「居酒屋で働いてる人ってみんな楽しそう! 私もバイトしてみようかな~」

「でも忙しそうだし、私にできるかな?」

居酒屋といえば定番のアルバイトですよね。

また、正社員でも「未経験可」「やる気のある方大歓迎」などの門戸の広い求人が多く、気になる人も多いのではないでしょうか?

そんな皆さんに向けて今回の記事では、居酒屋の仕事内容を中心に、居酒屋で就職するにはどうすればよいのか?などを居酒屋で3年間働いてきた筆者が徹底的に解説していきます。

「居酒屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

居酒屋の仕事はどんな仕事?

「お客様に料理やドリンクを運んだりするんでしょ?」

実は、お客様には見えないところで大変な仕事がたくさんあります。

居酒屋では、おおまかに「キッチン」「ホール」「ドリンカー」の3つのポジションがあり、それぞれの役割をしっかりと果たすことにより日々の営業を乗り切っています。

まずは、それぞれのポジションの仕事内容とメリット・デメリットを説明していきます。

キッチン

仕事内容

お客様に提供する料理やおつまみ、デザートなどを調理するお仕事で、それに付随して、皿洗い・食材管理・買い出しなども業務に含まれます。

各店舗により振り分け・名称は異なりますが、揚げ場(揚げ物メニュー専門)、クイック(枝豆・サラダなどすぐ出せるおつまみ専門)など厨房内でも細かくポジション分けをして営業するスタイルの店舗が多いです。

また、衛生管理は基本なので厨房内の設備や調理器具の清掃・管理も行います。

メリット

料理スキルが身につく

基本的に居酒屋のメニューはアルバイトでも簡単に調理できるように考えて作られたものが多いですが、それでもまったく料理をしたことのない人にとっては覚えておいて損のないスキルが身につきます。(包丁の使い方や食材の下ごしらえ、鍋の振り方など)

また、普段から家庭で料理をしている人でも、家庭ではあまり見られない食材に触れたり、新しいレシピを覚えることもできるので働きながら勉強にもなります。

まさに一石二鳥ですね。

接客しなくてもいい

ホールスタッフの数が足りない場合に料理の配膳を手伝うなど例外はありますが、基本的に営業中は厨房の外に出ることはありません。

なので、「居酒屋で働きたいけど、接客はちょっとなぁ…。」という人や「俺は料理だけ作っていたいんだ!」という職人かたぎな人にとっては絶好のポジションですね。

仕事における「段取り」「優先順位」の考えが身につく

キッチンで仕事をしていると、週末などの混雑する時間帯に、どう頑張っても捌ききれない量のオーダーが入ってくることもしばしば…。

そんな時、何も考えずに注文がきた順に調理をしているとお客様からクレームがきてしまったり、要領の悪い作業で厨房の中がぐちゃぐちゃ…になんて状態になることもあります。

そうならないためにも、「フライパンを温めている間にサラダの盛り付けができそうだな」など普段から「段取り」や「優先順位」の考え方を教えてもらうことができます。

居酒屋だけではなくどんなお仕事でも基本となる考え方なので、大学生のうちにアルバイトで覚えておくと就職してから役立ちますよ。

デメリット

オーダーが集中するとかなりキツい

週末などの混雑時は一度にたくさんの注文が入ります。

いつもはフォローしてくれている先輩や上司も忙しくて手が回らないことも多いので、入ったばかりでも自分ひとりでこなさなければならないことも珍しくありません。

どれだけ完璧にこなしていても、「注文した料理がまだこない」「後から注文したテーブルの料理の方が先に出来ている」などのクレームもきてしまうのでなれないうちはキツいかもしれません。

不器用・キレイに作業するのが苦手な人には不向き

飲食店で一番あってはならないのが「食中毒」です。

早くお客様に料理を提供したいからといって汚い調理スペースで作業をしてしまっては元も子もありません。

また、サラダや刺身などは盛り付けるでけですが、逆に言えばキレイに盛り付けられないと長時間食材に触れることになってしまい不衛生です。

筆者のかつての同僚に、スライサーで玉ねぎをスライスすることができないくらい不器用な人がいましたが、その後、ホールスタッフに転身し活躍していました。

自分の適性を見極めるのも大事ですね。

火傷・切創などのケガをすることがある

包丁の扱いにまだ慣れないうちは指を切ってしまったり、揚げ物や炒め物をしている最中に油がとんできて火傷をするなんてことも日常茶飯事です。

ホール

仕事内容

お客様に料理やドリンクを提供するお仕事というイメージが強いのではないでしょうか?

