経理の仕事は、会社の財布を担う大切な役割です。

経営者や経営陣に近いところで経営に関しての収支を常にチェックし、必要に応じて進言します。

経理の仕事は、数字を管理することなので大変なイメージもしくは面白くない地味な仕事のイメージがあるかもしれません。

しかし、経理の仕事は、一番経営陣や経営者に近い位置で仕事をしているだけでなく、会社全体の数字や金銭の流れを把握することができるポジションであるため、学ぶ機会はたくさんあります。

今回は、経理の仕事について大まかな仕事内容や経理の仕事のやりがいなどについて紹介していきます。

経理の仕事の大まかな仕事内容について理解しておこう

経理の仕事は、金銭の管理が仕事になります。

金銭管理をして帳簿などの記録をし、経営者に報告することが経理の主な仕事です。

金銭の管理をする経理の仕事は、単独の仕事のように思えますが実は色々な部署とコミュニケーションを取る機会があります。

例えば、営業の経費や給料などに関しても経理の仕事が関わってきます。

営業の出張費用や外回りの費用を経費として申請した場合、経理がそのまま承認して申請した経費を支払うのではなく、営業から申請された経費が正しい経費なのか、経費として計上できるものなのかどうかを検証してから経費を支払います。

その際、確認すべきことやおかしな点があれば営業へ連絡し確認しなければなりません。

他には、日次業務といわれる記帳や現金・預金の管理、月次業務といわれる月次決算書作成、給料計算、取引先からの入金を確認、税金の支払いや年次業務といわれる決算書作成、年末調整、法人税などの支払いがあります。

経理の仕事のやりがいってどんなもの?

経理の仕事はどのようなところがやりがいになるのでしょうか?

経理の仕事に興味があるもしくは経理の仕事を志望する人にとっては、経理の仕事のやりがいについて知りたいところです。

経理の仕事のやりがいは、帳簿に誤差がないことや会社の利益が確定した時など金銭に関してきちんとした管理ができていることや金銭に狂いがないことは経理の仕事にやりがいを感じるところです。

他には会社の経営状態が安定していることや決算が黒字で終えた時は経理としてやりがいを感じます。

経験者の私が経理の仕事でやりがいを感じた瞬間

経理の仕事がやりがいのある仕事であることを理解して頂けたことでしょう。

やりがいのある仕事がわかったところで経理の仕事でやりがいを感じる瞬間は具体的にどういう瞬間かを知りたいところです。

ここからは筆者が実際に経理の仕事を経験した中でやりがいに感じたところを紹介していきます。

影から会社を支える縁の下の力持ち的存在であること

経理の仕事は、金銭の管理をすることです。

それは、経理だけの金銭ではなく、会社にある全ての部署の金銭を管理します。

それは経理が会社の財布を担っているからです。

経費や税金、給料や保険関連など様々な会社の金銭に関わるところが経理の仕事に関わってきます。

また、金銭に関する質問を社長を含め、会社内の色々な人から質問を受けて頼りにされます。

表立って経理の仕事が目立つことはありませんが、影から会社の経営を支えている、会社の経営に携わっている実感が要所要所で感じることでやりがいも感じていました。

経営に直結している仕事ができる

経理の仕事は、会社の金銭に関わります。

経理が金銭をしっかり管理しなければ会社の経営は大変なことになります。

しかも、経理の仕事は経費処理や税金を払うことだけではありません。

会社の予算編成、給料の支払い、預金などの出納管理、帳簿管理、決算書作成や取引先の支払いチェックなど会社の金銭に関わることは全て経理の仕事に関連してきます。

会社の財布を握っているということは会社の経営状態が把握できる位置にいることであり、会社の経営状態がわかる位置にいることは経営に近いところで経理が仕事をしていることになります。

また経理の仕事をしていると営業やマーケティングなどの他の部署とは違う視点を養うことができます。

他の部署と比べてもより経営に近い視点や考えで仕事をしていきます。

営業のように派手さはありませんが縁の下で会社を支えているだけでなく、経営に直結する仕事をすることができるため、やりがいは十分に感じることができました。

色々と学びが多い部署であること

経理の仕事は、専門職です。

経理の仕事を始めるためには資格がなくても仕事を始めることができます。

しかし、そこから経理として活躍するためには、資格や実務をこなして経理として必要な知識やスキルとどんどん身につけなければなりません。

常に仕事をしながら学ぶことが多いことは経理の仕事をしていて魅力に感じるところです。

また、学びながら学んだことが仕事に直結しているため、仕事の効率化を図ることができるもしくはできなかった仕事ができるようになることでやりがいに感じていました。

スペシャリストとして働くことができること

会社内に関する金銭は、経理に関わる仕事です。

経理は会社の中で数字に関する専門職です。

ベテランでも新人でも関係なく、経理である以上は、会社の数字に関してプロフェッショナルでなければなりません。

会社の数字以外にも経費や給料、保険関連など色々な知識が必要になります。

経理の仕事は他の部署でとってかえることができません。

会社内では経営に近い位置で仕事をしていることもあるため、スペシャリストとして働らけることは大きなやりがいになっていました。

帳簿や預金などの誤差がなかった時

経理の仕事は、会社内の金銭に関する仕事です。

請求書や帳簿に関しても経理の仕事になります。

特に日次業務である帳簿や預金管理は、1円でも合わなければ1円でもぴったり合うまで仕事を終えることができなくなります。

逆にやりがいに感じるのは、帳簿や預金管理で誤差が全くなく、ぴったり金額が揃った時は大きなやりがいを感じることができました。

経理の仕事で大変なことは?

