いつの時代も若者のあこがれであるバイク。

そんなバイクを修理したり販売したりするバイク屋にも、バイト募集があるんです。

バイク屋のバイトは何をする仕事なのでしょうか?

気になりますよね。

今回は、バイク屋でバイト経験がある私が、バイク屋のバイトに関するみなさんの気になることを、一挙まとめてご紹介します!

バイク屋バイトはどんな仕事?

バイク屋のバイトは、整備と事務の2つに分かれます。

整備は、そのバイク屋の整備士がバイクの修理や点検をする際の補佐をする仕事です。

事務は、バイクの購入にかかわる書類の作成や、行政手続きの代行、HPの管理を行う仕事です。

バイク屋バイトの大まかな仕事内容

整備と事務に分かれます。

整備の仕事は、お客様からお預かりしたバイクの修理や点検をすることです。

1日中正社員の整備士とともにバイクの部品を取り外したり付け替えたりして、バイクの調子をみています。

完全な技術職で体力仕事です。

事務の仕事は、お客様のバイクの購入のための書類を準備したり、自賠責の申請をしたり、ナンバープレートを取りに行ったりといった事務作業と、その他雑務です。

私の場合はバイクの配達や部品の配達等を行っていました。

また、お店のHPの運営もしていました。

バイク屋バイトでよくある募集内容とは?

バイク屋でバイトしたいけど、どんな募集があるかわからない、そんな方が大半ですよね。

そんな方のために、一般的な募集内容についてまとめました。

ご参考ください。

時給相場

バイク屋バイトの時給は800円~1,200円程度です。

店舗の営業形態によって開きがあります。

事務は安く、整備はそれなりに高くもらえます。

整備士の資格を持っている場合は時給がプラスされることが多いようです。

シフトの入れ具合

募集を出しているということは人手が不足しているということですから、だいたい週4くらいから多いところで週6ほどシフトに入って欲しいと言われると思われます。

がっつり稼ぎたい人向けです。

私が働いていたところは個人経営だったので、シフトが決まったあとで急用で出れないという時は、柔軟に対応してもらえました。

求められる人物像

バイク屋のオーナーは癖の強い人が多いです。

昔悪かった人も多くいらっしゃいます。

男社会ですので、上下関係をより意識しなければなりません。

少しでも無礼なことをすると怒鳴られることも多くありました。

よって、誠実で素直な方に適しています。

人から教えてもらうことを素直に聞き入れ、努力して実践につなげていく方がかわいがられます。

また、バイクが誰よりも好きなこと、を条件としている求人が多くみられます。

バイクが好きということが絶対条件であることは間違いないですが、誠実な人柄であることが前提だと思います。

必要なスキルや資格、経験

整備士の資格を持っていると優遇されますが、持っていなくてもOKというところが多いです。

技術は働いているうちに教えられて身につきます。

オーナーによっては他のお店のやり方が身についていない、まっさらな新人の方がやりやすいという方もいらっしゃるでしょう。

バイク屋の経験がある方も重宝されると思いますが、どうして前のバイク屋を辞めたのか明確な理由が必要になってきます。

すぐ答えられるようにしておきましょう。

バイクに乗ったことがあるかどうかは、事務の場合は特に気にされませんが、整備の場合は問われるかもしれません。

しかしバイクが好きだという気持ちをアピールできれば、多くは聞かれないと思います。

バイク屋バイトのおすすめ求人5個の特徴とは?

