たまの休日に家族や恋人と行きたいオシャレなレストラン。

そんなレストランで働いている人たちの作業内容というのは意外と知られていません。

現在ちょっとでも飲食業界とりわけレストランで働いてみたいなと考えている人に対して、実際にレストランで働いている人がどういう内容の仕事をしているのかということをここではご紹介していきたいと思います。

一応ではありますが、筆者は東京・銀座のレストランでギャルソン(ウェイター)としての勤務歴もありますので経験者としての視点から色々ご説明させて頂きます。

それではさっそくレストランでの仕事内容をいくつかの役割から見ていきましょう。

「レストランの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

レストランの仕事は大きく4個の役割に分けられる

調理スタッフ/料理人・シェフ

レストランの花形ポジションとも言えるのが厨房で働く「料理人たち」ですが、洋食を取り扱うお店では「シェフ」とも呼ばれますね。

ちなみに「シェフ」とは料理長のことを指しますので、その他の人たちには使わないのが一般的です。

しかし働いている人間同士であれば、料理長以外の料理人に対しても○○シェフと敬意を込めて呼びますね。

ホールスタッフ/ウェイター・ウェイトレス

フレンチを扱う店では昔ながらの呼び方でもあり、フランス語でギャルソンと呼ぶのが通常です。

その他英語圏のあたりでは「ボーイ」とも呼びますが、日本にあるレストランですと単純に「ウェイター・ウェイトレス」と呼びます。

基本的には料理の注文を取り、厨房に伝えて、お客さんの食事の進み具合を見計らいベストなタイミングで食事をサーブするのが仕事です。

その他にも多少ワインの知識も必要となってきますが、ちゃんとしたソムリエがいる場合はソムリエに任すケースの方が多いかと思います。

レセプション・フロント

レストランに入ると最初にフロント(レセプションとも呼ぶ)で予約している名前や人数を伝えますが、この時に活躍するのがフロントの役割。

その日の予約を完全に把握し、スムーズにお客さんを席まで案内します。

この時に大事なのは店内の混雑状況。

席にお客さんを通しても担当するホールスタッフが忙しいと対応が遅れてしまい、お客さんに不快感を与えてしまいます。

そのため入店するタイミングをしっかりと見極めるのがフロント役割であり、お店の営業をスムーズに行うための要でもあるのです。

また、予約なしで入ってきたお客さんに対しての対応などもお店の質のひとつですから「案内がすぐに出来るのか」「何分ほど待てば案内が出来るのか」といったことを瞬時に判断することが求められるポジションでもあります。

