うどん屋さんはお子様からお年寄りまで幅広い世代に人気で、1人でも家族でも入りやすい親しみのある飲食店です。

うどん屋の仕事をしてみたいなと思っても、どんな仕事をしているのかや、どんな人がうどん屋に向いているのかなど、気になる点も多いかと思います。

そんなうどん屋の仕事や求人情報について、仕事の選び方や選ぶ際の注意点をご紹介していきたいと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

うどん屋ではどんな仕事をするの?

うどん屋の仕事は調理スタッフとホールスタッフがあり、それぞれ役割が違います。

調理スタッフはうどんを茹でたり、出汁やトッピングを準備します。

トッピングには揚げ物が多く、天ぷらやかき揚げなどを揚げていきます。

お客さんが食べ終わったお皿洗いや食材の補充などもします。

ドリンクの準備は、お店によって調理スタッフがするところもあればホールスタッフがするところもあり、お酒を提供しているお店の場合は、お酒の作り方も覚えなければなりません。

ホールスタッフは、お客さんが来客されたら席の案内や誘導、注文を取り料理を運びます。

お会計をしてお客さんが帰られたら、テーブルを片付け器を下げます。

うどん屋の器は陶器の物が多く、重たいので気を付けて運ばなければなりません。

最近多くなってきているセルフサービス方式のうどん屋も、仕事内容としては同じような感じですが、お客さん自身が席までうどんを運ぶため、ホールスタッフという役割が存在しません。

そのため、調理スタッフがお会計を担当します。

お店の開店前や閉店後には、店内の清掃や整頓、器やお箸の補充なども行います。

うどん屋の仕事はどんな人に向いている?

数ある飲食店の中でも、特にうどん屋に向いている人はどのような人か、実際に働いてみた私が「こんな人は向いているな」と思う、うどん屋に向いている人柄をご紹介していきます。

明るく笑顔で接客できる人

うどん屋に限らずですが、まずは明るく笑顔で接客できる人です。

「いらっしゃいませ」を明るく笑顔で言うことで、お客さんもお店に気持ちよく入店することができますよね。

注文を取る際やお会計をする際も、明るくハキハキとした声で笑顔で接することが大切で、これがお店の印象を良くしたり、お客さんからの評判も上がることへとつながります。

力持ちな人

これは飲食店の中でも、うどん屋など麺を扱うお店だからこそかもしれませんが、うどんを入れる器が重たく、運ぶときには力が要ります。

両手で一つのお盆を持って確実に運ぶことで、汁がこぼれたり器を落としたりすることは防げますが、一つ一つ運んでいると時間がかかってしまいます。

ですが片手でお盆を一つずつ持てば、配膳のスピードアップにもつながり仕事の効率も上がります。

そのためには片手で重たい器が乗ったお盆を持てるくらいの力持ちであれば、うどん屋のホールスタッフに向いているといえます。

暑さが得意な人

うどんを茹でる時はたくさんの湯気が厨房内に立ち込めたり、揚げ物を作る時は高温の油の前で調理をしなければならないため、うどん屋の厨房はとても暑く湿度も高いです。

夏は店舗内に冷房をかけていても汗だくになるくらい厨房内が暑いため、暑さが得意な人にはうどん屋の調理スタッフはおすすめかと思います。

反対に暑さが苦手な人でうどん屋で働きたいと思っている人は、ホールスタッフにしておいた方が良いかもしれませんね。

うどんが好きな人

とにかくうどんが好きな人は、うどん屋で働くことをおすすめします。

うどんの種類を覚えられたり、よく注文されるトッピングを知ることができ、自分がうどんを食べる際にも参考に出来るかと思います。

うどん屋で働いていればまかないを食べることもでき、まかないはもちろんうどんです。

大好きなうどんを仕事終わりや仕事の休憩中などに食べることができれば、仕事も頑張れますよね。

向いている人をご紹介しましたが、どれにも当てはまっていないから向いていない、ということではありません。

実際に私はうどん屋で働く前までは、うどんがあまり好きではありませんでしたが、働いてみてからうどんのおいしさに気づき、今ではうどんが大好きです。

働いてみて気づくことや、自分でもできる!と思えることもあるので、興味がある人は上で挙げた向いている人の特徴にこだわらず、うどん屋で働いてみるのも良いですね。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

うどん屋の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

今までうどん屋で働いたことがない人や、全く違う職業から転職する人など、未経験から働き始めたいと思っている人も多いかもしれません。

では、今までの経験をうどん屋で活かす場合、どのような経験が役立つのでしょうか?

