店長の転職には、いくつか注意点があります。

また、店長として転職するための方法としてさまざまなパターンがあります。

ここでは、いくつか挙げられるパターンのうち、店長の転職を成功させるための注意点と、狙っておきたい会社の特徴をご紹介していきます。

店長の転職でよくある転職理由

店長の転職は最近ではよく聞く話です。

ここでは、転職でよくある店長の転職理由についてご紹介していきます。

他店からの引き抜き

店長として業績を高く評価されると、業界で一躍有名になることがあります。

例えば、飲食店店長が店舗の昨年対比の比率を数倍に伸ばしたという実績や、集客数を数倍に伸ばしたという実績は、地域ではすぐに広まります。

それらを耳にした飲食店の経営者は何とかして引き抜きたいと考える方も少なくありません。

経営者は、飲食店の売上を1円でも高く上げたいという考えを常に持っており、しっかりとした経営戦略を立てて飲食店の経営に励んでいます。

そのような、経営者の考えから有望な店長は他店から引き抜かれやすいく、勤務条件が合致することで転職に踏み切ることがあります。

勤務条件を変えたい

店長は勤務条件に満足していない方も少なくありません。

少なからず、勤務している中で「給料がもっと高ければいいな」や「残業がきつくて大変」などと思っている店長もいることでしょう。

また、結婚したことで家庭の時間を大切にしたいという方も多いことでしょう。

店長の仕事は職種によっては、休日のときが稼ぎ時で、世間が休みのときに出勤するという方も少なくありません。

そのような方は、休日に家族サービスをしたいと思っても仕事でなかなかできません。

しかし、勤務条件が合致する飲食店に転職することで、これらは改善されます。

したがって、現在の勤務条件を変えたいという思いから転職に踏み切る店長もいます。

新しい環境で仕事に挑戦したいという気持ち

店長の中には、これまで得てきたスキルをもとに「他の環境で通用するか自分を試したい」と考えることがあります。

向上心を持った店長は、更なる飛躍を目指して業態の異なる飲食店に転職することがあります。

給料や勤務条件などはある程度妥協して、スキルの習得に努めたい一心で転職に踏み切ることがあります。

店長の転職を成功させるために狙っておきたい会社の3個の特徴とは?

店長の転職を成功させるためには、いくつかの会社の特徴があります。

ここでは、そんな会社の特徴をご紹介していきます。

キャリアアップが望める会社

店長は、このままずっと店長というわけにはいきません。

さらにその上の経営者やSV(スーパーバイザー)を目指せる会社でなければ、仕事をしていても面白くありません。

実際に、店長まで昇り詰めた方は将来どのような環境に身を置きたいという目標を考えている方も少なくありません。

例えば、経営者から雇われている飲食店店長は「いつか自分の店を持ちたい」と思う方がほとんどです。

したがって、キャリアアップが望める会社が店長の転職を成功させるために狙っておくべき会社といえます。

長く勤めることができる会社

店長は転職しても経営が困難で、すぐに潰れてしまうような会社に勤めるようではいけません。

近年は不景気が続いていることで、売上が好調でも仕入れなどの支出が多く、採算が合わずに店舗を閉店してしまう企業も少なくありません。

店長として将来の目標があると思いますが、その道に沿って進んでいけるような環境を自分で見つけていかなければなりません。

そのためには、安定した会社で長く勤めることが大切です。

従業員同士が連携の取れる会社

店長は転職した後も、長く勤めることが望ましいです。

しかし、転職先の人間関係が悪いと仕事を続けたくても長続きしません。

会社内で同僚の悪口を言っていたり、会社のことを悪くいう環境に身を置いていては店長自身が持ちません。

店長としての威厳で従業員を指導することができればよいのですが、近年はパワハラやモラハラなどのハラスメントの認知度が高くなったことで、無理に従業員を指導することが難しい社会となっています。