ソムリエ・バーテンダー

お酒のスペシャリストとしてレストランには必ず専門のソムリエとバーテンダーがいます。

ワインのことであればソムリエに、その他のお酒についてはバーテンダーに一任しているお店が多いのでやりがいのある仕事と言えますね。

「レストランの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

調理スタッフの3個の業務

開店前

だいたいオープンの3~5時間前に出勤をしてその日に使用する食材の準備や下ごしらえをします。

営業中

オーダーの入った料理やもともと予約されているコース料理を作ります。

たまにオリジナルの料理を求められたりもしますが、そこも料理人としての腕の見せ所といえるでしょう。

閉店後

次の日に使う食材の管理や発注作業、または時間のかかる料理の準備をします。

厨房と調理器具などを清潔に洗浄し終わったら1日の作業終了となります。

ホールスタッフの3個の業務

開店前

テーブルに予約の人数分のシルバー(ナイフやフォークなど)をセットします。

その他にはお客さんに出すためのワイングラスに汚れがないかをチェックして店内の掃除も同時に行います。

フロントの人間と予約の確認をして、厨房にもコース料理の内容確認などを通して開店前の作業が終わります。

営業中

基本的にはお客さんが快適だと感じてもらえるように料理やお酒をサーブする作業が中心です。

たまに忙しいときなどは他のテーブル席を担当している人間を手伝ったり、バーカウンターを補助したりもします。

閉店後

店の掃除と次の日の予約の確認をして作業終了です。

レセプション・フロントの3個の業務

開店前

当日の予約をホールスタッフとシェフに伝えて、内容の確認と指示を出します。

また、クロークなどコートを預かる場所があればそこを整理整頓してスムーズに出し入れが出来るようにします。

営業中

入店してくるお客さんを案内したり、予約の電話を受けたりします。

予約のお客さんが落ち着いたらホールの手伝いにいくこともあります。

閉店後

次の日の予約を予約表などにまとめて、席の割り振りをします。

ファストフードや喫茶店との仕事内容の違い

基本的にファストフードや喫茶店では商品を提供して終わりですが、レストランでは滞在時間そのものを楽しんでもらうために様々な作業をします。

料理のタイミングもお店側で判断して進めていきますので、そこがなによりも違うところかもしれませんね。

料理のクオリティーという部分はお店によっても変わるかと思いますが、ホールスタッフの質というのはレストランの質といってもいいかもしれません。

レストランの仕事の良いところ

食事やお酒の専門的な知識が身につく

レストランで働くと専門的な料理の知識やお酒の種類を知る事が出来て、自分がプライベートでレストランに行った際に困らずにすむというメリットがありますね。

実際レストランにいくとメニューの名前がイマイチわからない・・・といった経験が誰しもあると思います。

そうしたときに活躍するのがレストランで働いたときの経験かもしれません。

マナーが身につく

テーブルマナーはまず最初に勉強するポイントですので、そういった部分が自然と身につくのはレストランで働く特徴といえますね。

色々な人に出会える

レストランは大人の社交場ですから、様々な人と出会うことが出来ます。

そういった中でチップを貰うこともありますが、そんな経験もなかなかありませんよね。

日本にいながら少し外国人の気分を味わうことが出来るのもレストランで働くメリットかもしれません。

「レストランの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

レストランで働く人たちの職種や作業内容をご紹介してきました。

意外と知られていないレストランでの仕事事情だったと思います。

基本的にはご紹介した4つの仕事に分類されますが、細かく分けるともう少し役割も増えてきます。

それは出来る仕事が増えるに連れて任されるポジションでもありますが、ひとつのやりがいとも捉えられていますね。

もちろん未経験でも全然大丈夫ですから、興味を持った方は是非レストランで働いてみてはいかがでしょうか。


関連キーワード

レストラン仕事

レストラン求人についてもっと深堀りした情報を見る

レストランの転職を成功させるために!狙い目な会社の特徴と上手に転職するための3個の注意点

これから飲食業界のレストラン勤務に初めて挑戦する方や、すでに働いていて別のレストランに転職したいと考えている方々へ向けて転職に関する注意ポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。また、いい転職先の条件や上手な転職方法も解説していきますので必見の情報ばかりです。ぜひチェックしていってくださいね。レストランの転職で注意したほうが良い3個のこと給与や役職はリセットされる今まで働いてきた実績を見られますが、あなたの実力までは慮ってはくれません。そうしたときに給与や役職などはリセットされる傾向にありますのでご注意ください。ただし引き抜きやヘッドハンティングのような形で話を持ちかけてくれている場合は

レストラン正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ここではレストランという場所がどんな場所か?または、働いている人の年収相場はどれくらいか?といったレストランの正社員求人についての疑問を分かりやすくご説明していきたいと思っています。これから飲食業界への就職や転職を考えている方の中で、レストラン業態で正社員を希望する人にとっては参考になるかと思います。筆者も実際に東京・銀座のレストランで勤務していた経験やあり、飲食関係会社を経営をしていますので、比較的現場に近い声が届けられるのではないかと考えていますのでチェックしていってくださいね。レストランはどんな仕事?レストランでは基本的にホールスタッフ、調理スタッフに分かれて働いています。その中でもいく

東京レストラン求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気なお店・エリア・年収相場を解説します

これから飲食店で働こうと色々な求人誌や求人サイトを見ているあなたに向けて、東京のレストランで人気のエリアや年収相場など耳寄りな情報をご紹介していきたいと思います。お得な募集内容の特徴やどんな店で働くとメリットあるのかを詳しく解説していきますので、応募する際の基準にしてもらえれば幸いです。一応ではありますが、筆者は飲食歴15年以上で自身が起業した飲食会社の代表も務めておりますのでリアルな声をお届け出来るのではないかと思っています。それではさっそく実際にレストランではどんな仕事をするのかというポイントから見ていきしょう。レストランはどんな仕事?レストランでは主にホール、キッチン、いればソムリエやバ