派遣コーディネーターのやりがいとは?

経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します。

どんな仕事でも「やりがい」が無ければ継続して続けることができません。

では、派遣コーディネーターと言う職業での「やりがい」とはどんなものがあるでしょう。

筆者は長年派遣会社で派遣コーディネーターとしても働き、その職業における喜怒哀楽も十二分に経験してきました。

そこで、これから派遣コーディネーターを目指される人たちにその「やりがい」をご紹介したいと思います。

派遣コーディネーターの大まかな仕事内容について理解しておこう

まず、派遣コーディネーターの仕事について、仕事の内容を大まかに理解しておきましょう。

派遣コーディネーターとは、派遣先であるクライアント企業の要望により、その要望する職に適した派遣人材を派遣することです。

あるいは、逆に派遣希望者の就労希望条件に合うクライアントに紹介することを職業とします。

言わば企業と人材の仲介業者とでも言えるでしょう。

そこには派遣会社の思惑、クライアント企業の求人圧力、派遣スタッフの就労条件圧力など様々な思いが絡み合ってきます。

そこでこの仕事の難しさと楽しさがあります。

また、派遣コーディネーターには、その属する派遣会社の専門とする領域により、その職務詳細も若干変わります。

一般事務派遣を専門とする派遣会社、専門技術者の派遣を中心として派遣する派遣会社、製造業者へ集団でライン作業員を派遣する派遣会社などで職務詳細が異なります。

またやりがいも異なってくるので、その点は十分に理解しておかなければなりません。

大手の派遣会社では、それぞれの専門領域で事業部制を社内で布いている場合もありますし、分社化しグループ各社としている場合もあります。

人材派遣コーディネーターの仕事内容は、こちらの記事を参考に!

派遣コーディネーターの仕事のやりがいってどんなもの?

さて、それでは派遣会社における派遣コーディネーターと言う職に従事する際の「やりがい」とはどんなものがあるでしょうか。

最初に言えることは、派遣スタッフの喜び、派遣先企業担当者の喜びの両者を一度に感じることが出来る瞬間だと思います。

苦労してマッチングした案件の場合は、なおさらやりがいを感じることになります。

第二には、登録型派遣会社の場合には、派遣スタッフの候補者との面談等で知り合った人材との交流の中で自然と生まれる人間関係が築けることにあります。

第三には、クライアント先での人材の活躍を知った時等があります。

この他にも、派遣コーディネーターでは人や職を通じて感じるやりがいを感じる瞬間が非常に多くある職種と言えます。

次に私が個人的に感じた、「派遣コーディネーター」をやっていて感じたやりがいの瞬間をご紹介しましょう。

経験者の私が派遣コーディネーターの仕事でやりがいを感じた瞬間

派遣コーディネーターをやっていて、数多くのやりがいを感じる瞬間があると書きました。

この職業でやりがいを感じるということは、「この職をやっていてよかったなぁ」とか「この職でしか経験できないことだなぁ」とかを感じる瞬間のことです。

色々な職業がある中、ここで言う「派遣コーディネーター」でしか味わえないやりがいとして捉えることが出来ます。

以下、私が派遣コーディネーターとして働いていた時期に感じたやりがいをご紹介します。

共感できる内容もあれば、共感できない内容もあるでしょうが、次の中で一つでも共感できるものがあれば幸いです。

クライアントとスタッフの両者に感謝されたこと 

長い期間探し続けていた職種のスタッフに、ぴったりの適材を紹介した瞬間に、スタッフにも喜ばれた瞬間は、この職ならではの喜びを感じました。

具体的には、以前より要望のあった職場での求人案件の内容で、事前のテスト等もクライアントで実施されるような厳しい採用基準がある案件でした。

その他の派遣会社さんは難しすぎて、その案件はあえて触れずに対応されていましたが、当方では地道に該当する派遣スタッフの掘り起こしを行っていました。

そんな折、ぴったりの人材が現在の職場環境に慣れず転職を考えているという情報をキャッチしたことで案件の急展開が始まりました。

その方は正社員であったのですが、職にこだわりを持っている方で、働き方として正社員でも派遣社員でも好きな職を自分なりに出来るのであれば問題ないと言う方でした。

そうした方を懇切丁寧にヒアリングやオファーを重ね、従来から難しい案件として残っていた所へ無事派遣出来た瞬間は、クライアントもスタッフも喜びを感じてくれて、感謝されたことが非常に印象に残っています。

