沢山のドーナツ屋があり、アルバイトとして働く方も多く人気のある職業です。

ドーナツ屋さんで働いたメリットや働いて身につくスキルの紹介や、どのようなドーナツ屋で働くべきかを紹介したいと思います。

ドーナツ屋のアルバイトをやって良かった3個のこととは?

ドーナツ屋さんで働いていると良かったと思えることも沢山あります。

どのような時に良かったと感じるか等を紹介したいと思います。

アルバイトの幅が増える

ドーナツ屋はチェーン店も多く、チョココーティングのやり方やクリームの絞り方等、一度覚えてしまうとどこの職場でも通用することが多いです。

ドーナツ屋で働いた経験を活かしパン屋さん等で働く方も多いです。

就職活動の際に良い評価を貰えることが多い

ドーナツ屋はマニュアルがしっかりとしているイメージがあるので、良い印象を持ってもらえることが多いです。

インターンシップに行った際も、ドーナツをどのように作っているか等、興味を持つ方も多いので会話にも繋がります。

幅広い年齢層の方とコミュニケーションをとる機会がある

ドーナツ屋は高校生から主婦まで、他のアルバイトと比べても幅広い年齢層の方が働いています。

社会人になると同年代だけではなく、年上の方とコミュニケーションをとる機会があるので、アルバイトの間に幅広い年齢層の方と仕事ができるのはとても良い経験になると思います。

特に男性の方にオススメです

女性が多い職業に将来入る男性は、就職活動の際に「女性が多い職場だけど大丈夫?」と聞かれることがあります。

その際に以前ドーナツ屋でアルバイトをしてた経験があることを伝えると、ドーナツ屋は女性の方が多く働いているイメージもあるので、この人は女性とも上手く付き合える方だと思ってもらえることがあります。

将来自分が女性の多い職場や業界で働く場合には、ドーナツ屋で働くことをオススメします。

ドーナツ屋でのアルバイトで身についたこんなスキル

ドーナツ屋で働くとドーナツを作る以外にも沢山のスキルが身につきます。

どのようなスキルが身につくのを紹介していきます。

接客スキルが身につく

ドーナツ屋でのアルバイトは、ドーナツを作るだけではなく、レジ打ちの仕事もあります。

お客さんも子供からお年寄りと幅広い年齢の方が来るので接客スキルがとても身につきます。

ドーナツ屋には様々な方が来られるので、お客さんによっては接客の仕方を変える必要があります。

耳の不自由な方や、声が出せない方等の場合はマニュアル通りにやっていても意味がありません。

車椅子の方場合は飲み物を席まで運んだり、小さなお子様を連れているお客さんの場合には手を繋ぎ歩いていたり、途中で抱っこされる場合もあるので手提げ袋を用意する必要があります。

