食文化の発展とともに、飲食店もたくさん並ぶようになりました。

巷にある飲食店で取り扱う食材はさまざまで、特色ある食材で軒並み人気を博している飲食店も少なくありません。

飲食店は、就職しやすい一方で、離職率も高い職種です。

しかし、未経験者でも手軽に就職することのできる飲食業界は、飲食店の増加とともに需要が拡大しています。

さらに、飲食業界の競合により、従業員の待遇も改善しつつあります。

ここでは、飲食店に転職するオススメの理由について現役店長が解説していきます。

転職するなら飲食がオススメな6個の理由

転職を考えたことのある方も多いと思います。

そのなかの選択肢の1つとして飲食店を選ぼうと考えている方もいるのではないでしょうか。

ここでは、転職するなら飲食店をおすすめする理由をご紹介していきます。

人の気持ちや考え方が分かるようになる

飲食店の基本は接客業です。

毎日お客様と何らかのやりとりがあります。

そんななか、お客様が何をどう思っているのか、飲食店の従業員は考えたり、見て感じたりしなければなりません。

例えば、お客様がご来店されたときに「何だかセカセカしている気がする。急いでいるのかなぁ?」と思えば、1秒でも早くお客様の要望に応えるために作業を最優先で行う場合があります。

実際、お昼の昼食時に飲食店を利用されるお客様の多くは、会社の休憩時間中である場合が多く、急いでいるお客様も少なくありません。

このように、飲食店に転職することで、お客様のことを考えたり、見て感じる力を養うことができるようになります。

すると、自然と仕事以外でも人の気持ちや考え方が分かるようになります。

普段から他人を思いやる気持ちが芽生える、意識できるようになるため飲食店に転職することはおすすめです。

食に対する意識が変わる

飲食店に転職すると、食に対する意識が変わります。

例えば、普段の食事の摂り方が規則正しくなったり、体調を気遣った食事の摂り方したりするようになります。

飲食店には、食材が豊富に揃っていることが多く、食材についての知識をより深く得ることができます。

その知識をもとに、プライベートでも食について意識し、健康的に生活できるようになります。

このように、飲食店に転職すると、食に対する意識が変わるためおすすめです。

人との接し方を学ぶことができる

飲食店に転職すると、さまざまなお客様と出会います。

人それぞれに個性豊かで、仕事をしながら、人との接し方を学ぶことができます。

飲食店の接客は、ご来店されたお客様に深いな思いをさせないように、丁寧な接客を心掛けなければなりません。

間違った接し方をしてしまうと、クレームに繋がったり、店舗のブランドに傷をつけてしまうことに繋がってしまったりします。

飲食店に転職することで、仕事として人との接し方を学んでいくにつれ、プライベートでも人との接し方に気を遣うようになります。

例えば、仕事上お客様には下手に出て接客を行うため、それがプライベートでも自然に出てきます。

知人や友人の間でも人のことを考えながら発言するなど、自然と接し方に注意するようになります。

このように、飲食店に転職すると、人との接し方を自然と学べるためおすすめです。

経営を学ぶことができる

飲食店の社員として転職すると、スキルや年数によっては店長として勤務することも少なくありません。

その日の売上高や集客数、昨年対比など、あらゆるデータを管理します。

また、どの食材をどれだけ使用したかなど、直接運営にかかる部分も把握しなければなりません。

飲食店の店長は、店舗内のあらゆる情報から経営状態までしっかりと把握しなければならないことから、実際の現場を見ながら得られたデータを元に経営を学ぶことができます。

このように、飲食店に転職すると、経営を学ぶことができるためおすすめです。

言葉遣いが丁寧になる

飲食店でのお客様とのやりとりは、すべて敬語を使用します。

お客様は知人、友人ではないため、言葉遣いも慎重に選びます。

例えば、飲食店に転職することで、知人や友人がご来店されることもありますが、そんな場合も他のお客様のご迷惑にならないように、しっかり敬語で話します。

その理由として、他のお客様は知人、友人がご来店していることなど知らないため、単純に「店員がお客さんとタメ語で話している」と思ってしまうためです。

そうすると、そのお店の評判に繋がるため、店舗内では言葉遣いはしっかり教育されています。

このような背景から、普段からの言葉遣いは気を配ります。

仕事柄、言葉遣いが丁寧であることを意識しているため、プライベートでも自然と言葉遣いが丁寧になります。

このように、飲食店に転職すると、自然と言葉遣いが丁寧になるためおすすめです。

将来、独立して店舗を構えることができる

飲食店に転職すると、将来は自分のお店を持ちたいと考える方も少なくありません。

実際に、経験や知識、年数を積めば、あとは開業資金さえあれば独立して店舗を構えることができます。

しかし、自身で店舗を構えるためには店長として経営を学んだり、従業員の教育方法を学んだりしていかなければなりません。

