会社帰りに同僚や友人と立ち寄ることが多い居酒屋さん。

ワイワイガヤガヤと活気があって元気をもらえますよね。

最近では多種多様な居酒屋さんがあり、それぞれ特徴的なお店も増えてきました。

そんな居酒屋さんで働き、全体を取り仕切っている店長さんはどれくらいの年収を貰っていると思いますか?

一般的には飲食業界は低賃金といったイメージがありますが、それは昔の話かもしれません。

ここではそんな居酒屋店長の年収相場などをご紹介していきたいと思います。

また、給料アップを狙っての転職に関して上手に行うためのテクニックもあわせてご説明していきますので、現在居酒屋で働いている人は必見ですよ。

それではさっそく居酒屋店長の給料相場から見ていきましょう。

「居酒屋店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

居酒屋店長の給料の相場はどのくらい?

一概に居酒屋の店長といっても色々ありますが、ここではごく平均的な居酒屋店長の年収や月給をご紹介していきます。

正社員で新卒入社した場合

大学や専門学校を卒業してそのまま居酒屋チェーンなどに就職。

数年ほどで一店舗の店長になりますが、そうした場合の給料相場を見ていきましょう。

およそ月給230,000円~250,000円ほどになります。

また、年収でいうと300万円前後といった感じになりますね。

このあとは会社の中でキャリアアップしていって、エリアマネージャー・統括部長など役職が付けばさらに給料が上がっていくという仕組みになっています。

正社員で転職した場合

居酒屋で正社員として働いていて、店長職としてほかの店舗に引き抜かれたり自身で転職活動をしようとするのであれば給料相場は次のようになります。

月給250,000円~300,000円

年収ベースで400万円弱

およそこれくらいが居酒屋の店長の給料相場となっています。

現在の日本の労働者における平均年収が400万円ちょっととなっていますので、そこまで悪い数字ではないですよね。

独立した場合

居酒屋店長として働いていて、その後独立をした場合どうなるか?

正直これはその店舗のコンセプトや売り上げによるので、ケースバイケースになるかと思います。

およそ月収で40万円ほどいけば成功ではないでしょうか。

そこそこ繁盛すればこれくらいの数字はいくと思います。

反対にちょっと経営が厳しくても月収20万円ほどかと思います。

ある意味この数字を切るときにはそのお店はもう潰れていますね。

残念ながらオーナー月収が20万円を切るということは経営が上手くいってないということですから。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

ボーナスはだいたい月給の2ヶ月分程度が相場かと思います。

これが3ヶ月分出るところだとけっこう優良企業かなといった印象です。

少ないところで1ヶ月分、もしくは貰えないという悲しいところもあるのは事実です。

昇給

昇給は一般的な企業よりスムーズにしてくれます。

小刻みではありますが、年に一度は必ず昇給査定が入りますから。

まじめに働いていれば月給もアップしていく仕組みとなっています。

各種手当

残業手当や休日出勤手当てなどが出るところもあります。

あとは基本的に店長などであれば福利厚生は整っていますから、社会保険完備というのは一般の企業とあまり変わらないと思います。

給与が高い人は何が違うの?

