保健師は現在少しずつ認知されつつはありますが、まだまだ保険の先生?という認識程度でしか判断されていないようですね。

実際間違ってはいないのですが、保健師だけではなくそんな職業しらないという方も多いのです。

今回は知られざる保健師の年収についてご紹介していきましょう。

保健師の給料の相場はどのくらい?

保健師の給料って正直全く分からないですよね。

平均年収は550万前後になります。

給料は年齢によって、またどれだけ経験があるかによって大きく異なります。

新卒、転職・パート・アルバイト、また給料が高い人は何が違うのか?

また給料が高い人は何が違うのかもチェックしていきましょう。

正社員で新卒入社した場合

新卒で保健師になった場合、初任給は18万前後です。

ボーナスに関して言うと大体20万くらいですね。

正直普通の仕事と変わらないくらいの給料なので面白くないかもしれませんが、新卒でそんなにもらえるような所は限られています。

正社員で転職した場合

正社員で転職した場合給料は25万前後です。

これは地域の場所にもよるかもしれませんが、そこそこの値段ですね。

正社員で転職した場合、自分のこれまでの経験を見て考慮されているため、求人広告に記載されている金額以上にアップされる可能性は高いですよ。

転職というのは一概に悪いことではありません。

前の職場でどのくらいのことをされていたのかも考慮されるため、状況にもよると思ってください。

パート・アルバイト

保健師のパ―ト・アルバイトはありますよ。

時給は1500円以上なので普通に働くよりは高いですね。

ただシフト制ではなく、土日が休みという勤務が多いです。

給与が高い人は何が違うの?

