経理の仕事は、数字の管理、会社の財布を握っている、お金の管理人などのイメージがあることでしょう。

実際に経理の仕事はどのイメージも当てはまります。

経理の仕事は会社のお金の流れを管理する大事な役割を担っています。

経理の仕事は、未経験者が他の業界や他部署から転職してきたらできないのでしょうか?

未経験者は経理の仕事にチャレンジできなのでしょうか?

経理の仕事は、大手企業を除くと未経験者であってもチャレンジすることが可能です。

大手企業の場合は、未経験歓迎で求人募集することはあまり多くありません。

ただ、未経験から初めてステップアップしていくことは可能です。

今回は、未経験であっても経理の仕事ができるのかどうか、未経験で経理の仕事をするためにはどうしたらいいのかなどについてまとめてみました。

経理ってどんな仕事?

経理の仕事は、会社のお金に関する管理が仕事になります。

帳簿をつけたり、金銭の支出管理だけでなく、月次報告書や決算報告書を作成したり、税金の支払いをしたり、取引先の未払いを請求したりもします。

他の仕事に比べて会社のお金が関わる仕事なのでより経営に身近な位置で仕事をしています。

デスクワークの多い仕事で、営業などのように外へ出ることはありません。

また、ミスが許されない部署でもあるため、仕事はかなり集中力を要します。

1円でも金銭にズレが生じたら1円単位までぴったりと揃うまで帰ることはできません。

目立つ仕事ではなく会社の縁の下の力持ち的存在ですが、経理がいなければ会社は円滑に運用できないのでとても大切な役割を担っています。

色々な部署の色々な人と毎日のようにコミュニケーションを図りながら会社の支出や収入が健全であるかチェックをしています。

会社の金庫番として重要な責任を負っているのが経理の仕事になります。

経理は会社でどんな役割を求められる?

経理の役割は、会社の財布を管理することです。

言い換えると会社の支出に関わることやお金に関することは全て経理が管理することになります。

会社では目立つ仕事をしているわけではなく、縁の下の力持ち的存在で影から会社全体を支えています。

そのため、経理の仕事はとても重要で他の部署より会社の経営により近い位置で仕事をするため、ミスは許されないこともあります。

経理がしっかりお金の管理をすることで会社は健全に運営していけますし、経理がしっかりしないと経営が傾くこともあります。

経理の仕事をするために必要な資格はある?

経理の仕事に興味がある人やこれから経理の仕事につくために準備したい人は特にですが、経理の仕事をするために必要な資格にどういうものがあるのか知りたいところです。

ここではどういう資格が経理の仕事に役立つのかについてまとめました。

実務未経験でも持っておくと有利な資格や経歴は?

実務が未経験であっても知識として資格を取得しておくことで全くの未経験の人に差をつけることができます。

経理の仕事に役立つ資格は、簿記やファイナンシャルプランナーなどがあります。

もちろんですが税理士や公認会計士の資格があるとかなり就職活動や転職活動を有利にすることができますが、どの資格もかなり難易度の高い資格になることとどちらの資格も取得後は独立開業する人がほとんどなので経理の仕事に役立てることは現実的ではありません。

簿記

簿記の試験は、意外にも民間資格です。

しかし、民間資格としては広く認知されているだけでなく、経理や会計士を目指す人が知識をつけるため、実力を試すためなど様々な理由で受験しています。

1〜3級まで設定されていて経理の仕事をするなら2級の資格があると就職に有利と言われています。

2級は、独学でも取得可能で比較的受験しやすくなっています。

1級が最も難しく、1級を持っていると就職活動に役立ちますが、1級は税理士を目指す人などが取得を目指すちょっとマニアックなエリアになります。

どの級も経理の基礎や応用となる知識を得られるため、経理の仕事を考えるなら取っておきたい資格の一つです。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの知識はどちらかというと投資関連や金融資産など資産運用の知識がメインになります。

