすめします。

資格支援の欄を確認する

どのような店舗を展開しているかによって、必要な技術は微妙に変わってきます。

例えば、店内でコーヒーの焙煎はやるのか、どの程度の料理を提供するのかなどです。

それに伴い社内資格がどれくらい充実しているか、また、その資格に対してどの程度の手当てが付くのかも同時にチェックしておくと良いかもしれません。

カフェの店長は昇格が難しい仕事の一つです。

自分自身のスキルを伸ばせる環境があるかどうかと、それに伴う待遇改善があるかどうかは、長く働くのであれば大切な要素になるでしょう。

「カフェ店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

店長になった時と店長職と認められた時

同じようで微妙に違うのですが、店長昇格時に二度の昇給がありました。

一度目は、店長としてお店を任されることが決まった最初の時に5千円程給料がアップしました。

その後、本社で面接を受けて正式に店長としてのマネジメントができる職(マネージャーと呼んでいました)になった時に、また1万円程上がりました。

また、店長になるとあらゆる面での裁量権が与えられます。

それは例えば残業であったり、セミナーの開催であったりします。

上司の下で働いている時は、能力があってもセミナー講師はできませんでした。

更に昇格する前は、当時の店長が自分が残って部下には帰宅を促してくれるような優しい人だったので、残業はあまりありませんでした。

その傾向を自分も受け継いだため店長になってからは残業が増えましたが、同様に残業代も支給されたので総合的に給料は大きく上がりました。

店長としての仕事が板についてきた頃

店長業務を問題なくこなせるようになってくると、売上を上げてエリア全体・会社全体が良くなっていくための施策を考え、実行できるようになってきます。

しかし、それをしたからといって給料に反映されるわけではありません。

幸い数字だけではなく行動や施策も賞与に反映される会社だったので、上長に漏れなく報告することで賞与で貰える金額は少しずつ上がってきました。

また、数千円程度ではありますが1年ごとに昇給もありました。

まとめ

今回はカフェ店長の給料面の待遇について、体験談をもとにまとめました。

いかがでしたか?

どの会社でもそうですが、給与面での待遇は会社次第で大きく変わるので、自分の希望に合った待遇の会社を選ぶことが大切です。

そして、希望の会社に入るためにも自分自身のスキルを磨くことが重要です。

カフェの店長はコーヒーを淹れるためのスキルは当然ですが、それ以上に「人・モノ・金」の管理を求められる仕事です。

そして、会社が大きければ大きいほど評価の中でそれらが占める割合は大きくなり、更に転職の際にも有利に働きます。

とは言え、カフェの店長を5年間務めた感想としては、カフェという空間・接客という仕事を心から好きになれなくては、とても納得できるような待遇とは言えないというのが正直なところです。

それは給与面だけでなく、例えば残業時間であったり休日の量であったり、ありとあらゆる面での待遇を考慮しての結論です。

待遇が良いからやるという仕事ではありません。

しかし、店長に与えられる裁量権は大きく、アルバイトの育成なども含めて仕事を楽しむことさえできれば、とてもやりがいがある仕事だということも事実です。

待遇は決して良いわけではありませんが、生活していくのに困ったことは一度もありませんし、5年間で200万円ほどの貯金(ほとんど残業代ですが)を作ることもできました。

これからカフェ店長を目指す皆様は、ぜひ給料面で過度な尻込みをすることなく挑戦をしてみてください。

その挑戦の後押しや会社選びに、少しでもお役に立てれば幸いです。


関連キーワード

カフェ求人

カフェ求人についてもっと深堀りした情報を見る

カフェ店長の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

飲食業で働いてみたいけれど、レストランのような厳しい雰囲気が苦手だと感じていたり、もっとカジュアルな環境で働きたいと思っている方におすすめなのが「カフェ」での勤務です。カフェは日本で増え続けている飲食業の業務形態で、毎日でも通いやすい価格帯とおしゃれな空間が人気となっています。そんなカフェですが、一昔前は個人が経営者兼店長として運営しているお店が多かったのですが現在は企業が母体となり、店長業務は社員に任せていると言うお店が増えてきています。カフェの店長業務とは一体どのようなもので、どんな人物が求められているのでしょうか。企業の運営するカフェで店長として働いていた私が経験したカフェ店長の仕事や、

京都カフェ求人の特徴や、人気なエリア・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

京都といえば、古き良き日本をイメージする人が多いかと思います。観光地で有名な清水寺や金閣寺、八坂神社、祇園、四条や三条などがあります。そんな京都は、街の至るとろこにカフェがあります。古い喫茶店やモダンなカフェ、日本人にも外国人にも人気の高いカフェは町家を改装したものがあります。意外にカフェの多い京都では、カフェの仕事が多く、学生を中心に人気だったりします。また、外国人が多いため、外国語を使って仕事ができるので京都だけでなく隣の大阪からバイトをしにくる人も少なくありません。今回は、京都のカフェ事情や京都のカフェ求人について紹介します。京都のカフェで仕事をしてみたいと思っている人や興味がある人はぜ

カフェバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

求人媒体で多く見かけるのが飲食店のアルバイトです。年齢も幅広く募集しているので、学生さんや主婦の方も働きやすいですよね。週2日からなど少ない日数でも働けたり、シフトが2週間毎の提出だったりと、融通が利くところも嬉しいポイントです。中でもカフェのアルバイトは若い人たちに大人気!制服の写真や賄いなんかもついつい気になっちゃいますよね?話題のスポットの近くやおしゃれなカフェで一度は働いてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか?今回はカフェで働くために必要なスキルや時給なんかをお伝えしたいと思います。カフェバイトの給料の相場はどのくらい?カフェのアルバイトって時給が安いイメージがありませんか?

東京のカフェバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なバイト先を解説します

カフェのアルバイトと聞くと、「おしゃれな職場」「制服がかわいい」「美味しいコーヒーやスイーツを食べられる」というイメージを持っている人が多いかもしれません。しかし、カフェはお店の形態、提供するドリンクやフード、店の雰囲気などによって、仕事環境がまったく異なってきます。「おしゃれだから」と雰囲気重視でカフェのバイトを選ぶと、思っていた仕事と実際の仕事が違ってしまうこともあります。カフェでバイトしたいと思ったら、まずはカフェバイトの仕事や募集内容についてよく知っておくようにしましょう。この記事では、東京のカフェバイトについて紹介していきます。カフェバイトはどんな仕事?カフェにもさまざまな形態があり

カフェ店長が向いている人の6個の特徴や必要なスキル・適正とは?

『アルバイトするならおしゃれなカフェがいい!』『老後は喫茶店を経営して自分だけのお店を持ちたい』など、日本国内でのカフェブームは定着し、憧れのお仕事の一つとして大人気です。でも実際、社員としてカフェの店長を務めるとなると、どのような生活が待っているのかご存知でしょうか?カフェの店長とはどんな仕事?店長はカフェという1国の城を守る主です。共に働くメンバーに指揮命令を出し、お城の設備を整えてお国のためにしっかり利益を生み出さなければならないお仕事です。カフェの店長の大まかな仕事内容お客様への接客販売アルバイトスタッフの採用育成・管理お店の管理(備品、設備のメンテナンスを含む)食材の管理(食材の発注

フクロウカフェバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

フクロウカフェでの仕事は、フクロウという不思議な生き物に直接触れ合うことができる素敵な仕事です。わからないことが多々あるとは思いますが、徐々に覚えていけば問題ありません。まずは、自身がフクロウの魅力を存分に知ることから始めましょう。この記事では、フクロウカフェバイト求人について紹介していきます。フクロウカフェはどんな仕事?フクロウ全般のお世話、接客が主になります。給餌の準備やフクロウのメンテナンス、ケージの清掃、店内清掃などを行います。接客はお客様が来店したらフクロウを乗せてあげ、写真を撮ったりしてあげます。フクロウについての質問、飼い方などもアドバイスしていきます。フクロウカフェの大まかな仕

カフェベーカリー求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

カフェベーカリーの仕事を始めるにあたり、気になることはたくさんあると思います。求人内容は読むけど、いまいちどんな仕事か内容がよくわからないとか、働いてみたいけどどういった研修があるのだろうかとか、アルバイトから社員へ昇格できる制度があるのかどうかなど色々とあると思います。今回はカフェベーカリーの求人でよくある募集内容・募集職種など、気になる疑問について解説していきます。カフェベーカリーのおおまかな仕事内容カフェベーカリーのおおまかな仕事内容は、ホールとキッチンです。ただ、最近はセルフ式のカフェも増えていますのでセルフ式の場合は、ホールスタッフではなくカウンター業務とキッチン業務と言えます。カフ

カフェの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

カフェ店員を目指すに当たって、気になるポイントが収入です。カフェは私たちにとって、とても身近で気軽に入る事ができ、生活に欠かせないものになりましたが、店員さんたちの生活スタイルや待遇など、分からないことが多いですよね。大好きなカフェで働きたいと言う気持ちはあるものの、生活が厳しくなるのは困りますし、収入の面で不安だと思っている方もいるでしょう。そこで今回はカフェ店員の年収相場はいくらくらいで、賞与などはあるのか、昇給などについて解説していきます!カフェの給料の年収相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合地方や企業などでもちろん差はありますが、一般企業に新卒で入社した場合の平均年収は、200万

カフェ正社員求人の給与相場や仕事内容は?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

私達の身近にあるカフェ。コーヒーに特化していたり、デザートやランチがおいしかったり、それぞれ特徴があり毎日でも行きたくなるカフェですが、カフェで正社員として「働く」となるとその仕事内容や条件、給与などを知らない方も多いでしょう。一般の会社とは違う業界ですので、カフェで働きたいと思っても、今一歩踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな皆さんに向けて、カフェ勤務歴10年以上の筆者が「カフェの正社員」の求人について仕事内容から勤務地、条件や年収までをお話します。カフェの正社員求人の仕事内容とは?まずはカフェの正社員の仕事内容から見ていきましょう。カフェ正社員の一日を追って朝から