その他にお客様のご案内や注文を受けたり、空いたテーブルの片付け、お会計などホールで行う全ての業務を行います。

また、ほかのポジションと違って「接客」があるということが一番の特徴ですね。

メリット

お客様と直に接することができる

ご案内からお会計まで直接お客様と接するので、「おいしかった」、「またくるよ」など感謝の声を聞かせてもらえる機会が多いです。

大変だけど頑張っていてよかったな、と思える瞬間ですね。

丁寧な言葉遣い・接客スキルが身につく

「~でございます」などの接遇用語とよばれる接客言葉も自然と身につきます。

知らない人と話すことにも抵抗がなくなるので、コミュニケーション能力の向上にも役立つでしょう。

「チームで仕事をする感覚」が養われる

「○○さん(ほかのホールスタッフ)がいま会計してるから、私がご案内しなきゃ」など、常に周りのスタッフの動向を確認しながら仕事をすることになるので、チームワークの大切さや複数人で仕事をする際の立ち回り方が覚えられます。

デメリット

クレーム対応

「料理に髪の毛が入っていた!」「隣の席がうるさいから移動させて!」など飲食店でのクレームは多岐にわたります。

最終的には店長などの責任者がでてきて対応してもらいますが、最初の対応はホールスタッフがしなければなりません。

ときには、こちら側に非がない理不尽なクレームにも誠実に対応しなければならないのが辛いところです。

どんな時でも明るくなければならない

プライベートで嫌なことや落ち込んでしまうようなことがあって、「なんだか気分が乗らないなぁ」というときもありますよね。

本来であれば仕事に私情を持ち込むのはよくありませんが、それでも人間なので多少おもてにでてしまうことも仕方ありません。

しかしながら、お店の顔であるホールスタッフは、元気のない姿でお客様に接するワケにはいかないので常に明るく笑顔でいることが求められます。

人と話すのが苦手だとつらい

なかには、プライベートでは口下手だけど接客は大丈夫、という人もいます。

とはいえ、接客がメインのお仕事なので、人と話すのが苦手な人には少々厳しいかもしれません。

ドリンカー

仕事内容

ビールやカクテルといったお酒やソフトドリンク、お店によっては簡単なデザートなどを作るお仕事。

店舗により違いますが、基本的にホールを熟知したスタッフが一人で任される場合が多いです。

居酒屋のアルバイトでは、キッチンスタッフかホールスタッフかでわかれて求人がでている場合が多いですが、ドリンカーがやりたいのであればホールスタッフの求人に応募するとよいでしょう。

メリット

お酒に詳しくなれる

バーテンダーほどではないですが、ビールの注ぎ方やカクテルの種類、焼酎の割りかたなど幅広くお酒に関する知識が手に入ります。

プライベートでの飲み会はもちろん、転職した場合でも会社での付き合いなどに役立つことが多いでしょう。

デメリット

基本的に一人なので忙しい

ほかのポジションに比べ、作業スペースが限られているので基本的に一人で仕事をこなさなければなりません。

状況によってはホールのヘルプに回るようなこともしばしばあるのでテキパキとした動きが必要です。

各ポジションでの一日の仕事の流れ

次に各ポジションの一日の流れを見てみましょう。

おおまかなイメージは以下の通りです。

調理場

  • 1.仕込み、厨房の立ち上げ
  • 2.営業(オーダーの調理、時間があれば翌日分の仕込み)
  • 3.厨房片付け・清掃、食材の発注、翌日分の仕込みの確認

ホール

  • 1.ホール清掃(店舗により営業後に行う場合も)、テーブルのセットアップ
  • 2.営業(ご案内、オーダー受付・提供、お会計、空いたテーブルの片付け)
  • 3.テーブル・食器・グラスの片付け、備品の補充

