相談支援専門員という仕事をご存知でしょうか。

まだまだメジャーな仕事とは言えませんが、相談支援専門員は障害福祉の要とも言える大切な仕事のひとつです。

今回はそんな相談支援専門員の仕事内容等について、実際に相談支援専門員として働いていた経験のある筆者が自身の経験を交えながら解説していきます。

相談支援専門員の大まかな仕事内容

相談支援専門員の仕事は大まかに言うと障害がある人やその家族からの相談を受け、ニーズに適した社会資源に結び付けていくことです。

では、具体的にどのような仕事があるのか次の項目で解説していきます。

相談支援専門員の仕事は大きく4個の業務に分けられる

計画相談支援

計画とは障害のある人が福祉サービスを利用する際に必要とされるサービス等利用計画のことを指しています。

相談支援専門員のメインとも言える仕事です。

サービス等利用計画は支援の方向性を示したり、支援に必要な情報をまとめたりと、各関係機関が支援を行うにあたり、一貫性を保つためにとても重要な役割を果たします。

サービス等利用計画はサービス利用希望者が自分で作成する場合(セルフプラン)とサービス利用希望者が相談支援専門員に作成を依頼する場合があります。

ただし、サービス等利用計画の作成は専門知識が必要とされること等から、ほとんどの方は相談支援専門員に作成を依頼しています。

計画相談支援業務はサービス等利用計画の作成だけでなく、担当者会議の開催、モニタリングの実施等の業務もあります。

相談支援

上記の計画相談支援とは別に通常の相談支援業務もあります。

これは市町村が行う障害者相談支援事業が相談支援事業に委託されたものです。

相談の内容は福祉サービスに関することから日常生活を送る上での困難等、多岐に渡ります。

障害のある人だけでなく家族を始め、関係者からの相談を受けることもあります。

地域移行支援

地域移行支援は精神科病院に入院していた人や入所施設等で生活していた人が地域での生活に移行する際に行う支援です。

地域定着支援

地域定着支援は既に地域で生活されている人が今後も生活を続けていけるように行う支援です。

独居の人だけでなく、同居している家族が高齢であったり、障害があったり等の理由により緊急時の対応が難しい人も対象です。

計画相談支援の3個の業務

サービス等利用計画の作成

前項目でも触れましたが、サービス等利用計画とは福祉サービスを利用する際に必要となる、支援の方針や支援に必要な情報等が記載された計画のことです。

相談支援専門員は福祉サービス利用希望者からの依頼を受け、契約後作成します。

作成の際には居宅等を訪問し、福祉サービス利用に至るまでの経緯や成育歴等、支援に必要な話を聞くと共に生活状況の確認も行います。

面談を元にまずはサービス等利用計画案を作成し、本人に説明を行います。

内容に同意を得られた場合はサインをもらい、市町村役場に提出します。

市町村役場がサービスの支給決定を行い、受給者証が発行された後、担当者会議を行います。

担当者会議での協議事項や変更事項を踏まえた上で最終的なサービス等利用計画を作成します。

その後、再度本人に説明を行い、同意を得られたらサインをもらいます。

サービス等利用計画を市町村役場に提出し、一連の業務は一区切りという形になります。

担当者会議

サービス等利用計画案を作成し、受給者証が発行された後、担当者会議を行います。

担当者会議とは本人や家族、福祉サービス事業所等の関係機関を集め、サービス等利用計画案を基に支援の方向性について話し合ったり、確認したりする場です。

医療的ケアを受けている人は訪問看護等の医療機関も加わることがあります。

相談支援専門員が中心となって開催するため、日程調整も大切な仕事です。

モニタリング

サービス等利用計画案を役所に提出し、サービスが支給決定された際、受給者証というものが発行されます。

その受給者証に本人に話を聞いたり、福祉サービス事業所に利用状況を確認したりしながら、サービス等利用計画に沿った支援を行われてるか、新たな課題が生まれていないか等確認してくださいという月が記載されています。

この業務をモニタリングと言います。

モニタリングの頻度は利用するサービスや個人の状況に応じて異なります。

多くの人は半年に1回、1年に1回ですが、毎月という人もいます。

モニタリングの際に新たな福祉サービスの利用を必要となっていたり、本人が違う福祉サービスを希望したりした際には新たにサービス等利用計画案を作成することとなります。

今後も現在利用している福祉サービスの利用を続けていく場合にはモニタリング報告書を作成し、役場に提出します。

モニタリングの頻度はサービス等利用計画案をもとに市町村役場が決定しますが、該当月以外で必要となった場合は相談支援専門員が市町村に相談し、認められることで追加で行うことも出来ます。

