保健師の面接はどのようなものなのか。

面接って独特な質問をされることがあるのですが、中には答えにくい質問をされることもあります。

保健師の面接もそうそう難しいことはないそうですが、ただ人柄を見られるため笑顔や印象は良くするように心がけましょう。

保健師の仕事内容

保健師は大まかに言うと保健室の先生の仕事というと理解しやすいかと思います。

大体そんな感じですね。

急病人の介抱や怪我人の応急手当、地域や子供たちやその職場で働いている方の健康管理や保険指導を行う仕事になります。

保健師の採用面接で聞かれる3個のこと

保健師の採用面接で聞かれることについてお伝えしましょう。

これがかならず出るという訳ではないのですが、成功エピソードや保健師を希望した理由、特別なケースとしては自分の住んでいる区域ではない場所を応募した場合などに関しての受け答えのコツも伝授いたします。

面接では何をどういう風にして見られるのかも理解しつつ答えていくのがベストですね。

成功エピソード

他の企業でもある面接の質問なのですが、成功エピソードが何故必要であるのか?

それは根気や根性がある、またどうやってその成功が出来たのか?

ということも適正としてチェックされます。

保健師の仕事は根気や根性が必要な部分もあるので、成功エピソードがない人物は採用されない可能性が高いのです。

自分的にこれは成功エピソードだというものであれば、それを話してみましょう。

受け答えのコツ

学校のことや仕事のことだけではなく、別にプライベートでも構いません。

女性の場合であればダイエットなども良いですね。

多少恥ずかしい気持ちかもしれませんが、ダイエットは良い成功エピソードになりますよ。

保健師として体調管理も必要になってくるので、この人は体調を管理できまた自制が利く人なんだと相手側に良い印象を持ってもらえることが可能です。

特にダイエットなんかは根性や根気が必要なものでもあり、男女問わずその大変さは理解しているため一番良いエピソードとも言えます。

ただし受け答えのコツとしては、何とか制限ダイエットというやり方を言うと印象が悪くなってしまうので気を付けましょう。

ほとんどの人が健康的なダイエットをしている訳ではないのですよ。

どちらかというと食事制限とかめちゃくちゃなダイエットをして体を壊すなんてひともいるほどです。

出来るだけ普通のものをチョイスしてみましょう。

保健師を希望した理由

ベタな話ではあるのですが、志望動機に関して聞かれることは多いと思ってください。

保健師という仕事はマイナーであるため、何故希望をしたのか気になる方も多いのです。

たまにこういう人がいるのですが、何となくとか単純な回答をされてしまう方もいます。

きっかけや動機は必ず話しておきましょう。

作り話ではなく、どういう働き方もしたいのかという希望も言うと好印象に繋がりますよ。

受け答えのコツ

一番良いのは誰かが病気になったというエピソードですね。

もちろん作り話は後にボロが出るのでいけませんが、こういう病気のせいで自分もしくは誰かが辛い思いをした。

もしも予防さえできていれば健康に生きることが出来たのではないか?という風に言うのもありですね。

そういう経緯があり病気の予防に貢献できる仕事に就きたいと思ったと話すと一番理解してもらえるでしょう。

可能であれば自分が保健師になった際何をして予防医療をしたいかというのも話すとのも良いですね。

看護師時代のエピソードでも問題ないですよ。

自分の区域ではない場所を応募した場合

行政保健師の場合は基本的に自分の区域で応募することが多いです。

自分が住んでいる場所の健康を増進させたいという気持ちが強いからですね。

しかし状況によっては自分の住んでいる区域外しかないケースもあり、そこを突っ込んでくる面接官も中にはいます。

そのような状況でも答えられるようにしておくのがベストです。

受け答えのコツ

自分の区域外で働く人も中にはいます。

この時の受け答えのコツとしては、昔住んでいた区域だった、また自分の家族が住んでいる場所という言い方をしましょう。

当然本当のことであれば話しても大丈夫です。

自分にとって思いれのある場所と相手に認識をしてもらえると、理解してもらえることが可能ですよ。

保健師の採用面接での注意点

保健師の採用面接で注意しなければいけない点は、人柄を見られると思ってください。

受け答えも重要ですが人を相手にする仕事であるため、外見は結構見られることが多いです。

表情や話し方、態度などには十分注意しましょう。

表情

人間の表情は自分を表す鏡であると言われています。

表情が豊かな方は自然と笑顔を作ることが可能です。