経理は経理の業務の中で大きなやりがいやおもしろさを感じることができる仕事です。

しかし、その反面、経理の仕事が大変なこともあります。

経理の仕事は、ちょっとしたことでも大ごとになってしまいます。

ここでは経理の仕事でどんなことが大変なのかについてまとめてみました。

誤差が生じたら原因がわかるまで帰れない

経理の仕事は、預金管理や帳簿管理などの業務は毎日チェックしています。

しかし、毎日チェックしていてもごく稀に誤差が生じるケースがあります。

誤差が生じると次の日に仕事を回したり、誤差が生じたから報告して終わりというわけではありません。

しっかりと管理しているのに誤差が生じたならますます1円単位でしっかりと揃うまで帰ることができませんし、なぜ誤差が生じたのか原因をしっかり考えなければならないことと誤差が解消できたら再発防止のための対策を考えなければなりません。

会社の財布を担う重要な仕事である経理は1円足りとも間違えることは許されないところが大変なポイントです。

パソコンと常ににらめっこしているため、ドライアイや肩こりがひどい

経理の仕事は、営業のように外回りがありません。

マーケティングなどのように会議をすることも多くはありません。

金銭管理や収支に関わる仕事なので業務中にパソコンとにらめっこしていることがほとんどです。

パソコンと常ににらめっこしているとドライアイや肩こりなどが職業病になります。

ドライアイや肩こりが生じて病院や整骨院などに通うことも少なくありませんが、常の業務にパソコンが欠かせないため、なかなか治りにくいことで職業病を抱えながら仕事をしなければいけないことは大変なところです。

集中力を保つことが大変

経理の仕事は、金銭に関わる大切なポジションであるため1円の誤差も許されません。

言い換えるとミスは許されない仕事です。

最近は帳簿や経費管理などには経理用のソフトウェアがあるため、管理が以前に比べると簡素化されています。

しかし、いくらシステムではじき出された数字でも実際に計算して誤差がないかどうか、数字に間違いがないかどうかを隅々までチェックする必要があります。

つまり、最後の最後まで気を抜くことができませんので集中力を保つことが重要になってきます。

しかし、長い時間集中力を高めて仕事をすることは容易ではないため、経理の仕事で大変なところです。

経費処理などで他部署と衝突することもある

会社の金銭関連の仕事は全て経理の仕事に関わるため、場合によっては他部署と衝突することもあります。

例えば、営業から経費申請を受けた場合、営業部の部長の承認があったとしても経理が確認せずにすぐ現金を用意するわけにはいきません。

申請された経費が正しいものなのか、経費として処理できるのか、申請された経費の合計金額があっているのかどうかなどを隅々までチェックしなければいけません。

しかし、営業は、経費申請をしたらすぐに費用清算してもらえると考えているところを経理部から不明点を質問したり、処理に時間がかかったりすることで営業から不満が上がることがあり、状況を説明しても納得せず衝突してしまうことがあります。

営業の置かれた状況は理解するものの経理として会社の金銭に関わることをいい加減に扱えないのでジレンマに感じるところでもあります。

経理の仕事でやりがいを感じるために私がやったこと

経理の仕事はあまり目立つ仕事ではありませんがやりがいに感じるところがたくさんあります。

ただ、経理の仕事は日々勉強で勉強して知識を身につければ身につけるほど仕事に還元されていきます。

筆者が経理の仕事をしていてやりがいを感じるためにやっていたことをここでは紹介していきます。

関連資格を積極的に取得する

筆者が経理の仕事をしているときに経理に関する資格を積極的に取得したり、勉強したりしていました。

経理の仕事は知識と実務経験があればあるほど経理のスキルが上達していきます。

関連資格を取ることは知識を深めるもしくは知識をつけるために大切なプロセスだと考えて筆者は積極的に行動していました。

資格を取れば取るほど経理の仕事に直結していくだけでなく、将来的に転職を考えた時に資格があればそれだけ知識があることを証明できるメリットもあります。

他部署との積極的なコミュニケーション

筆者が経理の仕事をしているときは、他部署と積極的にコミュニケーションをとるようにしていました。

それは仕事を円滑にするため、他部署とのパイプラインを作るように心がけていました。

他部署とのパイプラインができると相談事や何かわからないことがあった時に聞くことができますし、あまりコミュニケーションがないと伝えづらいことがあっても誰か知っている人が同じ部署にいれば伝えてもらうことができるためです。

先輩社員などから常にスキルなどを学ぶこと

経理の仕事を筆者がしているときは、積極的に先輩社員などからスキルなどを学んでいました。

スキルなどを学ぶのはただ先輩社員の仕事を見て学ぶだけでなく、わからないことをわからないままにせず、その場その場で教えてもらうようにしていました。

経理の仕事はミスが許されませんし、わからないことをほっておくとあとあと大変な問題になってしまうこともあります。

ちょっとしたことでも曖昧であるまたはわからないのならすぐにクリアにして仕事に取り組めるようにその場で質問して解決していました。

まとめ

経理の仕事には、派手さがありません。

営業なら実績をあげると社内で表彰されたり、臨時報酬をもらえたり何かと社内の話題になりやすいことがあります。

しかし、経理には仕事がしっかりできたから、ミスなく仕事を終えたからといって表彰されたり、臨時収入がもらえません。

しかし、経理の仕事は、会社にとって欠かせない存在ですし、経営に一番近い位置で仕事をしています。

会社を影から支えている実感や責任があるだけでなく、会社の経営に携われることは他の部署にはない楽しさやつらさがあります。

経理の仕事は、楽な仕事では決してありませんが、スペシャリストとして働ける仕事です。

経理の仕事に興味を持った人、経理の仕事をしてみたい人だけでなく何か分野を特化して働きたい人にもおすすめの仕事です。