「ITエンジニア」って今ではスマートで男性だったら女性受けする職業ですよね。

パソコンもインターネットも携帯も普及していない時代では、「コンピュータエンジニア」と呼ばれていました。

当時は、エンジニアという職種しかなく全ての役割を一人でこなしていました。

そんなITエンジニアの仕事内容や役割について説明します。

ITエンジニアの仕事は大きく5個の役割に分けられます。

それぞれ開発プロジェクトではソフトウエアプロセスに則った工程別に担当がアサインされます。

通常ソフトウエアプロセスは、ウオーターフォール型と呼ばれる工程で開発は行われます。

小さなプロジェクトだとアジャイルという開発手法で少人数が全ての工程を実施する場合もあります。

要件定義→設計→製造→単体テスト→結合テスト→システムテストとという工程からなり製造のアウトプットを評価するのが単体テストであり設計のアウトプットを評価するのが結合テストであり要件定義のアウトプットを評価するのがシステムテストとなります。

セールス

仕事を受注するまでの役割を担います。

営業に同行し顧客案件にあうシステム提案を行い技術的説明をする人。

プリセールスとも呼ばれ広範囲なIT知識とコミュニケーション能力を求められます。

PM(プロジェクトマネージャー)

案件受注から納品までのプロジェクト全体の運営をまかされます。

PMでも社内の基幹システムなどを担当する汎用系、Webシステムなどのオープン系、組み込みシステムなどの制御系などに分類されます。

通常は、PG→SE→PMとスキルアップして行きます。

SE(システムエンジニア)

広く一般的にITエンジニアをSEと言われてしまうことが多いですがPM同様汎用系、オープン系、制御系に分類されます。

また、開発以外でも社内システムの運用・保守をしているエンジニアも社内SEと呼ばれています。

またサーバーの構築やネットワークの構築などをするインフラエンジニアもSEと呼ばれています。

主にプロジェクトの上流工程から参画し仕様・設計を担当します。

PG(プログラマー)

開発系のエンジニアのみが該当します。

同様に汎用系、オープン系、制御系に分類されます。

設計書に基づいてプログラミングを担当します。

ちなみにプログラミングに使用する言語には、古くからあるCOBOL、C、C++、VB、Java、C#、PHP、ここ数年AI系に使用されるPhythonなどがあります。

QA(品質保証)

開発を終了したソフトウエアの評価を担当します。

セールスの業務

提案前の業務

営業に同行し顧客に対して製品、ソリューションもしくは技術の説明を実施しそこで顧客からの質問に答えたり技術検証を行います。

提案作業

顧客から提示されたRFP(Request for Proposal)に基づいた提案書を作成し受注に向けての技術的サポートをし顧客プレゼンを行います。

PMの業務

プロジェクト開始

メンバーの選定、スケジュール、工数、リスク、教育、会議体などを検討しプロジェクト計画を立てます。

ステークホルダーの担当連絡先、コミュニケーション手段、どういう立場でプロジェクトに参画するかなどを事前に調査して把握する必要もあります。

いろいろな決め事なども細部に渡ってPMが各担当者と打ち合わせをしまとめてメンバー全員に周知をすることが今後のプロジェクトを運営するには大切な事となります。

プロジェクト期間中

会議の執行、進捗管理、リスク管理、工数管理、人員管理などを行います。

いろいろなリスクが課題となり各担当者にその課題をアサインし解決に向かいます。

途中プロジェクトが大きく遅延が起きそうになった時は早めにステークホルダーを招集しプロジェクトの再計画を実施します。

プロジェクト終了後

QCD(品質、コスト、期間)に関する収支報告と完了報告などを行います。

SEの業務

要件定義作業

顧客からの要望をヒアリングし誰が何をやるかの視点で要件定義書を作成します。

システム開発後の運用に関しても要件定義書に記載します。

設計作業

顧客からの要件を基にシステムの設計をします。

家を建てる時に建築士が図面に設計を記載するようにソフトウエアもデータフロー図やクラス図などを使用して設計します。

インフラの場合は、開発したアプリケーションで使用するデータ量に必要なネットワークの帯域やHDD構成、アプリケーションが起動出来る為のOSやミドルウエアの導入の設計をします。

特に設計リーダーの場合は、システムの設計判断やプロジェクトが遅延しそうになった時の技術的観点からの回避策などをPMに提案する大切な役割があります。

PGの業務

製造作業

設計書を基にプログラミングをします。

言語は作成するソフトウエアにあったものでプログラミング(コーディングともいう)します。

完成したプログラムをプログラマー自身が正しく起動するかを確認する作業を単体テストと言い、ここまでの作業を製造工程と言います。

QAの業務

計画時

テスト計画を立てます。

顧客の要件を満たすようなテストケース及びテストシナリオを考えます。

実施

テスト仕様書に基づいたテストを実施し、不具合を見つけた場合にはレポートし修正後再度テストを実施します。

品質を高めるために不具合の傾向を分析し不具合が多く出るサブシステムに関しては集中的にテストを実施します。

終了時

テスト結果を報告します。

ITコンサルタントとの仕事内容の違い

ITコンサルタントは、企業の課題がITによって解決できるかを調査しコストや解決できる方法を企業に報告・提案するのが主な仕事であり顧客の課題がそのまま顧客要件になる場合には、実際にシステム開発のプロジェクトの要件定義まで参画するケースもあるがあくまでも顧客目線でありエンジニア目線での業務ではありません。