ドリンカー

  • 1.ドリンク場の準備(ビールサーバーの立ち上げなど)
  • 2.営業(ドリンク作り、ホールスタッフのフォロー)
  • 3.サーバーの清掃、グラスの洗浄、お酒などの補充・発注

店長・責任者などの場合

店長や責任者になると、各ポジションの業務に加え、売上管理やシフト管理、買い出しや企画の提案などお店全体に関わる業務を行います。

各ポジションの一日の流れはイメージできましたでしょうか?

それぞれの役割をしっかりと果たすことによって、日々、スムーズに営業を行うことができます。

「居酒屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

居酒屋の面接でのポイント

ここで、気になる居酒屋の面接でのポイントをご紹介します。

筆者自身も経験がありますが、ポイントをしっかりおさえておけばその場で即採用⁈なんてこともありますので、是非参考にしてみてください。

明るく、元気よく

接客業ということもあり、明るく、元気よくは必須条件といえるでしょう。

逆に、明るくて元気があれば、ほかのアピールポイントが全くなくても採用されることも多いです。

「私、人見知りだから…。」という人も面接の際は割り切って、明るく元気にいきましょう。

接客業の経験があればアピール

接客がうまくできないと壁にぶつかる人も少なくありません。

また、慢性的な人手不足でスタッフが足りていない居酒屋も多いので、接客業の経験があれば即戦力として期待してもらえます。

働ける時間の多さをアピール

居酒屋の面接では、アルバイトであれば勤務可能な曜日・時間帯、正社員であればいつから出勤可能であるか必ず質問されます。

そこで、「いつでも入れます!」「明日からでも出勤できます!」と即答できれば、シフト管理に頭を抱える店長に重宝されること間違いないです。

清潔感に気をつける

接客サービスを行い、食材も扱うので清潔であることが求められます。

男性であれば髭を剃る、女性であれば髪を後ろで束ねるなど身だしなみを整えて臨みましょう。

個人経営なら賃金交渉可能な場合も

チェーン店を展開しているような居酒屋では難しいかもしれませんが、個人で経営している居酒屋であれば、ある程度は賃金の交渉に応じてもらえる場合もあります。

結婚していて子どもがいる、業界で経験があるなどの理由があるのであれば、交渉してみてはいかがでしょうか。

経験者が紹介!おすすめの就活方法とは?

では、実際にどのようにして求人を探せばよいのでしょうか?

筆者も実際に利用していた、一般的な方法を紹介していきます。

求人サイトを活用する

一番ベターな方法ではないでしょうか?

特に、駅前の繁華街にあるような居酒屋の求人が多く見られます。

求人サイトに情報を登録して応募すれば、面接担当者から直接連絡がくる仕組みになっているので、相手の都合を気にしなくても大丈夫というところがメリットですね。

好きな居酒屋に絞って求人チェックをする

飲みに行った際に、楽しそうに働くスタッフをみて、「このお店で働いてみたいなぁ」となる場合もありますよね。

そんな時は、スタッフに直接聞いてみたり、お店の中にスタッフ募集の貼り紙がないか確認してみてください。

スタッフの立場からすると、けっこう嬉しいものなので、心よく対応してくれるはずです。

また、FacebookなどのSNSのアカウントを運用している居酒屋も増えてきたので、そちらをチェックして求人情報を手に入れるのも良いかもしれません。

フリーペーパーをチェックする

地域密着型の居酒屋などでは、フリーペーパーに求人を掲載することが多いです。

先述した一日の流れを見てもらえればわかると思いますが、時間帯によっては対応するのがむずかしい場合もありますので、電話をかける際はなるべく営業中を避けるようにしましょう。

