外食産業で拡大の一途を辿る飲食店は店長でお店の雰囲気、従業員や商品の質が変わります。

ここでは、そんな飲食店の店長の転職について取り上げ、成功するために狙い目な会社の特徴と上手に転職するためにやっておくべきことをご紹介します。

飲食店長の転職で注意したほうが良い3個のこと

飲食店の店長は注意しなければならないことがたくさんあります。

ここでは、数ある注意点の中でも十分気を付けなければならない項目についてご紹介いたします。

転職した途端に売上が急激に下がることがないようにする

飲食店では店長が変わった途端、売上が急落するケースが少なくありません。

原因としては、「味が変わる」、「雰囲気が変わる」、「従業員が入れ替わる」などが挙げられます。

さまざまな要因で売り上げが変化する飲食店業界ですが、店長が変わることで売上が左右されるのも事実なのです。

いきなり店舗の雰囲気や指導項目を変えない

飲食店に新しい店長が赴任すると、アルバイトや既存の従業員は神経質になる傾向があります。

無理に緊張してしまい、体調を崩したり業務に支障をきたしたりすることも少なくありません。

いきなり、店舗の雰囲気や指導項目を変えてしまうと、既存の従業員がついてこれなくなり、店舗を引っ張っていくはずの店長が独断で突っ走ってしまいます。

従業員一丸となって店舗を盛り上げるためにも、しばらくはこれまで通りの方針で良いところは残し、変えるべきところは少しずつ変えていったほうが良いです。

店舗の従業員に馴れ馴れしくしない

店舗の従業員の特徴を理解していないうちはある程度の距離感を保つことです。

店舗を円滑に運営していくためには良好な人間関係が重要となってきます。

店長が冗談のつもりで言っても従業員は本気で捉えてしまうことがあり、言葉使いや態度には十分気を付けなければなりません。

また、店長がある特定の従業員に対して馴れ馴れしく接することで、嫉妬心を抱く従業員もいるので注意が必要です。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

飲食店店長は何もしなければ店舗は衰退していきます。

そこで、ここでは転職を成功するための秘訣をご紹介します。

飲食店の特色を把握する

店長としての転職を成功させるためには、転職先の店舗の特色を把握しておかなければなりません。

飲食店は従業員も大切ですが、お客様が一番です。

お客様はお店に何を求めているのかをまず理解しなければなりません。

お客様にとって店舗の雰囲気は大事な要素の1つであり、崩してはならないのです。

つまり、店長としてこれまでの特色を維持することが大切なのです。

店舗従業員のスキルや生活環境を調べて把握しておく

飲食店店長は店舗の従業員のことを深く理解しておかなければなりません。

個人的に面談をしたり、なぜここで働いているのか、どれくらい給料が欲しいのか、どのような性格なのか、シフトはどれくらい入れるのかなど、さまざまなことを把握しておかなければ店舗の運営を円滑に行うことができません。

店舗の運営が売上に直接関わることから、運営の歯車となる従業員のことは常に状況を確認しておくことが成功する秘訣なのです。

飲食店の立地、集客、客層などのデータを確認しておく

飲食店は売上を伸ばさなければ潰れてしまいます。

もし潰れてしまえば従業員も路頭に迷うことになります。

そうならないためにも、店舗の地域に関する情報収集は欠かせません。

店長は店舗の状況を常に把握しながら、地域の人口、年齢層、集客の見込める時間帯など考慮しながら費用対効果を生み出さなければなりません。

狙い目な会社の3個の特徴

飲食店の店長として転職するための狙い目な会社の特徴が存在します。

ここでは、そんな狙い目な特徴をご紹介いたします。

株式一部上場の企業

株式上場企業は比較的安定している会社ともいえます。

日本全国に多数ある会社の中でも、株式一部上場の企業は国内でもトップクラスの会社運営のノウハウを持っており、今後の飲食店人生の中でも必ず役に立つときが来るでしょう。

チェーン展開している企業

チェーン展開している飲食店は売上が好調な会社といえます。

また、チェーン展開していることで、その地域だけでなく周辺にも評判が広がり、将来拡大していく要素を秘めています。

立地の良い会社

繁華街の中心、角地など集客の見込める立地に飲食店があると大変有利です。

飲食店は集客数と売上に大きく影響を受けるため、立地は非常に重要な要素の1つです。

上手に転職するためにやっておくべき3個のこと

飲食店店長が上手に転職するためにやっておくべきことがあります。

ここでは、数あるやっておくべきことの中から選りすぐりのやっておくべきことをご紹介いたします。

人を見る目を養っておく

従業員でもお客様でも、さまざまな人がいます。

クレーマー、お客様に強く当たる従業員、マナーの悪い人、どれをとっても店長は何かあれば対応しなければなりません。

そこで、店長はその人を見て、ある程度どうなるのか予測しなければなりません。

これには、たくさんのお客様を相手にする飲食店店長の経験が必要です。

飲食店運営方法を確立しておく

飲食店のピーク時の対応、仕込み量、クレーム対応、接客手順などを統一して対応しなければ店舗としてのチームワークが乱れてしまい、円滑な店舗運営ができなくなってしまいます。

店長はこれらの店舗運営から方針を確立しておかなければなりません。

店舗管理能力を習得しておく

店舗管理には、金銭管理、従業員管理、備品管理、食材管理等、店舗を安全かつ安心してお客様にご利用いただけるように管理を徹底しておかなければなりません。

店長は転職するために事前にさまざまな管理法を周到しておかなければなりません。

まとめ

ここでは、飲食店の店長の転職が成功するために、狙い目な会社の特徴と上手に転職するためにやっておくべきことをご紹介してきました。

飲食店の店長は従業員だけでなくお店自体の責任も課せられることから責任重大な役職です。

しかし、転職において何が大切か、やっておかなければならないことをきちんと理解しておけば安心です。

今後、飲食店で店長に転職したいという方の参考になれば幸いです。


関連キーワード

飲食求人