様々なお客さんが来る中での接客になるので、とても接客スキルが身に付きます。

アルバイトをしたいが、やりたいアルバイトがない方はドーナツ屋のアルバイトを考えていて下さい。

周りを見て動く力が身につく

人手が足りない時間帯の場合は、キッチンをしながら接客の仕事も任されることがあります。

レジが忙しくバタバタしている時には、お客さんが注文したドリンクを入れたり、ドーナツの袋詰めを手伝います。

自分の仕事をしながら、周りの仕事状況を把握するスキルは社会人になっても役に立ちます。

仕事の優先順位を判断するスキルが身につく

ドーナツ屋にもよりますが、セールを開催する店もあります。

セールのドーナツは他のドーナツに比べ早く売り切れるので優先して作る必要があります。

沢山のドーナツがある中で、どのドーナツを優先して作るべきかを判断しないといけません。

学生のうちから、仕事に優先順位をつけて仕事を進めていく力を身につけれることは、とてもいいことです。

仕事を素早くこなすスキルが身につく

仕上げ作業には、ドーナツを揚げる役割とコーティングをする役割に分かれます。

アルバイトの方はコーティングを任されることが多く、揚がってくるドーナツを次々と仕上げないといけません。

特にセールの日は忙しく、どうすれば早く仕上げられるか等を考えることになるので将来の役に立つと思います。

後輩を指導するスキルが身につく

ドーナツ屋はアルバイトの中でも人気があるので沢山の後輩が入ってきます。

年下だけではなく年上の方の指導も任されることがあります。

ドーナツ屋はマニュアルが厳しいこともあり、しっかりと指導する必要があります。

またアルバイトの立場でも、優先して仕上げて欲しい仕事等を指示することもあり貴重な経験になります。

学生のうちから、指導や指示をするような経験は社会人になっても必要なスキルなのでオススメです。

ドーナツ屋のアルバイトをやっている中で嬉しかった瞬間

ドーナツ屋で働いていると大変なこともありますが、嬉しいことも沢山あります。

どのような時に嬉しさややりがいを感じるのか紹介します。

仕事を早く終わらせることが出来るようになった時

ドーナツをいかに早く仕上げることが出来るのかを重視されるので、新人のうちは厳しく指導されることが沢山あります。

仕事に慣れてくると、ドーナツの仕上げが早く出来るようになり、職場でも頼られることが多くなり、やりがいを感じるようになります。

コミュニケーション能力が上がった

コミュニケーションを取ることが苦手な方もいると思いますが、そういった方は是非ドーナツ屋でのアルバイトをオススメします。

黙々とドーナツを仕上げることはなく、どれぐらいの数を作るべきかやマニュアルに載っていない方法で早く仕上げれる方法を見つけた時には意見したりと職場で話す機会が多いです。

他のアルバイトとは違い、働いている方の年齢が幅広いのでコミュニケーションを取る能力が自然と上がります。

社会人になるとコミュニケーション能力がある人が求められるので、学生のうちに付けておくと就職活動の際にも役立ちます。

揚げたてのドーナツが食べられる

揚げたてのドーナツはとても美味しく人気があります。

ドーナツ屋では、休憩時間に揚げたてのドーナツを食べることが出来ます。

自分好みのコーティングをすることが出来るので、ドーナツが好きな方にはオススメです。

お客さんから感謝される

ドーナツ屋によっては、お客さんに接客の態度や改善点についてアンケートをしている店があります。

厳しいことが書かれている場合もありますが、感謝の気持ちが書かれていることもあります。

直接お客さんに感謝されていることを伝えてもらった時は嬉しくモチベージョンにも繋がります。

ドーナツ屋のアルバイトのおすすめの選び方・探し方

現在沢山のドーナツ屋さんがあり、どのようなドーナツ屋さんで働くべきなのか等、悩んでいる方もいると思います。

どのようなことに注目してドーナツ屋は選ぶべきか、また事前にアルバイトをしたい店に足を運ぶことがあると思いますが、どのような所に注目するべきかを紹介したいと思います。

制服で決めてしまう

ドーナツ屋は可愛い制服の店が沢山あります。

実際に制服が可愛いという理由でドーナツ屋のアルバイトをする方が多いです。

店によっては制服を季節によって変わることもあるので、制服で決めてしまう方法もオススメです。

お客さんとして行き接客態度で決める

ドーナツ屋は接客のマニュアルがしっかりしており、お客さんの声をしっかりと聞く店が多いです。

自分がお客さんとしてドーナツを買いに行った時の接客がしっかりしていれば、そこの店はマニュアルが浸透してるということになります。

マニュアルがあればトラブルも起こりにくく、先輩によって指導の仕方が違う等の悩みもありません。

働きたい店が決まっているのであれば、一度お客さんとして行ってみましょう。

邪魔にならない為にも暇な日に働きたいドーナツ屋に足を運ぶ方もいますが、暇な日に行くのはオススメしません。

忙しく店がバタバタしている時にしっかりとスタッフ同士が協力出来ているのかに注目することが一番大切です。

忙しい時にしっかりと先輩がスタッフに指示を出し役割分担が出来ている店を選びましょう

3の役割に分かれているかを注目しよう

レジを打ち・接客の役割

こちらはレジを打ち会計を済ましたり、お客さんの注文を聞く役割になります。

ドーナツ屋は、ドーナツの種類が沢山あるので注文を覚えるのが大変に感じるかもしれませんが、タッチパネルのレジが多く、ドーナツの写真が載っているので全てを覚える必要はありません。

