どんな人がビルメンテナンスの仕事に向いているのでしょう。

ビルメンテナンスの仕事はどんな内容なのか、求められるスキルや資格などもあわせて解説していきます。

さらに、ビルメンテナンスの仕事で得たキャリアの活かし方も必見です。

ビルメンテナンスとはどんな仕事?

建築物管理、ビル管理ともいいます。

ものすごく簡単にいうと、ビルのメンテナンスを請け負う仕事、ということになります。

ではビルのメンテナンスには、一体どんなことが含まれているのでしょうか?

その内容は多岐にわたり、一口にビルメンテナンスとはいっても職種も実に多様なものがあります。

次項でその簡単な分類を見ていきたいと思います。

ビルメンテナンスの仕事の大まかな内容

設備管理

ビルメンテナンスの中核的な仕事と言えるかもしれません。

電気設備や水道、空調などの、施設に付帯する設備の管理を行います。

整備や保全、運転の監視や点検、場合によっては修繕などをしています。

業者とのやりとりをすることも。

衛生管理、清掃

ビルメンテナンスの中でも特に、ビルクリーニングと呼ばれる業務です。

ビル管理法の「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」に定められた環境基準に合致するよう、施設の清掃美化、清潔を保って衛生的な問題が発生するのを防いでいます。

害虫やネズミなどの駆除・防除なども行います。

警備、防災

防犯・防火といった保安の業務です。

事件や事故、また火災などが起こらないように、定期的な点検や見回りを行います。

施設内の巡回だけではなく、防災監視システムの運用をし、各種対応をします。

各種管理サービス

いわゆる「管理人さん」のイメージを思い浮かべてもらえればわかりやすいでしょうか。

その「管理人さん」のような仕事がこれに含まれます。

施設のエントランスの管理や、電話応対、日常的な清掃などをしています。

細かい仕事を挙げればきりがないくらいですが、他に、植栽の管理や郵便物の管理などもしていることがあります。

ビルメンテナンスの仕事に向いているのはこんな人

様々な職種を数えるビルメンテナンスの仕事ですが、実際にはどのような人がこれらの仕事に向いているのかを見ていきたいと思います。

得意なことや、性格・特性など、いくつかの観点からビルメンテナンスの仕事に向いている人について解説します。

好奇心がある人

経験豊富!という人であればそうでもないかもしれないのですが、ビルメンテナンスの仕事の現場では次々と新しい事態が起こります。

好奇心を持って事に当たれるにこしたことはありません。

臨機応変に対応できる人

色々なパターンの仕事があるのが、ビルメンテナンス。

想定外のことも起こると思っておきましょう。

その想定外のことに、柔軟に対応できなくては務まりません。

トラブルなどが起こった場合には特に、素早い判断や適切な対処が必要になります。

フットワークが軽い人

受け持つ仕事の範囲が広いこともあります。

端から端まで点検するというようなこともあるでしょうし、色んな業者と対応するということもあるでしょう。

それらの仕事の一つ一つを億劫がらずに、すぐに行えることは必須条件です。

後回しにした結果、些細なことが重大な事故につながるようなこともあるので、キビキビと迅速に動けるということ、また先延ばしにせずすぐに仕事をこなしてゆく取り回しの良さが役に立ちます。

よく気がつく人

気が利く人、配慮が行き届いた人、と言い換えることもできそうです。

仕事の範囲が広いということもありますが、ビルメンテナンスの仕事は関わる人が多い仕事でもあります。

例えば病院のような施設での設備管理であれば、その施設の設備に関する業者はもちろんのこと、病院の職員や患者さんにも関わることが出てくることも。

その時々で、適した対応ができるというのは大変強みになります。

また、要望としてすでに形になっているニーズばかりでなく、想像力を働かせてくみ取っていかなければならないこともあります。

逆にビルメンテナンスに向いていない人の特徴は?

ビルメンテナンスに向いていないのはどんな人なのでしょうか?

