今回ご紹介する「ゴルフキャディ」の仕事は、あまり知られていませんが、考え方によっては「効率的」に「高収入」を得ることのできる仕事であり、隠れた人気職種ともいえます。

今回はこの仕事に興味を抱いていけれど、今まで身近にキャディ経験者がいなかったために、実際の現場の様子がわからなかった人や、特に興味を抱いていたわけではないけれど、知人・友人にすすめられて求人に応募しようか迷っている、といった人を対象に、キャディの仕事内容をいくつかに分類して解説していきます。

キャディの仕事は大きく2個の役割に分けられる

キャディとして従事する仕事は、大きく2つの業務に分けることができます。

一つはその名の通り「キャディ業務」で、一般的にイメージされるキャディの仕事が該当します。

もう一方は「作業業務」と呼ばれるもので、主にゴルフ場で雇用されるキャディ(「ハウスキャディ」といいます)が従事する業務です。

さまざまなゴルフ場に派遣されてキャディ業務を行う「派遣キャディ」もごくたまに、作業業務に従事することがあります。

お客様とともにコースを回る「キャディ業務」

キャディとして従事する仕事の花形であり、メイン業務といえるのが「キャディ業務」です。

具体的な仕事内容は後述しますが、キャディ業務は文字どおり「ゴルフキャディ」として求められる仕事を指します。

お客様が「キャディ付き」でのプレーを予約したということは、一定の役割をキャディに当然として求めていることを意味しており、キャディはお客様の期待を裏切らないように「キャディとして当然に求められる業務」をこなさなければなりません。

加えて、キャディに仕事を求めるのはお客様だけでなく、ゴルフ場運営側、つまりキャディの雇用主(もしくは発注主)も含まれます。

以下ではこれにあてはまる業務を「コースメンテナンス業務」としていますが、キャディとしてお客様のラウンドに帯同する中で、自分が担当するお客さまだけでなく、来場される全てのお客様の楽しいゴルフ経験を実現できるよう、コースの適切な状態を維持する業務がこれに該当します。

スタート室前で主にセルフ利用のお客様に対応する「作業業務」

キャディ業務に比べてあまり認知されていませんが、キャディは「作業」といわれる業務も担当しています。

これは主にハウスキャディが従事する仕事で、セルフ(キャディ付きではない)利用のお客様に対応する諸業務を指します。

最近ではキャディ付きの予約よりも、セルフ利用のお客様の予約の方が多いゴルフ場がほとんどで、それらのお客様に対応する従業員がいないと、円滑な運営はままなりません。

セルフだからといって、ゴルフカートの準備・清掃をお客様自身でしていただくこともないですし、ゴルフバッグの積み下ろしも従業員の誰かがしなければなりません。

作業業務とは、そのような一連の職務を指すのです。

そのためハウスキャディの働き方としては、キャディ業務に出るスタッフと、作業要員としてスタート室前に残るスタッフがいる、というパターンになります。

加えてごくまれなケースとして、キャディ業務だけでなく作業要員としてのスタッフが足りていないゴルフ場が、派遣キャディを発注して作業業務に従事してもらうことがあります。

キャディ業務の3個の業務

ここからはキャディ業務と作業業務における仕事内容を、さらに具体的に見ていきましょう。

まず、「キャディ業務」として従事する仕事は、大きく分けて3つあります。

ここでは「ラウンド補助」「プレー補助」そして「コースメンテナンス」の各業務としました。

分類基準として、「お客様に求められる」仕事がラウンド補助・プレー補助であり、「会社側に求められる」ものがコースメンテナンスである、という漠然としたイメージをもっておいてください。