相談支援の2個の業務

相談受付

相談受付の方法は電話や来所、訪問等様々な方法がありますが、まずは電話で相談を受けることが一番多いといえます。

問い合わせ程度であれば電話のみでの対応となりますが、支援が必要と判断した場合は必要に応じて来所を促したり、反対に談支援専門員が居宅等を訪問したりすることもあります。

個人のニーズに応じた支援

相談内容は生活に関することから疾病に関することまで多岐にわたります。

相談支援専門員は相談者の話を聞き、ニーズに則していると思われる社会資源の情報提供を行い、被支援者自身が決定します。

その後、必要に応じて同行したり、関係機関に情報提供を行ったり等の支援を行います。

地域移行支援の2個の業務

面談

入院している病院や入所している施設等に赴き、面談を行います。

その中で本人や家族の思いを聞きながら、どのようにして地域生活に移行していくか一緒に考えていきます。

同行

本人のニーズに合った福祉サービス事業所等の見学同行等を行います。

住居が確保されていない人に関してはグループホームの見学、自宅等がある人に関しては日中活動を行う福祉サービス偉業所の見学等に同行し、地域生活に移行していくための基盤を作っていきます。

面談や同行を含め、月2回以上の支援が必要とされます。

地域定着支援の2個の業務

訪問

定期的に居宅に訪問し、本人の話を聞いたり、生活状況の確認を行ったりします。

緊急時の支援

夜間に職員を配置する、専用の電話を設ける等して24時間体制で緊急時に対応出来るように体制を整える必要があります。

w緊急時には直接居宅に訪問し、対応することとなります。

必要があれば一定期間滞在して支援を行うこともあります。

相談支援専門員の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

相談支援専門員は大変な仕事ですが、その分沢山のやりがいもあります。

では、具体的にどのような時にやりがいを感じるのか解説していきます。

関係機関と連携して良い支援が出来た時

障害がある人に対する支援は相談支援専門員だけでなく、家族や福祉サービス事業所等関係機関が集まりチームで行います。

それぞれの機関にそれぞれの役割があるため、揉める時もあればズムーズに進むこともあります。

共通しているのは被支援者のニーズを大切にし、彼らが自己実現出来る手助けをしたいという思いです。

良い支援とは話し合いがスムーズに進むことではありません。

支援を受ける前に比べ被支援者の笑顔が増え、生き生きと生活出来るようになることです。

また、良い支援なのか、そうではないのかということはすぐに分かることではありません。

具体的な数字で表すことも出来ません。

しかし、モニタリング等で会う度、俯きがちだった人が笑顔になっていたり、自分の思いを伝えることが苦手だった人が話をしてくれたり等、前向きな変化があった時はとても嬉しく感じていました。

自分自身も成長出来ていると感じた時

相談支援専門員は被支援者とその他の社会資源を結び付ける重要な役割を担っているため、福祉に関する知識から日常生活に関する知識まで幅広い知識が必要とされます。

福祉サービスはニーズの変化等に応じて随時新しいサービスが始まったり、変更されたりします。

そのため、随時勉強していくこととなります。

相談支援専門員が知らなかったということがあっては被支援者の不利益に繋がるからです。

常に勉強し続けなければいけない大変さもありますが、専門知識がどんどん身に付くと自信になります。

また、障害のある人つまりは被支援者や福祉サービス事業所等の関係機関の担当者等幅広い人と関わる機会があるため、様々な考え方や価値観に触れることが出来ます。

その中で多様な視点から考えられるようになったり、新たな価値観と獲得したりすることで福祉専門職としてだけでなく、一人の社会人、ひいては一人の人間として成長することが出来たと感じています。