「居酒屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

以上、居酒屋の仕事内容を中心に実際に居酒屋で働くにはどうすればよいのかなどを解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

大変な部分も多いですが、その分、たくさんのことを学べそうですね。

居酒屋で働いてみたいと興味をお持ちの方には本記事を参考にしていただき、素敵な居酒屋店員になっていただければと心より願っております。

居酒屋の求人を探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

居酒屋求人

居酒屋求人についてもっと深堀りした情報を見る

居酒屋バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

あなたは、「バイト」と聞いてどのような仕事を思い浮かべますか?まずほとんどの方が思い浮かぶのが居酒屋ではないでしょうか。大学時代、4年間居酒屋バイトをしていた私が居酒屋バイトの時給をメインにご紹介。居酒屋バイトを検討しているあなた!参考にしてみてはいかがでしょうか。居酒屋バイトの給料の相場はどのくらい?居酒屋バイトの給料相場は、そのお店の形態や種類、もちろん地域によって異なります。例えば、私が働いていた居酒屋は個人経営店だったので昇給等のマニュアルはなく、日々の頑張りを時給に反映させる、というような時給の決まり方でした。もちろん基本給はありますが、店長に「時給を上げてほしい」との旨を伝える機会

東京の居酒屋バイト求人の時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

東京の居酒屋バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とはどんな事か。ある意味、他のアルバイトでは、経験出来ない居酒屋のアルバイトについて、ご紹介したいと思います。私は東京のこんなところで居酒屋のアルバイトをやりました私が働いていた居酒屋は、東京の都心から少し外れたところにありました。ですが、駅前と言う立地のお陰で、それなりにお客様は沢山来ていただきました。そんなに大きなお店では、ありませんでしたが、アルバイトの人数は多かったと思います。東京の居酒屋バイト求人の時給は?私が貰っていた時給は、1050円ぐらいだったと思います。あとは、賄いが出たのと、臨時で入った時には

調布の居酒屋バイト求人の募集内容・募集店にはどんなものがある?気になる時給やおすすめ求人の特徴など、経験者が解説します!

学生がアルバイトをしようと考えると、一番最初に検討をするのが飲食店のアルバイトではないでしょうか。その中でも居酒屋は「酔っ払いが多い」「夜遅くまで働く」というマイナスイメージも多い仕事です。そこで調布の居酒屋バイト求人を、ホールスタッフとして1年間働いていた私が「どんな仕事があるの?」「どんな人が向いているの?」といった皆さんの疑問・不安にお答えします。居酒屋はどんな仕事?居酒屋は基本的には夜に営業をしています。しかし、ランチもやっているお店があったり、個人店やチェーン店、さらに提供する料理やお酒の価格帯によってその雰囲気が大きく変化します。でも、全体的には人と接するのが好きな明るいスタッフが

大学生向け居酒屋バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

大学生に人気なバイトの一つとして挙げられるのが、居酒屋でのアルバイトです。ここでは実際に大学生で居酒屋でのバイトを経験してみようと考えている方のために、居酒屋バイトで学べることや役立つこと、お勧めの求人などをご紹介します。居酒屋はどんな仕事?居酒屋でのバイトは、接客を担当するホールスタッフと調理を担当するキッチンスタッフに分かれています。人と接することが好きな方や料理が得意、または上手くなりたいという方にはおすすめの職種です。バイトの大まかな仕事内容ホールスタッフは入店したお客さんの案内から注文取り、お会計までの接客を担当します。規模が小さいお店ではホールスタッフがカクテルなどのお酒を作ること

居酒屋の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

現在居酒屋で働いていて、自分の職場に不満があったりもっと給料が高いところがいい!と考えている人は少なくないかと思います。そうしたときに問題を解決するには転職が効果的。もっといい労働環境を求めるのは当然のことですからね。ここでは居酒屋の転職で、狙い目の会社を見分けるコツや上手く転職する方法をご紹介していきたいと思います。飲食業界に15年以上います筆者が簡単に分かりやすく説明しますので、どうぞ参考にしてみてくださいね。居酒屋の転職で注意したほうが良い3個のこと一過性の衝動での転職に注意まず始めに注意して欲しいのは「本当に転職するべきかどうか」を今一度考えてみてください。一過性の衝動だけで転職をする

