結婚式は人生の晴れ舞台でもあり、思い出に残る大切な瞬間ですよね。

そんな幸せな瞬間に立ち会える仕事は、とても素敵で憧れる人も多いです。

ですが実際に結婚式場で働くとなると、どのように応募すれば良いのか?

面接でどのような事を聞かれたり見られるのか、など、疑問や不安に思っている人もいると思います。

そこで今回は、結婚式場で働くためにまずは面接を上手く乗り切れるコツや、相手にチェックされやすいポイントをご紹介していきます。

これから結婚式場で働きたいと思いっている人はぜひ、最後までしっかりと目を通して下さいね!

結婚式場の仕事の面接方法や応募方法とは?

結婚式場での仕事で募集が多いのが、主にウェディングプランナーやブライダルプランナーと呼ばれるものです。

結婚式を挙げたいと思っている新郎新婦との打ち合わせや、結婚式当日の新郎新婦のサポートをするという役割のお仕事になります。

プランナーの仕事は、インターネットの求人サイトやハローワーク、無料の求人情報誌などにも記載されており、正社員から派遣まで、雇用形態もいろいろな形で募集されています。

正社員やアルバイトなど、結婚式場との直接雇用であれば、求人情報をチェックして直接式場に連絡を入れ、面接を行ってもらいます。

支配人とされる人などに面接を行ってもらい、履歴書を持参し、対面で話すという一般的な面接と変わりありません。

雇用形態が派遣の場合は、派遣会社に登録してから派遣会社の人と一緒に、結婚式場で面接を行ってもらいます。

派遣は直接結婚式場に雇用されているわけではなく、あくまで派遣会社に雇用されている人が勤務先として結婚式場を選ぶ、という形なので、面接も派遣会社の人が間に入ってくれるような感じになります。

結婚式での仕事は、プランナーだけでなく、新婦のヘアメイクや、ドレス・ブーケなどのコーディネートをする人、結婚式を写真や動画に収めてくれる人など、様々な人が働いています。

メイクアップアーティスト・ドレスコーディネーター・フラワーデザイナー・カメラマン・調理スタッフ・配膳スタッフなど、細かく見ていけば他にも働いている人はたくさんいて、様々な職種の人が集まって素敵な結婚式を作り上げていることがわかります。

この中でも専門職の仕事は資格が必要になるため、専門学校などに通って学校から就職する場合が多いです。

ですが一般の求人でも募集されており、プランナーと同様にインターネットの求人サイトなどから応募することもできます。

面接方法も一般的なものと同じように対話の面接が多く、特別な面接方法ではないですね。

結婚式場の仕事の面接で聞かれる6個のこととは?

応募ができたら次は面接です。

結婚式場で働くためには面接で合格しなければなりませんが、面接は緊張してしまい、上手く自分がアピールできないという人もいますよね。

そこで、結婚式場で働くための面接で聞かれやすいことをご紹介していきます。

事前に頭に入れておくのとおかないのでは、不安や緊張も違うのでぜひチェックしておきましょう。

なぜブライダルの仕事を選んだのですか?

ブライダルの仕事に就きたいと思っている人には、何かきっかけがある人が多いです。

「誰かの結婚式に出席した時に素敵だと思い、結婚式に携わる仕事に就きたいと思った」「幸せの瞬間に立ち会える素敵な仕事に魅力を感じた」などと、自分がブライダル業界に興味を持ったきっかけを相手に伝えることが大切です。

ブライダルの仕事は「素敵だな」と思うポイントの多い職業なので、自分がブライダルの仕事に対して素敵だなと思っているポイントを話せば大丈夫です。

数ある結婚式場の中でなぜここを選んだのですか?

小さな式場も合わせると、結婚式場は意外と多く、「なぜうちを選んだのか」と問われる場合もあります。

「勤務しやすい場所」や「求人があったから」などの現実的なこともしっかりと伝え、その結婚式場ならではのメリットも伝えると良いですね。

あらかじめ面接を受ける結婚式場のホームページやパンフレットなどをチェックし、結婚式場の雰囲気やコンセプトを調べておきましょう。

「雰囲気が好きなので、職場にしてモチベーションを上げて楽しく働きたい」「コンセプトが自分の理想の結婚式場に近く、楽しく仕事ができそうだと思った」など、その結婚式場ならではの良い部分を伝えると、相手もより自分に興味を持ってくれます。

あなたの理想の結婚式はどのようなものですか?

