年末になると、様々な求人サイトや自宅に投函されるチラシなどで、郵便局の年賀状仕分けアルバイトを募集しているのが目に入ります。

今回は、実際に年賀状仕分けアルバイトを経験した筆者が、年賀状仕分けアルバイトの時給ややりがい等を紹介していきます。

その他にも、年賀状仕分けアルバイトって、いろいろな郵便局で募集しているけど何が良いの?

年賀状仕分けアルバイトをやって良かったことや、そこで身に付く力って何?

というような観点も踏まえつつ年賀状仕分けアルバイトを紹介していきます。

私はこんなところで年賀状仕分けアルバイトをやりました

ゆうゆう窓口のある、地域の基幹局

私が勤務していた郵便局は、ゆうゆう窓口という郵便局の営業時間外でも荷物の受け取りや発送ができる窓口が設置されている、地域の基幹局でした。

自宅の最寄り駅から3駅くらいの駅の近くにある郵便局です。

私がその郵便局に決めた理由は2点あり、他の郵便局より時給が高かった点と基幹局だから募集人数が多そうだった点から、その郵便局に応募しました。

交通費は支給されるので、自宅からの近さより時給の高さを選びました。

年賀状仕分けアルバイトはどれくらの年代が多いのか?

私が勤務した郵便局では大学生くらいの年代の方が多かったです。

その他には主婦や年配の方もいました。

年賀状仕分けアルバイトの時給は?

時給は990円〜。

私の働いた郵便局はこの時給よりも多少高かったです。

年賀状仕分けアルバイトでやりがいを感じたこと

日本の風習である年賀状を配達する過程に携われること

年賀状が無事に人々に渡っていく過程に貢献できたのだと思えて、やりがいを感じました。

小学生の頃から自分でも年賀状を出すようになりましたが、実際に仕事で年賀状を出す過程に携ると、こういった過程を経て1枚の年賀状が配達されていると言う事が分かり興味深かったです。

コツコツ仕事をして無事に仕事が終わると達成感があること

1つの仕事をコツコツと行って、無事に仕事が終わると達成感があり、やりがいに繋がっていました。

年賀状仕分けアルバイトの仕事内容としては、年賀状の仕分けという1つの作業をコツコツと地道にしていくことがメインです。

慣れてくると単調に感じて飽きてしまうこともありますが、地道に仕事をして無事に終わるとやはり達成感がありました。

年賀状仕分けアルバイトをやってて良かった4個のこと

年末年始の短期のアルバイトとなると様々な種類がありますが、その中でも年賀状仕分けアルバイトをやって良かった事とはどのような事なのでしょうか。

この章では、実際に年賀状仕分けアルバイトを経験した筆者が考える、「年賀状仕分けアルバイトをやってて良かった4個のこと」を紹介していきます。

人間関係が楽なので仕事に集中できる

年賀状仕分けバイトは人間関係が楽で、余計な悩みがない分仕事に集中できました。

年賀状仕分けアルバイトは短期ですし、作業は作業場にそれぞれ分かれて1人で行うので、1人で集中して仕事を行うといった雰囲気で煩わしい人間関係がなかったです。

アルバイトは仕事内容も大事ですが、仕事内容が合っていても、人間関係が合わなければアルバイトを続けるのは難しいです。

私もかつてのアルバイトの中で、仕事内容は好きだけど、人間関係が悩みで続けられなかったアルバイトがありました。

その一方、年賀状仕分けアルバイトは煩わしい人間関係がなく、仕事に集中できるので人間関係に執着がない人には向いています。

仕事の内容が分かりやすいので、集中して仕事がしやすい

年賀状仕分けバイトの仕事内容は、郵便局で集荷された年賀状を市区町村ごとに仕分けする事です。

複雑な工程がなく、とにかく目の前のハガキを仕分けていく事が仕事です。

目の前にある仕事をしていけば良いので、混乱せずに集中して仕事できる事は、私の仕事のやり方に合っていて良かったです。

年賀状の宛先を丁寧に分かりやすく書く事を心がけるようになった

ほとんどの年賀状は機械で仕分けされますが、機械で読み取りができなかった年賀状は、人の手で仕分けすることになります。

機械で読み取れなかった年賀状を仕分けるのが、私が経験した年賀状仕分けアルバイトの仕事だったのですが、機械で読み取れなかった年賀状には様々な種類がありました。

機械で読み取れなかった年賀状には、住所が記載が不十分だったり、住所が判別できなかったりといろいろありました。

宛先が判別できないと、いくら期日内にポストに投函してもちゃんと配達できません。

年賀状仕分けアルバイトを経験してから、私自身も宛先はきちんと分かりやすく書く事を心がけるようになりました。

12月25日までに投函することの重要さが分かった

皆さんは年賀状をいつポストに投函していますか?