反対に普段笑っていない人や仏頂面をしているような方であれば、笑うのがぎこちないですし下手くそなのが分かります。

また相手に緊張が伝わるためなるべく笑顔を崩さないようにしましょう。

笑顔をずっと作り続けるのって苦痛でもあるのですが、医療系ほど笑顔で接することは大切ですからね。

話し方

話し方はそこまでかしこまらなくても大丈夫です。

百貨店や接客業であればかしこまる必要はあるのですが、柔らかい言葉で話すようにしましょう。

知らないうちに癖になってしまっている言動があるため、相手に不快感を与えないように配慮することが大切ですね。

よく若い人ですと語尾を伸ばしたりする方がいるのですが、中にはイラっとしてしまう人もいるので意識するようにしてください。

態度

態度というよりも表情に近いかもしれませんが、なるべく分が悪い質問をされたとしても表情や態度に出さないようにすることを心がけましょう。

自分の感情を制御できない方もいるため、中には態度が悪い人もいます。

面接でもその態度だったらとても保健師としては無理という風に判断されてしまうのですよ。

なるべく顔や態度にださないように自制することが必要ですね。

まとめ

基本的な質問はどこも変わらないかもしれません。

ただ保健師として何を求められているのか?

そこを理解しておかないと、面接に合格したとしても要注意人物だと判断されてしまう可能性もあるのですよ。

自然に答えられるようにしておくこと、そして人柄重視であるため笑顔は常に忘れないでください。


関連キーワード

保健師仕事

保健師仕事に関するコラム

保健師で転職エージェントを使って転職活動をすべき7つの理由とおすすめのエージェントの選び方

日本は古来「終身雇用制度」が当たり前の国でした。しかし、現在ではその制度が崩壊しつつあり、それに伴って転職をする人の割合も増加しています。それは比較的安定していると言われている保健師であっても同様です。転職の理由は人によって様々ですが、自身のスキルアップのため等のポジティブな理由から、いわゆるブラック企業から逃げ出すためのネガティブな理由もあります。特に後者の理由の場合、転職者は次の職場では絶対に同じ轍を踏みたくないと考え、慎重になっている事でしょう。転職者の強い味方として「転職エージェント」という物がありますが、今回は保健師が転職を考えた時に転職エージェントを使って転職活動をすべき理由と、お

保健師の仕事内容8個の業務。経験者が教えます!

保健師とは保健センター、保健所、医療機関などで働く人間を指します。そもそも保健師とは何かというと、地域活動や保健指導などを行い病気の感染防止や予防、健康増進を促す地域看護を行う仕事です。よく保健室の先生ではないのか?と質問されることが多いのですが、保健室の先生ではあるのですが多少異なる部分があります。保健師を考えている人、また看護師資格を取得されている方は是非保健師の仕事内容についてチェックしてみてください。保健師の大まかな仕事内容保健師の大まかな仕事内容に関してですが、保健師は地域もしくは病院内などの保健指導や健康管理を行います。看護師の資格を持っているので看護師の業務を行うことは出来ますが

保健師と子育ての両立は可能?両立するためのアドバイスをご紹介します

働き方改革が叫ばれている昨今、女性も社会進出する機会が増えてきました。しかし、女性が仕事をする上で頭を悩ませる問題に「子育て」があります。まだまだ女性が子育ての中心と考えられている日本において、女性が社会進出するためには子育てと仕事が両立できる事は魅力です。今回は女性の割合が多い保健師の仕事が子育てと両立しやすいと考える理由について書いていきたいと思います。保健師って子育てと両立しやすいの?仕事は世の中にたくさんありますが、その中でも保健師は子育てと両立しやすい仕事と言えます。保健師は、乳幼児から高齢者まで幅広い年代の方を対象として支援をします。支援対象者の中には子育て中の方も含まれており、保

保健師の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う3個の理由

保健師の将来性について、一般的にニーズがあるのか分かりにくい職業であるため分かりにくいという方も多いです。結構マイナーな職業であるため、他の人に将来性あるの?と聞かれたら戸惑う方も結構います。保健師の将来性は現在の殺伐とした世の中において必要があると思っておきましょう。保健師の仕事内容は?保健師の仕事内容は自分の職場の人のケア、また来た人の精神的なケアも行います。場所によってやることがちょっとことなりますね。ドメスティックバイオレンスや子供の虐待などの相談業務、インフルエンザなどの予防対策、身体障害者への自立支援や妊娠されている方への沐浴などの指導教室を開いたりしています。保健師をずっとやって