これから飲食業界のレストラン勤務に初めて挑戦する方や、すでに働いていて別のレストランに転職したいと考えている方々へ向けて転職に関する注意ポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

また、いい転職先の条件や上手な転職方法も解説していきますので必見の情報ばかりです。

ぜひチェックしていってくださいね。

レストランの転職で注意したほうが良い3個のこと

給与や役職はリセットされる

今まで働いてきた実績を見られますが、あなたの実力までは慮ってはくれません。

そうしたときに給与や役職などはリセットされる傾向にありますのでご注意ください。

ただし引き抜きやヘッドハンティングのような形で話を持ちかけてくれている場合はこの限りではありません。

転職回数が多すぎるのはマイナス印象

転職回数が多いというのはどこの業界でもマイナス印象ですが、飲食業界だと特にそれが顕著です。

ある意味転職しやすい業界ですので「こらえ性がない」「自己主張が強い」「すぐまた辞めるかもしれないから採用を見送りたい」といったイメージを持たれてしまうので注意が必要ですね。

自分のスキルを明確に出来るものを用意しておく

飲食業界では経験年数が本人の能力を計る判断の基準になります。

しかしそれ以上に努力してきた結果が認められないのも悔しいところです。

そういったときには具体的な実績を提示するのもひとつの手です。

料理人であれば今まで創意工夫を込めた料理の写真でもいいですし、接客スタッフであれば取得した資格などを提示することによって相手に安心感を与える要素にもなります。

年代別の注意点

入社したばかりの場合

転職を考えるのはやはり入社してすぐの頃にまず思いますよね。

どんな業界にしろ入社2年目くらいまではきついところ、そこで転職を決意するのも悪くはありませんがグッと堪えて3年は働いてみましょう。

そうすると逆に後々の転職活動に職歴として残りますから、履歴書上の人間性などを上げる効果も高まります。

20代後半の場合

一番難しい転職時期だと思いますので、細心の注意が必要ですよね。

ここで選ぶ転職先によって働き盛りでキャリアを積み重ねていく30代の運命が決まってきますので。

出来れば大きな飲食企業のレストラン事業部などに転職したいところだと思います。

30代の場合

ある程度の経験値がありますので、自分を安売りせずにしっかりとした評価を貰えるところを選びましょう。

料理人であればそろそろ料理長といったところでしょうから、そうした役職に就けてもらえるような環境を探すのが大事かと思います。

ホールスタッフが転職する場合はマネージャーか店長代理あたりの役職は欲しいところですね。

40代以上の場合

年齢的にもこの先の転職は考えられないでしょうから、しっかりとした福利厚生があり休日が取れるようなところを探したいですね。

レストランといっても本社での勤務もありえますから、そうしたレストラン事業部がしっかりとしている企業への転職をおすすめします。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

