多くの人にとって、人生最大のイベントとなる結婚式。

それは、一生の思い出になりますし、ゲストの皆さまに祝福される最高に幸せな時間でもあります。

その結婚式は、結婚式を挙げる張本人のカップルだけでなく、たくさんの人たちが集まり、一つの式を創り上げます。

今回はその結婚式に携わっている仕事の仕事内容についてご紹介したいと思います。

結婚式場での仕事は?

結婚式場の仕事と言っても様々な仕事があります。

パッと思い浮かべられるのはおそらく「ウェディングプランナー」かと思いますが、もちろん式場で働いているのが全てウェディングプランナーではありません。

営業もいれば、フォトグラファー、シェフやサービススタッフなど様々です。

カップルと打ち合わせをしたり、新規契約を取ったりと、自身が担当する仕事によって業務内容もそれぞれです。

結婚式場での仕事にはどんな種類がある?

それでは、結婚式場で働く様々な職種をひとつひとつご紹介したいと思います。

営業

たいていのどんな会社にも存在する「営業担当」は結婚式場にももちろんいます。

結婚式場の営業の主な仕事は、結婚式を挙げたいと思い、式場見学にきたカップルに式場の案内をし、契約をしてもらう、ということが一番の仕事です。

結婚式を挙げるカップルがどんどん減っている「ナシ婚」時代の今に結婚式を挙げてもらうために自社の結婚式場の魅力をいかに伝えられるのか、そして、新規のカップルに対してどれだけ誠実に対応できるかが大切です。

契約を取りたいがためにガツガツ行き過ぎると、なかなかカップルは心を開いてくれないのです。

そのさじ加減がとても難しい仕事です。

そして、一番はここで契約を取らないと、ほかのスタッフの仕事は何一つ始まらないので、とても重要なポジションなのです。

ウェディングプランナー

営業担当が契約を取ると、その後はウェディングプランナーに引き継がれます。

そして、カップルとの半年から1年にわたる打ち合わせを担当するのがこのウェディングプランナーです。

結婚式まで、カップルの一番近くで、一番の相談者となる大切な役割です。

このウェディングプランナーは一般的に華やかな仕事に思われがちですが、実はかなり裏方の仕事です。

地味な事務作業の多く、決して華やかな仕事ではありません。

招待状の校正作業や、他の部署とのやりとり、発注作業に都度寄せられるお客様からの対応に追われる毎日です。

私自身はウェディングプランナーをしていましたが、とにかく毎日忙しかったです。

私自身は結婚式当日の介添えもウェディングプランナーがやっていたのですが、式場によっては別で介添えが付くところもあります。

本当に大変な仕事ですが、担当した結婚式を無事に終わらせることができると、この上ない達成感を感じられる素敵な仕事でもあります。

実際にウェディングプランナーの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

フォトグラファー

結婚式に絶対に欠かせないもの、それは素敵な思い出としてそれを形にしてしっかりと残せる「写真」です。

その写真を撮影し、希望があればアルバムのデザインまでやるのがフォトグラファーです。(式場によってはカメラマンとデザイナーが別のところもあります)

結婚式には次がなく、練習もありません。

もちろん、フォトグラファーは本番一発勝負でその一周を切り取って撮影をしなければいけません。

挙式や披露宴中、フォトグラファーはとにかくバタバタと走り回っていますが、実は撮影がうまい人ほど、「あれ?この人本当に撮影してる?」というくらい静かに撮影をされています。