居酒屋店長で給与が高い人はいったいどういう人なのか?という疑問があるかと思いますが、実はかなり単純です。

基本的には店舗の売り上げと純利益を上げられる人が給与アップしていきます。

「居酒屋店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スキル

まずはやはり数字の管理というのが店長の最大の仕事です。

原価の計算、アルバイトの人件費、そのた諸経費などを計算して売り上げと照らし合わせていきます。

その中で無駄を省いたり、売り上げアップの方法を試行したりするのが主な役割ですね。

売り上げが高くても支出が多ければ利益は生まれません。

ものすごい単純な例を挙げてご説明しますね。

売り上げ500万円で諸経費(バイト人件費、原価など)が400万円の居酒屋の店長。

売り上げ300万円で諸経費(バイト人件費、原価など)が100万円の居酒屋の店長。

この場合、一店舗だけで考えたときに給料がいいのは後者の方です。

なぜなら倍の利益を会社に付与していることになりますからね。

たぶん月給で5~10万円くらい変わってくると思います。

ただし、店舗数が多ければ多いほど前者の方が優遇されることもあります。

これは売り上げ高を上げられる能力があると判断されて、エリアマネージャーなどに抜擢されたりします。

一店舗だけで考えるより、複数の店舗で考えたときには前者の店長の評価が高まるということですね。

こうした数字管理のスキルが居酒屋の店長には必要不可欠となっています。

勤続年数

勤続年数が長ければ自然と給料アップしていきます。

これはその居酒屋のある街を熟知し、年間を通して売り上げの推移を計算できるからです。

たとえば5月は売り上げが低いからアルバイトを少なめにシフトに入れよう、逆に10月はなぜか売り上げが毎年良いからそれに備えてキャンペーンをしよう、などと戦略が立てられる人材ですからね。

やはり会社としては給料を上げて確保しておきたいと思うでしょう。

地域

やはり東京と地方でも違うと思いますが、その中でも居酒屋店長の給料は変わってきます。

土地単価・客単価と比例して給料は推移しがちですので、高級な立地だったりすると必然的に給料が高くなります。

人間力

居酒屋を経営する会社からすると大事なのはスタッフの確保。

そのアルバイトスタッフや社員をちゃんとまとめてくれる店長は評価が高くなり、給料もアップしていきます。

なんで?と思うかもしれませんが、離職率の低い居酒屋となるとまず求人広告を出さなくて済みますよね。

そうすると経費が削減出来ますから、その分ちょっと店長に与えておこうとなるわけです。

また居酒屋はチームワークが重要です。

その中で店舗スタッフの雰囲気を良くするのも店長の腕の見せどころ。

従業員のケアが出来る店長は会社から重宝されますので、その評価も上がっていくこととなります。

居酒屋店長の給料の決まり方

基本給

基本給は会社などに準じて決まります。

もちろん最初の基本給から毎年の昇給査定が加味されて上がっていきます。

賞与

ボーナスは店舗の売り上げ・利益率によって決まります。

当然利益率が高いところの店長はボーナスも多めです。

また、年末などの繁忙期における会社が設定した売り上げ目標を達成したりすると臨時ボーナスが出たりします。

福利厚生

基本的には法定規則に則った形で給料に含まれています。

厚生年金や各種保険といったものですね。

企業的な居酒屋の店長を務めていてこれを貰えないというところはまずありませんのでご安心下さい。

居酒屋店長で給料をあげるためにやるべき3個のこと

居酒屋で働いていて、店長職もしくはそれに準ずる仕事をしている人には必見の内容です。

現在の給料をちょっとでも上げたいと考えいている人は以下のことを試してみて下さい。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

売り上げと利益率を前年比より上げることが出来ていて、さらにはそれが3ヶ月以上継続している場合は思い切って「賃金アップ交渉」を行ってみましょう。

優秀な店長を手放したくはないでしょうから、ある程度聞き入れてくれるかもしれませんよ。

あまり聞き入れてくれないようであれば諦めるしかありませんが、それだけの実績を重ねている場合は転職という形を検討してみてはどうでしょう。

次に転職を視野に入れた給料アップ方法をご紹介していきます。

思い切って転職する

現状の職場で給料アップが叶わない場合は思い切って転職してみましょう!