バイク屋といっても内情は店舗によっていろいろです。

バイク屋のバイトを考えている方は、よりよい環境の店舗で働きたいとお考えですよね。

ここで、経験者の私が考える、バイトのためのバイク屋選びのポイントをご紹介いたします。

残業が少ない

忙しすぎる店舗には、ひっきりなしにお客さんが訪れ、整備士1人が何件も仕事を持つことになり、夜遅くまで残業をしなくてはならないことになってしまいます。

忙しすぎると技術について質問できるタイミングが無くなってしまうので、スキルが伸びない状態で複数の案件を抱えることになり、てんてこまいでしょう。

よって、バイク屋を選ぶ時は実際にそのバイク屋にお客として足を運び、どのくらい忙しいのか調査をした方がよいと思います。

これは文字の求人ではなかなかわからないことです。

従業員が多い

バイク屋は、従業員がとても少ないところと、たくさんいるところとあります。

前者はまず経営状況が芳しくなく、複数バイトを雇う余裕がないけれど、バイトを雇わないとさばけない量の仕事があることがうかがえます。

それに、従業員が少ないと気軽に質問ができませんし、見て学ぶことも難しいです。

また、急用ができた時にシフトを代わってもらうことも難しくなってしまいます。

よって、従業員の数は多いにこしたことはありません。

求人から読み取れない場合は見に行った方がよいでしょう。

資格がいらない

バイク屋の整備の仕事は、整備士の資格があるかないかでできる範囲が変わってきます。

よって求人には資格が必要かどうかが記載されていますが、資格不要と書いてある職場の方が気軽に働けることはいうまでもありません。

実際資格があればバイトではなく、正社員になった方がいいですから。

資格がなくとも指導によって技術はつくので安心してください。

社割がある

バイク屋によっては、自分の愛車の点検や修理を無料にしてくれたり、新車を買う際に割引価格にしてくれたりする店舗があります。

正規の価格だととてもお金がかかってしまうので、バイカーにとって社割のきくバイク屋で働くことはとても意義のあることです。

求人に社割の情報が書いてあるお店は優良店と思っていいと思います。

オーナーが優しい

経験から言うと最重要視したいのは、オーナーの人柄です。

前述しましたが、バイク屋のオーナーは癖がある方が多いです。

時代錯誤的な男女差別をするはずれのオーナーに当たると、バイクまで嫌いになってしまいます。

できれば店舗に行ってオーナーの働きっぷりを見ていた方がいいと思います。

バイク屋バイトはこんな人に向いている!

バイクを知り、バイクに触れるバイク屋のバイト。

果たしてどんな人に向いた仕事なのでしょうか?

経験者の私が考える、バイク屋に向いている人はこんな人です。

バイクを購入したい人

バイク屋でバイトをすると、最新のカタログを見ながら、どんなバイクが流行っているか、メーカーごとにどんな特徴があるかなど、勉強することができます。

バイクの購入を考えている人は、できれば知識をつけたうえで吟味したいですよね。

オーナーにアドバイスがもらえますし、実際のバイクを前に検討することができます。

また、その店舗で購入する場合は、オーナーに割引してもらうこともできる店舗もあります。

せっかくならバイトしてから購入した方がお得です。

バイクに乗っている人

バイク屋バイトに向いている人は、バイクが好きな人で、自分自身がバイカーの人です。

これは断言できます。

特にバイクいじりも好きな人であれば、趣味感覚でバイトができます。

好きなことが仕事にできるというのはうらやましいことです。

自分の愛車の点検方法や整備方法についても学ぶことができるため、一石二鳥のバイトです。

整備士の資格が欲しい人

就職のために整備士の資格を取得したい、と考えている方にも向いているバイトだと思います。

バイク屋のバイトでは、普段なかなか見ることができないバイクの中身を何台分も見ることができます。

筆記試験の勉強は独学でできても、実技は危険を伴うため独学では難しいところがありますよね。

その点バイク屋にはプロが見ていてくれるという安心感がありますから、存分に実技の勉強をすることができます。

今後バイク屋に就職した際にも、ここでの経験が生かされることと思います。

また、いずれ自分でバイク屋を開業したいと思っている場合、バイク屋のバイトで関連会社に顔を売っておくことが開業の手助けになるでしょう。

礼儀正しい人

バイク屋のオーナーは昔気質の人や昔悪かった人が多く、上下関係が他のバイトより重視されます。

冗談でも大きなトラブルになることがよくあります。

人の懐に入るのが上手い人、礼節を持って接することができる人でなければうまくいきません。

逆にバイク屋バイトに向いていないのはこんな人!