その時に、やはり派遣コーディネーターをやっていて良かったと思えた瞬間でした。

スタッフ面談の時に感じたやりがい

派遣コーディネーターを行っていると数多くの派遣スタッフ希望者と直接面談する場合があります。

皆さん千差万別で、学歴も中卒の方から院卒の方まで学歴レベルも様々、家庭環境や家族構成もバラバラな方々と求職という共通のテーマを基に話を聞きます。

そうした彼らとの間に共感する部分があるような場合がよく出てきます。

そうした時に各自各々の要件が異なるケースを自身が理解し、適した職を見つけてあげる時にやりがいを感じます。

一種の情報元として、そのスタッフ候補者に適した職を見つける作業と言うことに無上の喜びを感じることがあります。

クライアント企業で活躍する派遣スタッフを見た時

派遣コーディネーターを行っていて、自分がクライアント企業に紹介した派遣スタッフが、当初紹介した時に期待した職務上の知識やスキル、やる気以上に活躍してくれていることを知った時にはやりがいを感じます。

クライアント様からも喜ばれ、スタッフ本人もやる気を起こして自己実現している姿を見ることは派遣コーディネーターとして職務を全うしたという充足感に満たされる瞬間と言って良いでしょう。

多くは、クライアント様から「この前入れてもらった○○君、頑張ってくれているよ。本当にありがとう」というような言葉を聞くたびに喜びを感じ、同時に派遣コーディネーターとしてのやりがいを感じる瞬間でもあります。

問題を抱えたスタッフを救えた時

多くの派遣スタッフは、正社員よりも自由に職を見つけることが出来るという理由で派遣契約を結びます。

彼らには、種々の問題や課題を抱えている方が少なくありません。

介護が必要な方が、家族にいるために派遣スタッフの道を選ばれる方、正社員として働くことに精神的な苦痛を感じている方、一般の主婦で子供が小さい方など様々です。

そうした派遣スタッフの中でも、自身の職場での居心地を問題にする方も少なくありません。

そうした方々とのフォローヒアリングを通じて、改善策を講じるか転職先や配置転換等の策を講じてスタッフの悩みに真剣に向かい合い、解決して行った時の喜びも嬉しい事案と言えます。

クライアント企業の上長さんにも、派遣会社の他の人にも言えない悩みを聞いてあげることが出来て、それを解決の方向に結び付けると言うやりがいが原動力となる場合が有ります。

拡販に成功した時

多くの派遣会社では派遣先を増やすことに重要なウェイトを置いている場合が多いです。

そうした場合に、例えば5名派遣スタッフを派遣している場合に2名増員して合計7名にすることと、新たなクライアント企業に2名の新規受注することでは、その評価が異なります。

そうした時に、自身が開拓した新規クライアントに新規の派遣スタッフを派遣出来た時の喜びは例えようもない成功感を感じることが出来ます。

こうした時にやはり派遣コーディネーターの職を選びやりがいを感じることが出来る瞬間です。

企業業績に貢献できていると感じる瞬間

派遣コーディネーターとして、派遣スタッフを単にクライアント企業に入れ込むだけと感じていては感じない感覚ではあります。

その派遣スタッフたちがクライアント企業で頑張っていることでそのクライアント企業の業績に貢献していることが分かる瞬間があります。

これは、ベテランの派遣コーディネーターになれば、納得するところですが、ややもすれば派遣コーディネーターは派遣会社の利益の為だけに目を向けがちになってしまいます。

派遣先企業の業績に寄与するために『派遣スタッフを派遣している』いう側面で見た場合、その派遣スタッフがいかに派遣先企業に貢献しているかと言うことが気になるようになります。

クライアント企業から、「○○さんのおかげで、△△がこんなに上昇しましたよ」と業績貢献を具体的に示された時等に派遣コーディネーターをやっていて良かったと思え、やりがいを感じる瞬間だと言えます。