しかし、それらの苦悩を乗り越えれば独立して店舗を構えることもできるため、飲食店の転職はおすすめです。

飲食の転職で注意したほうが良い3個のこと

飲食店に転職するときに注意しなければならないことがあります。

飲食店はお客様がご来店されて始めて売上げが伸びます。

飲食店に転職して安定して運営していくことも踏まえて、ここでは、注意したほうが良いことについて解説していきます。

飲食店内の雰囲気

飲食店において、店舗内の雰囲気はとても大切です。

その理由として、普段からお客様が求めている安心感を与えることのできる雰囲気作りをしているためです。

飲食店の従業員が変われば、飲食店内の雰囲気も変わります。

しかし、ご来店されるお客様はいつもの飲食店内の雰囲気を求めています。

そのため、飲食店に転職するときは、いかに雰囲気を一定に保つか注意しなければなりません。

飲食店内の雰囲気が変わってしまうと、店舗の売上高の低下や、集客数の減少に繋がってしまうことがあります。

その原因として挙げられる要素の中に、飲食店内の雰囲気があります。

従業員の人間関係

飲食店の仕事はチームワークで成り立っています。

店舗内での業務を1人でこなすことは到底できません。

そこで、飲食店内での仕事は、それぞれに分担された役割をこなすことで1つの大きな成果を生み出します。

しかし、人間同士トラブルに発展することも少なくありません。

従業員同士で、仕事ができない従業員のことを悪く言ったり、過小評価したりしてしまうことで人間関係が悪くなってしまうことがあります。

また、問題として多いのが、給料の額です。

飲食店の給料は、一般的に能力給です。

従業員には自身が貰う給料の額は、他の従業員には秘密にしておくように注意指導します。

しかし、なかには自分の給料について話してしまう方もいます。

給料の話をしてしまうと、例えば、「私よりも後に入社したのにそんなに高い給料もらっているの?」と感じる方も出てきます。

飲食店における人間関係の悪化の原因として、本来非公開にしている給料の額情報が漏れてしまった場合に発生することが多いです。

このように、人間関係が悪化してしまうと、シフトの入れ替えや、スムーズな店舗運営に支障をきたす恐れがあるため注意が必要です。

店舗の売上高と集客状況

飲食店に転職するときに必ず把握しておかなければならないことが、その店舗の売上高と集客状況です。

毎日どれだけ売り上げて、どれだけのお客様がご来店されるのかしっかり確認しておかなければなりません。

飲食店を経験していくと、店舗の売上高や集客状況を把握していれば、その日の仕込み数や段取りを組むことができます。

実際に店舗の従業員として勤務するため、予めシミュレーションを立てて、店舗の運営がどうなるのかを確認しておく必要があります。

飲食店を辞める理由としても挙げられる「忙しすぎるから」というのも、この売上高と集客状況を把握しておくことで、大体の予測がつきます。

このことから、飲食店の運営に直接関わる売上高と集客状況については、注意しておかなければなりません。

飲食の転職を成功させるためには何をすれば良い?

飲食店の転職に失敗する方もいれば成功する方もいます。

しかし、何もしなければ飲食店の転職を成功に導くことはできません。

ここでは、飲食店の転職を成功させるためにすべきことについて解説していきます。

飲食店の転職時は第一印象に気をつける

飲食店の仕事は、清潔感に溢れた人材でなければなりません。

極端に清潔でなければならないというわけではなく、不潔にしていないことが大切です。

飲食店の転職時は清潔を保つための考え方について問われることが多いです。

そこで、よりよい印象を与えるためには、第一印象として清潔であること、そして、人との付き合い方が上手な方が求められます。

人との付き合い方が上手な方とは、飲食店において受け答えがしっかりしており、物事をハキハキとして話すことです。

飲食店の転職を成功させるためには、まずは入社面接時に良い第一印象を与えなければなりません。

そのためには、ハキハキした物事の話し方で、質問に対して受け答えをしっかり返すことが大切です。

やる気アピールをする

飲食店の仕事は、大変でありきついというイメージを持った方も多いと思います。

実際に、お客様が集まる時間帯は、店内が大変込み合い忙しいです。

しかし、飲食店の仕事をするうえで、やる気が大切であり、飲食店の仕事が好きでなければ続けることができません。

店長として多くの従業員を見てきたなかで、やる気が感じられる方、感じられない方、さまざまな方がいまいた。

しかし、やる気を持って向上心を抱いている方は、実際、飲食店に転職して成功を収めている方も少なくありません。

それでは、やる気はどのようにアピールすればよいのでしょうか。

まず、入社面接時のやる気のアピール方法として、転職したい飲食店のことを前もって調べておき、方針を理解したうえで、その会社でなければならないというアピールをします。