これはブライダル業界ならではの質問ですね。

理想の結婚式なんてどのようなものか、まだしっかりと定まっていないという人も少なくありません。

ですが、これは理想の結婚式を知りたいのではなく、「結婚式のプランを相手にわかりやすく伝えることができるか」という、プランの提案力を見られています。

理想の結婚式があってもなくても、相手にきちんと自分の思い描いていることを伝えましょう。

ここで挙動不審になってしまったり、言葉に詰まったりしてしまうと「プレゼンテーション能力が低いのかも」と思われてしまいますので、注意が必要です。

自己PRをして下さい

これはどの職業の面接でも、割と聞かれる内容ですね。

「自分の長所や短所を教えて下さい」などの聞き方もあります。

自分の性格や人柄を相手に伝えるチャンスなので、「人と話すことが好きで、新郎新婦の方と一緒に結婚式を作り上げるのが楽しみです」などのように、簡潔に自分の性格をブライダル業界の仕事に繋がるように伝えると、より良いですね。

長所や短所を聞かれた場合は、短所も長所と捉えられるように伝えることが大切です。

基本的に土日祝日は出勤ですが大丈夫ですか?

結婚式を挙げる日は主に土日祝日が多いため、基本的に土日祝日は全て出勤と考えて下さい。

また、結婚式だけでなく新郎新婦との打ち合わせも、土日などにすることが多いため、土日祝日など、暦通りの休みを取ることはあまりできません。

働いてから「土日祝日はあまり出勤できない」とならないためにも、念のために確認される質問かと思います。

体力に自信はありますか?

結婚式場で働くのになぜ体力の質問をするの?と思ってしまいますが、結婚式場で働く人は、縁の下の力持ちです。

結婚式当日は、主役である新郎新婦のために最高の結婚式にするべく、重たい荷物を運び、結婚式の会場をレイアウトしたり装飾をします。

新郎新婦をエスコートしたり料理を運んだりと動き回ることも多く、体力が必要になるため、事前に質問されることもあります。

「毎日ウォーキングをしているので体力には自信があります」などと答えたり、「体力づくりをしているのですが、働きながらも体力をつけていきたいです」などと答えれば、向上心のある人だなと思ってもらいやすいですね。

結婚式場の面接だからといって、特別変わった質問ばかりをされることはありません。

面接の前にどのようなことを聞かれるのかを頭に入れておくことは大切ですが、自分の思っていることや今後どうしていきたいかなどを、相手にきちんと伝わるように話すことが大切です。

結婚式場の仕事の面接で、人事担当者はここをチェックしている!

面接をする際には、質問に答えるだけで精一杯になってしまいがちですが、面接官は様々なところまでチェックしています。

質問の答え方をあらかじめ頭に入れておくことも大切ですが、今からご紹介するポイントも気を付けて面接に挑むと、さらに好印象を相手に与えることができるかと思います。

服装

結婚式場の面接なので、スーツなどフォーマルな格好で行くのが基本ですが、あえて私服で来て下さいと言われることもあります。

そのような場合は、「ラフな格好でいいや」と思ったり、「私服と言われてもジャケットを羽織って行けば良いでしょ!」とは思わない方が良いかと思います。

私服で来てほしいというのは、私服のセンスをチェックされている可能性もあるからです。

つまり、ブライダルプランナーやドレスコーディネーターなどの職種であれば、センスを重要視する仕事のため、面接に行く服装からすでに審査が始まっているということです。

フォーマルな格好であっても、清潔感やおしゃれ感を出して面接に挑むと、面接をする人事担当者の目を引くことができるかもしれませんね。

言葉遣い

結婚式場で働くには、言葉遣いが綺麗でなければいけません。

もちろん面接でもため口や、綺麗な言葉遣いでなければ、不採用になってしまう可能性が高まります。

きちんとした敬語を使い、無理のない綺麗な言葉遣いを心がけましょう。

また、言葉遣いが綺麗であっても、態度が悪ければ相手に不快感を与えてしまいますので、背筋を伸ばし、相手の目を見て話すことも心がけて下さいね。

コミュニケーション能力

結婚式場で働く人の多くは、接客業になります。

新郎新婦を相手に打ち合わせ、ゲストの方々に料理を運ぶ、新婦のドレスをコーディネート、新郎新婦のヘアメイクなど、働く相手は常に人になります。

結婚式は特に打ち合わせをすることが多いため、他のサービス業とは少し異なり、コミュニケーション能力が高い人が求められます。

面接ではきちんと受け答えをしなければなりませんが、話しやすい雰囲気があるかどうかや、新郎新婦と楽しく打ち合わせができるかを、話し方などを見てチェックされています。

