新郎新婦が挙げる結婚式を「より良いものにする」ために働くのが、結婚式場での仕事です。

そんな結婚式場では、様々な職種の人がたくさん働いており、同じ結婚式場という職場でも、職種によって仕事内容が違います。

今回は、結婚式場の仕事では職種はどれくらいあるのか、仕事内容や特徴を詳しくご紹介していきます。

実際に私が結婚式場で働いてみて、身近で感じた結婚式場の仕事ならではの「やりがい」や「大変さ」も一緒にご紹介していきますので、早速見ていきましょう!

結婚式場の職種はこんなにあるんです!

結婚式場で働く人を「ブライダルスタッフ」と呼びますが、それぞれに役割があり、全員が力を合わせて素敵な結婚式を完成させます。

どの職種も大切な役割をしており、周りからはあまり見えない仕事でも、主役の新郎新婦のために働いています。

「職種の名前は知っているけど、仕事内容を詳しく知らない」という人も多いかと思いますので、細かくご紹介していきますね。

ブライダルプランナー

仕事内容

結婚式まで

結婚式を挙げる新郎新婦と打ち合わせをして、結婚式の日程・費用・演出などを決めていきます。

新郎新婦が理想としている結婚式に近づけるように、要望を詳しく聞きながら、結婚式を新郎新婦と共にプロデュースしていきます。

ある程度決められているプランの中から、どのような演出にするか、どのような演出になるかを説明したり、どのような演出や会場装飾をしたいかを打ち合わせしていきます。

結婚式の日程や会場から決めていき、式当日の1年前などから予約する人もいて、長期間打ち合わせをすることもあります。

結婚式を予約することは、仮契約や契約をするということになり、他の結婚式場と会場や費用を比べられることもあります。

そのため、自社ならではの良さを伝えることも大切になり、プランの提案力が必要になります。

プランや見積もりなどをお客さんに提示しなければならないため、資料をまとめる事務仕事も多いです。

このため仕事量が多く、意外と残業が多い仕事です。

結婚式当日

打ち合わせで決めてきた装飾や演出のための準備などを、結婚式が始まる前にセットしていきます。

朝早くから出勤し、準備しなければならないことも多いですが、新郎新婦と共に打ち合わせで決めてきたことを、実際に形にできるのはとても嬉しい気持ちになります。

披露宴では新郎新婦の移動や式の進行をサポートし、無事に結婚式が終われば会場の片付けをして終わりです。

特徴

新郎新婦に結婚式場の良さや演出の仕方など、プランの提案をします。

内容や費用の説明などもしなければならないため、相手にわかりやすく説明できる語彙力やコミュニケーション能力が大切になります。

コミュニケーション能力が高ければ、新郎新婦との距離も縮まり仲良くなれることも。

コミュニケーションを取りながら仕事ができるのはこの仕事の楽しさでもあります。

新郎新婦が理想としている演出や、こうしたい!といった希望を詳しく聞き取ることも大切な仕事です。

きちんと聞き取りしっかりと確認しておかないと結婚式当日を迎えて、「思っていた式と違った」ということもあるので、新郎新婦の意見を細かく聞きとるヒアリング力も必要になる仕事です。

介添人(アテンダー)