性格的なものから能力的なものまで、なぜ向いていないのかをしっかりと見ていきたいと思います。

対人関係が苦手な人

やはりそれぞれ立場の異なるたくさんの人に接することがある仕事ですから、対人関係を苦手としていてはなかなか大変かもしれません。

人と接することにストレスを感じる、苦手だと思うという人には向いているとはいえません。

コミュニケーション能力がない(欠ける)人

前項とも共通してはいますが、やはりしっかりと他者とのコミュニケーションをとれないようではビルメンテナンスの仕事は難しいでしょう。

業者との折衝を行うことも多い仕事です。

互いの要求や考えていることを理解し合って、合意を得ていく必要がある場合に、コミュニケーションに難があるとなかなかスムーズにはいかなくなります。

時にはスピードが必要になることもあり、その場合、コミュニケーション能力が仕事をする上で重要なファクターになることも大いにあります。

マメでない人

すぐに成果が出る、あるいは仕事をした分が目に見えやすい、といった仕事ではないのがビルメンテナンスの仕事です。

清掃などにしても、汚れてしまう前にキレイにする、ということの繰り返しです。

思いっきり汚れているところを掃除してキレイにした、というようなカタルシスがあるわけではないので、はっきりとした成果を得にくくはあると思います。

それでも、事故や不具合が起こる前にそれを防いでいくように、マメに動けなくてはいけません。

ちょっとぐらいいいだろう、まとめてやればいいだろう、という考えの方が先に立つ人には向いていません。

気が利かない人

細かい仕事も多く、また色々な人に接して交渉ごとも行わなくてはならないため、気配り目配りが不得手では色々な不具合が生じやすくなってきます。

ちょっとしたことに思えるような、小さなこともできるだけ見過ごさないようにできるに越したことはありません。

対物でも、対人でも、気を利かせることができなければいけません。

応用が利かない人

「臨機応変に対応できる人」「フットワークが軽い人」と逆になってくるのですが、事態に適切な反応ができないというのでは困ります。

初動でことに対処ができればいうことないですが、もしそこで失敗してもより早くリカバリーができれば間に合うということもあります。

どちらにしても、できるだけ早く、事態に対して応用力を持って当たれなくては大きな事故になりかねません。

ビルメンテナンスの仕事で身に付くスキルや経験は?