転職理由を明確にしよう

前職のお店からなぜ離れことになったのか、そうした理由をハッキリと答えられるようにしておきましょう。

当たり前ですが、「給料が安かったから」だけではダメです。

「○○な働きをして売り上げをこれだけ上げたのにも関わらず昇給がされなかった」などの理由が好ましいかと思います。

きちんと情報収集しよう

次に就職や転職を考えている企業の情報は必ず確認しましょう。

最悪転職してもそのレストランが1年以内に閉店する可能性だってあるわけですからね。

レストランの転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

上の役職にチャレンジできる職場を選ぶ

ホールスタッフでれば店長やマネージャーなどを任せてもらえるような職場を選びたいところですね。

料理人であれば今よりも上のポジションを任せてくれる条件を最初に提示してくれるところがいいと思います。

また、料理長が独立を考え始めたから数年後には料理長の座も夢ではないよ、というところも多数ありますので業界での情報収集も必須だと思いますね。

実績や資格を元に交渉する

自分の今までの実績や資格はデータ化してすぐに見せれるようにしておきましょう。

広告媒体を自分で考えたデザインで行ったら売り上げが上がったなどはポイントが高い部分ですね。

レストランで狙い目な会社やお店とその理由

ここでは転職におすすめなレストランや飲食企業をご紹介していこうと思います。

かなり具体的な例を挙げていきますのでぜひホームページなどをチェックしてみてください。

外食事業の運営プロデュース・デザインを手がける「株式会社ミュープランニング」

レストラン業態の店舗も数多く抱えていて、異動はあるもののほぼ都内のみですので大手企業に比べて単身赴任や転勤の心配がありません。

また、そういった環境の割りに給料など待遇面は安定しています。

休日も店舗の都合にもよりますが、しっかりと規定どおり取れますし福利厚生も万全です。

もともと国内飲料メーカー大手のサントリー傘下の会社でしたが、数年前に前社長が逝去し社内のMBO(企業買収)により現在の社長が運営することとなりました。

以前よりホワイトな企業でしたが、サントリーの看板が取れたことによって自身の実績を強く評価してもらえる企業体質へと進化しています。

都内の主要な街にはほぼ店舗がありますので、ある程度勤務地の希望も通ります。(ただし数年の間で勤務地変更の可能性もあり)

ホールスタッフ、キッチンスタッフともに学歴がほぼ不問ですので、かなり就職・転職の狙い目な企業といえるでしょう。

本社勤務へとステップアップも可能なので、長期に渡って働ける会社だと思いますし実際に勤務年数の長い実務スタッフはたくさんいます。

まとめ

レストラン業態におけるおすすめの転職方法や気をつけたいポイントなどをご紹介してきました。

ある程度具体的に提示してきたのですが、これは全て実際の飲食業界を15年以上経験してきた筆者の体験を基にしていますので間違いはないかと思います。

ぜひこれらを参考に失敗のしない転職活動に役立ててもらえればと思います。


関連キーワード

レストラン求人

レストラン求人についてもっと深堀りした情報を見る

レストランの仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します

次の就職先を考えたとき飲食業界に興味を持ったとして、働く場所を選ぶときにレストランというと若干敷居が高いように感じるかもしれません。しかし、実際はそんなことはなく未経験から始めて活躍している方もたくさんいます。また、テーブルマナーや料理の種類を覚えられるかなと不安に思う方もいるかもしれませんが、真面目に働いていればすぐに覚えられますのでご安心下さい。そんなレストランで働く上で、向いている人とはどんな人なのか気になる方もいると思いますので、色々なパターン別にレストランで働くのに適した人間像というものをご紹介していきたいと思います。筆者は東京・銀座のレストランでバーテンダー兼ウェイターとして働いて

レストラン正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ここではレストランという場所がどんな場所か?または、働いている人の年収相場はどれくらいか?といったレストランの正社員求人についての疑問を分かりやすくご説明していきたいと思っています。これから飲食業界への就職や転職を考えている方の中で、レストラン業態で正社員を希望する人にとっては参考になるかと思います。筆者も実際に東京・銀座のレストランで勤務していた経験やあり、飲食関係会社を経営をしていますので、比較的現場に近い声が届けられるのではないかと考えていますのでチェックしていってくださいね。レストランはどんな仕事?レストランでは基本的にホールスタッフ、調理スタッフに分かれて働いています。その中でもいく

東京レストラン求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気なお店・エリア・年収相場を解説します

これから飲食店で働こうと色々な求人誌や求人サイトを見ているあなたに向けて、東京のレストランで人気のエリアや年収相場など耳寄りな情報をご紹介していきたいと思います。お得な募集内容の特徴やどんな店で働くとメリットあるのかを詳しく解説していきますので、応募する際の基準にしてもらえれば幸いです。一応ではありますが、筆者は飲食歴15年以上で自身が起業した飲食会社の代表も務めておりますのでリアルな声をお届け出来るのではないかと思っています。それではさっそく実際にレストランではどんな仕事をするのかというポイントから見ていきしょう。レストランはどんな仕事?レストランでは主にホール、キッチン、いればソムリエやバ