保健師の給料は最初は全員同じレベルでしょう。

しかし同じ保健師でも何が自分と違うのか、気になる所ですよね。

保健師に求められるスキルは何か、役職、地域差で大きく変化します。

しかし勤続年数の場合は場所によってあまり意味をなさないということを理解しておいた方が良いでしょう。

スキル

保健師に求められる能力を理解されているのかどうかも重要になります。

前向きで明るい性格、観察眼、忍耐力、先読みというスキルが最低不可欠です。

また保健師は事務作業も行うため、パソコンや事務仕事を行う必要があります。

保健師は色んな人と関わる仕事であり、色んな人の健康を守るために何ができるのか?と考えていかなければいけません。

先読みスキルはあったら便利ですよ。

ただこれらのスキルはどれも当たり前のスキルと言っても良いかもしれませんね。

全ての職業に同じことが言えるのですが、ここまでの当たり前のスキルを習得するのはかなりの神経を使わなければ習得できません。

実際筆者の昔の上司がこれらのスキルが全て出来る方でした。

想像力、経験などが必要になるため常に自分を磨いていかないと習得は不可です。

役職

保健師にも役職というものはあります。

主任、係長、課長、部長というものですね。

ただしこの役職はどこにでもあるものではなく、1人で作業をしているような学校保健師や企業で働く産業保健師には当てはまりません。

主任の給料に関しては30万ほど、ボーナスは大体1ヶ月分の給料にアップします。

役職を目指して頑張ることはとても良いことではあるのですが、1人でやる保健師には当てはまらないのでご注意ください。

勤続年数

勤続年数は確かに重要です。

長ければ長いほどその職場での重要人物だと思ってもらえるからですね。

学校保健師、産業保健師は勤続年数は見込めます。

しかし行政保健師の場合は本当に場所にもよるので注意しておいてください。

これはどういうことなのかというと、調べてみたら結構保健師として仕事をされていない行政保健師が多かったのです。

そもそも行政保健師とは保健所や保健センターなどで働く機関になります。

扱いとしては公務員ではあるものの、保健師ではなく事務員として扱われてしまっている所もあるという話を聴きました。

もちろん全てではないのですが、自分が保健師としての仕事をしていないと思ったらそれは考えた方が良いですね。

地域

地域差はもちろんあります。

筆者は関西住民なので調べてみたのですが、色んな所で募集はありました。

ただ学校保健師は結構レアケースでもあるため、それ以外の場所に募集が多かったですね。

地域によって保健師の仕事がない所もあり、都会に行けばいくほど仕事はあります。

また大きな都市に行けば給料は高いため、地域差は結構大きいと思っておいてください。

特に保健師はマイナーな仕事でもあるため、地域によっては全く仕事がないという所もあるんですよ。

働く場所

保健師は学校で働く学校保健師、企業で働く産業保健師、保健センターなどで働く行政保健師の3タイプがあります。

働く場所によって給料は異なると思ってください。

やることは基本的に同じではあるのですが、給料が異なります。

どれが良いかと一概に言える訳でもありませんし、現在の募集状態によって就職場所は限られている所も多いです。

行政保健師の場合、公務員扱いとなるので給料は安定する形ですが、公務員なので給料の幅は限られてしまいます。

休みなどはどこも同じような感じなので、働き方に関してはそれほど大差はないかもしれませんね。

夜勤有り

病院に勤務する保健師のみ夜勤があるため給料は大きく変化することはあります。

そもそも病院に保健師なんているの?という疑問を持たれているかと思いますが、正確には保健師+看護師という感じで働いていますよ。

いわゆる二足の草鞋を履くという状態ですね。

元々保健師は看護師の免許を持っているのでおかしいことはありませんが、ほとんどの保健師は看護業務をしないことが多いので特殊かもしれません。

夜勤があるないとではやはり夜勤があると給料は高いです。

ただし給料が高いのは高いのですが、保健師+看護師の仕事を行わなければいけないので他の仕事以上にハードですね。

保健師の給料の決まり方

保健師の給料の決まり方についてですが、この辺は経験の差というのは当たり前かもしれません。

基本的にどこの職場でも同じことが言えるかもしれませんが、どれだけ貢献しているか、その人自身の元々のスキルにもよります。

給料というのは自分の価値を表しています。

一般給はあくまでも目安であるため、個人によって変わります。

給料が高いか低いかは、個人の努力次第となるのですよ。

どれだけ貢献しているか?

保健師として、どれだけ自分の職場に貢献できているか?

それを考えたことはありますでしょうか。

結構勘違いしている方が多いのですが、職場で働いてやっているのではなく働かせてもらっているという気持ちを持たない限り、仕事が出来ると認められません。

言われた仕事をこなすのが当たり前という訳ではなく、現在の自分がどれだけできるのか?という所も必要なのです。

色んな口コミなどでチェックをしましたが、保健師の仕事ではなく事務仕事しかさせてもらえないから嫌、人間関係が辛いからとかいう方はいました。

実際人間関係などの問題はよくある話でもありますし、精神的に辛くなることもあるでしょう。

しかし保健師はその場所に働いている方々とコミュニケーションを取らなければいけない仕事でもあります。

一番人間関係を重視しなければいけないような職業の方がそのようなことを言っていてはおしまいです。

保健師の仕事をさせてもらえない、事務仕事に追われるから嫌と言う不満を抱えて仕事をされている方もいますが、どうすれば良いか?という考えを持って仕事をしている人間は貢献していると思ってもらえるでしょうね。

元々のスキル

保健師に必要なスキルを兼ね備えている人間は、給料をアップしてもらえるでしょう。

スキル自体も大切ですが、一番重要なのはその人の人間性を見られます。

保健師のスキルとしては看護業務でもあるのですが、事務処理などのスキルなどもチェックされると思ってください。

結構面接などで自分を良く見せようとする方はいるのですが、実際は大したことがないというような方もよくいます。

どんなに技能が優れていても、それを生かしきれないのはよくある話です。

向上心

向上心が高い人間は、どこに行っても上手く行くでしょう。

何故向上心がある人間は給料をアップされるか?ということなのですが、努力しているかどうかだからです。

口だけの人間はとても多いのですが、実際実力が伴っていないような人間は大したことがないんですよ。

向上心が強い人間は自分の苦手なことややらなければいけないことをちゃんと調べ上げ、努力しようとします。

その差はとても大きいので、誰が見ても頑張っていると思われるのです。

例え失敗したとしても次に生かすことが出来ますし、そういう人間はリカバリーが期待できるので周りから重宝されます。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は医療系や全ての職場において重要なものです。

人と関わらない仕事であれば良いのですが、保健師は色んな人と関わっていく仕事でもあるのでコミュニケーション能力は重要であると思ってください。

何故コミュニケーション能力が必要かということですが、保健師は健康維持のために活動する仕事なのです。

結構維持というのは肉体だけではなく、精神的な健康も含まれます。

相手の話を聴いて何に対して悩んでいるのか?