派遣コーディネーターの仕事でやりがいを感じるために私がやったこと

以上のように多くの場面で派遣コーディネーターとしてのやりがいを感じることが出来ます。

しかし、これも漫然と仕事と割り切って仕事をしていては感じることができません。

いわゆる「鈍感な派遣コーディネーター」となってしまっては感じることができません。

常に種々の情報を入手し、気持ちを鋭敏に持つことで感じることのできる職として考えて下さい。

僭越とは思いますが、ここではそうしたやりがいを感じるために私自身が行ってきた具体的な行動3つをご紹介したいと思います。

企業サイド、人材サイドの一方だけに偏った見方をしないこと

派遣コーディネーターには大別して二種類に分かれます。

と言うのも、企業に強い派遣コーディネーターと人材に強い派遣コーディネーターとに分かれます。

このこと自体そんなに褒められた分類では無いのですが、企業サイドの立場にたって活動するタイプでは、人材には厳しく当たることになります。

しかし、成約率は高くなり実績的には良いのですが、派遣人材からの人望はやや薄れ気味になります。

逆に人材サイドに立って活動するタイプでは、中々クライアント企業との成約にまで結びつかないことになります。

しかし、派遣人材からは慕われて定着率が良くなると言う一面があります。

これを克服するには、両者のサイドに偏った仕事をしないことが重要です。

この為に具体的にはクライアントからも派遣スタッフからも、「話をよく聞く」と言うことです。

一般的に、聞き上手と言う言葉に代表されるように、相手方にしゃべらせることで、相手方の想いを全て吐き出させることが重要です。

無論、それぞれ我がまま放題言ってきますが、そこを斟酌して合致点を見出すようにします。

合致点が上手く合えば、これほど強い結びつきはありません。

さらには両社から感謝されることになります。

そうした作業を通じて自身の職に誇りとやりがいを感じることが出来るようになります。

情報を疎かにしないこと

派遣コーディネーターとして必須なのは、企業情報でも、人材情報でも全ての情報を把握・理解しておくことです。

噂話や何でもないやり取りで出て来る間接情報等は、聞いていても右から左に聞き流されてしまうケースが良く見受けられます。

クライアント側の情報で、私の経験した話では、「○○部の▲▲さんが婚約したらしいよ」という言葉を聞き洩らさずにいました。

○○部には当方から派遣スタッフ2名を派遣していたのですが、慢性的に人材不足の状態の部署でした。

そんな中、○○部に派遣しているスタッフとの面談で、その話を持ちだすと、「実は、私なんです。わたしと婚約しました」と言ってきました。

当方としては、クライアント企業の方と当社派遣スタッフとが結婚することは喜ばしいことなのですが、この時の場合「結婚=退職」と言う言葉が結びつき、ハラハラした覚えがあります。

慢性的に人材不足で適材が中々見つからない部署であったため、当の派遣スタッフには、その旨十分納得してもらった上で、次の候補が見つかるまで継続派遣してもらうことにしました。

この場合、いきなり退職されると大変なことになっていたと思い、僅かな情報でも聞き逃せないと実感した訳です。

最終的に、このケースでは、上手く次候補が見つかり引継ぎ期間も設けることが出来た事例でした。

こうして、先手先手を打てたことも僅かですがやりがいに結びつく活動であったと思います。

近視眼的に仕事を見ないこと

日常業務が繁多である派遣コーディネーターは、その都度の仕事に集中するあまり、流れ作業的に仕事をしてしまうことが良くあります。

機械的な作業が無いと言えばうそになりますが、常々大局を見ながら仕事をすることをお勧めします。

そうした姿勢で臨んでいることで派遣コーディネーターとしての仕事でやりがいや喜びが感じられるようになります。

では、派遣コーディネーターとしての大局とはどのような観点で物事を見るかということです。

これは、派遣スタッフ、クライアント企業を総体として見るのです。

一人一人では無く、又一社一社では無く自身の担当する人と企業をまとめて見る習慣を身につけておくことが大切になります。

そうすることで、全体像が常に頭にあり、自身が今やっている仕事がつまらないものに見えなくなります。

その事は、逆に仕事の一つ一つにやりがいを感じやすくなると言うことになるでしょう。

まとめ

以上、派遣コーディネーターとしてやりがいを感じる瞬間を紹介しました。

やりがいを感じることは、自然に湧き上がって来るものでは無く、自身から能動的に動くことでやりがいを感じやすくなること等を紹介しました。