ITエンジニアの仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

IT用語

IT用語は、一度覚えれば一生使えるわけではなくITの進歩は目覚ましくいろんな技術がすさまじいサイクルで生まれては消えて行きます。

都度その技術が出る度にその技術に付随する用語を覚えなければなりません。

例えば、クラウドという用語はここ2,3年に出てきましたがクラウドの意味もそうですがクラウドの種類やクラウドの製品名、製品元、クラウドを使ったサービスの種類や内容も覚えなければなりません。

また、デバッグ、コーディング、デフォルト設定などは定着した用語であり普段よく使われます。

専門スキル

ITエンジニアの職種は大体15種類くらいがあります。

その中でも大きく分類すると開発エンジニアかインフラエンジニアに大別できます。

開発エンジニアを目指す場合には、汎用系、Web系、制御系に分けられその中でも言語によって分けられます。

さらに業界知識、特化スキルなども組み合わされた専門スキルが求められることがあります。

例えば、「Javaを使ってECサイト構築」「Pythonを使って自然言語処理アプリ開発」「Azure開発」「携帯アプリ開発」などの得意分野があると強みです。

資格取得

資格がないと仕事が出来ないわけではありませんが会社内でのIT知識の成熟度を測る意味でもエンジニアは率先して継続して資格を取ります。

国家資格の情報処理試験やMicrosoftやOracleなどのベンダーの資格を取ります。

企業によっては、奨励金や報酬金などを支払ったり転職にも有利です。

ITエンジニアの仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

やりがいと言っても仕事の内容であったりITエンジニアだからこそ出来ることなどがあげられます。

プロジェクト業務

案件が受注出来るとプロジェクトが発足されます。

前のプロジェクトが終わったタイミングで面白そうなプロジェクトに入れると楽しく仕事ができます。

どんなプロジェクトに配属されるのかはタイミングもありわくわくします。

プロジェクトに参画するとメンバーはこれから先プロジェクトが終了するまでは家族以上に大半の時間を過ごすため人間関係が大事でありまた深く相手のことを知る楽しみもあります。

プロジェクトのスケジュールに合わせて大体の仕事の忙しい期間が読めるのでプライベートの予定も立てられます。

必ず始まりがあり終わりがあるのでメリハリのある仕事ができます。

一つのプロジェクトが終わると必ず自分が成長したことが実感できます。

ものづくりが出来る

自分で作ったプログラムが動いたのを見ると感動します。

パズルを解くように難解なプログラムを作った時ほど感動は大きいです。

熱中するとご飯を食べたり寝る間も惜しむくらいはまります。

製品が出荷され顧客や一般ユーザーに自分が作った作品が使われることに多大な喜びと達成感を味わえることが出来ます。

新しい物にいち早く触れることが出来る

例えば携帯のアプリケーションの開発の仕事をした時には最新の携帯のモデルやいろんな機種を扱うことが出来ます。

まれに新製品の試作品にいち早く触れることが出来ます。

PCも常に最新モデルで最高のスペックが開発マシンとして使用出来ます。

起業家としての可能性がある

ある程度自分で独り立ちできるようになるとそのまま会社にいてITエンジニアとしてのスキルアップする人が多いですが自分でサービスを立ち上げて会社を経営したりフリーとして活躍することも出来ます。

手に職をもてば定年後も自ら仕事を取って来ることや個人事業主として派遣会社に登録してプライベートの時間を大切にしながらのライフスタイルを確立することができます。

面白いポイント

だからITエンジニアはやめられないとか得したことなど、この職種ならではのポイントをあげてみました。

いろんな業界の仕事を体験できる

今までアナログ的にやっていた業務をシステム化するという開発を業務アプリケーション開発といいます。

業務アプリケーションを開発するのにSIerと呼ばれるシステム開発会社では事業部を業界別に分けているところが多いです。

金融・保険ソリューション開発部、製造ソリューション開発部、流通・運輸ソリューション開発本部、医療ソリューション開発本部などです。

医療業界は電子カルテなどのアプリケーションを開発する場合は、医療用語を覚えなくてはならないし医療のドラマで出てくるような術式などもカルテの項目にあるため、どのような術式があるのかもある程度知る必要があります。

どんなアプリケーションでもデータベースを作成することが必須のため、項目作成の時にどんな項目があってどんな内容を格納するかを検討していくうちに、顧客の立場にたった時自分が医者になったような気分を味わうこともなきにしもありです。

普通は入れないようなところにも入れてしまう

ライブ中継の動画配信システム構築の案件などコンテンツを扱う仕事は特に面白いです。

国会中継であれば国会に入って配信するS/WやH/Wの導入作業やきちんと動画が配信されているかの定期的な監視のために国会にはいることが出来てしまいます。

有名なバンドのコンサート会場にもただで入れて動画が奇麗に撮れる場所でどうどうと見ること聞くことが出来てしまいます。

趣味のアプリケーションを開発できる

ゲームが好きであればゲームメーカーに就職し、日中問わずゲームを作りゲームをすることができます。

車好きであれば自動運転などシミュレータを作成したり、テストのためにテストコースなどにも入れることがあります。

まとめ

ITエンジニアの役割の説明でしたが経済産業省が策定・公表している「ITスキル標準」に則った分類だと数多くの職種での説明になったかと思います。

1980年前半には、コンピュータエンジニアと呼ばれてそれ以降IT業界では、さまざまな職種に分類されることでそれぞれの専門知識が培われ新しいテクノロジーが次々に生まれて来ています。

まだまだ人手不足の業界ですがインターネットが普及してからはITエンジニアのハードルも低くなり少し勉強すればすぐITエンジニアとなれるようになってきました。

「働き方改革」が広まるようになって来て残業過多とメンタルで敬遠されがちだった職種も、今やパッケージ化が進み開発環境も整備され無用な残業もすることなく、そこそこの年収で需要が高いお勧めな職業ではないでしょうか?