転職先の選び方1:給与の高いお店

今よりもいい金額を提示してくれる職場というのは必ずあります。

あなたが実績を伸ばしている店長であればなおさらです。

現在の会社より企業規模が大きいところに転職すれば月給で3~5万円、年収で50万円くらいは上げられると思いますので検討してみてくださいね。

転職先の選び方2:福利厚生などが充実しているお店

いまの職場で社会保険などに満足していない場合は福利厚生が充実しているところを選びましょう。

基本的には求人サイトなどにその旨が書いてありますので、比較的探しやすいかと思います。

あとは面接時に念入りに確認するのも忘れないようにしてくださいね。

独立する

年収を劇的にアップさせたい場合はやはり独立開業という形をとることをおススメします。

筆者も独立経験がありますが、やはり年収で1.5倍くらいにはなったと思います。

ただし収入が少ない月も出てきますのでハイリスクハイリターンな選択にはなりますね。

給料アップだけを目的とする場合はあまりおススメできませんが、実際に貯金があったりもともと独立志向の方には思い切って独立の道を進んでもらいたいと思います。

「居酒屋店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

給料をアップさせるための求人の選び方

給料をとにかくアップさせたい。

そんな気持ちが強いあなたには転職をおススメいたしますが、その際に抑えておきたい求人選びのポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

「居酒屋店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

給与相場が今よりも高いところを探そう

給料の相場というのは大体決まっていますが、その中でも全体的な職種として給料の相場が高い飲食企業というのはあります。

やはり企業の規模が大きいところは必然的に給料が上がりますので、そうした飲食店を探すことが給料アップの近道といえます。

ほかにも現在飲食業界で成長中の会社はねらい目です。

店舗数10店前後で、まさに店舗拡大中の会社はいい人材に高い給料設定をもうけていますのでおススメだと思いますよ。

賞与や昇給制度をチェック

ボーナスや昇給査定の仕組みがしっかりしているところを探すのも給料アップには効果的です。

こちらに関しては同じ飲食業界において横のつながりを持っていると探しやすいかと思います。

意外とボーナス3ヶ月分というところも飲食企業にはありますので、そうしたところを選ぶと自然と年収アップに繋がります。

現在ボーナスがないというところで働いているのであれば、こうしたところに転職すると優遇された労働環境に驚くと思いますよ。

残業代はちゃんと出る?

残業代がちゃんと出るところというのは、最近の飲食業界ではマスト条件です。

いま支払われていないのであればぜひ転職を検討してみてください。

必ず「残業代アリ」のところはその他の面でも好待遇なので、求人サイトや口コミを探してみてくださいね。

交通費や福利厚生は?

福利厚生・社保完備は最近の飲食業界でも必須の条件となっています。

企業のコンプライアンスに対しての姿勢や従業員満足度というのはこうしたところに付随します。

やはりスタッフのモチベーションが高い飲食店というのはこうしたところがしっかりしていますので、改めて自分の働く職場を見直すきっかけになるかと思います。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