居酒屋店長の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

会社帰りに同僚や友人と立ち寄ることが多い居酒屋さん。ワイワイガヤガヤと活気があって元気をもらえますよね。最近では多種多様な居酒屋さんがあり、それぞれ特徴的なお店も増えてきました。そんな居酒屋さんで働き、全体を取り仕切っている店長さんはどれくらいの年収を貰っていると思いますか?一般的には飲食業界は低賃金といったイメージがありますが、それは昔の話かもしれません。ここではそんな居酒屋店長の年収相場などをご紹介していきたいと思います。また、給料アップを狙っての転職に関して上手に行うためのテクニックもあわせてご説明していきますので、現在居酒屋で働いている人は必見ですよ。それではさっそく居酒屋店長の給料相

居酒屋の正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

これから就職を考えている方の中で、飲食業界を検討している人も多いかと思います。ここではそんな方に向けて、大手居酒屋チェーンを含む居酒屋業界における正社員求人情報の内容や求められる人物像、はたまたどんなところがおすすめなのかといった点についてご紹介していきたいと思います。よくある募集内容の中でも精査することによって優良企業を探す手がかりになるかもしれませんので、ぜひチェックしていってくださいね。自身も居酒屋勤務経験があり、現在は飲食関連会社を経営している筆者が分かりやすく解説していきます。それでは飲食経験がある方にもそうでない方にも、理解しやすいように仕事の内容から見ていきましょう。居酒屋の仕事

居酒屋の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術・キャリアアップ術を教えます

大手居酒屋チェーン企業に就職というともしかしたら「給料が安そう」という印象を持っている方もいるかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか?飲食の現場に15年以上のキャリアを持ち、自身でも飲食関連会社を経営しています筆者が詳しく解説していきますのでどうぞご覧になっていってください。居酒屋の年収や相場、さらには転職やキャリアアップの方法までを一挙ご紹介していきます。それではさっそく見ていきましょう。居酒屋の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合月給¥175,000~¥230,000年収¥3,000,000前後正社員で転職した場合月給¥210,000~¥270,000年収¥4,00

居酒屋の時給の相場は?バイトが時給を上げるためにやるべきことも紹介します

居酒屋でのアルバイトに興味ありませんか?大人の雰囲気が漂う居酒屋はどことなく敷居が高いイメージを抱きがちです。そんな居酒屋ですが、働くお店によって時給がかなり違っていますよね。時給の相場やもらえるお金の決まり方はどのようになっているのでしょうか?どうせなら沢山のお金をもらいたいはずです。今回は居酒屋の時給や求人あれこれについてご紹介致します!居酒屋バイトの時給の相場はどのくらい?居酒屋のように食べ物や飲み物を提供するサービス業のなかでも、居酒屋バイトの時給はとりわけ高めに設定されていることが多いように思います。時給相場は地域により異なりますが、都市部の相場が約900円~1,200円程になります

居酒屋の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容やメリット・デメリットや向き不向きについて解説します

居酒屋のアルバイトは学生さんなどに大人気ですが、一体どんな人に向いているのでしょうか。今回は、居酒屋の仕事に向いている人や、仕事内容、メリット・デメリットなどについて解説します。居酒屋の仕事はどんな人に向いているの?居酒屋の仕事に向いている人とは、どんな人でしょうか。居酒屋のアルバイトに向いている人と向いていない人について解説します。向いている人居酒屋のアルバイトには、明るい接客ができる人が求められます。明るい接客には、大きな声や元気のよい返事が不可欠です。運動部などで、声を出すことに慣れているなら、適任でしょう。また、体力も求められます。重いグラスや皿を何往復もしながら運んだり、アルバイトの