バイクに触れ、バイクとともにある仕事だからこそ、人を選ぶ職業です。

以下のような人には向いていないと思います。

バイクに興味がない人

バイクに興味がない人にはただただつらい仕事でしょう。

バイク屋にいるのはバイク好きだけですから、まず職員と気が合わないと思います。

バイカーは特殊な感性を持っています。

細かい作業が苦手な人

バイク屋のバイトは整備士の補佐としての作業が主です。

人のバイクを預かって、整備してお返しせねばならないので、ミスは許されません。

時速60キロ以上で走るバイクは、整備のミスが命にかかわるからです。

バイクの部品は小さいものもあり、作業も細かいです。

不器用で細かい作業が苦手な人は辞退した方がいいと思います。

コミュニケーション能力が低い人

バイク屋はバイクを売る仕事です。

せっかく大金を貯金してバイクを買うのに、愛想の悪い人からは買いたくありませんよね。

自分のお店のバイクをしっかり宣伝して売り込むことができなければ買ってもらえませんので、コミュニケーション能力は必要です。

バイク屋バイトのやりがいとは?

バイクはバイカーに移動手段以上の価値を与えてくれるものです。

そういった商品であるからこそ、感じることができるやりがいがあります。

ここでは私がバイク屋のバイトの中で感じたやりがいについてご紹介いたします。

お客様の人生の節目に立ち会えること

バイクは人生で買うもののなかでも高価なものです。

だからこそ、購入される方は非常に吟味して自分だけの1台を手に入れたいと考えています。

バイクを手に入れるまでの毎日と、手に入れてからの毎日は、世界の見え方が違うと言われていますから、ある意味バイクを買うということは人生の節目と言ってもいいでしょう。

バイク屋でバイトをしていると、その節目に立ち会うことが多々あります。

自分にとっての1台目のバイクを買う方は、不安と期待でいっぱいです。

そんな方にバイクの説明をし、合ったバイクをおすすめし、実際に整備して引き渡すことがバイク屋の仕事です。

自分の求めていた1台に出会い、乗って帰られるところを見ることができると、とても嬉しく思います。

そして、こんなに喜んでもらえるなら、もっと一生懸命勉強しようと思えるのです。

お客様に喜んでもらえること

バイク屋はいわばバイクのお医者さんです。

自分の愛車が不調で、長年の相棒なのに買い替えなければならないのか?と不安な面持ちで現れるバイカーの方を、技術力を駆使して助けることができます。

もうダメかもしれないというバイクが修理できたときのお客様はとても嬉しそうです。

自分自身も達成感を感じます。

お客様に喜んでいただけると、自分のしている仕事に誇りを持つことができ、やっていてよかったなと思えます。

スキルアップできること

バイクが好きで自分で整備したくても、普通に生活しているだけでは、学習はできても実践は難しく、なかなかバイク整備のスキルはつきません。

しかし、バイク屋でバイトをすると、専門家が手取り足取り教えてくれます。

また、修理に持ってこられるお客様のバイクを何台も触ることができ、色んな故障の状況も自分の目で見ることができます。

これはバイクについて詳しくなりたいと思っている人間にとって、とてもラッキーなことです。

段々と難しい案件に取り組むことによって、自分の持つスキルも上がっていきます。

今までできなかったことができるようになり、自分のスキルアップを感じると、バイク屋という仕事をとても好きになれます。

まとめ

今回はバイク屋バイトの求人の見方、向き不向きの判断の仕方等をご紹介いたしました。

多種多様な経営をしているバイク屋ですが、根本にあるのはバイクを愛しているという熱い気持ちです。

もしバイク屋のバイトに興味はあるけれど、自分にできるか悩んでいる場合は、バイクが好きだと言う気持ちを胸に、飛び込んでいってみてください。

趣味が実益になる有意義なバイトができると思います。