経理の仕事に直結しているわけではありませんが、お金の流れなどについて知識として身につけておくことは仕事で役立つことがあります。

ビジネス会計検定試験

ビジネス会計検定試験は、民間試験で、簿記とは違い、会計学に近い知識を身につけることができます。

ビジネス会計検定試験もどちらかというと会計学になるため、経理の仕事に直結しているわけではありませんが、知識として蓄えておくために取得していて損はない資格です。

IFRS検定(国際会計基準検定)

IFRSの知識は、今までの経理では必要なかったのでマイナーな資格の一つとして考えられていました。

しかし、近年は日系企業の海外進出に伴い、会計基準が国際会計基準つまりIFRSが必要となり、IFRSの知識や理解が求められてきています。

経理の仕事では簿記を持っている人が多くいます。

大手企業の経理に就職したいのなら国際会計基準は持っておくと有利に働きます。

グローバル化に伴い、今後ますます日系企業の海外進出が大手だけでなく中小企業でも取り組んでいるため、IFRSの知識は重宝されそうです。

未経験から経理を始めたい人におすすめの求人とそのポイント

未経験から経理の仕事に転職したい、就職したい人が経験しておくといい仕事はこちらになります。

経理事務補佐

経理事務補佐の仕事は、経理に直結しているだけでなく、先輩社員のサポート役になるため、仕事をしながら経理の仕事の流れや知識を身につけることができます。

正社員や派遣社員として募集していることもあるため、正社員や派遣社員としても働けますが、アルバイトやパートとして働くことも可能です。

おすすめポイント

経理事務補佐がおすすめなのは、未経験でいきなり経理の仕事にチャレンジしづらい、経理の仕事を教えてもらってもいきなりはちょっと緊張してできないなど、何かまず軽く経理に関する仕事に携わってから経理の仕事へ携わっていきたい人におすすめです。

補佐の仕事なので基本は先輩社員の雑務になります。

しかし、雑務をこなしながら経理の仕事を学ぶことができるため、いきなり経理の仕事を避けたい人には知識を身につけ、経理の現場を知るためには適した仕事です。

税理士事務所事務

税理士事務所事務の仕事は、税理士の補助なので一般事務と仕事内容は差ほど変わりません。

ただ、税理士という個人や法人の確定申告や決算など、お金の流れが一番わかる場所で仕事をすることになります。

おすすめポイント

税理士事務所事務の仕事は、一般事務とほぼ同じ仕事内容になります。

税理士の補助なので税理士の指示で書類を準備したり、来所するお客様の対応をしたりします。

税理士事務所事務の仕事で経理に直接携わることはできませんが、税理士の仕事や経理の仕事に関した知識を得ることができます。

仕事をしながら勉強するのにはかなり適した場所で、税理士を目指す人がアルバイトで働くこともあります。

税務署事務アルバイト

税務署事務アルバイトの仕事は、確定申告時期の短期アルバイトと事務のアルバイトがあります。

経理の仕事を目指すなら事務のアルバイトがおすすめです。

事務のアルバイトは、来客対応、確定申告時期は、受付対応、電話応対など一般事務と同じような仕事をこなすため、未経験でも受け付けてもらえます。

おすすめポイント

税務署事務アルバイトのおすすめは、会社や法人は年に一度確定申告や決算報告を税務署にしています。

経理の仕事は、税務署に報告する決算書の作成も担います。

言い換えると税務署でアルバイトをすると確定申告の知識や経理などの知識を学ぶチャンスがあるため、経理の仕事に活かすことができます。

税務署に知り合いがいるということも未経験で経理の仕事を始めるのに強みとなる部分です。

会計事務所事務

会計事務所事務の仕事は、税理士事務所事務と似たような仕事になりますが、基本的には会計士のサポート役なので一般事務と同じような仕事内容になります。

例えば、電話応対や来客対応、事務処理などがあります。

一般事務の仕事なので未経験者でもチャレンジすることは可能です。

おすすめポイント

会計事務所事務の仕事がおすすめなのは、直接経理に関する仕事ができるわけはないのですが、会計学や経理に関する知識を身に付けるチャンスがある職場ではあります。

公認会計士を目指す人が事務として働いていることもありますし、周りには経理や会計などに詳しい人が多くいるため、資格の勉強をしながら仕事をするのには便利な仕事になります。

未経験者がスムーズに経理の仕事を得るためにやるべきことは?