お客様のクラブ管理やカート運転等の「ラウンド補助業務」

キャディ業務として認識しておかなければならない最も基本的な役割とは、「お客様のスムーズなラウンドをサポートする」ということです。

セルフプレーの場合には、お客様自身で行わなければならないカートの移動や使用クラブの出し入れ・清掃などの作業を、キャディが代わりに行います。

この業務がキャディの仕事の原点であることは、理解しておきましょう。

ラウンド補助業務の一つである「(ゴルフ)クラブ管理」というのは、お客様が使用するクラブの受け渡しや、汚れたクラブの清掃作業などを指し、この業務をスムーズに行うことで、お客様の滞りのないプレーをサポートすることができます。

クラブ管理を円滑に行うためには、常にクラブがゴルフバッグにバランスよく、かつ整理整頓された状態になっていることが必要で、いかにスムーズにその状態を仕上げていくかという点は、キャディの腕の見せ所でもあります。

また、今日ではほとんどのゴルフ場がゴルフカートを使用していますが、その種類や運転・操作方法などが施設ごとに異なる点には、注意が必要です。

完全手動運転の施設もあれば、リモコンやボタン操作による完全自動運転のゴルフ場、もしくは手動・自動両方の機能が付いているカートを利用しているところもあります。

手動運転可能なゴルフ場の中でも、カート道路のみの走行としているところもあれば、雨天時等を除き、コース内走行が可能な施設もあります。

距離読みやグリーン上でのアドバイス等の「プレー補助業務」

キャディ業務の基本である「ラウンド補助業務」と重なる点も多く、また同じくらい重要度の高い業務が、「プレー補助業務」です。

お客様のボールの位置からピンまでの距離を読んだり、グリーン上でどのようにボールが曲がるか、どのように打てばいいのか、というアドバイスをすることが、プレー補助業務の内容です。

お客様にとってラウンド補助業務は「(キャディが)やって当たり前」という意識も強く、この「プレー補助業務」こそがキャディ業務の中心である、と考えるお客様が多いことは認識しておきましょう。

つまり、ラウンド補助業務がそつなくこなせないキャディは論外であり、確実にこなして当たり前ですが、プレー補助業務は、その出来の良し悪しによって「このキャディは仕事ができる」と思われるかどうかが判断される、といえるのです。

プレー補助業務の代表例として「距離読み」と呼ばれる業務があります。

これはボールからピンなど目標地点までの位置を測る(目測・歩測等)作業のことをいいますが、この業務については「スピード感>正確性」という点を意識しなければなりません。

つまり、多少の誤差はあったとしても、より重要なのはお客様に「迅速に目安距離を伝えること」なのです。

キャディの仕事を始めたての人は、正確に距離を測ろうという意識が強く、お客様から「距離はどれくらい?」と聞かれてから「そうですね、、えーと、、」と測り始めて10秒ほど考えてしまうこともしばしばあります。

しかしたいていのお客様は、5秒も待ってくれません。

さらにいえば、距離読みはあくまで「目安」なので、お客様も1ヤード単位の正確性を求めてはいません。

そして現実的に考えても、100%正確な距離を読んだところでまったくその通りに打ち分けることができる人はまずいません。

そのため、おおよそ5~10ヤード未満の誤差は気にせずに、とにかくスピーディに答えを出すという姿勢が重要なのです。

お客様に聞かれることを前提に、常にボールからピンまでの位置を測りながら業務を行うことが大原則ですが、突発的に距離を聞かれたとしても、せめて5秒以内には、自分なりに納得した答えを出すことを心がけなければなりません。

目土やボールマーク修復等の「コースメンテナンス業務」

キャディはお客様から求められる仕事をこなす一方で、施設運営側(雇用主)に求められる業務も遂行しなければなりません。

それがここでいう「コースメンテナンス業務」で、具体的には目土やボールマーク修復等の作業であり、「全てのお客様がプレーしやすい環境」の提供を目的とする業務であるといえます。

ゴルフコースには、スイング後の凹み(ディボット跡といいます)があちらこちらにできており、キャディはお客様のラウンドをサポートしつつ、時間を見つけてはディボット跡の上から土をかぶせる「目土」作業を行います。

