ピザは、日本の食卓シーンでもおなじみの料理となっており、人気の高い料理です。

マルゲリータやシーフード、チキンなど、様々な種類があるのも魅力の一つです。

ピザが好きな人は、あの良い匂いの中で働いてみたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

そんな魅力溢れるピザ屋のバイト求人でよくある募集内容や、おすすめの求人内容などについて紹介をしていきます。

ピザ屋バイトってどんな仕事?

ピザ屋バイトの仕事は大きく分けて、店内でピザを作るインストア業務と、ピザをバイクで配達するデリバリー業務に分けられます。

インストアとデリバリーで、給料は変わります。

デリバリーの場合は、空き時間にチラシ配りを行うことがあります。

デリバリーの方が給料が高い傾向にあるでしょう。

ピザ屋バイト求人でよくある募集内容とは?  

ピザ屋バイト求人でよくある募集内容は、やはりインストア業務とデリバリー業務の二つとなります。

仕事内容や給料が異なりますので、自分に合った業務の募集に応募すると良いでしょう。

募集内容の詳細について紹介をしていきます。

職種

店内でピザを作ったり、電話対応や接客などを行うインストア業務の募集があります。

また、出来上がったピザをお客さんの所へ配達したり、チラシ配りを行ったりする、デリバリー業務の募集もあります。

給与相場

インストア業務の場合は、時給900円から1000円くらいが相場です。

デリバリー業務の場合は、時給1000円から1100円くらいが相場でしょう。

デリバリー業務の方が、給料は高めの設定になっています。

勤務時間や休日、残業

飲食店なので、ランチやディナータイムに従業員のシフトが集中します。

また、閉店間際に注文が入った際は、多少の残業が発生する場合があります。

求められる人物像

インストア、デリバリーのどちらにしても接客を行います。

そのため、お客さんに対して明るく誠実な対応ができる人が求められます。

また、デリバリーの場合は、空き時間にチラシ配りを行うことがあるので、さぼってしまうことなく真面目に仕事ができる人が求められます。

ピザ屋バイト求人のおすすめのポイント

ピザ屋バイト求人は、ほぼインストア業務やデリバリー業務の求人で占められています。

しかし、同じ業務であっても、求人内容によっては働きやすさが変わってくることが考えられます。

では、どんな求人を選択すれば働きやすい職場であると思えるのか、おすすめ求人のポイントを紹介していきます。

都心部ではなく郊外の店舗の求人

特にデリバリー業務が初心者の人は、ビルが乱立している都市部の店舗の求人ではなく、郊外の店舗の求人を選択するのがおすすめです。

都心部では交通量が多く道が入り組んでいるため、特に初めてデリバリー業務を行う人は、配達するのが大変に感じてしまう可能性があります。

配達先までの道を覚えるのも一苦労ですし、似たようなビルも沢山有るため、配達先にたどり着くのにも苦労するでしょう。

その点郊外は道が入り組んでいないため、配達先までの道順を覚えるのが比較的簡単です。

また、建物も乱立していないため、都心部と比較して配達先の建物も分かりやすいでしょう。

土地勘が全くない人やデリバリー業務が初めての人は、都心部よりも郊外の店舗の求人を選択するのがおすすめです。

自転車で配達することができる

バイクの運転に自信のない人は、自転車での配達も行うことができる求人がおすすめです。

主に都心部の店舗の求人になりますが、自転車で配達を行っている店舗もあります。

自転車であればスピードが出なくて安全ですし、小回りが利くので多少道順を誤ってもすぐに修正が可能です。

自転車での配達は都心部の店舗ですが、道を誤っても小回りの良さから修正がすぐできること、すぐに止まってスマホで道順を確認できることから、都心部であってもデリバリー業務初心者にも比較的やさしいと言えます。