郵便局では、年賀状を元旦に届けるためには12月25日までに投函するように広報しています。

実際年賀状仕分けアルバイトをしてみると、12月25日ギリギリにポストの投函している人が圧倒的な事に気づきました。

年賀状の引き受けは12月15日から開始しているのですが、12月25日以降の年賀状の集荷量が圧倒的に多いのです。

12月25日までに投函された年賀状を仕分けるのも大変なのに、それ以降に出された年賀状が元旦に間に合うかどうかは微妙だと言えます。

私は年賀状仕分けアルバイトをするまで、年内にポストに投函すればなんとかなると思っていました。

しかし、この年賀状仕分けアルバイトを通して、余裕を持って年賀状を出す事の重要さが分かりました。

年賀状仕分けアルバイトで身についたこんなスキル

アルバイトを通して身につけられるスキルは、その後の他の仕事にも役に立ちますし、アルバイトを選ぶ上でも重要ですよね。

この章では、筆者が考える「年賀状仕分けアルバイトで身についたスキル」を紹介していきます。

地名に詳しくなった

年賀状仕分けアルバイトは、同じ郵便局の中でも複数の作業場をローテーションしていく形なので、様々な地名を目にしました。

その結果、地名に詳しくなりました。

自分が住んでいる地域でも知らない地名がたくさんあり、自分が住んでいる地区でもまだまだ知らない地名がある事に驚きました。

日頃生活していると、自分が住んでいる地域以外の町名を目にする事はないので、良い機会でした。

作業をいかに効率的に進めるかを考えられるようになった。

年賀状仕分けアルバイトでは、年賀状を仕分けていくという1つの作業を集中してやっていきます。

そのため慣れてしまうと単調な作業に感じてしまいがちですが、目の前の仕事をいかに早く終わらせられるかを考えながらやっていると、作業の中にもメリハリができて面白くなりました。

その結果年賀状仕分けアルバイトを通して、作業をいかに効率的に進められるかを考えられるスキルがつきました。

丁寧で分かりやすい字を書くようになった

年賀状仕分けアルバイトを通して、様々なハガキを目にしました。

近年では宛先もプリンターで印刷した年賀状を出す方も多いと思うのですが、私が仕分け中に目にしたハガキではまだまだ手書きで宛先を書いている人も見かけました。

その際に感じたのは、丁寧に分かりやすい字を書く事の重要さでした。

自分では綺麗に字を書いているつもりでも、他人には読みづらい事もあります。

他人に分かってもらう字を書く事の大切さを実感し、自分も丁寧に分かりやすい字を書くようになりました。

年賀状仕分けアルバイトをやっている中で嬉しかった瞬間

アルバイトをやる中で嬉しかった瞬間というのは、やりがいにも繋がりますし、モチベーションも上がるので、重要です。

この章では、筆者が感じた「年賀状仕分けアルバイトをやっている中で嬉しかった瞬間」を紹介していきます。

滞りなく年賀状仕分けが終わったとき

やはり1日を通して、年賀状仕分けが滞りなく終わった時は嬉しかったです。

無事勤務時間を終えて、仕分けが滞りなく終了するとホッとしました。

自宅に配達された年賀状を見たとき

自宅に配達された年賀状を見ると、この年賀状が配達されるまでの流れに自分が関わっていたんだという実感が湧いて嬉しかったです。

それと同時に年賀状仕分けアルバイトを経験した事で、1枚の年賀状が届くまでにいろいろな流れがあるという事を知れて興味深かったです。

年賀状仕分けアルバイトはこんな人におすすめです!