目土をすることで凹みの修復が早くなったり、ディボット跡にボールが埋まってしまうというようなアンラッキーをなくすことができるのです。

また、グリーン上にはボールが落下した跡にできる「ボールマーク」が点々としていることが多いのですが、キャディはお客様のパッティングを邪魔しない程度に、これらボールマークも「フォーク」という道具を使用して修復します。

パッティングは最も繊細なストロークであり、ボールマークにボールが引っ掛かるような事態は絶対に避けなければなりません。

お客様が全力でプレーに集中したりラウンドを楽しむことができるよう、目土やボールマーク修復などの地味な作業の重要度は、キャディ全員が把握しておかなければなりません。

作業業務の2個の業務

キャディとして従事するもう一つの仕事である「作業業務」は、業務内容も難しくなく、キャディに特化した業務でもないので、ここでは簡潔にその代表的な業務内容を2つ紹介しておきます。

主にセルフ利用のお客様に対応する「接客業務」

セルフプレーのお客様にはキャディが付かないので、カートの準備・片付け作業などキャディ付きプレーの場合は担当キャディが行う業務を、他のスタッフが行わなければなりません。

これがキャディとして従事する「作業業務」のメインの仕事になります。

作業業務は一般的な「接客業務」にほかならず、接客業に従事した経験がある人にとっては、すぐに慣れることのできる業務であるのはもちろん、接客未経験で始めた人でも、簡単に業務内容を覚えやすい仕事といえます。

ゴルフカートやゴルフ場全体の「清掃・メンテナンス業務」

使用後のゴルフカートの収納や、その他施設全体の清掃・メンテナンス業務なども「作業業務」の一環と捉えることができます。

ハウスキャディの場合、朝出勤してからまずはキャディ業務をこなし、キャディ業務終了後退勤時間までの間「作業業務」に従事するという働き方が多く見られます。

派遣キャディもまれに、作業業務に従事することがありますが、この場合はキャディ業務との兼務というケースはほとんどなく、作業要員として発注されたのであれば、一日を通して作業業務のみを行うことが一般的でしょう。

キャディの仕事の良いところ

最後に、キャディの仕事に従事するメリットをいくつか紹介しておきます。

魅力を感じる点があれば、この仕事にチャレンジしてみる価値があるでしょう。

お客様の役に立っていることを実感できる

接客業の中でもお客様との「距離が近い」という特徴をもつキャディ職種は、お客様の役に立っていることを実感しやすい仕事でもあります。

その理由としては、頻繁にお客様から「ありがとう」と声をかけていただける、自分のアドバイスでお客様のナイスショットにつながる瞬間を目にすることができる、といった点が挙げられます。

お客様の中には「おかげで楽しくプレーできたよ」「アドバイスのおかげでベストスコアが出せたよ。ありがとう」というような、とても嬉しくなる言葉をかけてくださる人も少なくありません。

お客様とゴルフ以外の会話で盛り上がることも多い

ゴルフ場に来場されるお客様には、高所得者が多いというイメージがある人もいると思いますが、そのイメージはあながち間違いではなく、自営業者や医師、会社の重役を務める人を担当することもしばしばです。

そのようなお客様は、今まで自分が知りもしなかった話のネタを持っていることも多く、キャディの仕事を長く続けている人の中には、いろんな業界に詳しくなったり、裏事情に精通している人が数多くいます。

こんなちょっとした利点もまた、この仕事に従事するメリットといえるかもしれません。

まとめ

今回は「ゴルフキャディ」の仕事内容を、少し具体的に解説していきました。

キャディとして従事する仕事には、大きく分けて「キャディ業務」と「作業業務」とがあること、各業務の中にも細かな仕事内容があること、などがおわかりいただけたと思います。

以前よりは少し具体的なキャディの仕事のイメージがついたのではないでしょうか。

この仕事の魅力はまだまだたくさんあります。

興味を抱いた人はぜひ一度チャレンジしてみてください。