カフェに就職するためにはどうすればいい?仕事内容や気になる疑問を解説します

おいしい物やかわいいものに囲まれたカフェでの仕事をしたいと思った事はありませんか?今、日本ではカフェの文化が大きく広がっています。朝から夜遅くまで、いつでも私たちを迎え入れてくれる素敵なカフェはお客さんとして行きたい場所であると同時に働きたい場所でもあるでしょう。今回は、カフェの就職を考えている方に良い就職先の見つけ方や仕事内容をお話します!カフェ正社員の大まかな仕事内容とは?カフェ店員、特に正社員の仕事はどのようなものなのでしょうか。正社員での採用となった場合、お店に関すること全てを担わなければいけません。まずはその仕事内容を見ていきましょう。ホールでの接客業務お客様のオーダーを聞いたり料理


カフェ求人に関するコラム

カフェ店長になるには?店長になるために学んでおくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

カフェの仕事というと「おしゃれな店内で働く」「かわいい制服」「コーヒーの匂いやおしゃれなスイーツに囲まれての仕事」のイメージを持つ人が多いかもしれません。実際に、カフェの求人に応募する人も、上のようなイメージを抱いて働きたいと思っている人も少なくありません。では、カフェの店長の仕事というとどういうイメージになるでしょうか?颯爽と仕事をこなす人とかできる人のイメージかもしれません。実際にカフェ店長の仕事は、思っている以上に大変かもしれませんし、想像以上にやりがいがあるかもしれません。カフェで働いてみたい人の中には店長をやってみたい、将来オーナーになりたいと思う人は多いですが、店長の仕事を知らない

カフェでホワイトな職場の6個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

カフェや飲食店の仕事をしてみたいと思っていても最近はブラックって言われることが多いのでそういうところで働きたくないなと思うかもしれません。カフェの仕事はブラックな職場ばかりなのでしょうか?いいえ、カフェの仕事はブラックの職場もあるかもしれませんが、そうでない職場もあります。今回は、どういうところがブラック職場と言われる特徴なのか、どういうとこに注意すればホワイトな職場で働けるかについて紹介します。カフェにブラックな職場はまだ多い?カフェを始め飲食店の仕事は長時間労働できつい、休憩や休みがないと思われています。実際にそういった店舗は少ないとはいえません。ブラックな職場に勤務してしまうと仕事はきつ

カフェで働く大変さを感じる8個の瞬間とは?大変だけど楽しいポイントも紹介します

カフェの仕事というと、おしゃれな街中にあっておしゃれな店員さんやおしゃれな店内でスムーズに仕事をしているイメージを思い浮かべられることが多いと思います。今はカフェ=おしゃれという式が成り立っているため、カフェで働くというと無条件でおしゃれなイメージになります。そんなおしゃれなカフェで働いたとしても仕事なので大変なこともあります。今回は、カフェで働く上で大変なこと、やりがいや楽しいと感じることを紹介していきます。カフェで働く大変さを感じる8個の瞬間カフェで働いてみたいと思って検索したり、誰かカフェで働いている人に実体験を聞くと必ず大変と聞いたりみたりするかもしれません。おしゃれなイメージと離れて

カフェで働くには?仕事の探し方や面接で気をつけたほうがよいことまで経験者が解説!

カフェの仕事はアルバイトを考えている人には特に人気の仕事です。街中にはおしゃれなカフェからチェーン店など色々なカフェがあります。カフェの仕事は、未経験者でも始めることができますし、調理関係の資格や知識が必要なイメージがありますがそういったものがなくても仕事を始めることができるので気軽にできます。カフェの仕事を始めてみたい、カフェの仕事が気になっているけど、もうちょっと色々とカフェについて知りたいと思っている方も少なくないと思います。今回は、カフェで働くにはどうしたらいいのか、カフェでの仕事の探し方や実際にカフェの面接に行った際に気をつけるべきことについて紹介します。カフェで働くには?おしゃれで

カフェがブラックな仕事だな…と感じた7個の瞬間と、それでもカフェの仕事は楽しいと思う7個の理由

カフェの仕事はどんなイメージがありますか?オシャレで優雅に働くイメージでしょうか?それとも忙しく働くイメージでしょうか?カフェの仕事はオシャレとか楽しそうというイメージが多いのと同じくらい、忙しくて大変そうというイメージがあります。お店や時間帯にもよりますがオシャレなイメージとは裏腹に実際は忙しかったり大変だったりします。そしてカフェの仕事は意外と力仕事が多かったり、体育会系のノリだったりしますので働いてみるとびっくりすることがあったりします。今回はカフェの仕事でここがブラックだなと思うこととそれでもカフェの仕事が楽しいと思える理由を紹介します。経験者の私が思う、カフェの仕事がブラックな理由と