ビルメンテナンスの仕事をする中で、こんなスキルや経験が身につく、というものを紹介します。

また、ビルメンテナンスの業務をすることでできるようになることにはこんなものがあります。

専門知識

現場で実践していくことで、身につく専門的な知識があります。

例えば電気工事士やボイラー技士のような、ビルメンテナンスの仕事に就くために必要な資格があり、その資格を取得しているからには当然知識は持っています。

しかし、現場ごとに、あるいはその時々で異なる事態が現れますし、仕事をこなしていくうちに様々な専門知識がついてくるということもあります。

また、知識だけではなく、修繕などの技術も身につきます。

資格試験受験資格

資格によっては、受験資格に実務経験が問われるものや、認定に実務経験が必須のものがあります。

例えば国家試験である第三種電気主任技術者試験は、電気設備の保安と監督の業務をするために必要不可欠なものです。

試験自体は、誰でも受けられるものになっていますが、実際に電気主任技術者の認定を受けるためには5年以上の実務経験が必要になっています。

他にも、第一種電気工事士や消防設備など、設備等の管理に関する資格には実務経験が要件になっているものが多数あります。

コミュニケーション能力

向き・不向きに関しても述べてきた通り、コミュニケーション能力が必要な仕事ではありますが、ある程度は仕事をするうちに身につけることができるものでもあります。

実際に人と会ってみて、話をしてみて、必要な結果に到達するために交渉などをしてみて…という仕事の中で、身につくこともあります。

ただし、漫然としていて身につくものではありません。

よりよいコミュニケーションをとろうとする意思を持って仕事をするようにしましょう。

人脈

様々な人と接することになるビルメンテナンスの仕事では、しっかりとコミュニケーションをとり、対人関係を築いていくことで組織的な人脈を得ることができます。

人脈というものは、一朝一夕にできるものではありませんし、また地道に付き合いを積み重ねることでしか手に入らないものです。

仕事をする中で得られた人脈は、きっと大きな財産になることでしょう。

気配り

こちらも向き・不向きに関しての項でも気配りについて触れました。

気配りもまた、コミュニケーション能力などと同じように、ある程度は仕事をする上で気づきがあることで身につくものです。

ただ、やはり漫然としていてはコミュニケーション能力と同様、勝手に身につくというものではありません。

日頃から、細かいことに目を向けて、些細なことにも気がつくようにという意識を持っておくことが大事です。

ビルメンテナンスの仕事のやりがいは?

ビルメンテナンスの日々の業務の中でも、特にやりがいを感じるのはどのようなときでしょうか。

日常の業務の中に見いだせるものを紹介します。

何も起こらないということ

「維持」「保守」というのがビルメンテナンスの仕事のメインになりますから、成果がわかりづらい面があります。

完成することで一旦の区切りが目に見えるものを作る仕事や、営業や販売といった売り上げなどの数字で確認することができる仕事と違って、どうしてもわかりやすいやりがいを得にくくはあります。

しかし、間違いがない、事故を未然に防ぐ、というような意識を持って毎日を維持することそのものにやりがいを感じることはできるのではないでしょうか。

縁の下の力持ちとしての矜持を忘れないでいましょう。

何かが起こってしまったとき

もし、ことが起こってしまったら?

どんなに気をつけていても、仕事をする上で過失がなくても、トラブルや問題が発生することはあります。

そのときにどのような対応ができるかで、その後も、評価も、また当人が感じられるやりがいも変わってきます。

何か問題が発生してしまったとしても、適切な対処ができれば、その問題が広がってしまうことを防ぐことができます。

そのためにも、常にあらゆることに気を配り、発生するかもしれない事態に備えておくことが大切です。

ビルメンテナンスの仕事の大変な点は?

維持し続けなくてはならない点

前項に挙げたように、何かを生み出すというのではなく、問題が起こらないように維持・保守をし続けるというのがビルメンテナンスの仕事です。

仕事の核であり、一見地味なことのようですが、臨機応変に物事に対応しながら調整していかなくてはならないので大変です。

素早く対処しなくてはならない点

こちらも、前項で述べたことと重複してきますが、何かが起こってしまったときには適切な対処を素早くしなくてはならないのがビルメンテナンスの仕事です。

小さな問題があったときに、小さな問題のまま処理を終えられるか、対処が遅れたばかりに大きな問題に発展させてしまうのかの分かれ目は、正確さとスピードにかかってきます。

対人関係の維持

問題への対処を滞りなく遂行するためにも、業者や同僚、ビルの持ち主等との連絡や方向性の決定がスムーズにいくように関係を維持しておかなくてはなりません。

プライベートまで親しくなるような必要は全くありませんが、仕事をする上で共通の認識が持てる程度にはしっかり意思の疎通ができるように対人関係の維持を図るようにします。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

実際的には、上位資格を取るなどして、ビルメンテナンスの仕事を極めていくような形を選択する人も多いのではないでしょうか。

他に、建築方面に移行していく人もいます。

設計や施工などの分野で、ゼネコン等大手の建築会社に中途で入社するというような場合も。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

業務内容を見ると、幅広く様々なことをこなすという面があるのがビルメンテナンスの仕事です。

ビルメンテナンスの仕事をしていく中で培った臨機応変に物事に対応する力や、様々な方面に築いた人脈など、他のあらゆる仕事でこの経験を活かすこと可能です。

受験に実務経験が必要な資格の実務経験を積んで、実際に資格を取得することもできますので、その資格の必要な職種への転職も有利に進められます。

まとめ

ビルメンテナンスの仕事について、解説してみました。

具体的にどんなことをしているのか、やりがいはあるのかといったことが少しでもつかめたでしょうか。

視野を広く持つことと、同時に細かい気配りが必要なビルメンテナンスの仕事が、色々な建物・施設の縁の下を支えています。