また、前撮りを撮影するのも大事な仕事です。

いきなり、知らない人にバシバシと写真を撮られるわけですから、カップルは当然緊張しますよね。

その緊張をいかにほぐして、自然な素敵な写真を撮れるかというのも大事な仕事です。

ドレスコーディネーター

結婚式といえば、真っ白のウェディングドレス。

その最高の一日を彩るために、最も重要なものだと言っても過言ではないのがウェディングドレスです。

ウェディングドレスには今は様々なデザインがあります。

が、正直に言うと、「自分が着たいもの」と「自分に似合うもの」が必ずしも一致するわけではないのです。

背が高い人の方が似合うもの、華奢な人が似合うもの、どんな人にも似あうもの・・・など。

それを上手に新婦に伝え、新婦が一番きれいに見えるウェディングドレスを一緒に選んであげるのが最大のお仕事です。

サービススタッフ

結婚式で打ち合わせにも多くの時間を費やし、カップルの個性が出る披露宴。

披露宴の進行はあくまで司会がやりますが、披露宴の仕切りを裏方としてやっているのがサービススタッフです。

このサービススタッフは学生でもアルバイトで経験したことがある人はかなり多いのではないでしょうか。

アルバイトスタッフが多いのもこの職種の特徴でもありますね。

このサービススタッフは披露宴の料理を出していくだけではなく、他にも新婦の介添えや、披露宴前のセッティングや後片付けなどの仕事をしています。

披露宴中は一番バタバタと動いているのがサービススタッフと言えるでしょう。

人前で働きたい人におすすめな仕事は?

結婚式のスタッフにはさまざまなものがあることを紹介しましたが、つづいては「人前で働きたい人」におすすめの職種をご紹介します。

営業

先に述べていますが、営業担当は新規のカップルの契約をとることが一番の仕事ですが、実は人前で堂々とできる人が向いていると言えます。

自社の式場の魅力を相手に伝える力がとても大切です。

私もウェディングプランナーと営業を兼務していたのでわかることですが、自社の結婚式場を紹介するときは少し大げさに、堂々としていればいるほど、魅力は伝わるものです。

披露宴の司会

披露宴の司会はかなり重要な仕事です。

ウェディングプランナーや披露宴を仕切るキャプテンなどと常に連携を取りながら、決められた時間内で披露宴の進行をしていかなくてはいけません。

結婚式には様々な場面がありますよね。

余興で盛り上がった楽しい雰囲気や、友人代表のスピーチや新婦の感謝のお手紙の時間の感動の場面などありますが、その場面に合わせた話し方をし、雰囲気を作り出さなければなりません。

そして、もちろん大勢の人の前で堂々と話さなければなりませんので、人前に立つことが好きな人には向いているのではないでしょうか。

縁の下の力持ちが好きな人におすすめなのは?

結婚式は「縁の下の力持ち」で出来上がっているものです。

そのお仕事を紹介します。

ウェディングプランナー

ウェディングプランナーは打ち合わせから結婚式当日までカップルの一番近くにいる存在です。

ただ、どの場面でもウェディングプランナーが表だって動くことはほとんどなく、裏方として結婚式を創っていきます。

打合せ後は、事務作業に追われていますし、結婚式当日は黒子として結婚式を回す側になりますので、まさに縁の下の力持ちと言えるでしょう。

サービススタッフ

サービススタッフもウェディングプランナー同様、裏方に回り、結婚式を創っていく仕事です。

むしろ、披露宴中はなるべく目立たないように、サービスできるスタッフがとてもスマートに見えますね。

結婚式場での仕事のやりがいは?

結婚式場の仕事はとても大変な仕事です。

私自身もウェディングプランナーとして勤務していたので言えることです。

在職中は、きつくて大変で仕事も溜まって終わらなくて、「あー辞めてしまいたい!」と何度も思っていたことも事実です。

しかし、その仕事をこなして、結婚式当日を迎え、たくさんの人の笑顔や涙を見ると、改めて素敵な仕事だな、と思ったものです。

結婚式場での仕事のやりがいを私の経験を踏まえてご紹介したいと思います。

最高のイベントに携われる

結婚式とは多くの人にとって、人生の中でも一大イベントです。

仮に自分が結婚式に招待される側だとしましょう。

そのとき、全く知らない人の結婚式に出席することはないと思います。

友人や職場の人など、何かしらの関わりのある人の結婚式にしか出席をすることはないと思います。

しかし、結婚式場で働いていると、以前の人生には全く関わりのなかった人の結婚式を創るのです。

半年から1年の打ち合わせ期間にもちろん相応のコミュニケーションはとっていきますが、その大事な日を今まで知らなかった私に託し、そして「ありがとう」と言ってもらえることは、何よりも嬉しいことです。

信頼関係をしっかり築いていくので、結婚式が終わるとちょっぴり寂しい気持ちになることもありました。

たくさんの人と関わりあえる

結婚式を挙げたいと思い、式場を訪れる人や招待されて結婚式に出席する人は年齢も仕事も事情も様々です。

本当にたくさんの人たちに出会うことができる仕事だと思います。

正直に言うと、それはもちろんめんどくさい人やちょっと苦手なタイプの人などもいることは確かですが、そういう人たちとも笑顔で接することが大前提ですので、自分自身も人間的に成長できる機会が多いように思います。

結婚式場での仕事において大変なのは?