面白いポイント 

相談支援専門員にはやりがいだけでなく、意外な面白みもあります。

私が実際に感じた面白みは以下の2点です。

担当している地域の道に詳しくなる。

相談支援専門員は居宅で面談を行ったり、見学同行で福祉サービス事業所に訪問したりする機会が多々あります。

そのため、担当している地域内を運転する機会が多くなり、必然的に裏道や近道等に詳しくなります。

筆者の場合は担当地域と居住地は異なっていたのですが、もし居住地のが担当地域であれば日常生活でも役に立ったかもしれません。

様々な事業所に行くことが出来る。

福祉サービス事業所はその役割によって様々な種類がありますが、同じ種類の事業所でも雰囲気が異なることが多々あります。

だからこそ被支援者は自分の目的や性格に合った事業所を選ぶことが出来ます。

相談支援専門員はモニタリングや見学同行等で様々な事業所に行くため、その雰囲気の違いを感じることが出来ます。

アットホームな事業所もあれば規律正しい事業所もあります。

各事業所個性があり、訪問に行くことが楽しみでした。

相談支援専門員が向いているのはこんな人

相談支援専門員はどちらかといえば向いている、向いていないがはっきり分かれる仕事かもしれません。

どのような人が向いているのか解説していきます。

冷静な人

相談支援専門員にとって冷静さは必要不可欠です。

相談支援専門員は感情が揺れる場面が多々あります。

思わず耳をふさぎたくなるような経験をされた人の話を聞くことがあれば、感情コントロールが難しい人に負の感情をぶつけられることもあります。

もちろん相談支援専門員も人間なので「辛い」「苦しい」「悲しい」等の感情はあります。

しかし、感情的になってしまっては良い支援は出来ません。

どうにかしてあげたいと思うが故に入り込みすぎてしまっては共依存的な支援になり、被支援者の自立を妨げます。

また、相談支援専門員が感情をぶつけてしまってはそもそも専門職とは言えません。

優しい人ほど陥りがちな罠なのですが、自分と相手の問題の線引きを行うことが大切です。

福祉職に必要なのは「冷静な頭と熱い心」と言われています。

仕事に対する情熱はそのままに、冷静さを保ちながら働くことの出来る人が向いていると言えるでしょう。

整理整頓が出来、計画性のある人

相談支援専門員は常に何人もの担当者を抱えながら業務を行っています。

また、その業務は単純な物ではなく一連の流れがあるため、ある程度の時間が必要となります。

そのため、同時にしなければならない仕事がいくつもあります。

更に利用者の状態の変化等により、常に優先順位も変わります。

そんな環境の中で仕事を行うためには書類の整理整頓はもちろん、自分の頭の中も整理整頓することが大切です。

まず、担当者が多いことや同時進行しなければならない場面が多いことから、書類の数はかなりの物になります。

どこに誰の何があるということが分かっていなくては必要書類を探している時間が無駄になります。

効率化のためにも面倒くさがらずその都度整理整頓していくことが必要です。

また、あれもしなくてはこれもしなくてはと気持ちが急いてしまうことがあります。

しかし、そこでパニックになってしまってはいけません。

頭の中だけで考えていると混乱してしまうのであれば、いつまでに何をしなければならないか等必要事項を紙に書きだしたりして、自分の仕事を明確化していくことが必要です。

筆者はプライベートでは整理整頓が苦手だったのですが、相談支援専門員の仕事をしているうちに否が応でも身辺も思考も整理整頓する癖がつくようになりました。

個人的には相談支援専門員の仕事をしていた上で一番良かったことかもしれません。

向上心のある人

福祉制度は年々改正されたり、新しい制度が新設されたりしています。

そのため、次々と新しい知識を勉強していくことが必要となります。

研修会はもちろん、書籍やインターネット等を用いて自分自身で勉強する姿勢が大切です。

相談支援専門員の仕事をしている以上「知りませんでした」で通ることはありません。

相談支援専門員が勉強を怠ることで何人もの人の人生が変わってしまうかもしれないのです。

福祉の仕事は医療のように直接生死に関わる仕事ではありません。

しかし、間接的に生死に結びつくことは多々あるのです。

その責任を忘れず、日々精進していくことが必要となります。

まとめ

今回は相談支援専門員として働いていた筆者の経験を交えながら仕事内容や、やりがい、向いている人等について解説していきましたが、いかがでしょうか。

相談支援専門員の仕事はやりがいも将来性もバッチリな仕事です。

福祉関係の仕事をされている方は次のステップとして、福祉関係の仕事を目指している方は目標として、是非相談支援専門員の仕事も一つの選択肢として考えてみてください。