配達に時間制限を設けていない

特にデリバリー業務初心者は、配達されるまでの時間制限を設けていない会社の求人がおすすめです。

求人欄には記載がないかもしれませんが、配達されるまでの時間を設けている会社があるかもしれません。

求人欄だけでなく、インターネットでも調べると良いでしょう。

配達されるまでの時間制限が設けてあると、制限時間に間に合うように焦りが生じます。

焦りが生じると、バイクの運転が荒くなったり、安全確認が疎かになったりするでしょう。

そのため、事故を起こすリスクが格段に上がってしまいます。

特にデリバリー業務初心者であると、業務に慣れていないために余計に焦ってしまうことが考えられます。

ピザ屋バイト求人についてよくある疑問

給料の高さからピザ屋のバイトに応募しようとしているが、疑問や不安が残って応募できないという人も多いのではないでしょうか。

そんな人達の疑問や不安を払拭できるよう、ピザ屋バイト求人についてよくある疑問にお答えます。

バイクの運転に自信がないけど大丈夫?

採用されてから、最初に研修があるので大丈夫です。

採用されていきなりバイクに乗ってデリバリーは行いません。

まずはバイクに慣れることから始まります。

近場でバイクの試運転を行ったり、先輩の後をついて行ったりしてバイクの運転に慣れていきます。

それでもバイクの運転が不安だという人は、求人のおすすめポイントで紹介したように、自転車での配達を行っている店舗に応募するのが良いでしょう。

デリバリー業務は注文が無い時は何をするの?

デリバリー業務は、注文が無い時はインストア業務の手伝いやチラシ配りを行います。

インストア業務の手伝いとは、来店されたお客さんの対応、調理器具の洗浄、電話対応などがあります。

ベテランの人だと、調理補助を行う人もいます。

チラシ配りは、歩いて各家庭を回ってポストにチラシを投函していきます。

注文が無い時でも、積極的に他の業務を補助する姿勢が重要です。

配達の帰りにどこかへ立ち寄っていくことはできる?

配達の帰りに私用でどこかへ立ち寄ることはできません。

店舗では、もう次のお客さんへ配達するピザが出来上がる頃かもしれません。

人件費削減で少ない人数で店を回しているため、配達が終わったら次の配達にすぐに備える必要があります。

誰かがサボってしまうと、店舗で働いている人全員に迷惑が掛かってしまいます。

コンビニや本屋などに寄りたい気持ちもあるかもしれませんが、就業時間中はぐっと我慢して業務に集中しましょう。

途中で道が分からなくなったらどうするの?

配達の途中で道が分からなくなったら、店舗に電話したりスマホで地図を見たりしてルートを探します。

スマホが無かった時代は、店舗に電話して確認するか、最終手段でお客さんに直接電話して確認するといった方法でした。

しかし現在はスマホが有るので、自分の居る場所や目的地までのルートを簡単に確認することができます。

スマホの地図を使用して自分で解決するのが一番最適と言えるでしょう。

店舗に居る間にスマホの充電状況を確認し、充電が少ないようなら充電を行っておくことが重要です。

配達中にヒヤッとすることはある?

配達中にヒヤッとすることは少なくはありません。

バイクで配達を行うので、デリバリー業務に危険は付き物です。

雨や風が強い日もバイクで配達を行わなければいけません。

雨の日のマンホールでタイヤが滑ったり、風に煽られてフラフラしたり、車に危険な追い抜き方をされたりなど、配達の最中には沢山の危険が潜んでいます。

また、時間に追われて焦りながら配達を行うことで、ヒヤッとすることの発生確立が高まります。

危険予測を確実に行いながら落ち着いて配達を行うことが重要です。

クレームを受けることはある?

クレームを受けることはそれほど多くありませんが、配達されるまでの時間が掛かりすぎるとクレームを受けることもあるでしょう。

お客さんから注文を頂いた際に大体の配達予定時間を伝えますが、その伝えた配達予定時間から大幅に遅れそうな場合は、お客さんに遅れる旨の一報を入れることが重要です。

遅れる旨をあらかじめ伝えることで、お客さんの予定が立ちます。

しかし、お客さんに遅れる旨の連絡をしていないと、発注時に聞いた配達予定時間に長時間予定を空けて待っている可能性があります。

そんなときに配達予定時間から大幅に遅れて配達をされたら、クレームを受ける可能性が高いです。

常にお客さん目線で業務を行うことが重要です。

お客さんから何か貰えることはある?