仕事内容

結婚式当日に、花嫁のアシストをする仕事です。

ウェディングドレスを着ている花嫁は、上手く身動きが取れないこともあるため、ドレスの裾を持って移動をサポートしていきます。

階段や段差などは転んでしまわないように手を取りエスコートしたり、席を立つ時や座る時はイスを引いたりします。

汗を掻いていたり、涙が出ているときは、ハンカチを渡したり、髪型が乱れていたらお直しもします。

髪飾りやアクセサリーの向きが歪んでいたら元の位置に戻すなど、いつどの角度から見ても綺麗な姿であるように、花嫁の身だしなみを整えます。

花嫁が入場時に持っていたブーケを預かったり、ご両親への手紙を渡したりなど、披露宴の進行のサポートをすることもあり、花嫁のお手伝いさんのような仕事になります。

結婚式が終われば花嫁に感謝されることも多く、「ありがとう」「頼りになりました」などの言葉をかけてもらうのが、介添人の仕事のやりがいでもあります。

特徴

介添人の仕事は、花嫁の身の回りのことをすることです。

つまり花嫁との信頼関係が必要になるので、事前にきちんと確認し合うことが大切です。

髪の乱れは特にどの辺りが気になるか、前髪が乱れやすい、後れ毛が出やすいなどを結婚式が始まる前に聞いておくと、トラブルにならずに済みやすいです。

また、身近にいなくて頼み事ができなかったという花嫁からのクレームも多いので、できるだけ花嫁の注文を受けやすいところにスタンバイしておくのが良いですね。

ですが、新郎新婦は写真を撮影する機会も多いため、写真に写りこまないほどの距離感は必要です。

まわりを良く見ながら、立ち位置や動きを考えて行動することが大切です。

ブライダル事務スタッフ

仕事内容

結婚式場での職種の中には、事務仕事を専門にしている「ブライダル事務スタッフ」という仕事もあります。

プランナーなど他の仕事とは少し違い、新郎新婦やゲストの方と関わることはありません。

ですが、事務所にお客さんから電話がかかってきたら、プランナーなどへの取り次ぎで対応します。

プランナーが接客したお客さんの情報をまとめたり、パソコンでデータを入力・管理、売上金の管理や入金の有無などお金についてもデータで確認したり、備品の発注や補充なども行います。

結婚式を挙げる新郎新婦が決まったら、その日に挙式を行ってくれる牧師や、披露宴の進行を行う司会者などと連絡を取り合い、スケジュールを合わせます。

この仕事はブライダルプランナーがしているところもあるので、事務仕事を専門に結婚式場で働きたいと思っている人は、事前に確認しておくと良いですね。

特徴

一般的な事務仕事のように、パソコンスキルがあると働きやすいです。

新郎新婦やゲストの方などのお客さんとは深くは関わりませんが、電話対応は仕事の一つです。

言葉遣いやマナーは、接客がなくても結婚式場で働く上できちんと覚えなくてはなりません。

牧師や司会者など、提携先の方々にこちらから連絡を取ることも多く、コミュニケーション能力は必要になります。

お金の管理やデータの入力など、すべてパソコン上で行うことが多いですが、他にも備品の管理や書類のファイリングなども行うため、事務仕事としては大変だと感じる人が多いようです。