面接をする方が特に入社に対する評価として重視している「やる気」は、いかに相手にその気持ちを伝えるのかが大切といえます。

また、実際に採用となって仕事中にやる気をアピールするためには、仕事のスピードが比例します。

例えば、テキパキと動ける方と動けない方がいるとします。

テキパキしていればそれだけ仕事のスピードが速くなり、生産性が向上します。

このように、会社にやる気をアピールすることで、転職を成功させることができます。

転職したい飲食店のことをよく知る

飲食店に転職したいと考えている方は、その転職したい飲食店のことはよく知っておかなければなりません。

入社時の面接では、必ず聞かれる項目です。

もし、面接に応募された方が、転職したい飲食店のことを何も知らなければ、面接官は「なぜここに面接を受けにきたのだろう?」と不信感を抱きます。

しかし、転職したい飲食店のことをどれくらい、そして、どのように調べていけばよいのでしょうか。

その答えは簡単です。

転職したい飲食店に実際に食事をしに行くだけでいいのです。

その時に見て感じたことをそのまま面接時に話してあげることで、面接官から好印象で評価されます。

さらに、それだけではありません。

実際に転職した時に、1度はその店舗に食事に来ているため、商品の味や、業務の流れなどをスムーズに覚えることができます。

つまり、飲食店への転職を成功に導くためには、転職したい飲食店のことをよく知ることが大切といえます。

転職するに当たっての必要な心構え

飲食店に転職したいと思っている方も多いと思います。

しかし、転職するにあたっての心構えはしっかりしていなければ、実際に転職して壁にぶち当たったときに、その壁を乗り越えることができない場合があります。

ここでは、転職するに当たっての必要な心構えについて解説していきます。

正社員として転職する場合

飲食店に転職する場合は、正社員とそうでない場合があります。

飲食店に正社員として転職する場合に必要な心構えとして、仕事にはいつも真剣に取り組むことと、責任感をしっかり持つことが挙げられます。

飲食店の仕事は、自分のペースで仕事をするではなく、お客様のペースに合わせた仕事をしていかなければなりません。

いつも仕事に真剣に取り組んでいなければ、怪我や事故に繋がってしまうことがあります。

そのような危険を回避するうえでも真剣に取り組むことは大切です。

そして、責任感を持って仕事をすることとして、まずは与えられた仕事はしっかり最後までやり遂げることです。

その仕事に責任を持って励むことで周囲からの評価も得られます。

正社員として転職するうえで、周囲からの評価や信頼は重要な指標といえます。

飲食店において、正社員は他の雇用形態と比べると少ない場合が多いです。

店舗内では、比較的中心的役割を担うことが多く、評価や信頼が高ければ高いほど、統率がとれるようになります。

このように、正社員として転職する場合の心構えとして、しっかり責任感を持って仕事に励むことであったり、仕事に対して真剣に取り組んだりすることが大切といえます。

雇用形態にはこだわらない場合

雇用形態にこだわらない場合に転職において必要な心構えとは、指示された通りに動いたり、上司から言われたことをしっかり聞いたりすることができることです。

雇用形態にこだわらない場合の多くは、アルバイトや派遣社員など、正社員ではない場合が多いです。

飲食店では、基本的に能力によって配置が異なり、立場も変わってきます。

一般的に正社員が中心的な役割が多いため、雇用形態にこだわらない場合で転職すると、正社員の指示で仕事をすることが多くなります。

そこで、正社員などの上司から指示された通りに動いて、店舗をスムーズに運営できるような強力体制を築き上げます。

また、上司から言われたことは素直に受け止め、勘違いせずにしっかり業務を遂行することが求められます。

このように、雇用形態にこだわらない場合の必要な心構えとして、上司の言われたことをしっかり理解し、そして、きちんと指示通りに動くことが求められています。

飲食の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

飲食店に転職する理由は、人によってさまざまあると思います。

そして、仕事をしているなかで、「年収を上げたい」を思っている方も多いことでしょう。

ここでは、飲食店に転職して、年収を上げるためにやるべきことについて解説していきます。

飲食店舗の売上高を上げる

飲食店に転職して年収を上げるための第一歩として、勤務している店舗の売上高を上げることです。

一言で店舗の売上を上げるといっても、その方法はたくさんあります。

そのなかでも、客単価を上げる方法と集客数を上げる方法の2通りについて解説していきます。

まず、客単価を上げるためには、ご来店されたお客様への商品アピール力が必要になります。

多くのお客様は、単品でのご注文が多いのですが、そこで、ドリンクやセットメニューなど注文の際にご提案するのです。

そのため、本来単品での売上だったはずが、プラスしてドリンクやセットメニューの売上を獲得できます。

そういったことの積み重ねで、客単価が上乗せされ、客単価のアップに繋がります。

戦略として、商品のキャンペーンなどを行って、ご来店されたお客様にキャンペーン内容をご提案して客単価アップを図るという方法があります。

また、集客数を上げる方法として、新規のお客様を獲得する方法があります。

主に、チラシなどで販売促進を行い、集客数アップを図ります。

やり方は店舗の方針に沿って行うのがよいのですが、一般的に店舗周辺で行う方がよいとされます。

その理由として、店舗が見える位置で販売促進活動を行うと、目に見えて場所が分かったり、お客様としても取り扱っている商品が分かりやすかったりするメリットがあるためです。