未経験者が経理の仕事に就くためにやるべきこと、準備しておくべきことは、これから経理を目指す人や経理の仕事に興味がある人なら気になるところです。

未経験者が経理の仕事に就くためにはどういう準備をしておけばいいのでしょうか?

ここではそんな疑問に答える、経理の仕事に就くためにやるべきことについて紹介していきます。

簿記2級の取得

未経験で経理の仕事をするなら知識の証明や無事採用されてから実際の業務に関して必要な知識として簿記2級は取得しておくことをおすすめします。

経理の仕事は簿記の試験内容と同じ知識が必要になります。

未経験で何も知識がなく採用されるケースもありますが、結局同じ知識を覚えることになるため、予め予備知識として蓄えておくと経理として迎え入れてもらった時にスムーズに仕事をすることができます。

簿記3級や1級もありますが、3級の場合は、会社というよりは商店や小売のお金の流れについての知識がほとんどで会社のお金の流れは簿記2級が仕事に直結しやすくなっています。

簿記1級になると税理士を目指す人が取得を考えるレベルなのでマニアックなのとスペシャリストとしての資格になるため、あればもちろん役立ちますし、重宝されます。

しかし、難易度もかなり高いため、未経験者が経理の仕事に就きたいのであれば簿記2級が妥当です。

数字に対しての意識を身につける

経理の仕事は、数字に対しての意識やお金の流れに対してシビアであることを求められます。

経理の仕事が未経験であっても調達部や営業部など会社の仕入れや販売を手がけてきた業種の場合、同じように数字に対して強い意識を持たなければならないので共通しています。

経理の数字に対しての意識を身に付けるというのは、1円単位のお金の誤差にも注意を払えるかどうか、お金や数字に対して細かくなれるかどうかになります。

未経験者で経理の仕事を目指すために理想としては営業の経験や調達の経験などがあると転職活動の際にアピールしやすくなります。

経理の本や経済の流れに注意を払う

経理の仕事を未経験で始めたいのなら未経験だから何もしないのではなく、経理に関する本を読んだり、経済の流れに対して敏感になり、色々な知識を吸収しておくべきです。

経理の仕事は、未経験で入社すると周りは助けてくれますが、反面どれくらい勉強してきたのか、経理の仕事に対してどれだけ高い意識を持っているのかをみられている可能性があります。

何もしないでなんとなく入社していると知識を身につけるだけで精一杯になり、仕事が覚えられない、周りの言っていることが何かわからないと働きづらくなります。

経理の仕事を始める前にもしくは経理の仕事にチャレンジしてみようと決めたならすぐにでも経理に関する本や経済の流れに注意を払い、予備知識を身につけるようにしましょう。

まとめ

経理の仕事は、難易度が高いように思われていますが、実は未経験者にも門戸を広げている会社はあります。

経理の仕事は、経営にかなり近い位置で仕事をするため、目立たないけど、責任を問われる仕事なので仕事に対してかなりシビアでなければなりません。

仕事中は高い集中力が求められますし、金庫番なのでおかしなお金の流れや経費として処理できないことは毅然と断らなければなりません。

それでも経理の仕事は経営に近いところで仕事をしているため、会社の運営がうまくいっている、会社のビジネスが軌道に乗っていることを支えている実感はありますし、やりがいの多い仕事です。

経理の仕事に興味を持っている人や経理の仕事をやってみようと考えている人は、ぜひチャレンジしてみて下さい。