年賀状仕分けアルバイトは、年末年始の勤務の短期のアルバイトですし、仕事内容も分かりやすいという点から、普段アルバイトをしない方や、アルバイト初心者に特におすすめのアルバイトです。

この章では、そういった点を踏まえてどういった人に年賀状仕分けアルバイトはおすすめなのかを紹介していきます。

バイト初心者

年賀状仕分けアルバイトは、初回に職員がしっかり仕事内容を説明してくれる上に、仕事内容も年賀状を市区町村別に仕分けするという分かりやすい仕事なのでバイト初心者におすすめです。

自分だけで落ち着いて仕事したい人

年賀状仕分けアルバイトは、職員と多少話す事はありますが、基本的に作業は1人で行います。

そのため、自分だけで落ち着いて仕事をしたい人におすすめです。

接客のアルバイトのように、いろいろな人と接する事がないので落ち着いて仕事ができます。

短期で集中して稼ぎたい人

年賀状仕分けアルバイトは、12月20日頃〜1月5日頃までの短期に募集です。

普段は忙しいけど、短期なら集中して働けるという人におすすめです。

1つの作業を集中して行いたい人

年賀状仕分けアルバイトでは、年賀状の仕分けという1つの作業に集中して仕事に取り組む事ができます。

複雑な作業より、1つの作業を集中して行いたいという人におすすめです。

髪色、ピアスを制限されたくない人

年賀状仕分けアルバイトでは、髪色やピアス等の制限は特にありません。

アルバイトで髪色やピアスを制限されたくない人にはおすすめです。

年賀状仕分けアルバイトのおすすめの選び方

年賀状仕分けアルバイトはどのように探せば良いのでしょうか。

また年賀状仕分けアルバイトは、全国各地の郵便局で募集しています。

その中のどの郵便局に応募すれば良いのでしょうか。

この章では筆者がどのように年賀状仕分けアルバイトを選んだのかを踏まえて、「年賀状仕分けアルバイトのおすすめの選び方」を紹介します。

郵便局のサイトで都道府県別に検索

年賀状仕分けアルバイトは11月上旬頃から募集を開始します。

11月上旬頃から郵便局のサイトで、年賀状仕分けアルバイトを募集している郵便局を都道府県別に検索する事ができます。

年賀状仕分けアルバイトは求人サイトでも募集していますが、年賀状仕分けアルバイトのみを検索するなら郵便局のサイトが見やすくておすすめです。

自分が通うのに都合の良い郵便局を選ぶ

郵便局は各地域に複数あります。

そのため、自宅の最寄りだけでなく自分の都合に合わせて通いやすい郵便局を選べます。

例えば、掛け持ちのアルバイトの勤務先に近い郵便局や繁華街に近くて行き帰りに買い物がしやすい郵便局など、自分の都合の良い郵便局を選ぶのがおすすめです。

時給が高い郵便局を選ぶ

郵便局のサイトからは、都道府県別に年賀状仕分けアルバイトを募集している郵便局を検索できます。

そのため自分が通える範囲の郵便局を比較して、その中でも時給が高い郵便局を選ぶこともできます。

交通費は支給されるので、自宅から多少離れていても時給が高い郵便局を選ぶのがおすすめです。

土地勘がある地域の郵便局よりも、自分の都合の良い郵便局を選ぶ

年賀状仕分けアルバイトでは、ハガキ上に書かれた宛先を市区町村ごとに仕分けするアルバイトなので、ある程度土地勘のある郵便局を選んだ方が良いと思う方もいるかもしれません。

しかし、仕分けは住所ごとに分けていくだけなので、土地勘の有無はほぼ関係ないです。

年賀状仕分けアルバイトで働く郵便局を選ぶ基準としては、土地勘の有無よりも、時給や通いやすさなど自分の都合を優先させた方が良いです。

まとめ

年賀状仕分けアルバイトには、他の短期のアルバイトと比べてもたくさんのメリットがあります。

年賀状仕分けアルバイトのメリットは、仕事内容の分かりやすさ、1人で集中して仕事ができる点や、いろいろな地域で年賀状仕分けアルバイトを募集する郵便局があるので自分の都合の良い郵便局を選んで働けるなど、たくさんあります。

今回紹介してきた年賀状仕分けアルバイトのやりがいやメリットを読んで、是非年賀状仕分けアルバイトを検討してみてください。

実際に年賀状仕分けバイトを探すときは、こちらの記事を参考に!