結婚式場での仕事は素敵な仕事ですが、何度も言っている通り、楽な仕事ではありません。

その大変さをお伝えします。

「次」がない、失敗が許されない

多くの人にとって結婚式は一生に一度。

と、いうことは次がありませんし、本番一発勝負だからこそ、感動や楽しみがあるものなので、もちろん練習はありません。

それは新郎新婦と同じく、スタッフも一緒なのです。

それに、失敗が許されません。

お客様も「スタッフさんが失敗しちゃったので、もう1回お願いします」とも言えないですよね。

また、どんな状況も冷静に落ち着いた行動をとらないといけませんので、一歩先のことを常に考え、行動していかないといけません。

責任はとても重いです。

拘束時間が長い

一般的にサービス業は拘束時間が長いものです。

私にも客室乗務員やアパレル、美容部員などの仕事をしている友人がいますが、その中でも私は断トツで拘束時間が長かったのです。

結婚式のある週末は4時や5時に出社することがほとんどです。

そして、結婚式は1日1件ではなかったので、3件くらいあると帰りは23時を超えていました。

平日も前撮りや打ち合わせなどがあるときは週末ほどバタバタしていなくとも、20時に家に帰れることはなかったと言ってもいいので、拘束時間に関してはだいぶきつい仕事だったと思います。

結婚式場での仕事の将来性は?

今、結婚式を挙げるカップルは減少傾向にあります。

なので、各結婚式場はきっと厳しい状況になっていくのではないかと思います。

それぞれの結婚式場もいかに時代に合ったプランや雰囲気を作り出していけるかが重要になってくると思いますが、ブライダル業の仕事はロボットではできないと思います。

今はロボットが受付をするホテルなども存在していますが、結婚式場の仕事はそうはいかないのと思います。

お客様とコミュニケーションをしっかりとることが本当に重要な仕事ですし、経験に基づいた知識とアイデアが必要不可欠な仕事と考えているからです。

結婚式場の仕事を探すときの注意点は?

求人情報を見ていると、結婚式場の求人は意外と多いものです。

華やかな仕事のイメージがあり、今でも特にウェディングプランナーはなりたい職業の上位に来る仕事でもあります。

ただ、憧れが強い分、いざ仕事を始めてみると、思っていたものと違う!と思い、辞めていく人が多いのも事実なのです。

だから、求人が多いのですね。

結婚式場の仕事を探す上での注意点をご紹介いたします。

自分が「何を」やりたいか。

先に紹介しています、結婚式場の仕事も職種は様々です。

なので、一番は自分が「何を」やりたいかを考えることです。

結婚式の仕事は楽な仕事ではないので、中途半端な気持ちでは続きません。

自分の気持ちを優先的に考えて探してみてください。

待遇面、要チェック

私がウェディングプランナーをやめたのは、少々体調を崩したことが原因です。

毎日10時間以上の労働をし、仕事優先の生活をしていたので休みもほとんどありませんでした。

また、自分より後に入ってきた男性社員の方が出世をしたことでした。

私もだったのですが、よく考えてみると、女性社員は「チーフどまり」どれだけ頑張ってもこのままなら・・・と思い辞めたのです。

なので、自分の生活がしっかりと充実して送れる待遇か、自分の頑張りをしっかりと認めてくれる環境であるかを考えて探された方がよいかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私自身の経験と一緒に働いてきたスタッフを考えながらご紹介してきました。

これを読んで少しでの結婚式場の仕事に興味をもって頂ければ嬉しく思いますし、結婚式場で働きたいと思い、動いてくれる人が一人でも増えればいいなと思います。


関連キーワード

結婚式場仕事