特に、転職して間もない何も従業員のことを知らない店長が、従業員を指導することで不信感を抱いてしまう方も多いです。

人間関係が良好で、従業員同士が連携の取れる会社に転職することが、店長の転職を成功に導く秘訣といえます。

店長の転職で注意したほうが良い2個のこと

店長の転職で注意するべき項目がいくつかあります。

ここでは、店長の転職で注意するべきことをご紹介していきます。

転職先の飲食店の方針を一気に変えない

店長が転職することで、店内の雰囲気がガラリと変わることがありますが、それは逆にお客様の居心地を壊すことに繋がり、店舗の売上を下げる要素となるため注意が必要です。

店長は、前の店長のやってきたことを無下にせず、よいところは残して自分で改善が必要と思ったところを少しずつ変えていくことがベストといえます。

転職先の従業員に信頼される言動をとる

店長は従業員のこれまでの実績を認めてあげなければなりません。

前の店長のもと一生懸命頑張ってきた従業員に対しても敬意を表し、意思を尊重してあげることも大切です。

店長は話をよく聞いてあげることで、お互いに理解し合うことができます。

それが、結果として従業員の連携がとれる秘訣となります。

店長の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

店長は転職で年収を上げたいという方も少なくありません。

ここでは、店長の転職で年収を上げるためにやるべきことをご紹介していきます。

店長としてのスキルを磨く

年収を上げるためにはスキルの習得が必要不可欠です。

会社にとって、さまざまなスキルを持っている方が優遇されるとともに、そのスキルを上手に使いこなせる人材を求めています。

スキルを認められれば年収が上がることにも繋がります。

資本金の大きな会社を選ぶ

転職するときに重要な要素の1つとして、資本金の大きな会社を選ぶことです。

それだけ大きな会社の給料は高く設定されていることが多く、安定しているため結果として、年収を上げることができます。

店長の仕事で人気な業界とその理由

社会にはさまざまな業界の店長が存在します。

ここでは、その中でも店長の仕事で人気のある業界とその理由についてご紹介していきます。

飲食店

飲食店の店長の業務は、主に店舗の円滑な運営をするための調整をすることと、食材や店舗備品の管理をすることです。

不備があればすぐに改善し、ご来店いただいているお客様に迷惑のかからないようにしなければなりません。

人気な理由

飲食店店長は、食品のスペシャリストといえます。

食材のあらゆる知識や加工技術を網羅し、職人技とも思える技術を習得している店長もいます。

業務中必須ともいえる包丁のさばき方も、プライベートでは大活躍するスキルの1つです。

また、飲食店の店長が人気のある職種である理由として、将来自分の店舗を持つ可能性があるという希望を持つことができるということです。

その中で、調理師など食品を扱う仕事を目指している方にとっては、憧れの存在となっています。

コンビニ

コンビニの店長の業務は、販売商品の品質管理や店舗備品の管理、従業員の管理まで行います。

現代社会では街を歩くと、すぐにコンビニが見えてくるほど普及しています。

普段から目にしているコンビニの店長は、地域でも有名で住人と顔見知りとなる方も少なくありません。

人気な理由

コンビニの店長は、地域に貢献しているイメージがあります。

実際に店舗周辺の清掃活動には余念がありません。

さらに、地域のお客様の要望にお応えするために、あらゆるものをコンビニは揃えています。

このように、便利屋として活躍しているコンビニの店長は人気のある店長の1つです。

自分にあった店長求人の選び方や注意点

店長の求人の選び方には、いくつか注意点があります。

ここでは、その中でも雇用形態や職種、業態や雇用条件などに分けて解説していきます。

【選び方①】雇用形態から探す

店長の雇用形態の多くは、正社員で募集されます。

その理由として、店長業務は店舗運営の安全な管理を含め、従業員のプライベート情報を扱うため責任感が求められるためです。

店舗を安全に運営するためには店長が常勤しておかなければなりません。

しがたって、アルバイトのような勤務時間の不安定な雇用形態にしてしまうと、店舗の運営に支障をきたすことから正社員が募集されます。

しかし、求人のなかには、アルバイトでも店長の募集があることがあります。

そのときは、業務内容が委縮したスタイルであることが多く、店長としての責任感ある業務を行いたい方は物足りなさを感じますので、選ぶ際は注意が必要です。

【選び方②】職種から探す

店長求人として募集される職種には、さまざまな種類があります。

例えば、飲食店、コンビニ、スーパーなどさまざまなジャンルが挙げられます。

まず、飲食店はホールと調理の2種類に分けられますが、ホールと調理はそれぞれに仕事内容や特徴が異なります。

ホールはお客様がご来店されたときの対応を中心に行います。

例えば、お客様のご案内、商品の提供、お客様が帰られるときの対応などを行います。

一方、調理はお客様に美味しくお食事が提供できるように商品をお作りします。

このときに、食品の品質管理や賞味期限管理を含め、厨房の備品管理を徹底することはもちろんのこと、温度管理、食材へのこだわりもしっかり持っています。

コンビニは適切な店舗の運営を求められます。

24時間で営業する店舗も多く、時間帯によっては、お酒の入ったお客様を相手に接客しなければならないこともあります。

スーパーは主に商品管理を徹底しなければなりません。

コンビニや飲食店と比べて売り場面積も広く、取り扱う商品も数多くあることから管理が難しく感じます。

その代わり、従業員の数は揃えることができることから、業務的に負担を強いられることはほとんどありません。

これらのように、店長の職種はさまざまあります。

自分に合った店長職を選ぶことが大切です。

【選び方③】会社の業態から考える

店舗の業態は複合商業施設の中で出店していたり、単独で出店していたりします。

複合商業施設内で出店している店舗は、複合商業施設でお買い物などをしているお客様が対象となり、新規のお客様が多くご来店される傾向にあります。

一方、単独で出店している店舗は、リピーターも多く店舗にこだわりを持ったお客様が多いという特徴があります。

比較的単独で出店している店舗の業態よりも、複合商業施設内で出店している店舗の方が集客が見込めることから安定しているといえます。

しかし、単独で出店している店舗でも、根強いリピーターやフランチャイズ展開していることで安定している店舗もあります。

また、店舗によって取り扱う商品も異なりますので、よく確認しておくことが大切です。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

企業によって規模が異なることから、給与や雇用条件には各々違いがあります。

例えば、正社員の給与はおおよそ月収16万円以上が相場とされますが、条件付きで店長候補を募集している飲食店ではさらに高額で提示される場合があります。

【選び方⑤】エリアから考える

店長の在籍する店舗はさまざまな地域にたくさん点在しています。

店長としての責務から、店舗で何かあればすぐに行かなければなりません。

したがって、同じ地域の近い場所にあることが望ましいです。

転職前に自分の強みやスキル、弱みなどを振り返ってみましょう

転職前に自分のことについて深く理解しておくことが、転職を成功に導くための秘訣です。

自分にどのような強みやスキルがあるのか、どのようなことが弱いのかなど把握することで、転職先にアピールする材料として提供することができます。

転職に成功する秘訣は、転職先により具体的に自分を理解してもらえるかで変わってきます。

一度、自身を振り返ってみて転職前に確認しておくことが大切といえます。

まとめ

ここでは、店長の転職を成功させるための注意点と、狙っておきたい会社の特徴をご紹介してきました。

店長の転職を成功に導くためには、自分をどのようにアピールしていくかで変わってきます。

また、自分がどうしたいということも考えておく必要があります。

転職を成功させるために、自分がどうすればよいのか参考にしていただければ幸いです。