ビアガーデンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?

向き不向きややりがいなどを解説!

ビアガーデンのバイトの時給や募集はどんな内容?

ビアガーデンのアルバイトのおすすめ求人の特徴から適性まで、色々解説していきます。

夏に向けて、ビアガーデンでバイトがしたいと考えている人は必見です!

ビアガーデンはどんな仕事?

ビアガーデンは夏にビールなどのお酒を飲むのに美味しい季節になると、野外や室内で行われます。

ビアガーデンの仕事は、ビール運びや料理の提供、テーブルの案内や片付けなど色々あります。

バイトの大まかな仕事内容

バイトの大まかな仕事内容は、お客様の席への案内や注文取り、ビールや料理運び、料理の調理、テーブルの片付けや店内掃除などがあります。

夏のみ開催されるビアガーデンの場合は短期アルバイトが多くいます。

しかし、仕事については主催するお店や会社から来た店長や従業員から教わることになるため、アルバイトばかりでも不安なく仕事をすることができます。

仕事の内容は短期のバイトでも簡単な内容の仕事ばかりのため、難しい仕事はありません。

しかし、忙しい時間帯は休む間もなく動き続けるため、体力を必要とする仕事です。

ビアガーデンのバイトの仕事は2種類

ビアガーデンのバイトは主にホールスタッフとキッチンスタッフの仕事の2種類になります。

ホールスタッフ

ホールスタッフの仕事は、ビールや料理の注文取りやビールサーバーでのビールつぎ、席への案内、また飲食後のテーブルの片付け、会計などがあります。

ビアガーデンの場合、ビールがメインの注文となるため、大体のビールの名前は覚える必要があります。

ビアガーデンにもそれぞれ特徴があり、日本メーカーの生ビールを主に提供しているビアガーデンもあれば、外国メーカーのビールも飲める所、または地ビール専用のビアガーデンなど色々あります。

中には聞きなれないビールの名前もあるため、最初は戸惑うかもしれませんが、働くうちに慣れていきます。

忙しい時間は次から次へと動く必要があり、またビールはジョッキでの注文が多いため、ジョッキを何回もテーブルに運ぶことから体力が必要な仕事になります。

キッチンスタッフ

キッチンスタッフの仕事には、食材を切るなどの料理の仕込みや調理、盛り付け、食器洗いなどがあります。

「料理を作る」というと難しく感じるでしょうか、ビアガーデンの料理の種類のほとんどは枝豆やイカ焼き、焼き鳥など調理が簡単な「お酒に合うおつまみ系」の料理です。

マリネなどは食材と調味料を混ぜるだけだったり、枝豆も茹でるだけといった簡単な調理ですので、料理があまりできない人でも作ることができます。

しかし、大変なところは料理の提供のスピードが重視される所です。

ビアガーデンは居酒屋のように何時間もいるというよりは、「ちょっと寄って、飲んで帰る」という人が多く、お客さんが長時間いることは比較的少ないです。

そのため、注文後は料理を早く提供しなければならないため、手早く料理を用意する必要があります。

特に、店内が混む時間帯は次々と料理を作らなければいけないので、手早く仕事をこなすことが求められます。

ビアガーデンのバイトおすすめ求人の特徴とは?