プレゼンテーション能力

新郎新婦との結婚式の打ち合わせは、こちらから提案することも多いです。

そのため、プレゼンテーション能力が必要になります。

コミュニケーション能力が高くて話しやすくても、自分のアイデアや結婚式場のコンセプトなどを上手く相手に伝えることができなければ、新郎新婦との思い違いが出てきてしまい、クレームに繋がることも。

そのため面接からプレゼンテーション能力がどの程度あるかをチェックされていることもあるので、聞かれたことは相手にしっかりと伝わるように、かつ誤解を招かないような言い方で話すことが大切です。

ヒアリング能力

結婚式場で働くために、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力と同じく必要になるのが、ヒアリング能力です。

相手の話をきちんと聞いて理解する力ですが、新郎新婦との打ち合わせで必要な力になります。

面接の際に、人事担当者の質問や話をしっかりと聞いているか、話している相手の目を見て聞いているかなどをチェックされていることもあるので、きちんと最後まで話を聞いて、受け答えができると良いですね。

もしも相手の話の意味がわからないといった場合は、どこがわからないのかをしっかりと伝えることも大切です。

人柄

服装や言葉遣いなど、面接でチェックされる基本的なことに加え、結婚式場だからこそチェックされる「コミュニケーション能力」などのスキルもさることながら、やはり一番チェックされるポイントは、「人柄」ではないでしょうか。

挨拶をするときや話すときに笑顔で対応できているか。

質問をされても嫌な顔をしないか、顔の表情や態度など。

思いやりがある人や明るい人は、結婚式場でも求められる人柄なので、あまり緊張しすぎずに笑顔で話すのが良いですね。

結婚式場の仕事の面接での受け答えのコツとは?

面接で聞かれやすいことやチェックされやすいポイントを押さえたら、次は受け答えのコツを覚えておくと良いですね。

結婚式場だからこその受け答えのコツというのはあまりなく、一般的な面接と同じようなことですが、いくつかのコツをご紹介していきます。

きちんとした言葉遣いでハキハキと話す

結婚式場で働く場合は主に接客が多いため、お客さんと話をする機会が多いです。

さらに新郎新婦にとって一生の思い出に残るような、決して安くはないイベントなので、きちんとした丁寧な言葉遣いや対応が求められます。

相手にも聞き取りやすい声量や発音で、丁寧な言葉遣いの受け答えをしましょう。

常に明るく笑顔

きちんとした言葉遣いやマナーが必須な結婚式場の仕事ですが、堅い表情で話していては、新郎新婦に事務的な人と思われてしまいます。

新郎新婦にとっての結婚式は式当日だけでなく、打ち合わせからが結婚式です。

式の詳細を決める打ち合わせから楽しんでもらえるように、常に明るく笑顔で話すことを心がけなければならないため、面接時も同じように常に笑顔で話すことを心がけると、相手に好印象を与えることができます。

相手の話は最後までしっかりと聞く

上でもご紹介したように、ヒアリング能力をチェックされていることもあるため、相手の話は最後まできちんと聞き、しっかりと理解してから受け答えをするようにしましょう。

質問の意味があまりわからず曖昧なまま答えてしまうと、適当な人だなと思われてしまうので注意が必要です。

緊張しすぎず和やかな雰囲気も出す

面接は緊張しやすい場でもあり、丁寧な受け答えをしようと思うと、さらに緊張してしまうこともありますよね。

ですが緊張しすぎずに和やかな雰囲気を出して、話しやすい人だなという印象を相手に与えることも、結婚式場の面接ではコツといえるかもしれません。

相手の興味を引くような受け答えをしてみたりすると笑いが起こったりと、和やかなムードの面接ができれば、今後も楽しく仕事ができそうですね。

他の仕事の面接と変わりなく、きちんとした受け答えをすることが基本です。

ご紹介した受け答えのコツも大切ですが、接客が主な仕事内容の結婚式場での面接は、相手の目を見て話をすることが、最大の受け答えのコツといえるかもしれませんね。

まとめ

結婚式場での仕事の面接で、聞かれやすいことや面接官にチェックされやすいポイント、面接での受け答えのコツなどをご紹介してきましたが、やはり一番大切なのは、明るく笑顔で自分らしさを伝えることです。

緊張しすぎずに自分の事をしっかりとアピールできるように、面接に備えておきましょう!