ですが「結婚式場で働きたいけど接客は苦手」という人にはピッタリなお仕事ですね。

ヘアメイクアーティスト

仕事内容

新郎新婦やゲストの方々のヘアセットやメイク、着付けを行う仕事です。

式当日に向けてのリハーサル、前撮り、結婚式当日と、数回にわたりヘアセットやメイクを行うこともあります。

新郎新婦から注文を受け、どのような髪型にしたいか、どのようなメイクにしたいかをきちんと確認し合い、本番に向けて打ち合わせをします。

結婚式場によっては、ヘアメイクアーティストが花嫁の介添人を行うところもあるので、介添人も仕事内容に含まれている場合もあります。

特徴

結婚式や前撮りなど、一生思い出に残る大切な瞬間のヘアセットやメイクを担当するのは、とても責任感のある仕事です。

ヘアセットやメイク次第で、その人の雰囲気や顔が変わります。

新郎新婦に満足してもらえるように、しっかりと打ち合わせをして、できる限りの要望に応えることが大切です。

そのため主な仕事はヘアセットやメイクですが、お客さんの要望を聞き取るヒアリング能力や、コミュニケーション能力があると良いですね。

フラワーコーディネーター

仕事内容

花嫁のブーケをアレンジしたり、会場の装飾を提案するお仕事です。

花嫁の要望を聞き取り、ブーケを作成していきます。

花の種類や色だけでなく、花嫁の雰囲気やドレスに合わせたブーケの形を提案します。

挙式や披露宴会場の装飾で使用する花を提案しますが、花だけでなく、会場の空間全体的なコーディネートも行います。

そのためウェディングプランナーや新郎新婦と打ち合わせをし、会場の装飾を決めていきます。

結婚式当日はブーケをつくったり、会場の装飾を行います。

特徴

新郎新婦がどのような会場にしたいかを聞き取り、会場の雰囲気や装飾などの提案をするため、丁寧な言葉遣いや提案力が必要です。

花嫁が持つブーケは花の種類や色、ブーケの形によってドレスの雰囲気も変わります。

花嫁に満足してもらえるように、しっかりと要望を聞き取り微調整をして、満足してもらえるブーケを提供します。

そのためドレスとブーケの色や形の相性を知っておく経験や知識も必要です。

会場の装飾をコーディネートすることもあるので、空間のプロデュースという大きな役割も任されることも。

結婚式当日は、自分がプロデュースした会場を実際に装飾できることもあり、大きな達成感が得られるお仕事ですね。

ドレスコーディネーター

仕事内容

新郎新婦へのカウンセリングを行い、ドレスやタキシードのご提案、ご試着のお手伝いを行います。

アクセサリーや靴・小物などの提案も行い、衣装のトータルプロデュースを行います。

希望のサイズや物がなければ他店から取り寄せたり、発注するなどの納品作業も行うため、事務的なお仕事もあります。

結婚式当日は、新郎新婦の着付けを行ったりと最終チェックを行います。

新郎新婦が袖を通す前に、事前にサイズや衣装に間違いがないかを確認しておくのも大切な役目です。

特徴

新郎新婦の衣装への要望や、結婚式会場の雰囲気などを聞き取り、衣装の提案をしていきます。

提案の時点では実際に衣装はなく、タブレットなどの画像データで確認してもらい、気に入ったものを取り寄せて試着してもらうという場合も多いです。

そのため、衣装の特徴や新郎新婦に似合うかをしっかりと伝えることが、大切な仕事になります。

気に入ってもらえる衣装があれば、後日試着するという流れが多く、当日に着用する衣装が決定するまで、何度も打ち合わせをすることもあります。

式当日は、衣装やアクセサリーの間違いがあっては結婚式が台無しになってしまいます。

そのため1つずつ、しっかりと確認することが大切な業務になります。

司会者

仕事内容

披露宴での進行を行う仕事です。

新郎新婦と打ち合わせを行い、当日に話すことを決めていきます。

事前に新郎新婦の生い立ちや出会いなどをまとめてもらうようなアンケート用紙を渡しておき、記入してもらった用紙を見ながら打ち合わせを行うことが多いです。

家族やスピーチする友人のことなど、新郎新婦との関係性を細かく聞き、披露宴中に言葉に詰まってしまわないように、できるだけたくさんの情報をリサーチしておきます。

結婚式当日は、事前に打ち合わせをした用紙やリサーチ内容をまとめたものを見ながら、司会を行います。

式の場面に合わせて、明るいトーンや落ち着きのあるトーンなど、声を調整しながら進行していきます。

特徴

文字にするとたくさんの量でも、声に出すと数分で終わってしまうので、できるだけたくさんの情報を新郎新婦から事前に集めておきます。

打ち合わせは1・2回で終わることが多く、出身や生い立ちなどのポイントを絞り聞き出していきます。

また、話してほしくない内容はないかなど、新郎新婦やゲストの方が不快な気持ちにならないように、事前に確認しておくことも大切です。

式当日は披露宴の進行を行いますが、スムーズに進まないこともあります。

時間を細かく確認しながら、上手くまわすことも大切な役目です。

司会者は声が出なければ仕事ができません。

そのため毎日の喉のケアも大切です。

調理スタッフ(シェフ・パティシエ)

仕事内容

結婚式場での料理を調理する仕事です。

最初は補助的な作業から行い、メインやデザートの盛り付けを行えるようになっていきます。

ドリンクの提供を行うこともあり、ゲストが多いとドリンクの注文もたくさん入ります。

さらに、コース料理なので一人あたりの使用する食器も多いです。

披露宴が終わればグラスや食器などの洗い物がたくさんあるので、すべてを片付けるまでがお仕事になります。

特徴

結婚式場で提供される料理は華やかなものが多く、盛り付けがとてもきれいです。

そのため細かい作業も多く、一つ一つの作業を丁寧にこなさなければいけません。

直接新郎新婦やゲストの方と関わることはありませんが、幸せな瞬間を過ごしてもらえるように、心を込めて料理をしていきます。

料理の提供が終われば、皿洗いが主な仕事です。

たくさんのグラスやお皿を何枚も洗い、片付けるという作業になるので、忍耐力が必要なお仕事です。

配膳スタッフ(バンケットサービススタッフ)