ビアガーデンはお店によって雰囲気や働き方が変わります。

自分にあった、楽しく働ける場所を探してみましょう。

ビアガーデンには屋外と室内がある

ビアガーデンには屋上などで行われる屋外のビアガーデンと、デパートなどの室内で行われるビアガーデンがあります。

屋外のビアガーデンの良いところは、外のため開放感があり、外で飲む気持ちよさをお客様が楽しまれている姿を見ることができるところです。

また、屋外でライトアップされた中で働くため、屋外の仕事が好きな人にとってはテンションを上げて働ける場でもあります。

しかし、雨の場合はビアガーデンが中止になることがあります。

室内のビアガーデンの場合、天候に左右されないため、雨天中止になることはありません。

しかし、室内のせいか、ビアガーデン特有の開放感があまり感じられないところがあります。

そのため、ビアガーデンの雰囲気を味わうという点ではやや物足りないかもしれません。

オシャレなお店は働いていて楽しい

ビアガーデンの中には、とてもオシャレなお店もあります。

ビアガーデンはデートや女子会で使われる事が多くなったため、そのようなお店も増えてきているようです。

たしかに、オシャレな雰囲気のお店のビアガーデンだと働く方も楽しく働けそうです。

高級感のあるお店は客層も良い

高級感のあるビアガーデンでは、他のビアガーデンよりも値段が良いこともあり、高収入の人達など客層が良いことが多いです。

そのようなお客様の良いところは、常識はずれな飲み方をする人が比較的少ないところです。

ビアガーデンではテンションが上がりすぎて騒ぐ人や吐く人もいるのですが、そのようなトラブルが比較的少なかったりします。

ビアガーデンのお店をコンセプトに年中営業しているお店もあり

ビアガーデンといえば夏のみ営業をしている印象がありますが、『ビアガーデンのお店』として年中通常営業しているお店もあります。

様式としては室内の営業で、居酒屋に近いのですが、ビアガーデンをコンセプトにしていることからビールの種類が豊富であることが特徴です。

年中営業をしていることから、このようなお店の場合は長期間働くことができるアルバイトの募集が多くあります。

長期間ビアガーデンのバイトをやりたいと考える人は、このような長期間働くことができるお店を探すのもいいでしょう。

ビアガーデンのバイトはこんな人に向いている!

ビアガーデンのバイトはどのような人が向いているのでしょうか?

「やる気」と「元気」、そして以下の事が当てはまればバッチリです!

体力に自信のある人や体を鍛えたい人

重たいビールジョッキを何回も運ぶなどの力仕事があります。

また、忙しい時間帯は常に動いていなければならないため、体力が必要です。

そのことから、体力に自信のある人や体を鍛えたい人におすすめです。

接客が苦で無い人

人と接する事や接客が好きな人に向いている仕事になります。

特に、ビアガーデンは楽しく過ごすことを目的としたお客様が多いことから、愛想や態度が悪い接客は不快な気分を与えてしまうためNGとなります。

吐物処理ができる人

飲酒の場であるため、吐物処理をすることがあります。

仕事と割り切り、吐物処理も行う覚悟が必要です。

稼ぎたい人

ビアガーデンのアルバイトは時給は1,000~1,500円と、他のバイトよりも高めとなっています。

高い理由としては、夜のバイトであることや力仕事や吐物処理など色々大変だからではないかという話です。

しかし、仕事の内容を理解し、夏の期間だけ集中して働きたい人にとっては稼ぎの良いアルバイトになります。

ビアガーデンのバイトでよくある募集内容とは?

ビアガーデンの募集の特徴や面接の際によく聞かれる内容をまとめていました。

お店によっても条件が少し変わるので、求人内容はきちんと確認しましょう。

時給相場

地域やお店によって時給の差はありますが、時給相場は約1,000円~1500円となります。

シフトの入れ具合

短期間のアルバイトの場合、その期間にできるだけ出勤ができることが望ましいです。

そのため、主に夏休みの間だけバイトをしたいという大学生や、またはフリーターに多い仕事です。

レジャーや観光客をターゲットにしたビアガーデンの場合は、土日祝の出勤ができる人を希望し、オフィス街にあるビアガーデンの場合は、仕事帰りの会社員をターゲットにしているため平日に出勤ができる人を希望します。

面接の際に、出勤できる日数や曜日を確認されるので、自分が勤務可能かきちんと雇用主と相談しましょう。

求められる人物像

場所柄、明るく活動的な人が好まれやすいです。

また、動き回ることが多く、重たいジョッキなどを運ぶ仕事のため、体力がある人が望ましいです。

さらに、遅刻をしないことや挨拶などがしっかりできる、働く上で常識的な人、また飲食店のため不潔ではなく衛生的な人が求められます。

必要なスキルや資格、経験

必要なスキルや資格は無く、未経験でも働くことは可能です。

居酒屋やレストランなどの飲食店のバイト経験があるならば、面接で伝えると採用されやすくなります。

派遣や正社員はビアガーデンの求人にあるのか?