稀にお客さんから貰い物をすることがあります。

コーヒーやお菓子、中にはチップを頂くこともあります。

真冬の寒い時期には、ホットコーヒーを頂けることが多くなります。

寒空の下、冷たい風に吹かれながらバイクで配達した苦労が一気に吹き飛ぶ瞬間です。

また、チップについては、会社によっては貰うのを禁止している会社もあるので注意しましょう。

配達先での会計はどのように行うの?

ピザの配達をしたら会計を行いますが、端末を使用しての会計ではなく、ただお客さんから現金を受け取るだけの会計です。

商品代金ちょうどを頂ければ会計は終了ですが、お釣りが発生する場合は頭で瞬時に計算を行い、お釣りを渡さなければいけません。

そのため、暗算能力があった方が会計をスムーズに行うことができます。

もしお釣りを渡す金額を誤ってしまった場合、お客さんからのクレームが発生する可能性もありますし、帰店してからの売上集計で金額が合わなくなってしまいます。

そういったトラブルを避けるため、落ち着いて計算を行い間違うことなくお釣りを渡しましょう。

ポスティング業務はどうやって行うの?

ポスティング業務は、家を一軒一軒歩いて回りながらポストに投函していきます。

郵便配達や新聞配達のように、バイクに乗って一軒一軒回るのではなく、どこかにバイクを止めてから歩きでポストに投函していきます。

結構な距離を歩くため、健康にはとても良い仕事なのですが、真夏の昼間に行うと汗が滴り落ちて大変な仕事となります。

また、「チラシ投函禁止」と書かれたポストに、誤ってチラシを投函しないように注意が必要です。

もし「チラシ投函禁止」の注意書きがあるポストにチラシを投函してしまうと、店舗や本社にクレームが来てしまう可能性があります。

手当たり次第に投函するのではなく、チラシを投函して良いポストなのか確認しながらポスティングをする必要があります。

ポスティング業務はノルマ枚数はあるの?

ポスティング業務にノルマはありません。

しかし、だからと言ってのんびりとポスティングをしても良い訳ではありません。

ポスティングは、ランチタイムからディナータイムの間の、比較的注文が来ない時間帯に行います。

その時間にポスティングを行うと、チラシを見たお客さんがディナータイムでピザの注文をしてくれます。

しかし、ディナータイム間近にポスティングをすると、夜の献立を既に決めている家庭も多くディナータイムの注文は来ません。

また、次の日になればチラシの効果は薄れていってしまいます。

そのため、ランチタイム後からなるべく早めの時間帯に多くのチラシをポスティングすることで、ディナータイムの売り上げ増加に繋がります。

ノルマはなくても、迅速にテキパキとポスティングする必要があります。

やりがいを感じることはできる?

ピザ屋での仕事は、とてもやりがいに満ち溢れています。

インストア業務、デリバリー業務問わず、お客さんから「ありがとう」のお言葉を頂くことができますし、何よりもお客さんの笑顔を見ることができます。

来店されたお客さんがピザを持って帰る時、嬉しそうに帰られるお客さんが多いです。

デリバリー業務の場合でも、ピザが配達されるとお客さんは笑顔になります。

お客さんの笑顔を見ると、こちらまで嬉しい気持ちになります。

ピザ屋での仕事は、やりがいや幸せが一杯です。

ピザ屋アルバイトのやりがいは、こちらの記事を参考に!

まとめ

ピザ屋のバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、疑問点などについて紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

ピザは種類が豊富にあって、老若男女に愛される料理です。

また、友人や家族親族が集まった際の料理として、非常に喜ばれます。

ピザは人を幸せにする料理であると言えるでしょう。

そんな人を幸せにできるピザ屋で、是非バイトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ピザデリバリーのバイトを探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

飲食求人