残業代、福利厚生が整ったところへ

筆者自身の経験として具体的な転職例を挙げたいと思います。

私は東京郊外の飲食店で店長代理を任されていた頃に、残業代なし福利厚生なしという扱いでした。

自分自身としては学ぶところが多い職場だったので、あまり給料の低さは気にしていませんでしたがやはり年収ベースでは300万円未満。

将来的なことを考えると別のところで働くことが良いのかと思っていました。

そこで知り合いから誘ってもらった都心部・銀座の飲食店に職場を変えたところ、驚くほど給料がアップしました。

20代半ばでしたが確実に年収で50万円はアップしましたね。

大きな要因は残業代と福利厚生です。

それだけで月給におよそ5万円はプラスされているので、必然的にさきほどの金額くらいは年収が上がります。

こうした企業体制が整っているところに転職するのは非常に給料アップへの近道だと思いますよ。

その後、働いていく中で昇給も早かったですしね。

まとめ

居酒屋の店長として働く際の給料相場や転職について見てきました。

考えた転職をすることで意外とすんなりと給料が上がることが分かってもらえたかと思います。

やはり大事なのは労働環境ですね、飲食店の運営母体がしっかりしているとその分こちらへの見返りも大きくなります。

そうしたところへの転職をおススメしますし、最近はちゃんとした居酒屋経営企業も増えてきていると感じています。

いまの環境に多少でも不満を感じているのであれば是非転職も視野に入れて検討してみてくださいね。

これから居酒屋で働こうとしている方はこうした例を参考に、ステップアップに必要なスキルを蓄えていってください。

「居酒屋店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

居酒屋求人

居酒屋求人についてもっと深堀りした情報を見る

居酒屋の就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

「居酒屋で働いてる人ってみんな楽しそう! 私もバイトしてみようかな~」「でも忙しそうだし、私にできるかな?」居酒屋といえば定番のアルバイトですよね。また、正社員でも「未経験可」「やる気のある方大歓迎」などの門戸の広い求人が多く、気になる人も多いのではないでしょうか?そんな皆さんに向けて今回の記事では、居酒屋の仕事内容を中心に、居酒屋で就職するにはどうすればよいのか?などを居酒屋で3年間働いてきた筆者が徹底的に解説していきます。居酒屋の仕事はどんな仕事?「お客様に料理やドリンクを運んだりするんでしょ?」実は、お客様には見えないところで大変な仕事がたくさんあります。居酒屋では、おおまかに「キッチン

居酒屋バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

あなたは、「バイト」と聞いてどのような仕事を思い浮かべますか?まずほとんどの方が思い浮かぶのが居酒屋ではないでしょうか。大学時代、4年間居酒屋バイトをしていた私が居酒屋バイトの時給をメインにご紹介。居酒屋バイトを検討しているあなた!参考にしてみてはいかがでしょうか。居酒屋バイトの給料の相場はどのくらい?居酒屋バイトの給料相場は、そのお店の形態や種類、もちろん地域によって異なります。例えば、私が働いていた居酒屋は個人経営店だったので昇給等のマニュアルはなく、日々の頑張りを時給に反映させる、というような時給の決まり方でした。もちろん基本給はありますが、店長に「時給を上げてほしい」との旨を伝える機会

東京の居酒屋バイト求人の時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

東京の居酒屋バイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とはどんな事か。ある意味、他のアルバイトでは、経験出来ない居酒屋のアルバイトについて、ご紹介したいと思います。私は東京のこんなところで居酒屋のアルバイトをやりました私が働いていた居酒屋は、東京の都心から少し外れたところにありました。ですが、駅前と言う立地のお陰で、それなりにお客様は沢山来ていただきました。そんなに大きなお店では、ありませんでしたが、アルバイトの人数は多かったと思います。東京の居酒屋バイト求人の時給は?私が貰っていた時給は、1050円ぐらいだったと思います。あとは、賄いが出たのと、臨時で入った時には

調布の居酒屋バイト求人の募集内容・募集店にはどんなものがある?気になる時給やおすすめ求人の特徴など、経験者が解説します!

学生がアルバイトをしようと考えると、一番最初に検討をするのが飲食店のアルバイトではないでしょうか。その中でも居酒屋は「酔っ払いが多い」「夜遅くまで働く」というマイナスイメージも多い仕事です。そこで調布の居酒屋バイト求人を、ホールスタッフとして1年間働いていた私が「どんな仕事があるの?」「どんな人が向いているの?」といった皆さんの疑問・不安にお答えします。居酒屋はどんな仕事?居酒屋は基本的には夜に営業をしています。しかし、ランチもやっているお店があったり、個人店やチェーン店、さらに提供する料理やお酒の価格帯によってその雰囲気が大きく変化します。でも、全体的には人と接するのが好きな明るいスタッフが

大学生向け居酒屋バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

大学生に人気なバイトの一つとして挙げられるのが、居酒屋でのアルバイトです。ここでは実際に大学生で居酒屋でのバイトを経験してみようと考えている方のために、居酒屋バイトで学べることや役立つこと、お勧めの求人などをご紹介します。居酒屋はどんな仕事?居酒屋でのバイトは、接客を担当するホールスタッフと調理を担当するキッチンスタッフに分かれています。人と接することが好きな方や料理が得意、または上手くなりたいという方にはおすすめの職種です。バイトの大まかな仕事内容ホールスタッフは入店したお客さんの案内から注文取り、お会計までの接客を担当します。規模が小さいお店ではホールスタッフがカクテルなどのお酒を作ること