年中営業のビアガーデンのお店ならば、正社員もあり

年中ビアガーデンとして営業をしているお店ならば、長期間のアルバイト以外にも正社員を募集する求人があります。

正社員の場合は、主に店長や主任候補として募集していることが多いです。

給料については、アルバイトの時給は約1,000円~1500円が相場ですが、正社員の場合「月収20万~40万円」というのもあれば、「年収400万~600万円」と書かれている求人もあります。

給料については、お店または地域によってかなりの違いがあるようです。

待遇は雇用保険や厚生年金などの福利厚生がついていたり、ボーナスが出るなど良い条件がみられます。

ビアガーデンのバイトスタッフになるために他にも知っておきたいこと

楽しい雰囲気にあふれるビアガーデンですが、働くスタッフは大変なところもあります。

「このようなこともある」と、いうことを知ってからバイトに挑みましょう。

暑い

ビアガーデンは6月~8月に開かれ、また屋外であることが多いため、暑い中働くこととなります。

暑くて天気のいいときほどお客様が来店されるので、暑さの中でも頑張って働く必要があります。

体力が必要

お客様が多く来店される時間帯は、休む暇なく動くこととなります。

さらにビールジョッキや料理を何回も運ぶこととなるため、体力が必要です。

天候に左右される

屋外のビアガーデンの場合は、雨で営業が中止になることがあります。

そのためシフトを入れていても休みになることがあります。

虫に刺される

屋外のビアガーデンでは、虫に刺されることがあります。

特に虫に刺されやすい人は、虫除けスプレーをして働くことをおすすめします。

お客様にクレームを言われることがある

ビールを運んでいるときなど、誤ってお客様にビールをかけてしまうなどのトラブルや、ビールに虫が入ったというクレームがお客様から言われることがあります。

このようなトラブルがあった場合は、バイトの立場では解決することは難しいので、店長などに報告をして対応してもらうのがベストです。

自分にあったビアガーデンのバイト求人の選び方や注意点

短期間のアルバイトは、多少厳しい仕事でも、その期間のみ集中して働くことからモチベーションが持続しやすいです。

しかし、合わない職場であれば続けることが辛くなるので、自分に合う条件かを考えて選びましょう。

【選び方①】職種から探す

ビアガーデンでは、ホールスタッフかキッチンスタッフのどちらかの募集がされています。

どちらの仕事を希望するかによって、仕事内容が大きく変わるので面接希望で電話をした時にはきちんと希望の職種を伝えましょう。

【選び方②】お店の雰囲気から考える

屋外の開放的なお店、話題のオシャレなお店など、ビアガーデンはお店によって雰囲気もそれぞれ違いがあります。

自分が働いてみたいお店だと仕事のモチベーションがアップするので、働きたいと思えるお店を選ぶのもいいでしょう。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

お店によって時給に違いがあるので、少しでも稼ぎたいと考える人は時給の良いビアガーデンを選ぶといいでしょう。

ビアガーデンは夕方から22時までの勤務であることが多いです。

そのことから、21時以降などの時間帯からの勤務には、時給が少し上乗せされるお店もあります。

また、ビアガーデンによっては主に集めたいお客さんがレジャー目的の人や観光客の場合は土日祝の出勤ができる人、オフィス街にあるビアガーデンの場合は平日に出勤ができる人を希望することが多いです。

【選び方④】勤務エリアから考える

勤務エリアから考えることはとても大切です。

なぜなら、ビアガーデンは仕事終わりが22時になるなど遅い時間まで働くことが多く、その時間には帰りのバスや電車がないことがあります。

そのため、退勤時間にバスや電車があるのか、必ず確認をしましょう。

また、自家用車での通勤の場合は、駐車場の有無を確認する必要があります。

まとめ

夏の風物詩であるビアガーデンは楽しい雰囲気がいっぱいです。

しかし、仕事である以上、働くバイトの仕事は忙しくて大変です。

しかし、楽しく過ごす場所の提供はアルバイトの努力があってこそなのです!

そのことを忘れずに頑張れば、体力勝負のビアガーデンの仕事もこなすことができると思いますよ!