飲食店業で働いた経験

うどん屋に限らず、飲食店で働いたことがある人であれば、その経験を活かしてうどん屋でも働くことができるかと思います。

調理スタッフやホールスタッフは、調理する物や運ぶものが違うだけで、仕事の内容としては大体同じような事だと思います。

調理工程を覚えて料理を提供したり、厨房から出てきた料理をお客さんのもとへ運ぶこと。

お客さんから注文を取りお会計をするなど、していることは他の飲食店と同じなので、うどん屋が未経験でもすぐに覚えられるかと思います。

接客業で働いた経験

飲食店に限らず、接客業で働いたことがある人であれば、お客さんの対応もそつなくこなせるかと思います。

うどんの注文を受けたり料理を運んだりするくらいなので、接客といってもお客さんを長時間対応するわけではないため、焦って話したり挙動不審な行動をしてしまわない限り、うどん屋で働くことができるかと思います。

明るく笑顔でハキハキと話せるスキルがあればなお良いですね。

蕎麦屋で働いた経験

「麺」を扱うという点でうどん屋と共通しているお店です。

蕎麦屋で働いた経験があれば、うどん屋で働くことは「未経験で働く」とはいえないかもしれません。

ホールスタッフであれば、器が重たく運ぶのが大変だったり、冷たい麺であればつゆの準備、トッピングを自分でのせる場合は注文を取るなど共通している点があり、調理スタッフであれば麺を茹でたりトッピングを作ったりと調理工程も似ているため、うどん屋でも蕎麦屋でも仕事の内容はほとんど変わらないかと思います。

このように、うどん屋で働くために特別な経験が必要ということはなく、どのような職業に就いていたとしても活かせる経験があるため、自分が経験したことを活かしながら働くと良いですね。

まだ働いたことがないという人でも、未経験でも働けることが多いうどん屋であれば、チャレンジしてみるのも良いですね。

うどん屋で働くメリットとは?

飲食店の中でもうどん屋を選び、うどん屋で働くメリットは何があるのか。

働いてみて感じたメリットや、うどん屋ならではのポイントをみていきましょう。

うどんのいい匂いに包まれながら働ける

うどん屋だからこそのメリットは、うどんの出汁の匂いに包まれながら働くことができる、ということです。

出汁やつゆの匂いはとても良い匂いで、仕事をしていてもほっこりとした気持ちになれます。

これは飲食店のなかでも、うどん屋ならではの働くメリットかと思います。

うどんの種類を覚えられる

うどんには冷たい温かいと温度の差だけでなく、出汁の種類によって名前が変わったり、うどんの茹で方によっても食感や名前が変わります。

調理スタッフでもホールスタッフでも、メニューやうどんの種類を覚えなければなりません。

ですが、和風から洋風まで様々な物があるため、自分の好みのうどんを見つけることができるかもしれません。

調理方法を覚えられる

うどんの茹で加減や、天ぷらやフライドポテトの揚げ方、出汁の作り方など、調理方法を覚えられるのもうどん屋で働くメリットといえますね。

茹で方を覚えたり、揚げ物の作り方を覚えることで、普段の料理に活かすこともできます。

茹で方ひとつでいつも家で食べていたうどんがとても美味しくなったり、いつも家で揚げていた天ぷらがサクサクになったりと、美味しい食事につながります。

コミュニケーション能力をつけられる

うどんは老若男女問わず幅広い世代の人から愛されているため、様々な年齢の人が来客されます。

そのため普段の生活では関わらないような人とも話す機会が増え、普通に飲食店で働いているよりも、様々な年齢の人に対応できるコミュニケーション能力を得ることができるかと思います。

お子様向けにしゃがんでゆっくりと話したり、お年寄り向けに声を大きく言葉をハキハキと話したりと、相手によって対応を変えるなどのスキルも身につけることができます。

その後のキャリアについて

うどん屋で働いたその後、キャリアアップを目指したり、うどん屋で働いた経験を活かせる仕事は何があるのか。

将来を見据えたうどん屋の道はどのようなものなのでしょうか?

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

うどん屋で働くには、まずはアルバイトから始めることが多いかと思います。

最初はアルバイトや契約社員として働き、キャリアアップを目指すには、まず正社員になれる正社員登用制度を利用します。

ある程度の年数や経験を積み、正社員になれば、店長や責任者など役職がつく仕事を目指すことができ、給料アップへもつながります。

管理職を目指している人は、コツコツと経験を積み実績を残すことが大切ですね。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

飲食店業であれば、調理や配膳などおおまかな仕事内容は同じです。

そのためどの飲食店で働いても、うどん屋で覚えた経験を活かして働くことができるかと思います。

ホールスタッフとして働いていたのであれば、コミュニケーション能力を発揮し、接客業でもうどん屋の経験を活かすことができますね。

幅広い年代の人を接客していたというコミュニケーションスキルを活かすのであれば、病院など医療職や美容院などのサービス業への転職でも経験を活かせそうですね。

開業はできる?