お客様にとって、いかに分かりやすく、販売促進を行うかで集客数が変わってきます。

こうして獲得した新規のお客様を増やすことで、結果的に店舗の売上高を上げることができます。

飲食店に転職してすぐに年収が上がることはほとんどありませんが、毎日の積み重ねで、年間を通して努力することで評価され、年収が上がる場合があります。

飲食店には、店舗売上の指標として、昨年と対比することが多いです。

そのなかでも、目標として昨年対比110%以上を目標とすることで、店舗運営や管理に大きく貢献することに繋がり、結果的に評価されると年収をアップすることができます。

優良店舗としての位置付けを確立する

優良店舗とは、「店舗内の清掃は行き届いているか」、「お客様への対応はしっかりできているか」、「商品の品質は良好か」の大きく分けて3つあります。

まず、店舗内の清掃面についてですが、飲食店は基本的に埃1つない綺麗な店舗でなければなりません。

お客様が安心して、美味しく食事ができる環境を作るためです。

お客様は、美味しい食事と、安心して食事ができる綺麗な環境を求めています。

例えば、お客様がご来店されて、テーブルの上がベタベタしていたり、テーブルの下にゴミや食べかすが落ちていたりすると印象はよくありません。

そのため、飲食店の清掃面を強化するため、毎日清掃する箇所、週単位で清掃する場所、月単位で清掃する場所、と3つの項目に分けて清掃する場合が多いです。

その理由として、飲食店は食べものを扱う場であり、清掃箇所がありすぎて、毎日全部の箇所は清掃できないためです。

また、清掃に力を入れすぎると、運営に支障をきたす恐れがあるため、このようなスタイルで清掃している場合が多いです。

次に、お客様への対応ですが、飲食店ではお客様への接客レベルが問われます。

例えば、お客様がベルを押して店員を呼んだ場合に、なかなか店員が来なかったらどんな気持ちになるでしょうか。

不快に思う方も多いと思います。

いくら忙しくても、また、忙しいと分かっていても、イライラしてしまうものです。

このような事態を回避するために、店舗内で従事する従業員にはそれぞれ業務の優先順位の教育があります。

その優先順位に沿って「お客様を待たせない対応」をしっかりすることが大切です。

そして、商品の品質について、飲食店で取り扱う商品は、従業員が満足するレベルの商品でなければお客様は満足しません。

例えば、飲食店に食事に行って、本来あつあつで提供されるはずの商品がぬるい状態で提供されたらどう思うでしょうか。

多くの方は、不満に思うのではないでしょうか。

そのため、お客様に提供する商品は、見た目や味、提供温度には細心の注意を払わなければなりません。

このように、優良店舗として運営していくためには以上の3つは最低でもしっかりしていかなければなりません。

フランチャイズの多くは、清掃面やお客様への対応、そして、商品の品質について追及し、ライバル店同士で鎬を削っている場合が多いです。

優良店舗として認められれば、自然とお客様もついてきますし、店舗としての売上も上がります。

そして、年収も上がる場合があります。

店長などの役職に就く

飲食店に転職する場合、入社したての頃は思う方は少ないですが、勤続年数が長くなるにつれて、店長の役職を目標とする方も多くなってきます。

飲食店や業界のことが分かってくると、「将来自分の店舗を構えたい」という希望を持つ方がいます。

しかし、自分の店舗を構えるためには、それなりの知識や経験が必要となります。

そこで、最初の目標として、店長という役職を目指す方も少なくありません。

店長の役職に就くと、店舗の運営から管理まで全般に渡る知識や経験を積むことができます。

さらに、店舗の売上や集客数を分析して経営に繋げることもできます。

また、売上や集客数をアップさせることができれば、周囲からの評価も上がり、年収がアップすることもあります。

自分にあった飲食求人の選び方や注意点

飲食店に転職する場合、飲食店の求人にはさまざまな特徴があり迷う場面も少なくありません。

ここでは、自分に合った飲食店の求人の選び方や、注意点について解説していきます。

【選び方①】雇用形態から探す

飲食店の求人には、正社員やパート、アルバイト、短期の派遣社員など、さまざまな雇用形態があります。

それぞれに特徴が異なりますが、安定した収入が欲しければ雇用形態は正社員を選ぶとよいでしょう。