居酒屋の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

現在居酒屋で働いていて、自分の職場に不満があったりもっと給料が高いところがいい!と考えている人は少なくないかと思います。そうしたときに問題を解決するには転職が効果的。もっといい労働環境を求めるのは当然のことですからね。ここでは居酒屋の転職で、狙い目の会社を見分けるコツや上手く転職する方法をご紹介していきたいと思います。飲食業界に15年以上います筆者が簡単に分かりやすく説明しますので、どうぞ参考にしてみてくださいね。居酒屋の転職で注意したほうが良い3個のこと一過性の衝動での転職に注意まず始めに注意して欲しいのは「本当に転職するべきかどうか」を今一度考えてみてください。一過性の衝動だけで転職をする

居酒屋の正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

これから就職を考えている方の中で、飲食業界を検討している人も多いかと思います。ここではそんな方に向けて、大手居酒屋チェーンを含む居酒屋業界における正社員求人情報の内容や求められる人物像、はたまたどんなところがおすすめなのかといった点についてご紹介していきたいと思います。よくある募集内容の中でも精査することによって優良企業を探す手がかりになるかもしれませんので、ぜひチェックしていってくださいね。自身も居酒屋勤務経験があり、現在は飲食関連会社を経営している筆者が分かりやすく解説していきます。それでは飲食経験がある方にもそうでない方にも、理解しやすいように仕事の内容から見ていきましょう。居酒屋の仕事

居酒屋の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術・キャリアアップ術を教えます

大手居酒屋チェーン企業に就職というともしかしたら「給料が安そう」という印象を持っている方もいるかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか?飲食の現場に15年以上のキャリアを持ち、自身でも飲食関連会社を経営しています筆者が詳しく解説していきますのでどうぞご覧になっていってください。居酒屋の年収や相場、さらには転職やキャリアアップの方法までを一挙ご紹介していきます。それではさっそく見ていきましょう。居酒屋の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合月給¥175,000~¥230,000年収¥3,000,000前後正社員で転職した場合月給¥210,000~¥270,000年収¥4,00

居酒屋の時給の相場は?バイトが時給を上げるためにやるべきことも紹介します

居酒屋でのアルバイトに興味ありませんか?大人の雰囲気が漂う居酒屋はどことなく敷居が高いイメージを抱きがちです。そんな居酒屋ですが、働くお店によって時給がかなり違っていますよね。時給の相場やもらえるお金の決まり方はどのようになっているのでしょうか?どうせなら沢山のお金をもらいたいはずです。今回は居酒屋の時給や求人あれこれについてご紹介致します!居酒屋バイトの時給の相場はどのくらい?居酒屋のように食べ物や飲み物を提供するサービス業のなかでも、居酒屋バイトの時給はとりわけ高めに設定されていることが多いように思います。時給相場は地域により異なりますが、都市部の相場が約900円~1,200円程になります

居酒屋の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容やメリット・デメリットや向き不向きについて解説します

居酒屋のアルバイトは学生さんなどに大人気ですが、一体どんな人に向いているのでしょうか。今回は、居酒屋の仕事に向いている人や、仕事内容、メリット・デメリットなどについて解説します。居酒屋の仕事はどんな人に向いているの?居酒屋の仕事に向いている人とは、どんな人でしょうか。居酒屋のアルバイトに向いている人と向いていない人について解説します。向いている人居酒屋のアルバイトには、明るい接客ができる人が求められます。明るい接客には、大きな声や元気のよい返事が不可欠です。運動部などで、声を出すことに慣れているなら、適任でしょう。また、体力も求められます。重いグラスや皿を何往復もしながら運んだり、アルバイトの