新人の指導に力を入れている店の場合はセール等の忙しい時にあえて新人にレジ打ちを任せることが多いです。

忙しい時でもしっかりと新人スタッフがレジ打ちとしている店は新人の指導に力も入れているお店なのでオススメです。

ドーナツを箱に詰める・ドリンクを提供する役割

ドーナツの箱詰めは早い人と遅い人での差が激しいので重要な役割になります。

新人がレジ打ちをしている横でドーナツを箱に詰めると同時に、新人の分からないことがあれば指導する役割があります。

ドーナツを箱に詰める際にレジ打ちの新人が個数を間違わないように、ドーナツの個数などをしっかりと伝えている方がいれば働くことをオススメします。

トレイやトングの管理・コーヒー等のドリンクの補充

こちらはトレイを拭いて補充したり、コーヒーが少なくなれば補充する役割になります。

店によってはコーヒーのおかわりサービスを行っている店であればおかわりの対応もすることになります。

忙しい日にもスタッフがしっかりと自分の役割を把握して動いている店は働きやすくオススメです。

気になるドーナツ屋がどのような雰囲気か等を確かめる為に店に足を運ぶ際にはぜひこの3の役割にしっかりと別れて行っているか、また新人に対して忙しい時にしっかりと手助けが出来ているか等にも注目してみて下さい。

店長の人柄で判断する

スタッフがどれだけ親切に指導してくれても、店長が悪ければアルバイトは長続きしません。

店長はドーナツを揚げることが多く、キッチンに入ると一緒に仕事をすることも多くなります。

特に男性の場合はレジ打ちよりもキッチンを任されることが多いので、店長との相性はとても大切になります。

店長が気になる場合はセールの日に足を運ぼう

セールの日は沢山のお客さんが来るので、午前中にドーナツを仕上げてしまい、午後からは客並ばせのお仕事をしている店長が多いです。

名札にも店長と書かれているので見分けることは簡単です。

店長が気になる方はセールの日に足を運ぶことをオススメします。

元旦に足を運ぶのもオススメ

ドーナツ屋は店によっては元旦に福袋を売っている店が沢山あります。

ドーナツ屋の福袋は人気があり年に一回しかないお仕事なので、スタッフに指導できる機会が少なくトラブルになってしまう可能性があるので、店長自らがレジを打つ店が多いです。

売り切れるのも早く、元旦ということもあり行く時間が限られていますが、店長を知っていると面接も気持ちが楽になるのでオススメです。

ガラス越しにキッチンが見えているお店を選ぶ

ドーナツ屋によってはキッチンがガラス越しに見えている店があります。

キッチンがお客さんから見えているお店は衛生面にも気を使っているので綺麗な店が多いです。

どのようにドーナツを作っているか等も事前に把握が出来るのでオススメです。

なるべく自宅から近い店を選ぶべき

どうしても働きたいドーナツ屋が遠くにある場合は別ですが、そのようなこだわりがない場合には近くの店を選ぶことをオススメします。

アルバイトの終わる時間が夜になる場合もあり、自宅から遠いドーナツ屋を選ぶと帰る時にも危険になります。

朝早い所であれば早朝からシフトをお願いされることもあるので、朝から通勤に時間が取られるのが、毎日続くとしんどくなってきます。

天気が悪い日でも営業している店がほとんどなので、車を持っていない場合は通勤にも苦労することになるので、自宅から近い店を選ぶようにしましょう。

まとめ

ドーナツ屋はマニュアルがしっかりしており、初めてのアルバイトにもオススメです。

ドーナツの商品を覚えられるか、仕上げはしっかり出来るのか等、心配なことも沢山あると思いますが、最初のうちは砂糖をまぶしたりチョコレートをコーティングする教えて貰えるので心配ありません。

制服や揚げたてのドーナツが食べられる楽しみもあるので、是非ドーナツ屋で働いてみて下さい。