また、副業として考えていたり、時間が限られていたりする場合、また、学生や短期間での仕事を探している場合は、パートやアルバイト、派遣社員を選ぶとよいでしょう。

しかし、ここで注意点があります。

それは、自分が仕事に割ける時間を把握しておくことです。

多くの方は、仕事とプライベートを両立していると思いますが、仕事の比率が高すぎると精神的、身体的に負担が大きなものになります。

一方で、プライベートの比率が高すぎると、収入が安定しなかったり、仕事中に事故や怪我をしてしまったりする場合があります。

【選び方②】職種から探す

飲食店の職種には、和食、洋食、中華などさまざまな種類があります。

どの職種でも基本的には接客業、または、調理作業を中心としているため変わりません。

自分がどんな職種が好きなのか、把握したうえで選ぶとよいでしょう。

しかし、ここで注意点があります。

それは、自分が好きな職種で転職することです。

その理由として、本当に好きな職種でないと長続きしないことが多く、すぐに辞めてしまうということに繋がってしまうためです。

【選び方③】会社の業態から考える

飲食店の業態については、大きく分けて個人店とフランチャイズ店の2つに分けられます。

それぞれに特徴が異なりますが、まず、個人店とフランチャイズ店の大きな違いは、会社としての規模が異なります。

規模が異なるため、経営収支から運営方法まで全く異なります。

個人店では、他競合店との差別化を図るために、他店とは異なった戦略を打ち立てる場合があります。

また、マニュアルもその店舗独特のものが多いです。

一方、フランチャイズ店では、同じ会社が運営する店舗はすべて何もかもが同じでなければなりません。

そのため、マニュアルがしっかりしており、忠実にルールを守らなければなりません。

さらに、他店と競合する場合でも、異なった戦略ではなく、会社の方針に沿って全店舗が一斉に動くため、柔軟性に欠けます。

このことから、しっかりしたマニュアルで飲食店の仕事を極めたいと考えている方はフランチャイズ店に転職するとよいでしょう。

一方で、マニュアルに縛られて仕事はしたくないと考えている方は、個人店に転職するとよいでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

飲食店の給与や雇用条件の多くは、業態や職種によって異なります。

その理由として、集客数による店舗の売上が大きく関わってくるためです。

お客様の多くは、今その時に食べたいものを探して飲食店にご来店されます。

取り扱う商品によっては、需要が異なり、その日の集客数に大きな変化がある場合があります。

他にも、立地で売上が異なる場合があります。

このことから、売上によって給与や雇用条件を定めている飲食店が多いため、自分に合った給与や雇用条件を探し出さなければなりません。

ここで注意すべき点は、自分がどれだけ給与を貰えば、安定した生活を送ることができるかということです。

【選び方⑤】エリアから考える

飲食店に転職したいと考えている方の多くは、なるべく自宅から近いところがいいと思っていることでしょう。

実際、飲食店に転職する場合は、通勤時間が負担となるケースも少なくありません。

目安として片道15分以内の飲食店を探して転職するとよいでしょう。

しかし、ここで注意点があります。

飲食店によっては、転勤がある店舗があります。

転勤があると、せっかく自宅の近くで転職できたのに、転勤したことで逆に自宅から遠くなってしまうという場合があります。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

飲食店には、それぞれ知名度が存在します。

誰もが知っているブランドの飲食店に転職すると、安定感があるのは間違いありません。

しかし、ここで注意すべき点は、ネームバリューに特化した飲食店であるがゆえに、不祥事が発生すると一気に信用が失われます。

まとめ

最後に、ここでは、飲食店に転職するためのおすすめの理由や、転職を成功させるための秘訣を現役店長が解説してきました。

飲食店に転職したいと思っている方も多いと思いますが、実際に転職するときの不安や心配を抱えている方もいることでしょう。

そこで、飲食店への転職に向けて多くの方の参考になれば幸いです。

飲食求人サイトのおすすめは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

飲食転職