うどん屋はチェーン店が多いですが、独立して個人経営をしているお店もあります。

うどん屋で働いた経験を活かして、うどんの茹で方や作り方、メニューや店内の雰囲気などを参考にし、開業を目指すこともできますね。

開業をすることは簡単なことではありませんが、うどん屋を開業したいと思っているのであれば、一度うどん屋で働いてその経験を活かすことをおすすめします。

このように、うどん屋で働いてもキャリアアップを目指すことはでき、働いた先には様々な未来をみることができます。

そのため自分の経験になると思ったり、開業を目指したいと思っているなら、まずはうどん屋で働いてみるのも良いですね。

自分にあったうどん屋の求人の選び方や注意点

いざうどん屋で働きたいと思っても、求人情報を見ると様々な雇用形態で募集されていたり、職種によっては給料が全然違うこともあります。

でもどのように選んだら良いかわからないという人も多く、その結果働いてから働きづらいと感じる人も多いため、求人情報をチェックする際に注意して選べるように、求人の選び方や注意点をご紹介していきますね。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員・契約社員・アルバイト・パートなど、うどん屋の求人といっても雇用形態は様々です。

自分がどのような時間帯でどのくらい働きたいのか、毎日朝から夜まで働きたいなら正社員、決まった時間に短時間で働きたいなら契約社員やパート、シフトの融通がきくように自由に働きたいならアルバイトと、自分の生活スタイルに合わせて仕事を選ぶには、雇用形態から探す方法をお勧めします。

まずは自分の生活を考えてみて、働ける時間や日数を決めてから雇用形態を選び、求人をチェックすると良いですね。

【選び方②】職種から探す

料理が得意な人や接客が苦手な人は調理スタッフ、接客が得意な人やテキパキと動いて働きたいという人はホールスタッフなど、職種から探す方法もあります。

職種から求人を選ぶ際は、きちんと職種の仕事内容を理解してから探さないと、就職してから働きづらいと感じることも多いため、まずは仕事内容を検索したり、直接お店に行ってどのように働いているかを見てから、求人をチェックするのがおすすめです。

【選び方③】会社の業態から考える

うどん屋はチェーン店や個人経営など、会社の業態によって仕事内容が変わります。

チェーン店であれば食券を使ったりセルフサービス方式の店も多く、お客さんへの対応が少ない場合も。

個人経営のうどん屋なら、お客さんを席へ案内して注文を取るなど接客が多い場合もあるので、会社の業態を事前に知ってから求人をチェックすることも大切です。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

とにかく給料が高いところが良い!夕方からしか入れない!という人は、給与や雇用条件をメインに求人をチェックしても良いですね。

ですがこの場合は、「なぜ給料が高いのか」「なぜ夕方からしか募集していないのか」を考えたり知っておくことが大切です。

お客さんが多く来店する時間帯で仕事量がとても多いために給料が高い場合や、夕方からはスタッフが少なく仕事がまわらないため募集しているなど、求人の理由を知っておかなければ、働いてみたら仕事がとても大変だった、となりかねないため注意が必要です。

【選び方⑤】エリアから考える

自分が通勤しやすい場所や駅の近くなど、エリアから選ぶ方法もあります。

通勤時間はもちろんお給料は出ないので、通勤に時間がかかる場所であれば、もっと効率よく働ける場所があるかもしれなかったり、働いているうちに通勤が嫌になったり苦痛に感じてしまうからです。

通勤にかかる時間や交通費をきちんと考えて、交通費が支給されるのかを求人情報でチェックするのも大切です。

【選び方⑥】好きな店舗から考える

自分の好きなうどん屋など、好きな店舗があるならそこで働くのも良いですね。

好きなうどんがある店で働くことができれば、まかないとして好きなうどんを食べることができ、仕事もさらに楽しくなるかと思います。

ですが、好きなうどんだからという理由だけで選ぶと、「給料が低かった」「通勤しづらい」など、働いてから苦に感じることが多いといけないため、他の項目もきちんとチェックしましょう。

うどん屋の求人を選ぶ際は、まず自分が希望している条件などに優先順位をつけてから求人情報をチェックすることで、希望に近いうどん屋で働くことができるかと思います。

求人情報をチェックする際は、ご紹介したような注意点もよくみてから判断するのが良いですね。

まとめ

うどん屋で働くためには向き不向きもありますが、自分が働いてみたいと思うのであれば、挑戦してみることも大切かと思います。

うどん屋で働いたことは経験やスキルとして自分のものになるため、今後の人生でも活かすことができるからです。

キャリアアップを目指すこともできるため、求人情報をチェックする際は細かいところまできちんと見て、自分の希望に近いうどん屋で楽しく働けると良いですね♪

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)