またどういうことを求めているのかというのを察知しなければいけません。

話を聴いていないと相手に対してアドバイスなんてできませんからね。

どちらかと言うと人見知りをする人間の方が多いのですが、そのせいで最初は上手くいかないという方も多いようです。

正直にいうと人見知りをしない人間はごくわずかでしょう。

結構コミュニケーション能力は第一印象で判断してもらえるので、この辺は色んな人にすぐ理解してもらえるものだと思ってください。

この働き方は、こんな人におすすめ!

正社員が良いと言われる世の中ではあるのですが、女性の場合は結婚後そういう訳には行きません。

状況に応じて変わる場合もあるので、臨機応変にしていかなければならないのですよ。

ただ正社員であったとしても、独身の内でないと働けないという理由もあるので難しいかもしれませんね。

正社員

最初は正社員として働くのが一番ですね。

契約社員の所もあるのですが、出来れば正社員の方が契約更新など必要がないため楽ですよ。

ただし行政保健師のみ、自分の住んでいる地域や関連深い所での職場を選んだ方が良いので正社員の仕事がないケースもあります。

自分が何でどこで働きたいのか?と考えると、おのずと答えは見えてくるでしょう。

アルバイト

結婚、出産、子供がいる女性の場合はアルバイトとして働く女性が多いですね。

アルバイトであれば正社員と違ってがっつり働く必要がないため、まだ働きやすいという方がいます。

基本的に女性は結婚後配偶者に合わせて引っ越しをするため、継続して元の職場で働くことが出来ません。

また妊娠や出産、育児などを考慮すると正社員で働くのは正直きついでしょう。

なるべくリスクがない方が良いですからね。

保健師の種類によって年収は変化する

保健師と言えば学校保健師が一番認知度は高いのですが、その他に行政保健師や産業保健師などもあります。

この辺りは認知度が低いため仕方ないのかもしれませんが、企業で働く保健師だと思ってください。

場所によって年収は大きく異なります。

どれがどう高いのか?

自分が保健師になる際の目安にして頂けたら良いかもしれませんね。

行政保健師の年収

行政保健師の年収は500万です。

年齢や経験も関係しているのでこの値段ではあるのですが、公務員として働く仕事でもあるため給料は比較的安定しています。

年収としてはそこそこなのですが、サービス残業が多く保守的な職場が多いので、がっつり働くことは出来ないという声も多いですね。

学校保健師の年収

学校保健師というのは学校の保健の先生に当たりますが、ここでは大学などの保健の先生のことを指します。

小学校などにいる保健の先生は養護教諭の資格を持っているため、また別物であると思ってください。

学校保健師の仕事はほとんどレアケースであるため募集がそんなにないのですが、他のものと異なり年収はとても高く平均で550万と言われています。

残業手当がつくかつかないかの差でもあるのですが、学校保健師はサービス残業ではなく残業手当がちゃんと付いてくれるようですね。

また有休消化もしやすい環境にあるということなので、単純に年収が高いだけではないのですよ。

産業保健師の年収

産業保健師は大手企業などに勤務する医務室の先生という役割が分かりやすいかもしれません。

産業保健師は企業によって金額が全然ちがうので一概には言えませんが、年収は600万となります。

学校保健師の年収は高いと言いましたが、産業保健師の場合は企業差があるので必ず同じとは言えないのです。

病院保健師の年収

ボーナスを含めると大体年収は400万くらいでしょうか。

一般的によく耳にするのが産業保健師、行政保健師、学校保健師ですが、病院で働く保健師もいます。

看護師と同じ仕事をしている保健師もいるので、病院保健師は見分けがつかないんですよ。

何科によって異なるのですが、小児科などであれば予防注射の手伝いをおこなったり、親御さんにこのようなことに気を付けてという風にアドバイスを行います。

他にも患者の家族に対してこのような感染症にもなるため、予防には気を付けてほしいという積極的な指導を行ったりするのも病院保健師の仕事でもありますね。

最近では病院内の感染を軽減、もしくは防ぐために保健師を募集している所が多くなっています。

昔と異なり、今は色んな病気が増えている為ですね。

ただ病院系の勤務は経験によって給料がアップされるため、基本給がアップされる可能性が高いです。

看護師と保健師として働ける人間は少ないという理由でもあります。

待遇の違い

福利厚生などはどこの職場にでもあるものですが、待遇は異なります。

その場所で働いていると何かしら恩赦を受けられるものなんですよ。

正社員であれば退職金や有給休暇をもらえるというものですね。

行政保健師で保健所などに勤務されているような方の場合は、元々公務員として働いているため老後の保障や保健師としてだけではなく、地方公務員としての保証が得られるのですよ。

企業に勤める産業保健師であればその企業の保証を受けられると共に、商品やサービスが割引などをしてもらえるということもあります。

どの職場がおすすめ?

