ここでは人材紹介会社を利用して仕事を探すメリットについて解説をしていきます。

人材紹介で仕事を探すメリットとは?

いくつかのメリットについて解説していきます。

キャリアカウンセリングを受けられる

転職活動をするときは、本人の希望はもちろん大事ですが、一番大切なのは、持っているスキル、そしてビジネスパーソンとしてのパーソナリティが、転職マーケットで求められているかどうかです。

この見極めができていないと、こんなはずではなかったという転職活動になりかねませんので、まずは、プロである紹介会社のコンサルタントに相談してみるべきです。

キャリアカウンセリングというと小難しく見えますが、要は自分のできることとやってきたことを整理したほうが、より企業にPRしやすくなるということです。

自分の強みを客観的に知ると同時に、市場価値についてもシビアに把握するために、紹介会社に協力してもらうことは一つの有効な手段と言えます。

企業の実態を知ることができる

人材の紹介という作業を通じて、人材紹介会社の営業マンたちは、募集企業から様々な情報を収集していきます。

どんな人が求められるのか?

どんな社風の会社なのか?

何を大切にしている会社なのか?

採用部門責任者の人物像など、求職者としてだけ企業と接する中では、到底知りえない情報も彼らは持っています。

うまく協力してもらい、なるべく多くの情報を収集するようにしましょう。

給与の交渉もエージェントがしてくれる

これはあまりやりすぎると、入社したあとのプレッシャーが大きくなってしまいますが、自分の市場価値に自信がある人は、積極的に給与交渉をしてもらうようにしましょう。

人材紹介のビジネスモデルをおさらいしておくと、紹介会社は、推薦した人の年収の30%を手数料として受け取ります。

たとえば、年収600万円の人の転職が決まると、180万円の売上に繋がるわけです。

650万円で最終確定した場合は、195万円の手数料となります。

人材紹介は個人でやっているひともたくさんいるので、売上は多いほうがいいのです。

なので、給与の交渉はできるところまで協力してもらうことが賢明だといえるでしょう。

自分がもしかしたら人材ビジネスに向いていることに気づくかもしれません

これは補足的な項目ですが、人材紹介会社のコンサルタントと話すうちに、もしかすると、人材ビジネスに興味を持つかもしれません。

それはそれで、自分のキャリアを広げる可能性があります。

人材紹介会社のコンサルタントは、営業もできて個人を口説ける人たちです。

なので、最近は紹介会社のコンサルタントとして活躍した後、企業の人事に転職をしていく人もおります。

紹介会社に相談に行くことで新たな可能性につながるかもしれません。

また、個人で独立することも可能な仕事で、高い報酬を得る人だと数千万円の年収を稼いでいる人もおります。

紹介コンサルタント自体があまりメジャーな仕事ではありませんので、陰に隠れがちですが、その気になれば、一流アスリートや外資系企業に勤めるビジネスマンにも遜色のない報酬を得ることもできるのです。

人材紹介の求人で良い求人、悪い求人の見極め方とは?

どうしたら自分に合った求人を探すことができるのか?

そのポイントをまとめていきます。

良い求人の見極め方

これは、紹介コンサルタントをどう見極めるかという事になるかと思います。

紹介会社のコンサルタントも営業マンですから、数字目標を追っています。

できれば早く転職してほしいというのが、誰しも本音ですが、そんな中でも、求職者の立場に立った提案ができるか?

ここが重要なポイントです。

基本的に、売上の達成が見えているコンサルタントは、求職者を急かして転職させる必要がないので、転職を急がせるようなことはしてきません。

悪い求人の見極め方

前の項目の反対がその答えになります。

とにかく転職を成功させて、売上を立てたいだけの営業マンは、たくさんの企業を受けることを勧めてきます。

それは、受かった企業がマッチする企業といわんばかりの乱暴さです。

人材紹介を利用する際の悪い求人の見極め方は、イコールコンサルタントをどう見極めるかという問題に直結します。

人材紹介の募集で良い求人を探すための方法

前の項目でも説明しましたが、人材紹介で良い求人に出会う方法は、いかに優秀で親身なコンサルタントと出会うかにかかっています。

1.友人知人に紹介してもらう

周囲で同じ職種で転職した人がいた場合は、評判を聞いたうえで、担当のコンサルタントを紹介してもらうようにしましょう。

あまりに価値観の異なる知人だと参考にならないかもしれないですが、同世代が転職相談をして満足度の高い方なら、転職にあたって質の高い提案をしてくれる可能性も高くなります。

2.とりあえずできる限り多くの紹介会社とコンタクトを取ってみる。

同じ紹介会社でもコンサルタントの質はピンキリですので、人材紹介を通じての転職は、1つのギャンブルでもあります。

なので、なるべく多くのコンサルタントと出会い、自分に合った人を探すのが、成功への近道かと思います。

最近は、直接会うのではなく、電話面談を中心にコンサルティングを行う会社も増えております。

仕事の合間を縫ってうまくコンタクトを取ってみましょう。

3.SNSを活用する

人材紹介会社のコンサルタントは、Facebook等のSNSを利用しているケースも多いですので、どんな投稿をしているか、どんな人とつながってるのかを調べてみるのも参考になります。

賛否両論あると思いますが、SNSで実名と顔を公開して情報発信をするということは、自分への自信の表れでもあります。

リサーチ一つで優秀なコンサルタントと出会えるかもしれません。

まとめ

今回は、人材紹介で仕事を探すメリットとそのノウハウをお伝えしてきました。

人材紹介会社は、転職のプロたちですので、企業との仲立ちをしてもらううえで、非常に大きな役割を果たしてくれる心強い存在です。

しかしながら、中には自分の営業数字を優先して、親身に相談に乗れるだけのスキルと余裕がない人が多いのもまた事実です。

この人なら信用できるというコンサルタントに出会うことから良い転職活動は始まります。

転職は、結婚と同様人生を左右するくらいの大きなライフイベントです。

慎重すぎてちょうどいいくらいですから、コンサルタント選びも慎重に行いましょう。