仕事内容

お客さんが入る前に、披露宴会場の食器の配置を行います。

式が始まれば料理や飲み物をお客さんへ提供していきます。

厨房から受け取った料理をお客さんのもとへ運ぶ点は、他のレストランなどと同じですが、式の進行により、料理を提供するタイミングも変わります。

タイミングを見計らいながら料理を運んでいきます。

空いたお皿やグラスを下げるのも大切な役割です。

特徴

食器の配置の際には、正しい位置を知っておかなければならないので、テーブルマナーの知識が必要です。

結婚式場での仕事ですが、華やかな格好はNGとされており、髪は黒髪で束ねる、ネイルやアクセサリーは禁止などの決まりがあるところも多いです。

料理を提供したりと配膳の仕事ですが、他のレストランなどとは違い、結婚式の雰囲気を身近で感じながら働けるのが、この仕事の楽しいところでもありますね。

音響・照明スタッフ

仕事内容

新郎新婦の入退場の曲や、披露宴中の曲を流す音響、新郎新婦やスピーチを行う方にライトを当てる照明を担当する仕事です。

音楽の再生・マイクの音量調整・照明操作・プロジェクター操作・ピンスポット操作を主に行います。

新郎新婦からリクエストを受けた曲を演出に合わせて流していき、会場を盛り上げたりと、感動を誘う大切な役割です。

プロジェクターを使用したり、持ち込まれた映像を流したいといった場合もよくあるため、事前にきちんと使用できるかといった機材のチェックも行います。

特徴

光と音で会場全体をプロデュースします。

曲を流すタイミングや照明を当てる場所など、少し間違えば式を台無しにしてしまうこともあるため、些細なミスをしないようにしっかりと確認を行うことが大切です。

音響や照明の仕事はアルバイトの募集も多いため、光や音が好きで、結婚式場で働きたいと思っている人は、アルバイトから始めてみるのもおすすめです。

ブライダルカメラマン(フォトグラファー)

仕事内容

結婚式を行う新郎新婦やゲストの方の、写真や動画撮影を行います。

挙式から披露宴まで式の流れを撮影し、写真や動画を編集して一つのムービーを製作する作業もあります。

結婚式当日だけでなく、当日までに結婚式場や他のフォトスポットで、ドレスや和装姿の新郎新婦を撮影することもあります。

晴れ舞台を写真や動画にしっかりと残したいと思う新郎新婦は多く、写真の枚数を増やしたり動画をたくさん撮るプランを、追加でつけることもあります。

そのため写真や動画への期待感も上がるので、たくさんの笑顔や大切なシーンを捉えることがポイントになります。

特徴

写真や動画を撮影するためには、相手の笑顔やポーズを引き出す話術や語彙力が必要になります。

コミュニケーションスキルを持っていれば、新郎新婦などの自然な笑顔を引き出すこともでき、より良い写真や動画が撮影できるかと思います。

ブライダルカメラマンは、結婚式場で直接雇用してもらうというよりも、派遣会社に登録して派遣社員として結婚式場で働くことが多いです。

そのため様々な結婚式場で働くことができる仕事です。

いろいろな結婚式場の良さを感じ楽しみながら仕事ができるのも良いですね。

まとめ

様々な職種をご紹介しましたが、すべて結婚式場を職場として働ける仕事です。

結婚式場で働きたいと思っている人は、自分がどの職種で結婚式場に就職するのかを決めておくと仕事探しもしやすいかと思います。

どの職種でも、人のために働く大切な仕事で、幸せな結婚式のための縁の下の力持ちです。

どの仕事も責任感を持ち、些細な失敗もしないように、人生の晴れ舞台のお手伝いをして、新郎新婦やゲストの方に幸せな時間を提供したいですね!