年収はそれぞれ違いますし、待遇も異なるため難しいですね。

学校保健師、産業保健師には移動がありませんが、行政保健師には移動があります。

3年ほどで転勤になるケースが多いため、独身であればともかく家庭があって働いているような方からすればしんどいと思いますよ。

行政保健師は転勤になってしまうことが多いため、上司の評価によっては昇給の機会が非常に少ないとも言われています。

転勤1年目は人柄や仕事などを見られることも多いのですが、それらを考慮すると本当に少ないんですよね。

転勤は嫌だという方には産業保健師、学校保健師をおすすめします。

保健師と看護師どちらを選ぶべき?

保健師は元々看護師の免許を所持しています。

そのため看護師にもなることは可能です。

世間の認知度は高いのは看護師ではあるのですが、どちらがどう良いのか?なんて言われるとわかりませんよね?

保健師、看護師などの違いについて、また年収の差についてお答えしていきましょう。

保健師と看護師って違いってあるの?

役割はちょっと異なりますね。

看護師は医師の指示の元で怪我や病気をされた人を治療のアシスタントを行います。

保健師の役割は病気や怪我にならないようにするために、指導方法を伝授するというものですね。

医療に関わる仕事ではあるものの、役割を見ると大分違いがでるかと思います。

保健師は看護師+保健師の資格が必要であるため、誰にでも出来る仕事ではありません。

仕事内容は違う

保健師は事務作業も行わなければいけませんが、看護師は看護業務を主とします。

もちろん保健師も看護資格を持っているため看護業務を行うことは出来ますが、大体は応急処置やインフルエンザの予防注射などくらいですね。

話を聴くということも大切なのですが、人に関わる仕事という点はそこまで変わることはありません。

肉体的な業務かデスクワークの違いも含まれます。

また保健師には夜勤業務がありませんし、土日休みという差が大きいでしょう。

年収はどちらが上?

年収はどちらの方が上になるのか?という疑問を持たれている方が非常に多かったですね。

実は年収に関しては看護師の方が上だったりします。

何故看護師の方が上なのかというと、夜勤があるかないかの差ですね。

看護師の年収は500万で新卒でもそこそこの金額であるため、給料は高いとされています。

ただ夜勤という特別な業務があるからこその待遇であるため、それを考えると保健師の給料が安くてもと考える方が結構いますよ。

夜勤の給料は確かに大きいのは大きいのですが、中には夜勤を嫌がる人もいるのでそういう所でしょうか。

働き方によってはどちらを選ぶのも良い

夜勤がない看護師もいるので、クリニック系などをチョイスすれば問題はないでしょう。

クリニックなど夜勤がない場合は、そこまで給料に違いがなくなってきます。

ただ厄介なのは働き方によっては、どちらの方が良いかは考えていく必要がありますね。

保健師の休みは土日です。

反対に看護師の休みはシフト制、もしくは平日1日と日曜日という感じでしょうか。

お金も大切なのですが、一番厄介なのはこの辺だと言われています。

休みって自分だけなら良いのですが、他の人に合わせると結構難しいし迷ってしまうのですよ。

理想的なのは平日1日と日曜日という休みですね。

土日休みの人が筆者の周りに多いのですが、病院や市役所などの公共機関がしまっているため困るという話もよく聞きます。

特に子供がいる人にとっては平日休みがないと、行事に参加できないというデメリットも存在してしまうので、働き方によってはどちらを選択すべきか困るという方は結構いるんです。

まとめ

保健師の年収は場所によって大きく異なります。

ただ現在はそれほど募集がない地域もあるので、仕事の幅は少ない職業と言えるかもしれません。

産業保健師、行政保健師がまだ多いくらいですが、地域差はあると思っておいてください。